地球はまだまだ広いん。。。ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ(ダ)←

2017.05.21(21:19)
カラッとした天気から雨や曇りの日が増えて、
なんだか空気もムシッとした感じが
春から夏へ、確実に季節は移り変わっている様子。
皆さん、いかがお過ごしですか
これくらいの“ちょうどいい季節”が続いてくれたらいいのになぁ。

さて、今回は番組ゲスト『赤いスリッパ企画』さんの公演、
「ラララララララララララララララララララララララ(ラ)イフ」のレポです

会場はこちら。。。
KC3Z7557.jpg

そう、番組でもお話のあった、
お馴染みの“ちくさ座”さん。
KC3Z7558.jpg

旗揚げ時代から知っている団体さんだけに、
(ついに、ここで演っちゃうんだぁ。。。)
って、
始まる前から感慨深くなっちゃってたり

ロビーにはたくさんのてるてる坊主
KC3Z7563.jpg

よく見るとそれぞれにキャストの皆さんのコメントが^^。
なかなか面白い試み
KC3Z7562.jpg

もうすっかり行き慣れた場所、ではありますが、
やはり円形劇場は客席に向かう(席を選ぶ)ときはやはり違った感覚がしますね^^。
舞台を見ると所々に白いシートのようなものが。。。

今回の舞台は小学校の教室(クラス)。
ということで。。。出演キャスト、多い
いわゆる“ラ”の数、ですねw
(あとで自分たちのクラスは40人学級だったよな、なんて思ったりもして^^)

でも顔ぶれを見てみれば、
そこかしこの舞台で活躍する実力派・“超”個性派ばかり、
普段から応援してる方々ばかり
みんなカラフルなTシャツを着ていて、
前面にあだ名が白い文字で大きく書かれてるw

そんなとてもシンプルな演出で“リアル”と“フィクション”を、
微妙で絶妙に魅(観)せてもらえるのが『赤スリ』さんの特徴。
“高校演劇っぽい”、なんていうのはもうやめにしようかな。
でもそれは明らかに“ほかじゃ観られない”ものの一つだからなぁ。

とてもまとまんないような教室(メンバー)を束ねるのは、
森さん演じる先生^^。
どこか飄々とした雰囲気はいつも共通したものがある、
先ほど書いた“リアル”と“フィクション”、
やはり『赤スリ』さんの象徴的な存在だなぁ。

クラスのなかで起こるちょっとしたこと、
恋愛(とまでも言えないかもだけど^^)、いじめetc。。。
世代の全く違う皆さんだけど、
そこで起こっていた内容はなぜか共感できる、
いや、実体験というくらいに感じるものだった。

これが正直、今回の作品を観て一番驚いたこと。
クラスの大多数に混じって安心したり、
ちょっとした事件が原因で仲間外れにされたり。
グループ同士に挟まれて、
気付けばどこからも同じく仲間外れにされちゃったり。

昔と何も変わんない
結局今もこんななの
みたいなw

その一人(ラ^^)にかつての自分が重なった、ような。
様々な世代、いやきっと出演の皆さんと若い世代が多かったと思うけど、
どの世代にも共感した方はきっと多かったのでは。

舞台に敷かれていたシート、よく見たらそれは地球だった。
円形舞台を見事に使った演出(美術)^^。
地球から見たら限りなくちっぽけな世界の出来事。
教室(あそこ)が、教室(あそこ)だけが自分たちの地球だったとき。
色んな解釈ができたけど、
そのすべてをはっきり語らないのも『赤スリ』さんらしさ、なのかも

確実に一つ、
大きなインパクトを残していました。

終演後、出演・スタッフの皆さんと
KC3Z7559.jpg

うん、人が多いですね
大学生から高校生まで初見の方も多数、
まだまだ面白い才能を持った方はいるんだなと再認識^^。

今後もきっといろんな場所で皆さん活躍されると思いますが、
今回の舞台、きっと忘れられないものになったでしょうね
KC3Z7560.jpg

そして皆さん、ご存知かと思いますが、
このあと『赤スリ』さんは解散。
メンバーの皆さんは各々活動されている模様。

正直、もちろん寂しさはあるんですが、
最後に一つ、大舞台を終えられて、
『赤スリ』さんを慕う後輩の世代には“可能性”を示されたんじゃないのかなと。
演劇祭、単独公演、皆さん自身もきっと初めてで、
慣れないこと、紆余曲折もきっとあったんだと思いますが、
“できること”の可能性が皆さんによって広がったこと、
これは確実だと思います。

