夏の終わりの。。ホラコメ^^?

2013.08.28(19:44)
お、急に涼しくなった。。。
これは体調崩しやすくなるピンチ^^
皆さまお元気にお過ごしですか

まだ蒸し暑い中、先日番組お越しいただいた『妄烈キネマレコード』さんの
「眠れる夜のバカ」にお邪魔してきました~
(浮いてる浮いてる)
KC3Z0573.jpg

会場のナンジャーレさんの前には。。。
KC3Z0585.jpg

あれ、このバス停どっかで見たことあるぞw
KC3Z0584.jpg

始まってすぐ。。。
ツイッターなどでも発表されたベルベる☆さんの声がいきなり
これ、もろ大〇さんじゃんしかも関西弁ww
そんな〇塚さんナレで一気に持っていかれました。

続々と登場するキャラクター達。
そして皆さんめっちゃしゃべる
ほんとしゃべりっぱなし。

西尾さんらしいあくまで自然な会話劇。
どこからセリフでどこまでアドリブなのか。。。
でも感想はちょっといつもと少し違って、
(表現が難しいですが)今回はより演劇っぽかったような。。。


で、終わってみると。。。

あれ、

そういえば、、、

暗転が、

なかったww

怒涛のセリフとそこに挟まれた絶妙の間。
あっという間の1時間20分でした。。

この日はなんと、この舞台のために曲を書き下ろされた、
孤独部さんのライブでもおなじみのKANAMORINさんの
スペシャルミニライブが
エフェクターを使って一人で多重演奏。。。
以前から何度か拝見してますが、ほんと幻想的。
またライブにお邪魔したいと思ってます^^。

それにライブ中の照明。
そのための照明家、ではなく芝居と同じく宮出貴衣さん
なんと、曲を聴きつつアドリブ()だったようで、
曲調が変わるたびに変わっていく明かり。
すばらしかった

番組にお越しいただいた皆さんとww
KC3Z0581.jpg

主役の西尾さんは終始振りまわされ役^^
その必死さ加減がとっても面白い
髪振り乱して(乱れさせられて)ました。

アンジェさんは最後に「実は・・・」というミステリアスな役。
にぎやかなキャストに囲まれる中、落ち着いた芝居。
でもそうなるとやっぱ「眼」の演技に目が行ってしまいましたねw

澤井さんはなんと「抱きつく(取り憑く)とその人を操れる」幽霊役w
西尾さん、そしてアンジェさんにもw抱きついた姿のファンシーさが忘れられません
KC3Z0583.jpg

そして今回も舞台美術、すごかった
KC3Z0576.jpg

『演劇組織KIMYO』岡田保さんによる仕事、
裏側もちらっと拝見しましたが、見た目だけじゃない、
役者が使いやすい、そして安心して使える工夫が随所に。。

最後にまた皆さんで
(撮影は照明担当の宮出さんこちらもナイスセンス^^)
KC3Z0577.jpg

今回の芝居、いや毎回客演の方々含めすばらしい役者陣の『キネレコ』さん。
早くも次回公演が決定してる模様。。
しかも、二本立て
前公演後新メンバーとなった澤井さんの作品もあり、とか。
楽しみですよね~

もちろん、また番組にお越しいただきたいと思ってますよ
主宰の中村さんにも来てほしいなぁぁww

P.S.今回の受付、美しい方々ばかりでさわやかでした^^(内山ネコさんもいたよ)

8月10日放送のアーカイブはこちら♪



スポンサーサイト

この夏、ひとときの深海探検へ。。。

2013.08.16(22:37)
はい。今日も暑いですw

先日番組で告知いただいた
『アルヴィン・スプートニクの深海探検』
にお邪魔してきました

バスを乗り過ごし^^;偶然居合わせた方とタクシーで向かった
会場の「うりんこ劇場」は、大人以上に夏休みのお子さんでいっぱい^^
よく考えてみると、こんなオーディエンスで芝居観るのめっちゃ久々かも。。。

僕のお隣も男の子とそのお母さん。
ご自宅に「世界のクジラ」ポスターがあるんだそうで、
今回のチケットやチラシの白いクジラのイラストが気になった様子。
KC3Z0524.jpg

MJ「あれ何クジラだろうね
男の子「白いからシロナガスクジラじゃないかな。」
MJ「シロナガスクジラって世界で一番大きいんだよね。」
男の子「そうそう

と、開演までつかのまのクジラトークww

さて、
ホールの規模に比べてセットはかなりこじんまりした感じ。
黒い枠の手作り感のあるスクリーン^^に
横にはPCの操作台。
シンプル。
そして潜水服の長身男性が。

開演。。

スクリーンに投影されるアニメーション。
かと思いきや、それが俳優の生の演技と入れ替わり。
そしてまたアニメーションへと。。

なんか自然と惹き込まれて行く。。。

恋愛悲劇、だけでなく字幕付きでブラックジョークも飛び出しw
会場は大盛り上がり

そしてクジラが登場すると隣の男の子も大盛り上がりww

アニメーションと生の演技のコラボレーション。

全編英語劇でしたが、あの見せ方は
お子さん達にもきっと伝わりやすかったし、
確実に伝わったのではないでしょうか。

上演時間は短かったはずですが、
たっぷり楽しませていただいた時間でした

終演後、見てくださいこの人だかり^^。
KC3Z0525.jpg

この日だけの交流会、大人気です。
もちろん僕もww
主演のサミュエル・ロングリーさんと^^
KC3Z0527.jpg

それにしても身長がお高い
つたない英語力ゆえ、ほんのちょっとしか思いを伝えられませんでしたが^^

今回名古屋は2回のみの公演、ということで、
ご一緒した方々も一様に「せめてもう1回観たい」と。

公演前、今後名古屋公演は無いだろう、という話もありましたが、
ぜひ機会があればまた観てみたい作品です

イキテルヨw
KC3Z0526.jpg

7月23日の放送アーカイブはこちら♪



夏といえば。。アイスに霊界、バカに観劇^^?

