年度末の迷走を乗り越えろw!?

2017.03.26(22:35)
皆さん、もう花見には行かれましたか
えっ、まだ早いでしょ、って
いえ、早咲きの桜っていうのがあって、
“河津桜”というんだそうですけど、この時期綺麗だってことで、
うちのわんこの散歩ついでに行ってきました
C7cpVCeVwAAHFRg.jpg

大勢の人出で盛り上がってて、
一足先に春を楽しんできた気分です

さてもう春はすぐそこ、な3月22日の放送では、
初登場の団体さん、久々な登場の皆さんをお迎えし、
かな~りにぎやかにお送りしましたよw
KC3Z2228.jpg


まずは初登場、
『200ミリメートルの電車』さん
KC3Z2231.jpg

ほぼ高校生の皆さんだけ(新大学1年生もみえるとのこと)によるユニット、
今回の公演が発表されてすぐに注目していた団体さん^^。
団体名もその由来もユニーク

以前主宰の『えんげきユニット だーぱこ』さんとして来てもらった高校2年の綾さん、
早くも2度目の登場
そして今回共同主宰、そして出演もする、
同じく高校2年生のあきらさん。
高校演劇はもちろん、自身の別ユニットでも公演をしたりと、
お二人ともとにかく精力的^^、
“高校生”っていうくくりはもう関係なしに、
いつも話してる気がします^^。
そしてそして、今回制作として参加の高校1年生()、
岩鍵(ろっきー)こと加藤君。
とにかく“仕事が早い”と評判だった彼
もうまさに“超高校級”の粒揃い

あの「鑪ら場」さんで繰り広げられる“現代の童話”とは。。。
多彩なあきらさんが手がけた今回のフライヤー、
そして舞台美術までも
いろいろと楽しみですね~
KC3Z2230.jpg


続いても初登場、
『破天荒あかちゃん神の名をつぶやく』さん
KC3Z2232.jpg

なんともインパクトのあるネーミングwですが、
主宰はダンサーで、昨年は演劇公演にも出演したakariさん。

そんな“境界(ボーダー)”を越えた活動を展開する彼女が今回企画したのは、
古典戯曲の“サロメ(SIR ROME)”をモチーフにした「演劇×舞踊」の舞台。
ちょっとだけ、という割にしっかりありそうなダンスのステージw、
そして若手男優で以前より注目の小林さんが主役の一人を務める演劇のステージ、
演出も兼ねる中居さんいわく“やり易いことはやめる
これはすごいプレッシャー、いや、
逆に小林さんの成長した姿が観られる、なんてポジティブな思考もw
相手役がこれまた注目の平手さやかさん、というのも大注目ですね

若手実力派、個性派が集まって、
きっとこれは一味もふた味も違った舞台になること、
間違いなし、ですね
KC3Z2233.jpg

続いてはほんのちょっとぶり^^、
『劇団ひとひらり』さん
KC3Z2235.jpg
 
この放送直前にも一つ、
“ミノカモ学生演劇祭”の本番を終えられたばかり
ほんとに精力的に活動されてますよね

今回の本公演は異世界ファンタジーもの^^
今回来てもらった奈緒さんは、番組でもお話ししたとおり、
高校演劇のときから注目されてて、
僕も舞台を見たことがあった女優さん^^。
今回の役柄は“とにかく謎”みたいでしたがw、
久々に役者姿が観られるというのは、
個人的にもうれしい限り

そして、また久々に来ていただいた伊藤さん(1年ぶり^^)、
前回、別の団体さんの作品では、
とにかく場の空気を変える、存在感あるなぁ、といった印象
その時と同じハシモトさんの台本、ということで、
俄然楽しみというものです
役柄の関西人、麦わら帽子でしかもウクレレ弾くw
きっとまた“存在感ある”んだろうなぁ、絶対w

迷走してるなんてお話も出ましたけれどもw、
このメンバーならきっと絶対、
おもしろい作品を期待してます
KC3Z2234.jpg


最後も初登場、『PICO自主企画』の皆さん
KC3Z2237.jpg

毎回独自に基本コメディー、
ときにはミュージカルもやっちゃったりして
そしてそして今回はあの、“ハイジ”がモチーフ

番組でもつい話しちゃいましたがw、
チラシで後藤さんがハイジ役、というのを見つけ、
俄然興味を持ったのは言うまでもありません。
番組ではもうハチャメチャな方に見えたかもしれませんが(実際そうですがw)、
シリアスな芝居もきっちりこなす実力派^^