後輩(フォロワー)の皆さんには『赤スリ』さんくらい、
いやむしろ追い越すくらいの活躍を期待したい
もちろん、元メンバーさんたちの活躍もいつか

僕らの地球はまだまだ、広いんだから
KC3Z7561.jpg

2016年5月20日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト

またしても“あるある”発動っw!?←

2017.05.18(20:24)
日中あっつい
でも夜や朝方はブルってすることありませんか
何気に喉風邪も流行ってるみたいなので、
まだまだ気を付けないと、ですね。。。

さてさて、5月16日の放送では、そんなの全く関係ないくらいw、
元気な皆さんをお迎えしてお送りしましたよ~
KC3Z2947.jpg


まずは最近すっかりお馴染みとなりました^^、
『愛知教育大学劇団把°夢』さん
KC3Z2949.jpg

しかしながらそのうちお二人は初登場、でしたね^^。

作品は“ルームシェア”が一つのキーワードになってるみたいですが、
その中だけじゃなく、外との関係も描かれてるみたいで。
久保さん演じるのはルームシェアしてる。。。らしい謎のキャラw
初登場のお一人、佐々木さんはルームシェアしてる。。。役、
今回チラシデザインも担当、藤倉さんも同じくシェアしてる。。。フリーターの役^^。

コメディータッチな展開に、
そこへ現れる別のキャラの登場で最後は。。。どうなるんだ
謎を多く残しつつww

前回公演を観る限りでも、
今回のゲストさんはもちろん^^多彩でキャラの濃いw皆さんばかり、
そして『把°夢』といえば舞台装置はじめ、
随所にこだわりの光る舞台が魅力。
今回はいったいどんな公°演になっているのでしょうか^^
KC3Z2950.jpg


続いては初登場、
『劇団ジャブジャブサーキット』さん
KC3Z2951.jpg

そう、老舗劇団でらっしゃる皆さん、
意外かもですが、まさに“初登場”なんですよね
以前別団体で来てもらった“あっちゃん”こと谷川さんのおかげ、ですね^^。

そして冒頭で伺った、なんとも個性的な劇団のネーミング、
おそらく確かと思われますがwなんともユニークな由来

今回の作品、こちらもどうやら謎多きw、
田舎でひっそり暮らす占い師と、それを取り囲む人たちのお話。
2度目の登場のしんかさんは。。。謎の存在w
結構クールな演技のイメージのあった伊藤さん、
今回はそれとはちょっと、いや結構違った感じの役、なのかな^^。
谷川さんは“家出してきた感でない家出少女”。。。

謎だw

若手からベテランまで実力派・個性派揃い、
舞台美術にもこだわられているそう。
そしてなんと今回、
ラストステージを迎えられるメンバーさんもいらっしゃるということで、
より観逃せない公演になってますよね^^。
名古屋公演の後には大阪、東京公演も控えられていますし、
ぜひぜひその目で、確かめられてみては
KC3Z2952.jpg


最後は久々、『名古屋大学 劇団新生』さん
KC3Z2953.jpg

そう、結構ひっさびさになってしまってました皆さん^^、
今回なんと初登場メンバーばかり、ということで、
なんだか世代交代感が

今回は毎年恒例の“名大祭”公演、
今回は堀部さん作のオリジナル作品の上演

畠山さん演じる“不思議な雰囲気を持つ女子大生”を追いかける、
中村さんはじめとする“オタク”たちとのドタバタコメディー。。。

これも謎だw

畠山さんといえば以前、
堀部さんも役者として参加されてた作品のイメージがすごく強いんですが(新生さんの過去写真参照^^
今回主役ということで、またどんな姿が観られるのか楽しみ。
中村さんは1年生ながら役者に抜擢
しかしながらいきなりなかなかに濃ぃ~い役柄、かなw
そしてそして、ひそかに毎回注目してるのが舩崎さん。
おっとり系のマイペースキャラながら、毎度重要な役回り、
しかも今回は今までにないようなキャラクターに^^