2013.08.14(22:36)
暑いッ(もう以下略w)
まだまだ夏ですね~。

そんな季節ではありますが、8月10日の生放送、
今回も豪華ゲストにお越しいただきました

まずはこの番組ではおなじみ、『劇団シアター・ウィークエンド』さんから、
各務直哉さん(中)と橋山直人さん(右)^^。
KC3Z0515.jpg

このメンバーでお送りするのは昨年の7月以来。。
そしてご覧ください。
先月の女性陣に続き、今回は男3人浴衣ですw

今回の作品は原作・出演もされる後藤明日香さんが、
実体験をきっかけに書かれたと言う作品。

20年近く前の作品なので、いろいろ手直しされてるとのことですが、
ウィークエンドさんによる「霊界」芝居。
いったいどんな感じになっているのでしょうか。

続いてもおなじみ^^『妄烈キネマレコード』さんからは、
左より西尾武さん、藤崎アンジェさん、そして初登場、澤井しおりさん
KC3Z0516.jpg

アイスがめっちゃ好きとの澤井さんw、
前回の「SKYROCKETS」終演後、満を持して^^
キネレコさんの正式メンバーとなられました

以前より様々な舞台で芝居を拝見していた女優さんでしたが、
同時に加入された芝原啓成さんと併せて大注目です

今回はなんと会場である「ナンジャーレ」さんが舞台という、
何とも珍しい設定^^。
そして原作の西尾さんが主役。
もう何度もこの会場で芝居をされているこのメンバー。
演劇関係者にはつい頷いてしまうようなネタが盛り込まれていそう^^
席数限定の高校生割もお得ですよねっ

毎度制作もされている藤崎さんの公演チラシ、今回もまた秀逸
いろいろな会場で織り込まれているこの広告、ほんと行く先々で大好評
気になる方はぜひキネレコさんのHPで^^

そして恒例の「質問コーナー」
今回もそれぞれの団体さんに持ち寄っていただきましたが、
夏らしい話題がいっぱい
KC3Z0518.jpg

アイスの話で盛り上がったあとには、これまた涼しくなるプチ怪談w
楽しかったです

今月末の公演も楽しみですね

おまけ
書生と用心棒w
KC3Z0521.jpg



鳥肌、うるるw

2013.08.13(18:49)
ほんとに暑い日が続きますね
皆さまお元気ですか

そんななか、先日番組にお越しいただいた『オプト』さんこと、
『オブジェクトパフォーマンスシアター』さんの公演、
『繪傳 をぐり~説経節小栗判官より』にお邪魔してきました

会場の「ひまわりホール」は人形劇場ということもあり、
ロビーには様々な人形が展示されています。
春にもお邪魔しましたが、展示が変わってる^^
KC3Z0507.jpg

番組でもお話していただきましたが、今回の公演、
超人形、群読に打楽器とちょっと普通の演劇では聞き慣れない言葉が気になる。。

ホールに入ると舞台下手に楽器の演奏スペースが。
楽器は民族楽器、に見えるけどシンバルもあるし、あのフロアに置かれた太鼓って。。

その打楽器の演奏が始まった。。ん、リズムが早くて意外とポップw
設定は確か室町時代だったはずだけど。。

出演者の衣装はもちろん着物、なんですが、
よく見ると袖とかアシンメトリー(非対称)だったり、
ただの時代劇でないwことが伝わってきます。

ステージ後方にはひな壇が設けられてたくさんの演者が。
その皆さんがユニゾンで話すセリフ、つまり郡読は
その人数だけの音圧がマイクなど通さず直に客席に。

そして超人形。
厚紙とも思える人型
(といっても地獄から蘇った姿なので原形をわずかにしか留めていない)
が操るパフォーマーの演技と共に迫ってくる。。
不気味。そして恐ろしい迫力。

また素材としては半透明のビニール袋に二本の細い棒を使って操るオブジェクト。
生の演技に急に機械的な表現が加わっていましたが、
なんとも幻想的。。。不思議なギャップに見とれました。

舞台上の空気がとてもよく動く
役者だけでなく、オブジェクトの起こす風が舞台上の空気を澱ませない。

そんな演出に気付けば鳥肌、なぜか目も潤んでました^^


終演後、厳かな主演の『照手姫』3人と。
KC3Z0510.jpg

『視る目とうせん』役の由利さんも加わって
KC3Z0513.jpg

初めて観るタイプの舞台、初めての感動。
次回の公演、本当に楽しみです

そういえば一つ気になったことが。。。
演奏の弁天バンドのMabo雅弥さん。
演奏のカウントは、あっても「ひぃ~ふぅ~みぃ~よぉ~」かと思ったら、
こちらも意外にも「ワ~ンツ~スリ~フォ~」だったので、
声に出さずに爆笑してましたw

おまけ
ホールの受付ではこんなゆるキャラがお出迎え^^
KC3Z0508.jpg


7月7日の放送アーカイブはこちら♪



| ホームへ |