対して伊藤さん、以前『afterimage』さんのダンス公演が初見だったのですが、
ミュージカルもこなす役者さんでもあって。
こちらもあのロッテンマイヤーさん役、と聞いて正直びっくりだったのですがw、
なんと今回はその“孫”役
何やらすごい設定、しかもヒロインときた。。。w
後藤さんからはまさかのダメだし、いや暴露がありましたが
そのほかにも実力派俳優、
そしてオペレッタ歌手の方まで登場、なんて、
一体全体どうなることやら。。。

PICOさんといえば超コンパクトな会場として有名、
それが最近移転して広さも一変^^。
そこでどんな世界が繰り広げられるのか、
もう絶対に驚く、そして爆笑奈のは間違いないでしょうw
KC3Z2236.jpg


恒例の『質問コーナー』ではこの季節にまつわる質問が。

『PICO~』さんからの「お花見の思い出」、
若い『ミリ電』メンバーにはどうかな、とも思いましたが^^、
まさかのあきらさんの“茶道”の思い出が
ちょろっと挙がった「抹茶公演」、新ジャンルも新ジャンル、
いいと思うんだけどな~安易

『ミリ電』さんからは「付き合うなら身長の高い方低い方どっち
もうこれは男性への質問だったら何かの挑戦状みたいでしたがw、
akariさんにとっては結構普通の質問だったみたい
めっちゃリアルな回答、いただきましたww

『破天荒~』さんからは「小屋入り中に持ち込む食べ物」
奈緒さんにとっては持ち込む、というより、“決まった差し入れ”があるみたいで、
それがあると俄然テンションが上がるみたいw
ぜひぜひこれから奈緒さんの出演舞台を観劇に行かれる際は、
こちらを参考に

『ひとひらり』さんからは「演劇をやっていて一番良かったと感じる瞬間」
後藤さんからはまたもや“模範解答”いただきましたがww
いやこれはきっと、差し入れには何持って行っても喜んでもらえそうな
とにかく勢いの凄さにただただ圧倒されたw

さてさて、今回の放送、いかがでしたか~
KC3Z2229.jpg

たとえ“迷走中”な“年度末”だったとしても、
今度は楽しい“年度初め”にできるかも、なんて予感。。。
しましたよねっw

3月22日の番組アーカイブはこちら♪








スポンサーサイト

この日、ここだけの“競演”!!!

2017.03.17(23:15)
夕方、寒い。。。
風、強い。。。
地元で高層マンションが建っている場所があるんですが、
先日そこのビルとビルの間を通ろうとして、
あまりの強風に冗談抜きに2分間くらい身体が全く動きませんでしたw
まだまだ冬の季節感、残ってますね
ほんと、早くあったかくなってほしい

さて、今回は番組で告知していただいた公演、
「新栄トワイライトvol.6~GWの特別公演~」のレポです

会場はもうすっかりおなじみのこちら、
“新栄CLUB ROCK'N'ROLL”さん。
KC3Z7067.jpg

そう、“ライブハウス”なんですよね~。
と、もうこのイベントのおかげですっかりリライブハウスに入り浸る演劇人も多いとか多くないとかw

そして今回のラインナップはこちらKC3Z7066.jpg

この独特の文字、これも“おなじみ”なんですよ^^。
ある意味落語の“寄席文字”に近いものがあるかもw
今回の出演団体、既成の団体さんもあれば、
この日のためだけのユニットも登場、
とにかく実験的な場でもあると思います。

それがめっちゃ、楽しみなんですよね^^

この日は初の予約完売回、ということもあってか、
KC3Z7068.jpg

ほら、このとおりw(最前ギリギリw)
出演団体のもよるかもですが、
回を重ねるたびに注目度が確実に上がってるのが分かる

今回の魅力は“運営陣推しの団体”さんが出演、ということ^^。

まずは初登場、
京都からの参加、『おちょちょ』さん。
話題の『西一風(しゃいっぷう)』メンバーさんのユニット、
“学生演劇祭”で観られなかっただけに、
楽しみにしていた団体さんの一つ^^。

