同じ場所が今度は『芝居小屋』に・・・!

2013.12.28(16:18)
そして翌日^^。

@全く同じ会場、「 新栄CLUB ROCK'N'ROLL 」にて、
「芝居小屋ロックンロール」
が開催
KC3Z1447.jpg

この会場で2013年の「芝居納め」ということで、
開催された珍しいイベントです^^。
といっても、ライブハウスの方に聞くかぎり、
「こんなことやるのこのメンバーだけ」
だそうでww

でも雰囲気が前日と全然違うなぁ。。
KC3Z1441.jpg

この日も舟橋孝裕さんが出演者とコラボ、
というイベントでした。

まずは『または田中』として登場、田中みなさん。
個人的にも以前から注目の女性役者さん、
演目はあの「ピノキオ」をモチーフにした作品。

とにかく休むことなくしゃべり続ける田中さん
流れだけ決めてあるのか、台本もちゃんとあるのか不明なんだけど、
話はどんどん展開していく。。

「ピノキオ」といえば人形に命が宿って、という話でしたが、
今回ワイヤーで吊るされた人形に宿ったのは宇宙生命体^^。
そしてその生命体の声をアテレコで舟橋さんがw

とてもシュールな内容でしたが、お二人のキャラが
ほんとに面白くて、そしてとても文学的。
このコラボ、もっと観たい^^。

続いては舟橋さんのひとり芝居。
「VSぼくのみぎて」
というタイトルが気になってたんですが。。。

ステージに現れた舟橋さん。
「ワークショップをやります」と客席に降り、
観客は椅子を脇に移動。

参加者となった我々と会話をしていて、
突然顔をバシッ。

右手が。。。暴れだしたww

もう会場中、ステージへと暴走する右手に導かれるまま、
振り回される舟橋さん。

バキッ


えっ。
本気で(自分を)殴ってるっ

ハラハラして見守る観客をよそに、
床をのた打ち回り、壁に激突する舟橋さん。。。

床に投げ出され、
KC3Z1442.jpg

仕舞いにはコードで“縛ってもらう”舟橋さん。。
KC3Z1443.jpg

文字通り「体当たり」演技。
本気でやるからリハもなし。

正直観てたみんな気が気でなかったと思いますがw
過激で斬新なステージでした

続いて孤独部かしやまさん。

今回はなんと
「“10年後”同じに場所(会場)に立っている自分のステージ」
のお話。。。

導入部で話の内容にほんとびっくりしましたが^^、
床には「いつもの」機材。
KC3Z1444.jpg

そして“あの”「ピアニカ」。
KC3Z1445.jpg

かしやまさんご自身、
来年1月に大きな公演を控えられていますが、
もちろん“10年後”のこのお話の中ではもう「過去」であるわけで。。

10年経っても今と変わらないスタイルで語る、
かしやまさん。

表情がとても柔らか。
なにか“今”のかしやまさんとは明らかに違う。

ステージが終わって。。
と思ったらお話はまだ続き。。

舟橋さん扮するセールスマン
“この日”のかしやまさんの楽屋を訪れ。。。

この「10年間」で起こったことに触れ、
他人が知るはずのないことを話されびっくりするかしやまさん。

ほんとにいつものかしやまさんの口調で話が進むので、
まったく目の前で起こっている事に違和感がない。
まだ
「これから起こる」
ことなのに、
「もう起きてしまった」
ことのように。。

あまりに“リアル”なフィクションに唖然。。

とってもシュールで、サスペンス風、
この作品、観られてほんとよかった。。。

出演、そして裏から支えた皆さんと
KC3Z1446.jpg

来年もぜひ、こんなイベントを^^

二日間、お疲れ様でした^^
KC3Z1448.jpg


12月5日の番組アーカイブはこちら♪



スポンサーサイト

ワンマンライブに“潜入”^^!!

2013.12.28(15:28)
気温も低く風も冷たい今日この頃。
皆さん、何に熱を求めていますかw

体が冷えたのならアツい場所に行けばいい、
ということで^^、
先日の放送ゲスト『孤独部かしやましげみつ』さんが参加、
『舟橋孝裕ワンマンライブ「21st Anniversary Schizoid Man」』
にお邪魔してきました

会場は「 新栄CLUB ROCK'N'ROLL 」
21周年だそうです
KC3Z1447.jpg

公演タイトルにもある舟橋孝裕さん。
めっちゃアツいベーシストの方なんですが、
なんと演劇部出身、以前から『孤独部』さんとも数多くコラボされています。

今回、ご自身参加のバンドがなんと5つも(急きょ当日もう1バンド増えて6つ)登場、
もちろん舟橋さんはその全部に参加

※以下、写真を撮れたステージのみのご紹介。
 すべて最前列よりw

『ナトリネ』。
KC3Z1421.jpg

今回が初見。
なにかゆったりな雰囲気でまったりいくのかと思いきや、
転調した途端一気に激しい演奏に^^
雰囲気とのギャップに驚きつつも、
独特の世界観、楽しかった

『パイプカットマミヰズ』。
KC3Z1422.jpg

こちらはメンバーがステージ上で暴れまわったり、
ステージから飛び出したりw激しい演奏で盛り上げてくれますが、
演奏がとにかくうまい。
なんであんなに動き回っててちゃんと演奏できるんだろう、っていうww
「プログレ」独特の“変拍子”が心地いい、
そして何より観てて楽しい^^バンドです

満を持して『孤独部』さんのステージ。
もちろん舟橋さんも。
KC3Z1426.jpg

激しい演奏が続いた中、ステージには一気に静寂が。
なんだけど、
明らかにステージ上の“熱”は下がっていない。。。

「ライブ」ということもあってか、
かしやまさんはおなじみの「ピアニカ」を。
KC3Z1425.jpg

ここのところひとり芝居を観続けていたので、
二人芝居っていうのがなんか新鮮。
こちらは開始前のアップの状態ですが、
もうおなじみ、
「ただの演劇公演ではない」
ですよね^^
KC3Z1427.jpg