通常の会場と違う環境のなか、
今回の公演に向けたアツい想いを語ってくれた堀部さん。
ぜひこの言葉を胸に、学祭へ
KC3Z2954.jpg

恒例の“質問コーナー”、
今回も公演にちなんだものが多かったですね

『新生』さんから『把°夢』さんへは、
“高校の文化祭の思い出”
クラスの出し物という久保さん、
3年生演劇部OGであらためてステージに立ったという藤倉さん、
そして何より強烈だった、
“女装して部対抗リレーを走った”という佐々木さんww
意外にも“足が綺麗”だったと同級生から評判だったようですが、
ご本人は。。。

続いて『把°夢』さんから『ジャブジャブサーキット』さんへは、
“小屋入り中のごはん”
なんと主宰のはせさん自ら“お米を炊かれる”という。。。
これは知らなかった

“ご飯(白米)のみ”
おかずは各自で
これはなかなか珍しいと思いますが、
できたらおかずもww

最後、『ジャブジャブサーキット』さんから『新生』さんへは、
“占いを信じますか
“いい場合だけ信じる^^”という回答のなかw、
中村さんはあくまで“信じない”
そして、カッコいい言葉でまとめてくれましたね
いやぁ、この言葉を信じて今後も見守っていきたいなぁ
ほんとですよw

今回の放送、いかがでしたか^^
これからだんだんと暑くなってくることが予想されますが
それよりもアツい皆さんの舞台、
ぜひぜひ足を運んでみては~
KC3Z2948.jpg

5月16日の番組アーカイブはこちら♪






今宵はどちらに、いたしますか?

2017.04.27(22:50)
季節は確実に春から夏。。。はまだ早いかなw
夜はまだちょっと冷えるし、
風が吹いたら少し震えちゃうし
ちょっとまだ着るものに迷う季節ですね~。

さてさて、今回は番組ゲスト『演劇ている』さんの公演、
「カクテル」のレポです

今回の公演タイトル、そして番組でもお話があったとおり、
舞台はバーの店内。
見慣れた会場が、調度品ですっかり様変わり
音楽も流れてきたらそりゃもう雰囲気たっぷり^^。

バーのマスター役、吉田さん。
最高。
貫録たっぷり、バーの雰囲気が一気に上がる
新人ウェイター役の小林さんとのやり取りがなんとも板についてる

バーというとやはり
訪ねてくるのはいろんなバックグランドのあるお客さん。
なかでも同窓会終わり(合コンだったっけ)の女性3人。
これは“アテ書き”なのか、妙にしっくりくるセリフがw
ほどよく大人(自主規制)の女性たちによるリアルな会話
ここは大上さんの存在が面白かったなぁ^^。


常連さんとして登場の二村さん。
なんだかちょっとくたびれたサラリーマン役^^。
こちらもなんだかすごくしっくりくる感じ(役作り)がw
ちょっとしたことでアツくなってしまう新人くんを、
余裕の言葉でいなす。
これが若造には“カチン”とくるんだよなぁ。。。
ほら、やっぱり
なんて展開w

しかし実は個人的な家庭の悩みを抱えてたサラリーマン、
それが酒の勢い、悪ノリで当り散らす始末に。。。
ここでの二村さんと小林さんのやり取り、
(本当に)凄かった。
言葉だけでなく掴み合い、取っ組み合いを始めて、
(え?リアル?セーブしてる?)
とハラハラするくらい、すごい勢い。
でもしっかり言葉、そして気持ちが伝わってきたから、
ちゃんとした“芝居”だったんだろうけど。。。
正論、理不尽がぶつかり合って交錯して、
本っ当にすごい迫力だった

でもこの感動、“観て感動”ではなかった印象。
『ている』さんの公演の特徴、なのか、
観ているうちにいつしかその世界に取り込まれてしまって、
もうその場に、会話の中に加わってしまっている気分^^。
だからもうこれは、“体験”あるいは“体感”と言っていいんじゃないかな。

明らかに他では感じたことのない感覚、
今回もたっぷりと、味わうことができたのでした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z7456.jpg

そうそう、バーのメンバーといえば、
お店に来る顔なじみの“スナックのママ”さん(僕の隣の方)。
あの存在も大きかったなぁ^^。
ちょっと大人げない二人を、
「しょうがないんだから。。。」
と包むような存在。
“オトナ”だ