モノトーンの衣装規則的、からだんだんと変化していくマイムが印象的、
そしてそれ以上に後ろでパソコンをいじりながら“生演奏”をする、
白のロン毛ウイッグの男性が気になりすぎる
シュールな内容、それを更に助長するような^^。
あえての関西弁w音楽に合わせて繰り広げられる、
ときにユーモラス、ときにシリアスなパフォーマンス。
“また観たい”って、すぐに思いましたね

続いても初見、『工作太郎』さん。
こちらは“撮影可”ということで、いろいろと撮らせていただきました^^。

まずはこちら。
KC3Z7069.jpg

はい、“あの”ロゴマークですねw
お名前の通り、自作の工作でコスプレ^^を披露。
細かいとこもしっかり作ってある
っと、なかなか立体的なの見ないけどもw

続いては。。。
KC3Z7070.jpg

駅前で有名な“あれ”ですねww
もうこれはただ怖いw
元(本家)のシュールさはよく表現できて。。。
KC3Z7071.jpg

あっなにやら“使徒”感がw
この画(え)はシュールだった。。。
そして、
KC3Z7072.jpg

もうツッコミどころしかないけどもw、
なにげにクオリティーが高いところ、誰もがつい(あっ)と反応してしまう、
いい“ツボ”を押さえてるなと

そうそう、“名古屋のわくわくさん”ということもあってか、
生で工作も^^。
で、もらったのがこれ。
Chx1F_LWMAEruc5.jpg

某猫型ロボットの切り絵、ですねw
ネタとネタの間の着替えのときに少し時間(インターバル)があって、
印象的なBGMが流れるもんだから、
ちょっと照明をシルエットにつかって、ふざけてみました
後ろで着替えてた工作さんは当初、
なんで盛り上がってたか分かんなかったそうw

続いてはかしやまさんプロデュース、
『トワイライト・エクスプレス』さん。

もうネーミングはばっちり、ですけどもw、
出演するのはこのために集まった、様々な団体・個人の方々。
確か事前に出演者の発表とかはしてなかったと思うけど、
意外にも知ってる方々が、
しかもペアで次々に登場するのでびっくり

いままでの作品たちとは見事に^^、
会場の空気を一変させていましたね。
かしやまさんらしさというか、
なじみの方々じゃないメンバーからそれぞれ個性を引き出すというか、
独特のセンスを感じた作品でした


最後はおなじみ、『廃墟文芸部』さん。
そう、小劇場での上演のイメージが強い方も多いと思いますが、
以前から何度かライブハウス公演もされている団体さん。

もう一つの“十八番”になっている^^、
プロジェクターを使った演出が。
以前観た白いスクリーンへ映す、ではなく、
この場所ならでは、黒いスクリーン、ではなく暗幕に映す手法。

そしてこれ、ベーシストの舟橋さん、
キーボーディストのいちろーさんによる生演奏で上演
これが作り出す深くて吸い込まれるような、
ときにまったり感をぶっ飛ばすようなw演出、
観ていてたまらなかったですね^^。

そしてもちろん魅力的な女優陣
分裂していくさまざまな“極端な”4つのキャラがとにかく面白い
個人的に注目の皆さんばかりだからなおさら
コミカルな序盤、シュールな終盤、
お見事なトリ、でした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z7076.jpg

とにかく毎回どんな団体、作品が飛び出してくるのか、
楽しみが尽きないこのイベント

まだまだまだまだまだまだまだまだ、
続いていくことを心から願っています
KC3Z7074.jpg


2016年4月18日の番組アーカイブはこちら♪







“バス”は来なく。。。ても。

2017.03.14(23:15)
風はまだ少し肌寒い、でもそれが運んでくる薫りは。。。
と、いろんな会場に向かう途中、様々な春に気付く、
MJでございます

さて、今回は番組ゲスト『蒼天の猫標識』さんの公演、
「バスは来ない」のレポです[emoji:e-343]
KC3Z7026.jpg

会場はおなじみのG/PITさん^^。
中に入るとそこは、番組でもお話のあった海中。。。ん、
すんごいポップw
明るいブルーに、魚やイルカの壁紙みたいなものが
もしや海底人の部屋の中、とかなのか。。。
などといろいろ妄想してると。。。
登場人物が。