かしやまさんの語る言葉に舟橋さんのベースが合わさり。。
なんかかしやまさんの口調、表情も何かいつもと違うような。。
この二人のコラボ、やっぱ面白い

終了後、よく見えませんでしたが、
その動きからして何かとっても楽しそう、でした^^。
KC3Z1429.jpg

『JONNY』
KC3Z1434.jpg

こちらも初見。
せっかくなので舟橋さん側(下手側)から。
KC3Z1432.jpg

いや、実は何か始まる前から物々しい雰囲気があり
ちょっと端へ移動~ww

予想通り、メンバーがオーディエンスにダイヴしたり、
頭の上を人が通っていったりと、ものすごいライブでした

そして舟橋さんもクールに煽るw

このバンド、ライブハウスにも久々の登場だったようで、
みんな待ちに待ってたんですね~。

そして時にはしっとりとした曲も。。
KC3Z1437.jpg

実は女性ボーカルの美生(みお)さん、
『SOM企画』さんの「サ××ド・オブ・ミュージック」にもキャストとして出演
そしてここでもバンドマンとしてギターも披露
1月の凱旋公演ではなんと生バンドが、
そして回変わりゲストでなんと舟橋さんがっ
ってこれは観に行くしかないじゃないですかっww

アンコールの鳴り止まない、
会場に熱の残るアツいステージが終演。

終演後、会場にいた“あの日の”wメンバーで
KC3Z1438.jpg

僕が着ているTシャツ、
実はこのイベントに合わせてチケットと併せて購入していたもの。
イメージは舟橋さんご本人。
せっかくなのでライブ中から着てみました^^

購入時にはほんとにたくさんのTシャツ、
そしてプリントの中からからーをチョイス。
見ていただくとお分かりになるかもですが、
ちょっと『孤独部』さんをイメージしてみましたww
いかがでしょうか^^

実は先日の放送、舟橋さんもお越しいただきたかったんですよね。
ほんといつか実現、させようw
KC3Z1439.jpg

こんなイベント、ぜひまた体験したいですね

12月5日の番組アーカイブはこちら♪




年末・年始の2大イベント!!

2013.12.28(00:30)
さて、まだまだ続く師走のエムジャン
なんてたって「毎週放送」ですからねww

今回、12月19日の放送には、
年末・年始のビッグイベントを控えた
皆さんにお越しいただきました^^
KC3Z1391.jpg

まずは今週で3組目、年末イベント『ミソゲキ』の告知に、
『劇団さよなら』さん、『虚構オメガ』さんにお越しいただきました
KC3Z1396.jpg

そしてこのお二組がいらっしゃったことで、
『ミソゲキ』3組すべての組の告知コンプリートとなりました^^

まずは以前『植田バイソンズ』さんの代表、
ということで告知にきていただいた小久保翔太郎さん。
今回は『劇団さよなら』さんのこちらも主宰()として
お越しいただきました

番組でもお話しましたが、実はわたくしMJ、
『バイソンズ』さん以前にこの『劇団さよなら』さんメンバーとして
小久保さんの芝居を観ていたのでした

『バイソンズ』さんはとてもテンポのいい賑やかなコメディ、
でも僕が思う『さよなら』さんはシュールな文学的な作品。

でも今回は出演者が女性ということもあって
ちょっと違う、感じ。
「きみにときめく」っていうタイトル、
気になりますね^^

全く違った趣の劇団にそれぞれ参加されている小久保さん。
多彩、という言葉だけでは片付けられなさそう^^

続いてこの番組は劇団としては2回目の登場、
『虚構オメガ』さん

以前告知いただいたのは、なんと
観客が「目隠し」して“鑑賞”するという一風変わったもの。
しかし得意とされている「会話劇」で、
“みえない”にもかかわらず楽しめる、という不思議な体験を。

今回もその「会話劇」を存分に楽しむことができそうです
去年の『ミソゲキ』でもほんとにシュールな会話劇を披露された『オメガ』さん。

長谷川コウジロウさん作の今回のタイトル
「前とお前は帰ってよし」
こちらもめっちゃ気になる~ww

がw、なんとこのお二組の参加される「B組」の公演、
放送の時点ですでにソールドアウト

気になった方はもう今後の本公演に行くしかない、ですね

続いては9月ぶりの登場、『SOM企画』さん
KC3Z1392.jpg

あの日告知していただいた10月の愛知公演、
大阪遠征、
そしてついに、
来年1月凱旋公演が決定され、
改めて告知に来ていただくことができました

今回、おなじみの佐和ぐりこさんに加え、
初登場のお二人にもお越しいただきました

那須さんは役者、松竹亭さんはダンサー(落語家ではない、を強調されてましたねw)と、
一見すると畑違いなお二方、
しかし10月公演をご覧になった方はもうご存知ですね。
それらが見事にミックスされ、
舞台美術も相まってものすごいステージが作り上げられていました

しかし衝撃の事実。
あの10月の舞台の次、大阪の舞台ではすでに違う試み、
そして今回はさらにパワーアップしていると。。。

えっ、今回はギターだけじゃなく生バンドも
もう、一体どんなすごいことになってるものか、
想像つかないww

前回の公演は当日券もほとんど出ないような本番前完売状態。。
気になる方はすぐ、お問い合わせされることをおすすめします^^


そして恒例の「質問コーナー」。
KC3Z1390.jpg

ほんとにプライベートなネタから、
舞台人ならではのいろいろな立場からの興味深いお話まで、
とても充実した内容になっていたと思います
こちらも隣でお聞きしてて興味深々でした^^。

年末、そして年始にかけても話題が尽きない皆さん。
    ||(イコール)
全く休んでいられない、
ということにもなってしまいますが^^

その意気込みをぜひ、会場で体感したいと思います

12月19日の番組アーカイブはこちら♪(パート1)

12月19日の番組アーカイブはこちら♪(パート2)




Let’s PARTY again!!