人情にあふれた、ウソのないリアルな、
いい時も悪い時も、それぞれの人生をさらけ出された舞台。
“大人”の演劇と素敵な時間。
最高でした
KC3Z7455.jpg


観終えて僕も、
カクテル片手に大人の時間を楽しみたくなりましたよ

全くお酒、飲めないんだけど。
KC3Z2505.jpg



5月20日の番組アーカイブはこちら♪






春真っ盛り♪

2017.04.22(21:03)
夜はまだちょっと冷える、
でも日中はすっかり過ごしやすくなりましたよね
とはいえに中はほぼ室内で仕事、なので、
まったくそんな季節の変化を味わえず

でもそんなときは休みの日に、ということで、
自転車でちょっと遠乗り、
春の空気を満喫してきましたよ~


さて、4月20日の放送では約1年ぶり、
そしてなんと1年ぶりの再会もあった皆さんをお迎えし、
にぎやかにお送りしましたよ~
KC3Z2452.jpg


まずは1年ぶり、『劇団クセックACT』さん
KC3Z22456.jpg

冒頭、前回公演の写真をいくつもご覧いただきましたが、
その世界観、何とも形容し難い、
不思議な空気感を感じられたのでは^^

演劇でもない、ダンスでもパフォーマンスとも違う、
いや、思い返せばそのどれもが内在している^^
出演は若手からベテランまで、
様々なシーンで活躍する皆さん。
でもどんな舞台とも違う表情、芝居を観られるはず。。。

不条理な展開にちょっと混乱しつつw、
でも確実に湧き起ってくる何かを感じて。

深澤さんたちが約40年()“これだけ”に注ぎ込んできた、
なにより他では絶対に味わえない空間、
ぜひ生で感じられてみては^^
KC3Z2455.jpg


続いては3回目の登場、
『Ange Plume(アンジュ プリュム)』さん
KC3Z22458.jpg

あの宝塚歌劇団を愛してやまない^^皆さん、
女性たちだけによる劇団

前回公演にお邪魔しましたが、会場は満員
衣装やメイクはもちろん、本格的な演出で会場全体を盛り上げ、
なにより皆さんが楽しんで演じられていた印象

今回は一人にしか見えない妖精、
それに恋する男性、それに恋する女性、
と、何ともトラブルの香りしかしないお話のよう
ゲストのお三方もなかなかに役を楽しんでいらっしゃるのでは^^

今回の作品、宝塚でも結構最近上演されたようで、
皆さんも少なからずプレッシャーを感じられているよう。
でもステージ上で輝いてるのは皆さんの個性、なんですよね

コピーではなく“カヴァー”と言える舞台、
華やかで可憐なステージに期待、です
KC3Z2457.jpg


最後はおなじみ^^、『劇団シアター・ウィークエンド』さん
KC3Z2460.jpg

先ほどの『クセック』さんよりもさらに老舗な皆さん、
でも今回来ていただいたのは若手メンバー^^。

“超”ひっさびさに来ていただいた都築さん、
なんと今回、めでたく初の主役に抜擢
しかしちょっとそのプレッシャーに押しつぶされそう^^
でも気づけばもう“中堅”な彼、
今までの経験、先輩方のフォローできっとまた一回り大きくなるはず

そんな都築さんと今回は夫婦役の川辺さん。
最近は飛び切り明るい性格の役が多かった印象、
でも今回はその真反対の役柄とのこと。
夫婦役はもちろんのこと、
この若手二人には何か挑戦の公演なのかも^^。

そして舞台の経験はまだいくらか短いながら、
僕は“名バイプレーヤー”だと思っている松岡さん。
彼の調子がいいと物語のテンポが断然良くなる。
ちゃんと同じ公演何度かお邪魔してるから言うんですよw
今回も偶然か、このお二人の間に割って入るみたいだし

毎回舞台から“あたたかさ”を届けてもらえる『ウィークエンド』さん。
今回もそれを期待して、いいんじゃないかな
KC3Z2459.jpg

そして今回も恒例の“質問コーナー”。

まず『クセック』さんへは『ウィークエンド』さんから、
「親に買ってもらって一番嬉しかったもの」
“テープレコーダー”と聞いて、てっきり自分の世代のものを想像したら、
さら~に古い“オープンリール”のもののようでw(調べてみて下さい^^
勉強のため、と買ってもらいながら実際は...と
これはなかなかに忘れられない思い出のようですね

『Ange~』さんには『クセック』さんから、
「芝居、演劇を始めたきっかけ」
風杉さん以外の方はほぼ、いまの団体に加入されるまでは未経験だったようで、
観る側から“演る”側へ、真反対の立場になったんですね^^。