すごい会話。自然すぎる会話w
もうほんとにびっくりしました。
しかも内容がすごく私的、というか、
自分にもすっごく判る内容だったから。

声優志望の女の子たちが東京行きについて語り合う。
(あれ、こんな作品だったの。。。
ってちょっと動揺しておりましたw
このエピソード、一般の方々には(へぇ~)位のものだったかもですが、
実際に少しでも“その道”を通ってきたものについては懐かしい、
ちょっと古傷をえぐられるような思いもw
かくいう出演メンバーのなかにも同志が。。。
ってことも知ってたのでなおさらいろいろ考えてしまった

バス。
時間になれば現れ、行きたい場所(=夢)へと誘(いざな)ってくれるもの。
バス停。
同じ行きたい場所(=夢)を持ついろんな人が集まる養成所^^

この人たちが全員バスに乗って目的地にたどり着くことができれば、
現実もそうであれば、このお話は生まれなかったことでしょう^^
たどり着いた一握りの人は“伝説”みたいになり、
これから行こうというものはその行き方をあれやこれや模索してみたり。
たとえ乗れたとして、それが同じ行き先に行かなかったり。
運良く違ったその先で別の場所(夢)が見つかったり。

今回のお話ではバッドエンドへ、
という空気がいっぱいだった気もするけど^^;
なんだか、よりステージ上の皆さんと空気、
そして空間を共有できていたような気がします。
すごく複雑な気持ちだったけどw

バスが来ても、いつまでたっても来なくても、
どっちにしろ幸せにはなれないんじゃ、
なんて無情も感じました

あと、これはもう毎回のような気がするけど、
原作者で出演のいばさんの役柄が濃すぎる
劇団、作品内での定番ポジション、というか、
もう名物化してますなw
今後も期待^^

終演後、出演の皆さんとこたつを囲んでw
KC3Z7029.jpg

今回の作品モチーフ、僕とも共通のもの、
感覚を味わったことがあるであろう皆さんw
思い出話に花が。。。

皆さんの衣装、特に花の冠とか、
いろいろ観る側が想起できる演出がしてあって面白かったですね^^。
あと役柄が海藻なのも意味があった、のかなw
根付いたままでどこにも行けない、
切れて漂っていっても行く先は判らない。。。
ほらまたいろいろ想像してしまう

意味深な、答えがあるようでないような、
不思議空間を体験させてもらいました
KC3Z7028.jpg

毎回どこかほかと“リズム感”微妙に絶妙に、
違って観える気がする皆さん。
公演は毎回どこか統一感みたいなものもあって。
出演メンバー、客演陣含め持っている空気が似ているのかな。
いや、もいかしたら個人的に共通点、
空気感を感じてるだけかもしれないけどw

今後も要々注目、です
KC3Z7027.jpg

4月18日の番組アーカイブはこちら♪







春はもうすぐそこ。。。?

2017.03.11(23:48)
小春日和到来
と思いきや寒の戻りで一気に寒くなった^^
もうどっちだよw
とやきもきする今日このごろ、いかがお過ごしですか
気持ちのいい陽気のなか歩いた日から一変、
また厚着に頼る日々。。。
春が待ち遠しい

さてさて、3月6日の放送では、
ひっさびさ、そして初めてのゲストさんをお迎えしお送りしましたよ~
KC3Z2064.jpg

まず最初はこちら、『ジフキカク』さん
KC3Z2066.jpg

久々登場の小森さんの、なんと一人芝居の公演が決定
『HI-SECO企画』メンバーとして先日の卒業公演でも公演だった彼女。
個人的にも前々から注目の女優さんだっただけに、
否が応でも期待してしまいます

久々の登場でちょっと緊張気味^^だった小森さんを、
自作のフリップ(最初は表紙だけだったのをスタジオで描いて頂きましたw)でフォローのひのしたさん^^。
この方も女優としてのイメージが強いですが、
今回は照明としての参加。

“一人芝居”というと短時間のイメージがありますが、
今回はなんと60分作品
“全部自分でやらないといけない”なんて今までにない制約に悩まされつつw、
きっと必ず新しい小森さんを観せてもらえそう