2013.12.21(20:11)
人肌恋しい今日この頃wいかがお過ごしですか
あれよあれよと年末も差し迫っていますね^^。
今年は珍しく年内に年賀状を出せそうなMJですww

さて、今回「2nd」ということでもうすっかりおなじみとなった
『パフォーマーズ・パーティー』にお邪魔してきました

会場は前回と同じ「parlwr(パルム)」さん。
KC3Z1334.jpg

今回は『古』がコンセプト。


まずはとびたさんの一人芝居。
KC3Z1335.jpg

先日の『妖帝デカダンス』さんの公演を取り入れた、
文字通り妖しげな^^ステージ。。。
衣装もそのときのものですね

そして同じく『妖帝デカダンス』さんのステージに「舞台装置」
として作品を提供されていた舘昌哉さん。
KC3Z1336.jpg

なんと1枚の紙から複数(たくさん)の折鶴が連なった作品。
舘さんとの出会いもこの『パフォーマーズ・パーティー』でしたね。

そして今回が念願の初登場、キャリーマロさん
KC3Z1338.jpg

そう、男性です
もちろんその名はあのきゃりーちゃんから^^。
その振り付けを完コピ。
お客さんと「つ~けまつ~けま・・」

そしてステージの合間には次々とフードが。。
お、これは
「あの肉」をイメージした。。。
KC3Z1339.jpg

ポテトサラダでしたww
(「肉」の部分はソースで味がついている)

続いて『ライア』さんによるテーブルマジック
KC3Z1341.jpg

定番のネタから個性的なネタまで、
ほんとに間近で見ているのに、
全く仕掛けが分かりませんでした^^。

なにかメンタリストの彩-sai-さんに結構ライバル心があったようなご様子ww

そして『ゲボゲボ』さん
KC3Z1344.jpg

今回は主宰の右角81さんの一人芝居^^
「緊張してる」とのことで、
ペットボトルのお茶を飲む。
飲む。
飲む。
飲むw。

一本半くらい飲んだところでパフォーマンスにww
これで観客の興味は一気にステージに向きましたね^^。

まずは一脚の「椅子」についての思い出話。
KC3Z1342.jpg

ほぉ。。と思いながら観ていると、
なんとすべてフィクション、だった
ほぉぉぉぉww

続いて。。

ワン。
KC3Z1345.jpg

カァ。
KC3Z1346.jpg

ニャア。
KC3Z1347.jpg

なんとあの「犬のおまわりさん」のショートコント
ほんっとに多彩な方ですね

続いては大ベテラン、『松本仁』さんによる朗読。
KC3Z1348.jpg

「おこん浄瑠璃」という昔話の悲劇だったのですが、
物静かでも情感たっぷりの松本さんの朗読に、
会場中がウルウルに。。
「言葉の力」の強さを改めて知ったパフォーマンスでした。

次に登場したのはメンタリスト、彩-sai-さん。
KC3Z1349.jpg

このイベントではもうすっかりおなじみですね。

この方のパフォーマンスはマジック、
そしてその絶妙なトーク(話術)が見物。

「私はだまされませんよ^^。」

なんて思っていても。。。結局w
KC3Z1350.jpg

何かすごい手品を見せ付けられた、
というよりはしてやられた^^感が強くw、
KC3Z1352.jpg

会場の雰囲気もマジックを観ているのとはちょっと違う感じに包まれていました。

こちらは池谷律子さんによる朗読。
KC3Z1353.jpg

時代劇ではありますが艶っぽいw内容に会場もドキドキ
パフォーマーの題材の「チョイス」も面白いですね。

続きましては番組ゲストゆりさん、MOMOKOさん所属、
『Fuの会』さんによる朗読劇。
KC3Z1356.jpg

今回は古典で有名なあの「更級日記」を題材に。

朗読、とはいってもご覧のとおり衣装があります^^。

何気に座ったステージ脇の席でしたが、
ぅわっMOMOKOさん近いww
KC3Z1357.jpg

古典、といってもMOMOKOさんの衣装は
あのきゃりーちゃんを思い浮かべさせるコスチューム^^。

そのおかげか朗読、というよりはもう完全にセリフのテンションも高かったし、
とっても似合ってらっしゃいましたよ

そして。。
美女の這い寄る光源氏ww
KC3Z1359.jpg

そう、衣装を着た役者の「芝居」もあるんです。
一味もふた味も、そして目でも楽しめる朗読、
とっても面白かったです

さぁ、次はこのイベント皆勤賞^^の『孤独部』さんです。
あ、ギター。。なんか久しぶり。

そして音出しや声出しも兼ねた。。「神田川」w
KC3Z1370.jpg

最近『孤独部』さんを観ていてどうもいろいろ構えて観てしまうんですが^^;
やはりこれも「前振り」だったみたいで。。

今回は来年明けての大舞台の“プロローグ”的なお話。
KC3Z1366.jpg

会場内の明かりが消え、スポットがついた途端、
場の空気が一気にステージに集中するのが分かります。

ここからはちょっと“より”個人的な感想になってしまうんですが。。

アーティストって言うのは観客、ファンなど、
「観る側」の「代弁者」だ。と常に思っています。

自分ではできない
「歌声」
「演奏」
「ルックス」etc...