でもそこに素質があったのは偶然、だったのかな
団員を随時募集されてるようですので、
興味を持たれている方はぜひ、お気軽に参加されてみては

最後は『Ange~』さんから『ウィークエンド』さんへ
「芝居を通して~」
これはなかなか面白い質問だと思いましたね~w
松岡さんはその期間どっぷり?ハマってしまうタイプのようで、
あのリアルな芝居はそこから来てたのか
対して都築さんはそうはならない、
川辺さんは普段の稽古から意識してしまう、と、両極端w
これは今度の公演が楽しみだな~、っと。

共演がきっかけで交際、結婚も、なんて芸能人の話はたまに聞きますが、
それもいいんじゃないかな、ってちょっと色々考えちゃったりして。

さてさて、今回の放送いかがでしたか~^^

春真っ盛り、心地よい季節のなか、
こちらもさらに盛り上がる公演の数々に、足を運ばれてみては
KC3Z2454.jpg

4月20日の番組アーカイブはこちら♪







汗×汗×汗w w w!

2017.04.19(22:16)
急な大雨、また寒くなる。。。と思ったら、
カラッと晴れ間が
確実に季節は移り変わってる。
夏もすぐそこ。。。かぁ
あんまり暑いのはやだなぁ

ま、も少し春を楽しもうかなっとw

さてさて、今回は番組ゲスト『劇団んいい』さんの公演、
「Take it easy!!!!」のレポです

会場はおなじみ、ナンジャーレさん^^。
KC3Z7434.jpg

会場に入るとすでに客席にはたくさんの方々が。
いつも思うんですが、『んいい』さんの公演の客席、
どうも普段演劇公演でお見かけしない方が多い。。。
毎回確実に客層を広げられてるのかな^^。

そしてこちらもおなじみ、開演前の内山さんの“前説”。
とはいえその話術で会場をあっためる、
いわば贅沢すぎな“前座”の雰囲気
そしてスーツ、暑そう

「上演中撮影は禁止です。
 今なら、大丈夫です

パシャ
KC3Z7435.jpg

はい、これももうおなじみになってきたかもw
すっかり場内があったまったところで、
開演。

新作のコント集に、お決まりの、
でもファンは“待ちに待ってた展開”だったり
客席のこちら側は高まる舞台上のテンション、
それについてこうとさらに盛り上がるw
それをちょっと客観的に楽しんでみようかな、
なんて思ったけど、引き込まれちゃって無理だったw

涼しい顔、とにかくマイペースで行く、
そして時折見せるかわいい()表情が人気の椎葉さんw、
持ち前の爽やかさで魅了しつつ、
実は一番マイペースでとらえどころがないかも、な青木さんw、
そんな皆さんを包み込むように
いい感じの距離感で、ツッこむ内山さんww。

毎回思うけど、このバランスがほんと絶妙。
幼なじみというけど、こりゃホンモノだ
そしてこちらも毎度のこと、
気付けば三人は汗だく
お邪魔した日はまだ中日(なかび)で、まだまだステージを控えてるというのに、
まったく“セーブ”なんて言葉が浮かんでこないw
もうこっちも心配する気なんてどっかに行ってしまい、
ただただ、楽しんだww

とにかくネタのオンパレードに見えるんだけど、
それが一つ一つしっかり届くのはやはり実力派、だからかな。
ふいにシリアスシーンが盛り込まれたりすると、
ハッと気持ちが切り替わり、勢いそのままに引き込まれてたり。
これだから彼らの舞台、
“観ずにはいられない”んでしょうね

終演後、まさに“直後”の皆さんとw
KC3Z7438.jpg

この勢いで物販開始する
常連のお客さんとしっかり話されてるし、
新規のお客さんとも談笑して写真撮ってたり^^。

冗談抜きに本番終わりでクッタクタのはずなのに、
このサービス精神

そして公演の度に新作の発表されるグッズ類
ブロマイドは毎回話題になるし、大人気ですね

本公演はもちろん、他団体への客演ほか、
これからますます活躍の楽しみな皆さん。
いったいどんなになってしまうんだろ^^
心から期待、してますから~
KC3Z7437.jpg

ひそかに、ねw
KC3Z7433.jpg

5月20日の番組アーカイブはこちら♪






| ホームへ | 次ページ