たった1日だけの公演、注目ですよ
KC3Z2067.jpg


続いては”修了公演”を控えられた、
『俳優館養成所』の皆さん
KC3Z2069.jpg

老舗劇団としても有名な『俳優館』さん、
そちらの若手の皆さんに今回お越し頂きました^^。
“養成所生”といっても、すでに本公演にも出演、
個性的な演技を披露している皆さん

今回上演される作品は第二次大戦中のロシア、
いや当時はソビエト(ですね^^)を舞台にしたお話。
『俳優館』さんというと、こういった古い名作を上演される、
というのも特徴的、かも。

当時の複雑な情勢、歴史的背景、
出演の皆さんのまったく経験したこともないシチュエーション^^;
これがどのように上演されるのか。

そしてなんと今回の公演、以前お越しいただいた丸林さんのチェロはじめ、
生演奏もあるんだとか
これでさらに雰囲気が盛り上がること間違いなし
ほかに皆さんの歌あり、
現在鋭意捜索中^^の皆さんの衣装も気になるところ、ですね
KC3Z2068.jpg

続いてはひっさびさの登場、
『劇団 アルクシアター』さん
KC3Z2070.jpg

毎回大きな会場で、演劇に加え、
オリジナルソングを使用したミュージカル作品を上演する皆さん^^。
今回はあの“世界三大美女”のひとり、楊貴妃がモチーフ。
まずお話に出てきた熱田神宮のエピソードもびっくりでしたが、
なんと今回のお話、現代に楊貴妃たちが黄泉(よみ)がえるw

中国テイストも加わるようで、今回はなんとガチの殺陣にも挑戦
中国武術の達人を迎えて、ということで、
それはもうすごい稽古になってるみたいw

こちらも久々に来てもらった、最近は演劇以外にも活動の幅を広げてるびす子さん、
そして小6^^、でもすんごくしっかりしたYUNAさんはじめ、
客演の皆さんの活躍も光りそう
劇団員の皆さんも今回の皆さん同様、
個性的な方ばかり、だし^^。

とにかく効果的で象徴的でもあるな“歌”の存在。
本番を観たらきっと、その意味が分かると思いますよ
いやぁ、それにしても皆さんと話すの、楽しかった~w
KC3Z2071.jpg


最後は初登場、
『劇団、ソラモヨー。』さん
KC3Z2072.jpg

今回が“旗揚げ公演”ということで、
まだまだ謎に包まれた部分も多い皆さん。。。
今回上演されるのはオリジナル作品だそうで、
なにやら意味深な、ちょっと不可解ナタイトルが^^。

でも何よりまず注目なのは、
今回お越しいただいたお二人含めた役者陣
ラインナップを観ただけでも目が輝いてしまうのは僕だけでしょうかw

個人的に毎回その特徴的な声に注目(耳)してる林さんですが、
なんと今回は演出としてその声をちょっと封印^^
山岡さんはオフのキャバ嬢役だというし、
なにやらまた新たな姿を観られそうな予感^^

なかでも特にぶっ飛んでるw探偵役の伊藤さん、
若干無茶な役作りが逆に面白さになってる、みたいな

とにもかくにも謎の多い告知で、
更に更に気になってしまった方もさぞ多いことでしょうw
(自分含めw)
そんな方はぜひ、会場で
KC3Z2073.jpg

恒例の『質問コーナー』、やはりこの季節、卒業関係の質問が目立ちましたね^^。
『ソラモヨー。』さんから『ジフキカク』さんへの質問、
「卒業式での思い出」
普段あんまり感情を表に出さない、というか、
ちょっと“ツン”としてるやつ、そんなやつが卒業式で号泣、
それにもらい泣きで、というエピソード^^。
僕もまさに同じような思い出がありました。
でもそれは小学校のときで、
あのときって中学も全く同じメンバーになるので、
いま思えば、何で泣いてたのかってw

『俳優館』さんから『アルクシアター』さんへは、
「好きな卒業ソング」
この質問は小学生のYUNAさんに伺いましたが、
僕は正直パッとしない、というか、
曲名を何となく知っている、ってくらい。
やっぱ世代、なのかなぁ
ほかの皆さんも同じ意見の方もみえたみたいですがw