ではかしやまさんは。

個人的な思い出、出来事をほぼそのまま、
知らない人が観たらフィクションなのかノンフィクションなのか分からない。
でも何か惹き込まれてしまう。

でもそこに「共通の人、物事」の思い出、出来事があったら。。。

今回はそれがあった(と勝手に考えている)ので、
それはいつもより強く心に刺さった。

あのパフォーマンスを観て感動した方がみえたのなら、
自分はその数倍は感動してたんじゃないかな(と勝手に考えている)。

自分が声に出して言えないことを代弁してもらってる、
そんなことを考えながら観守っていました。

来年はこことは比べ物にならないくらい広いステージでの公演です。
はっきり言って何も不足しているものはないと思います。

ちょっと偉そうなこと言いました^^。


右角さんと『古』の象徴w
アウストラロピテクスさんの前で^^。
KC3Z1355.jpg

来年から『ゲボゲボ』さんは更に精力的に活動されていく模様。
これは期待、です

『Fuの会』さん
KC3Z1362.jpg

女性ばかり、そして衣装も華やかですね

そして「光源氏」役のさちこさんと。
男前^^
KC3Z1364.jpg

実は少し前からのお知り合いなのですが、
芝居を観たのはほんとに久しぶり。

身長も高い美人なので、男役もバッチリです

かしやまさんと
KC3Z1373.jpg

年末年始と今年も大忙しのかしやまさん。
来年の大きな舞台前にいくつか観ておくといいかも、ですよ^^

おっとこれは珍しいスリーショット
KC3Z1375.jpg

言うなればメンタリスト&センチメンタリスト×2でしょうかww


こんな普段じゃきっと巡り会えないような出会いもあるこのパーティー、
来年3月にすでに「3rdパーティー」が決定しているとのこと

今回は『古』がコンセプトでしたが、
次回は逆に『新』がコンセプト。

足を運べば新たな出会いがきっとあるはず、ですよ

11月19日の番組アーカイブはこちら♪





年末に向けて!!

2013.12.18(23:29)
絶賛「毎週」放送中wのエムジャン、
いかがでしょうか^^

師走もついにあと半分を切ってしまいました。。

さて、そんな師走放送の2週目、12月12日の放送、
初登場、そしておなじみの団体さんですが初登場^^の皆さんをお迎えしました
KC3Z1326.jpg

まずは『ポックサル from 劇団B級遊撃隊』さん
KC3Z1330.jpg

実はかなり前に當間さんに声をかけていただき、
今回念願のご出演となったのでした^^。

有名な劇団名の前についている名前、

『ポックサル』

初めて見た方はきっと気になられましたよね^^
番組ではその命名秘話が明らかに。。。

徳留さんが夢で見た、なんと感染症wの名前ですって
もう頭に残っちゃいましたねww

稽古風景の写真をいくつか見せていただきましたが、
某大手コンビニの制服と一目で分かる衣装がwww
それを着た榊原さんの姿も。。
いったいどんなお話なの~

実は個人的にまだ芝居を観たことのない劇団さん。

そして今回は“ユニット”として『ミソゲキ』に初参加
きっと普段の劇団とは一味違うステージ。
楽しみですね

そして本公演の際にはぜひまた^^お越しいただきたいと思います

わ~高い~
KC3Z1329.jpg

映像でも一見座高が高いように見えてしまう榊原さん、
実は身長も高くスタイルもいい方なんです

ちょっとこの写真は大げさですがww
なにか全く物怖じしない性格も楽しい女優さんでしたね~^^。

続いてはエムジャンではおなじみ、
『妄烈キネマレコード』さん
KC3Z1327.jpg

もう“おなじみ”の団体さんではありますが。。。

そう、出演いただいたのは
なんと初登場

主宰の中村繁之さん、そして芝原啓成(たかなり)さん

以前出演いただいたメンバー藤崎アンジェさんからは
あまりトークが得意でない、と伺っていましたが。。。

いやぁ、何のことはない、
めっちゃ面白いトークが繰り広げられましたね~ww

今までにいらしたメンバーとは明らかに違うw、
しかし芝居に対する姿勢、演じている姿は真剣そのもの。

でもそこに見えてくる個性的なキャラがとっても楽しいんですよね^^。

中村さんはとにかくアツい、
はっちゃける、というより爆発的な、
ものすごいエネルギーの芝居が印象的。

芝原さんが出演していると場がまったり^^。
怒っているシーンでもなんかほほえましかったり。。
でも目を見ると気持ちが入っているのが分かるんですよね。

今回去年に引き続きの『ミソゲキ』参加。
しかも初構成・演出を中村さんが

これはきっとアツい舞台になることでしょう。
少なくとも中村さんはw

超期待です

これで『妄烈~』さんの現メンバーさん、
ご出演コンプリートでございます^^
KC3Z1328.jpg

放送終了後に皆さんと(芝原さんw)
KC3Z1325.jpg

もう年末恒例となりましたイベント、『ミソゲキ』
去年も早々にチケット完売、
今年ももうそろそろ完売のようです
大人気ですね

ほんとにほんとの年末の3日間、
芝居好きのあなたはぜひぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか^^


12月12日の番組アーカイブはこちら♪




時は流れ過ぎる、けれど。。

2013.12.15(22:44)
師走もあっという間に中盤。
これじゃすぐに年末になっちゃうかな^^

さて、おなじみの番組ゲスト『劇団シアター・ウィークエンド』さんの12月公演、
「流・流 ~時は流れて~」にお邪魔してきました

場所はおなじみ、池下の
「スタジオ・座・ウィークエンド」^^。
KC3Z1295.jpg

靴を脱いで会場の中に入るのですが、
会場すぐ後というのにこの日はすでに下駄箱がいっぱい
開場を待っている間にもあとからあとから人が。。

下北沢(東京)の商店街の映像から始まった舞台、
映像には劇団の解散を宣言する「団長」役の
『~ウィークエンド』さん主宰の松本さんの姿も。

以前はこの町で劇団事務所として、
今はお好み焼き屋さんになった場所が舞台。

番組ゲストの山岸さんは「団長」から劇団の看板を譲り受けたものの、
生活にも身が入らずグダグダ過ごしてしまっている男の役。
店長に渇を入れられても動かない^^;
この人がやる気を出さないと。。。

そしてそんな店にやってきたのがこちらも番組ゲスト、
谷口絵理子さんと安江勇輝さん。
「いまどきの」若者役、ということでどんな感じかと思ってたら。。。

KC3Z1317.jpg

あの一見w大人しそうに見えたお二人がこんな^^
でも決して無理してる感じはなくて、
安江さんなんか普段の雰囲気をみじんも感じさせないくらいの演じっぷり

いやぁ~びっくりしましたね~。
しかしこの二人が一度は解散した劇団を復活させる立役者になるとは。。。

ちなみに谷口さんの「マリ」はダブルキャスト。
他の日はこちら「佐野麻澄」さんが。
KC3Z1298.jpg

同じ役でも雰囲気も違って、芝居を観比べてみると面白いですよね~。
ちなみに以前「Az(エーゼット)」という作品でも
主役をダブルキャスティングされていましたよ。

こちらは元劇団員、そして今は路上パフォーマーとして
お笑い芸人をやっている、という役の
番組でもおなじみ橋山直人さん(中)、
そして以前出演していただいたこともある都築亮さん。
KC3Z1313.jpg

そういえば都築さん、
5月の大きな公演、研究生公演でもお笑い芸人役だった。。。
最近はもう“お決まり”のキャスティングなのかなww

そして。。


KC3Z1296.jpg

み、見なかったことに。。。

お分かりいただけるでしょうか。

なんと今回はオネエ役ww
元お笑い芸人で今は占い師の「金魚ネエさん」。
はい。
番組にも何度か出演いただいた各務直哉さんです^^。
いやぁ~新境地、ですか
でも全く違和感なく(失礼)好演してらっしゃって、
もちろん観客には大ウケでございました
でも結構心に来るセリフがあったんですよね~。
そしてなんとこちらも“劇団を救う”役柄に。。


さ、気を取り直してwwきれいな「女性」のお部屋に
KC3Z1311.jpg

左は今回佐治さんとダブルキャストの中野由佳子さん。
あの震災で両親(実は義理だった)を亡くす、
という難しい役柄。
終始気持ちのこもった演技でした。

個人的には全く正確が違うお二人、と認識してるんですが^^、
やはり役柄にも影響してくるようで。。
こちらも観比べてみて楽しかったですね。

そして右は以前外部の公演『國語元年』で主役を公演された
黒河内彩さん^^。

佐治さん、中野さん演じるは歳の離れたいとこ、
実はなんと親子という役^^

以前から何度も舞台に立っている姿を拝見していますが、
あの舞台を終えられてから
またさらに演技に磨きをかけられた様子。。。
今後もますます期待の女優さんです。

劇団は元劇団員の奮起、
そして救世主たちの出現によって復活。
またみんなで舞台をという形で終演。

今回の公演は劇団結成40周年()の最終弾と銘打って行われましたが、
きっと長い劇団の歴史にも似たような出来事はきっとあったはず。
劇団員の皆さんも演じていて決して“他人事”じゃなかったんじゃないかな。。

合間には歌やダンスもあり、
観客も手拍子で加わったりとにぎやかな舞台でした

番組出演の皆さんと
KC3Z1294.jpg

この舞台には数回、お邪魔しましたが、
なんと全部満席、いや超満員
人の熱を舞台上、そして客席からも感じられる『~ウィークエンド』さんの舞台に
一度足を運んでみてはいかがでしょうか^^

お好み焼き「ふじさん」のメニュー^^。
KC3Z1322.jpg

これを見て有望なw劇団員達が。。(若者はちゃんと漢字が読めなかった)
KC3Z1320.jpg

(・・・・・)
KC3Z1321.jpg

11月28日の番組アーカイブはこちら♪




時を進めて、時を刻んで・・・

2013.12.14(00:53)
さむいひがつづきますね。(棒読みw)

早めに風邪ひいたからか今のとこ絶好調でございます^^。
でも油断大敵、ですねっ。


さて、先日の番組ゲスト『演激集団PREPASS』さんの
Act.0『TriClock & Lock』にお邪魔してきましたよ

会場はこちら、若手演劇人にはおなじみ、
ユースクエア^^。
KC3Z1307.jpg

会場に入ってすぐ目にとまったのが舞台美術。
綺麗
KC3Z1300.jpg

今回も一番前で観させていただきましたがw、
通常の演技スペース、そして最前列の席の前に
このオブジェが。

舞台も黒い幕に白い時計の歯車風のオブジェ。。
KC3Z1305.jpg

シンプルだけどそれがすごくステージに映えててほんと綺麗

そして役者の衣装も基本パステル調の色彩。
なんか目に優しい
そして主役は少し目立つ色、とそういう全体のバランスも考えて演出されたのかなぁ。。
とか観ながら考えてました^^。

番組に来ていただいた名倉さんは
かなり等身大に近い役柄だったような。
とても演じやすそうでしたし、なんか素、
と言うか自分の本音見たいなセリフもあって、
ついクスッとしてしまいました^^。
衣装や動きもかわいらしかったですね~

主役の奥村さんはそのルックスと雰囲気をめっちゃ活かされてましたね
ヒロインの方との(結構なw)身長差もいい感じ^^。
クールな部分、そしてアツい部分が見え隠れ。
初めて演技を観させていただきましたが、
今後もいろいろな舞台で観てみたい、役者さんです

そういえば客席。
真ん中に通路があって左右に設けられていました。
このユースクエアではあまり体験したことのない配置だったなぁ。。
その通路もちゃんと舞台として使用されていましたよ^^