そんなYUNAさんはもうすぐ卒業、
本当におめでとうございます

さてさて、今回の放送いかがでしたか~^^
KC3Z2065.jpg

3月の週末はまさに公演が盛りだくさん、
どの公演に足を運ぼうか悩む方も多いかと思いますが^^
“修了”“旗揚げ”なんて言葉がつくと、ついつい気になっちゃいますよね
ぜひエムジャンを参考にして頂いて、
赴かれてみてはいかがでしょうか

3月6日の番組アーカイブはこちら♪






もうそんな季節、なのかぁ。

2017.02.23(21:05)
なにやらわずかに、まだほんのわずかではありますが、
どこか春の香りがするような。
気がしませんか^^
寒くてたまらない季節も、
過ぎてしまえばちょっと懐かしくいとおしく、
想ったりするのかな。

さて、2月2回目、21日の放送では、
“卒業公演”を控えた団体さんも含め、
4団体さんをお迎えし、放送をお送りしましたよ
KC3Z1962.jpg

まずはちょっとぶり、
『愛知教育大学演劇部 劇団把°夢』さん
KC3Z1966.jpg

でも今回お越しいただいたのは初登場の方ばかり^^。
そのうちのお二人は今回“卒業公演”だそう。
前回の公演は何か社会派なイメージのある作品でしたが、
今回はSF作品とのこと。

清水さんに振られた役は、
聞くからにかなり演じるのが難しそうな役
そのために普段の生活から役作りをしているみたい

広い会場、それを活かした舞台装置が今回も観られそうだし、
現代劇ということで普通の衣装かと思いきや、
清水さんいわく「かっこいい・すごい」っていうのがすごく気になりましたね

あとそうそう、気になるといえば“団体割”。
なんと2,000円を“4名以上”でどんどん割っていける^^
これはなにやらえらいことになりそうですがw

それ以上に4年生の皆さんの雄姿、
楽しみですね
KC3Z1967.jpg


続いてはエムジャンではすっかりおなじみ、
『名古屋市立大学演劇部 劇団鈍-NORO-』さん
KC3Z1968.jpg

今回まず驚いたのがチラシのデザイン。
正直最初『鈍-NORO-』さんと気付かなかったほどw
ポップな雰囲気、でもキャストの皆さんが着ている服はそろいのスーツ姿、
これはどうもいろんな役柄をカムフラージュの意味合いもあるそうな^^。

今までにエムジャンには何回か来ていただいている石原さん、
今回は食いしん坊な役、だから稽古でもほんとに食べている
女子的にはなかなかに大変な稽古(でいいのかw)なようですが

スマートな役が多い印象のある伊藤さんは、
またまったく真逆な、“貧弱の極み”w
その挑戦している役も見どころ、ですね^^。

こちらもそう、“卒業公演”ということで、
先輩はもちろん、後輩も惜しむことなく力を発揮して公演に臨んでいるとのこと。

思えば前回の卒業公演からもう1年かぁ、
なんてちょっと感傷に浸りつつ^^
本番を心待ちにしましょう
KC3Z1969.jpg


3団体目はひっさびさの登場、
『劇団雪花火』さん
KC3Z1970.jpg

前回来ていただいたときの公演が久々の公演だったとのことで、
いままでに施設やライブイベントでの公演もされたこともあるという皆さん。
まずはこちらも気になったチラシ、
デザインされたのは“ぴーこさん”こと玉岡さん。
かわいらしくて爽やかな感じのするデザインですよね

今回ちょっと意外だったのが、
お話の舞台がなんと宇宙のロケットのなか、ということ^^。
そこである事件が起こって、
最初はそんな大したことないと思ってたことが、
だんだん「わーっ」って拡がっていって、
全体的に「わーっ」って。。。
“どんなやねん

ナイスないなださんのコメントが聞けましたがw
初登場濱崎さんは今回お越しいただいたなかでは唯一のキャスト陣。
劇中では“姐御肌”な役柄が観られるとのことで、
個人的(勝手)に濱崎さん像としてはピッタリ