あと場面場面でまるで芝居を「転調」するように使われていた照明がとても綺麗でした。
演出のきらえみあさんが堪能でいらっしゃるようなので、
かな~りこだわられたのでは。
シーンを印象づける、効果的な照明でした。

そのえみあさん、今回は主に場内整理、
そして前説をされていたのですが、
出で立ちがとってもキュートでいらっしゃいました
出演者に負けていない、というかもう出演してても違和感ないレベル^^

なんてことを思っていたら近々ご自身の劇団さんで出演される予定もあるようで、
そちらも今後の楽しみとなったのでした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z1302.jpg

なにかまるで今回の公演告知ポスターみたいですね^^
今回初めての方、以前他の舞台で拝見してた方、
そして以前別の場所で出会い、知り合った方など。。
バラエティーに富んだキャスト陣でした

番組に出演の皆さんと
KC3Z1304.jpg

舞台を終えられて、
皆さんどんなお気持ちなんでしょう。

自分はもちろん、観客の皆さんもきっと、
いろいろな思いを感じとって帰られたんだと思います

帰りがけ、えみあさんからこんなものをいただきました。
KC3Z1309.jpg

え、金一封
と一瞬焦ったら、
「今後もいいご縁を」
ということでした(安心したww)

今回舞台を通して出会った皆さんの今後の活躍に期待します

10月29日の番組アーカイブはこちら♪




「ひとくくりでくくれない」皆さんwをお迎え^^!!

2013.12.10(20:00)
絶賛師走、ですね^^。
皆さまお忙しくされていますか
エムジャンは12月は毎週放送、
がんばってますww

さてその12月放送の第一弾、12月5日の放送は、
のエムジャン企画、
「ひとくくりでくくれないゲストさん」特集、でしたwww

「ひとくくりで~」というのは、
たとえば「演劇」「画家」「バンド」など、
いろいろなジャンルで縛れない、という意味。

まずはその最たる人物
そして番組“準レギュラー”^^の『「孤独部」かしやましげみつ』さん
KC3Z1283.jpg

今回「ある理由」wでトレードマークの“緑”の服を封印していただきました^^

ほんと、いつお呼びしても話題に事欠かないかしやまさん
12月も様々なイベントに大忙しのようです。

基本は「演劇人」として認識しているつもりですが、
参加されるイベントにはいつも
「ライブ」
とか
「ワンマン」
とか
明らかにライブでよく見かける文字がw

今月は以前も「演劇2マン」なども繰り広げられた
ベーシスト『舟橋孝裕』さんの「ワンマン」ライブに登場
『孤独部』さん以外にも舟橋さん所属の『ワッペリン』さんなどなど、
たくさんのバンドが登場しますよ
そして舟橋さんも演劇を。。。

って、ご存じない方には何がなんだか分からない説明ですねww

とにかく「なんでもあり」っていう感じ。
垣根、ボーダー全くなし^^
一度イベントに足を運べばハマること間違いなし、かもw


年末には今年もミソゲキ参加、


そして前回もお話いただきましたが、
来年1月にはあの愛知県芸術劇場小ホールにて、
単独公演を・・・

ライブハウスとはキャパも全く違う、
広い会場の公演です。
しかもそこで一人芝居なんて

まだまだ想像もつきませんが・・・
楽しみに待ちましょう

続いては初登場『吉村桜子』さん
KC3Z1286.jpg

『孤独部』さんのフライヤー(公演チラシ)などでご存知の方も多いかも。

以前からその画風が気に入っていて、ぜひ一度、と思っていたんですが、
12月に初の(単独)個展を開かれるということで、
この機会にお越しいただくことができました

そしてこの『桜子』さんももちろん「ひとくくりで~」な方ですw
現役美大(芸大)生であり、
最初は「画家・アーティスト」のイメージだったんですが、
なんと『孤独部』さんの舞台にも登場、
ほかにパフォーマンスもされることもあるみたいで、
ほんと不思議な存在w

そして今回、“新作”をお持ちいただいたんですが。。。
KC3Z1285.jpg

放送でも語っていただいていますが、
この作品、なんと朝から半日で完成
もうただびっくり

この絵にもあるように、様々な「鉛筆」を使った絵が『桜子』さんの作風。
濃淡のつけ方がとにかく綺麗。
一度ぜひ“本物”を間近で見ていただきたいです

そんな『桜子』さんの個展、
オープニングパーティーではなんとライブも

ほらやっぱ「ひとくくりでくくれない」ww
会場に足を運ぶのがすごく楽しみですね

続いても初登場『松山マリナ』さん
KC3Z1287.jpg

この方の存在は確か先に「アーティスト」として知ったはず。

しかしながら初めてお会いしたのは「ライブハウス」、
そして『孤独部』さんの公演後^^。
ほら、こちらも。。w

とても気になった今回のライブのフライヤーデザイン、
最近は写真も、と強烈な個性を如何なく発揮されていますが、
今回はつながりのある女性陣を集めてユニット
『伐らら乙女流前派(きららおとめりゅうぜんぱ)』を結成、
合同誌を刊行

タイトルはちょっと耳にしない
「一揆」

個人的にも知ってる方も参加されていて楽しみにしていた冊子です。
せっかくなので。。。
KC3Z1289.jpg

なんとサインしていただきましたww
この冊子へのサインはもしかして初めて、だったのかな
うれしかったです

『伐らら乙女流前派』は現在年末まで第2期メンバー募集中とのこと
我こそは、という方はぜひコンタクトを取ってみては

放送終了後、皆さんと
KC3Z1279.jpg

今回、ちょっとした思い付きでやってみたこの企画、
いかがだったでしょうか

普段なかなか聞かれない話がいろいろ聞けて、
個人的にもうれしい放送になりました


番組開始当初にも言っていましたが、
この番組は「何でもあり」。

つまり「ひとくくりでくく(ら)れない」ww

今回を機に演劇人だけでなく、
いろいろな方々に扉を開けられていたらな、と思っています。。。

12月5日の番組アーカイブはこちら♪




朗読と生演奏の。。コラボレーション!!

2013.12.09(20:18)
夕方の時間が短い
気付くと真っ暗

まだ真冬、じゃないんですよね^^;
いかがお過ごしでしょうか。

そんな寒い日、先日番組にお越しいただいた『朗読の会 コトノハの郷』さんの公演、
「太公望のおせん」にお邪魔してきました

「会場は空調がありません」とのことですんごく着込んでいったら、
受付でパンフレットと一緒に使い捨てカイロもいただけました^^。
KC3Z1260.jpg

とはいえストーブもつけていていただいたので、
全く寒くありませんでしたよ^^。

パンフを見ててふと。。
KC3Z1261.jpg

でた、コトハちゃん^^
ちゃんと使用されてるんですね~
(手描きだ^^)

会場に入るとのあの名曲「STAND BY ME」が、
いろんな歌手が歌うバージョンで次々と流れています。

「時代物」をやると聞いていたのでなんかちょっと違和感w
席につくとなにか後から楽器の音が。。
生ギター
番組でのお話にもありましたが、会場のある「長者町」の方がこんな形で参加されて。

でも、時代物、だよねなんてやっぱりまだここでも。

そして黒で統一された衣装の皆さんが登場、
キャスト、そして語り部が入れ替わり立ち代り朗読を。

ん、あの一際小柄なキャストさんは。。
小5の杉山綾望(あやみ)さん
大人に交じって物怖じすることなく、
素敵に好演されていましたよ


劇中に演奏される生ギターの曲、
なんとさっきの「STAND BY ME」も
正直びっくりでしたが妙にマッチしてて驚きw

以前一度『パフォーマーズ・パーティー』でも拝見した皆さんの舞台、
朗読、といってもセリフの部分はまさに演劇。

台本を手に持っているため押えられるアクションが、
逆にセリフに強く作用している感じ。。

ただ「読む」ではなく「演じる」ステージでした

終演後、出演の皆さんと。
あれっ、僕の隣に『劇団名古屋』の藤田さんがww
(お手伝いにいらして、客席うしろから声かけられてびっくり^^)
KC3Z1263.jpg

キャストさんだけでも結構な数ですよね
バラエティー豊かなキャラクター、
そして場面に合わせた軽快な語り部。。

今後も“一味違う”朗読劇を披露していただけそうですね

番組参加の皆さんと
KC3Z1268.jpg

そしてなんと今回「色白イケメン^^」を好演された白石さんが、
晴れて入会されたそうです

舞台後方に張られていた手描きのヤナギの木。
KC3Z1273.jpg

教えていただいて近づいてよくみると。。。
「隠れコノハちゃん」がww
KC3Z1272.jpg

もちろん綾望さんの手描きによるものです
まさかこんなところに遊び心があったとは^^。

ぜひ次回公演の際にも皆さん、
そして綾望さんにもぜひお越しいただきたいと思います
KC3Z1271.jpg


11月19日の番組アーカイブはこちら♪




年末に向けて。。。

2013.12.03(20:05)
さて、年末に向けて怒涛の毎週放送ww
いつもご視聴ありがとうございます^^。
年末に向けて公演も目白押しですね~

まずはおなじみ『劇団シアター・ウィークエンド』さん
KC3Z1253.jpg

「家族写真」風に撮ってみましたww
今回は久々()登場のベテラン山岸憲さんに加え、
若手19歳()の安江勇輝さん、
そしてなんと現役高校生()の谷口絵理子さんにお越しいただきました

以前から打ち上げ等でお話したことのある若手お二人でしたが、
先輩に物怖じすることなく^^役者としてのポリシーみたいなものを強く感じましたね。

山岸さんは番組でもさすがの安定感ですねw
今回の作品のシリーズ初期から参加されているという山岸さん、
思い入れも人一倍、といった感じでしょうか。
そしてなにか劇団的にも芝居的にもまとめ役な気のする山岸さん^^、
今回はどんな芝居を。。。

番組でもお話した2月公演『Az』では主人公「Az」を公演した谷口さん(過去ブログ参照です^^)。
小柄でかわいい、だけじゃなくて、
そのトークでお分かりのとおり^^とてもしっかりした性格。
その谷口さんがなんと今回は安江さんと共にはっちゃけた役

安江さんはプライベート(打ち上げ)でもとてもおとなしいイメージ^^
正座して一人でちょこんと座っていたり。。。
イケメンなのにもったいない、何てことも感じますが、
そんなイメージとは真反対と思われる今回の役柄。

若手のお二人にはきっとかなりのチャレンジになるのかなw
楽しみです

そうそう、放送終了時にご紹介し忘れてしまってたんですが^^
僕のお隣の女性、以前も出演していただいた劇団員、佐治美佳子さん。

今回は若いお二人を立てるため保護者^^に徹していらっしゃいました
舞台には佐治さんも登場。
注目ですよ

続いては初登場『廃墟文藝部』さん
KC3Z1256.jpg

年末といえば演劇イベント『ミソゲキ』
もうすっかりおなじみになった感のあるこのイベント。
昨年に引き続き、今年も参加されています。

番組でもお話したとおり、
まだ記憶に新しい『妄烈キネマレコード』さんの舞台、
「SKYROCKETS」の原作者である後藤章大さん。
これもお話しましたが、僕が初めて『孤独部』さんの舞台にコンタクト^^した作品、
「学生」にも出演され、印象的な役をされていました。

一方こちらも初登場、つらくも七瀬さん。
以前『孤独部』さんの舞台に出演されているのを拝見。
その時はなにか流れるような動きで
狭いステージを優雅に動き回られてたのが印象的でした。