ひたすら同じ“大事な”ものを作っているというぴーこさん、
“ラブソング”というけど「歌はない」という稲田さん。。。

なにやら謎だらけではありますがw、
きっと素敵な空間がそこにありそうな予感、しています
KC3Z1971.jpg


最後はこちら、『廃墟文藝部』さん
KC3Z1964.jpg

今回も主宰コンタさんこと後藤さんにお越しいただきました^^。
『廃墟』さんといえば、確か前回公演の際、
今年秋ごろの本公演がアナウンスされていたと思いますが、
このたびファンには嬉しいライブハウス公演が決定

コンタさんいわく“ファン感謝祭”だそうですが^^、
自分含め、ファンにとってはまたとない機会^^。
いままでに上演された3つの短編に加え、
新たに新作一本も上演、と大サービス
いずれの作品も出演の皆さんの魅力が光り、
ほっこり温かくなれる、笑える、
そして切なくなれる作品ばかり。

会場は以前から何度かお邪魔している“spazio-rita”さん^^。
きっと普通に想像するライブハウスとはちょっと違い、
白い壁、木製の調度品など、
温かい雰囲気も感じるスペースかと。
食事やドリンクも美味しいのでお勧め

そうそう、おなじみの女優陣もこの春で大学を“卒業”。
もしかしたらこれが一緒にやる最後の機会かも、
と、こちらも切なくなってしまいますが^^
そんな貴重な機会、ぜひ足を運ばないと
そのときはぜひ、
メンバーのばみゅんさんこと池場さんデザインの、
“あの”ポストカード型チラシを持って、ね
KC3Z1965.jpg


そしてもちろん今回もお送りした『質問コーナー』、
今回も興味深い内容ばかり^^。

『廃墟』さんから『把°夢』さんへは、
実はこれ、コンタさんおきまりの質問^^、
「お客さんが目の前にいること以外のお芝居の魅力」

このときの清水さんの回答、
まさに眼からウロコ、でした^^。
お客さん目線で観たとき、
お客さんはその人なりの“画面”を作ることができる。
だから同じ公演でも座る位置やその人の興味で、
全く違う構成になる。
観劇ファンの僕にもすごく腑に落ちる内容でしたね~
ぜひ清水さんにはおっしゃるとおり、
“人の目を惹き付ける”役者さんになってほしいなぁ^^。

『把°夢』さんから『鈍-NORO-』さんへは、
「劇団特有の稽古メニュー」
普通に想像するとストレッチ、筋トレ、声出しなどが浮かびましたが、
皆さんのメニューのなかに“樽枝(たるえだ)”なるものが。
ひたすら走って(体力づくりw)前から現われた(設定の)樽や枝を避けるマイムを。
やはり、というか想像どおり、
あえて“喰らう”メンバーもいるそうで
そこで芝居の技術(アドリブ)も養える、
なんて、一石二鳥じゃないですか^^
ぜひこれはほかの団体さんもw

『鈍-NORO-』さんからそう、先輩『雪花火』さんへは、
「バレンタインのエピソード」。
いやぁ、偶然とはいえ、先輩方にチャレンジャーな質問だなとw
濱崎さんはご自身で作って稽古場に持っていかれたそうで、
なんともうらやましい限り。。。来年は。。。
対してぴーこさん、なかなかに“武勇伝”がww
こりゃ確かに、やめといた方がよさそう、の上位レベル
ぜひぜひ濱崎さんに弟子入りを、
ちゃんとしたの、作ってくださいっ

最後、『雪花火』さんから『廃墟』さんへは、
「本番前の時期に、やるようにしていること」
主宰的にはやはり、チケットの売れ行きが気になる、
というまさに“あるある”な感じでありましたが、
もちろんそれだけでなく、仕上がってきた作品のあえて粗を探し、
より良い作品へ創り上げていく。。。
まさにこの時期の他団体の皆さんへは興味深いコメントだったのでは^^。
さすが、コンタさん

さてさて、今回の放送いかがでしたでしょうか
KC3Z1963.jpg

年度末、まさに皆さんにとっても一区切りの季節、
もうこの時期にしか観られない貴重な瞬間、
ぜひぜひ体験しに足を運ばれてはいかがでしょうか

2月21日の番組アーカイブはこちら♪







| ホームへ | 次ページ