それからも何度か『孤独部』さんの舞台で。
「どこ(何)にも属してない」感(うまく説明できない^^;)がすごく強いww

ツイッターとかみてるとわかりますが、
自宅でヘビと暮らしてたり
不思議なことこの上ない女優さん^^。
要注目ですね~


そんな『廃墟文藝部』さんの新作のタイトルは。。。

「にんじゃりBangBang」

えっって正直思いますよねww
後藤さんはやはり“あの"作品からインスパイアされたようですが。。
なんとダンスもというこの作品。。

この番組に出演された方だと、
内山ネコさんに右角81さん。
これはおもしろくならないはずがないでしょww

放送終了後、出演の皆さんと
KC3Z1252.jpg

恒例の「質問コーナー」では終始背中で語る山岸さん
なんか山岸さんがMCみたいに見えるww
後輩さんたちのすばらしいコメントに微笑まれていた瞬間、
僕はばっちり見てましたよ^^。

名古屋でも指折りの老舗劇団、
そして若手が集まる演劇ユニット。
それぞれの特色のある質問、
それに対する回答も興味深かったですね~。

今回の番組を通じて初対面のお二組の距離が縮まった様子^^。
それも番組の狙い、うれしいですね


さあ、年末に向けて注目の舞台が目白押しですよ

そして年内はまさかの「毎週放送」へ。。。www
がんばりますよ

11月28日の番組アーカイブはこちら♪





妖かしの。。コンセプト・ライブ!!

2013.12.01(19:57)
12月に入りましたが。。。
もう冬本番ですかね^^
寒いの苦手だなぁ。。。ww

さて、先日番組にお越しいただいた『妖帝デカダンス』さんのコンセプトライブ、
「妖かしの宵祭り」にお邪魔してきました

会場はライブハウス「NAGOYA TAURUS」さん。
KC3Z1236.jpg

中に入るとすぐ目に入ったのがステージの上にあるオブジェ。
KC3Z1221.jpg

『パフォーマーズ・パーティー』にも参加されている舘昌哉さんの作。
なんと一枚の紙から折られた折鶴が何羽もつながっています
その舘さん、「舞台に立ちません」と言われていたので、
「あぁ、このことか。」と思っていたら後でびっくりすることに。。w


そして男性の叫び声から始まった舞台。。

一味も二味も違った「探偵もの」。
ある殺人事件についての、ちょっと「オトナ」な内容ですw

一旦舞台が暗転すると舞台上にキーボードが。
そして蒼月舞羽さんの歌、そして弾き語りのステージ
今回初めて拝見しましたが、歌によって声が変わって聴こえ、
とても不思議に思いました。
東京でバンドもされているそうで、そちらのステージも観たくなりましたね^^。

続いてこちらも『パフォーマーズ・パーティー』でお会いした
彩-sai-さんによるマジックを取り入れたメンタリズムのステージ。

彩-sai-さんのすごいところは
マジシャン独特のすべてを見透かしたようなトークの合間に
ふと素のトークを織り交ぜるところ^^。
張り詰めた空気が一気に緩んで、
観客が気を許してしまう。。
そんな時にものすごい現象を目の当たりにしてしまうから。。。

ほんと、ニクい演出ですw(思い違いかもですが^^;)

そして芝居再会。
個性的なw探偵たちの活躍で犯人を追い詰めたかと思ったら
悲劇の結末。。

ここで第1部終了。

第一部出演衣装^^の皆さんと
KC3Z1224.jpg

第二部も探偵たちの芝居で開演。
あれさっき(第一部)と同じ
かと思いきやちょっとずつ違ってきて。。
依頼人も同じ、いや別人
そうか、第一部の芝居とリンクしてるんだ

続いては番組ゲストの『綾奈』さんのライブ
番組では物静かなイメージだったのに、
歌声はとにかく渋くてパワフル
「椎名林檎」さんほかの曲を歌われましたが、
名曲に負けてない、いや唄いこなしてる。
この機会に知ったボーカリスト。
他のステージ、バンドを従えて、とか観てみたいな~

そして続いて『珠里』さんの「大人のショー」
いや、詳しくは書けませんが^^;
ほんと綺麗だったんです。
衣装だったり動きだったり。。。

あ、

はい、

めっちゃドキドキでしたww

終演後少しお話もできたんですが、
BGMやステージングなど、自ら演出してらして、
お客さんや会場のこともちゃんと考えてパフォーマンスされている。
踊りの振り付けも毎回即興なんだとか
見た目はもちろん、雰囲気もかわいらしい方でしたよ^^

そのステージの後半、バックで芝居のキャストによる芝居がクロス。
このショーもリンクしてるんだ。。

ショーが終わると芝居が再開。
すべてがひとつにつながり、エンディングへ。
飛田さんのドS^^なキャラが印象強かったなぁ


1部、2部と観させていただいて、
いろいろなものがミックスされた盛りだくさんのステージが終演しました

第2部が終わって
KC3Z1227.jpg

実は第1部の終わりにも今回出演の皆さんで撮影してました^^。
KC3Z1223.jpg

右から彩-sai-さん、珠里さん(中)、舘さん(後)。
KC3Z1231.jpg

そういえば、芝居の最初の「叫び声」、
なんとあれ舘さんの声だったんですww
キャスト紹介でびっくりしましたよ~

番組出演の皆さんと
KC3Z1230.jpg

イベント主催で、司会もされていた真宮さんは今日も渋いスーツ姿、
そして受付の優さんはお美しいお姿に(第1部は白いお衣装でした^^)
優さんも舞台に登場すればいいのに。。(期待ww

今回はコンセプトライブ、
次回はプレ公演。。。

これからどうなっていくのか。
楽しみなイベントが一つ増えましたね
KC3Z1222.jpg

10月18日の番組アーカイブはこちら♪




| ホームへ |