一夜だけの愛なんて。。。あり(え)ませんよっ←

2014.02.20(21:57)
寒い。。。
心が。。
い、
いや、なんでもありませんよっww

寒い日が、続きますよねぇ~。。。

はいっ、気を取りなおして^^
2月12日、またまた今回も初登場の方々含め、
にぎやかな放送をお送りしました
KC3Z1723.jpg


まずは1月26日の放送に引き続きの登場、
『劇的ショウゲキジョウ』さん
KC3Z1729.jpg

今回は劇的さん企画、ということで、
今回の『罪と罰』という作品の、
「原作」そして「贋作」の主役のお二人にお越しいただきました

初登場、そして特別ゲストの『劇団うりんこ』新美さん。
久々登場の葉月さんを交えお話を伺いました

まず違うのは、一目瞭然、主役の性別^^。
アレンジ作品、とはいえ、
相当大きな相違点ですよね^^

原作を演じられた新美さんの話される
今回の“贋作”に対してのコメント、
気になって仕方がありませんよね

原作をご覧になったことがない方は、
今回の“贋作”をご覧になったあとにぜひ

続いては初登場、今回が旗揚げ公演、
『劇団One Knight LOVE』さん
KC3Z1726.jpg

もう前回の予告からwその名前がとにかく気になった劇団さん^^。
よくよくメンバーさんをうかがってみたら、
以前お越しいただいた『南山大学演劇部「HI-SECO」企画』所属の皆さん

大橋さんは先日お邪魔した『まほろば』にも出演されており、
とても印象に残っていた方でした。

その大橋さんの今回の劇団のネーミング、
なんと劇団員も放送まで知らなかったw
いろんな意味で“レア”な告知になりましたね^^。

今回上演の作品は以前上演されたものの続編、
そして完全新作の二本立て

若手メンバー、そしてもうすぐ学校卒業の先輩まで^^
にぎやかな皆さんの旗揚げ公演、です

最後は年末の『ミソゲキ』告知以来、
『廃墟文藝部』さん
KC3Z1728.jpg

今回は主宰の後藤章大さんのみのご出演、
(こっ、この仮面は。。。。ww)
しかしながら、団体、そして今回の作品について、
思いの丈を語っていただきました

以前からHP、そして短編の公演など拝見していましたが、
やはり他の団体さんとは一味もふた味も違う世界観。。

そしてお話にもあがりましたが、
今回の作品には出演の皆さん以外にもエムジャン出演者が参加

まず何より最初に気になったのがそのチラシ
そう、もしかしたらちょっと違う雰囲気で気付かれなかった方もみえるかもですが、
『孤独部』さんのちらしなどでもおなじみ、『吉村桜子』さんのデザイン

鉛筆描きのモノトーンのイメージが強かったので、
今回の作品(チラシ)には少なからず衝撃を受けました。
裏面の似顔絵も役者さんの特徴をつかんでて面白いですね

そしてツイッターなどで少し公開された『松山マリナ』さん撮影のイメージ写真。
チラシのイメージからさらにリアルを帯びた、印象的な写真たち。。

これがどのように本番の公演につながっていくのか。
興味深々です

さて~^^、
このにぎやかなゲストさんたちが一所に集まって、
もちろん盛り上がった『質問コーナー』w
KC3Z1724.jpg

以前からお知り合いだったBayanさんと後藤さん。
旧知の仲、といった雰囲気から飛び出す過去の逸話たちw

そして武勇伝ともいうべき数々の失敗談www
これはやっぱ盛り上がりますね~

そしてまさかのw
最後にBayanさんから自分への問いかけが

え、えぇ~。。
なんも、
ないですww


初顔合わせの方もいたとは思えない^^、
すっかり打ち解けていただけて、
こちらとしても願ったり叶ったり、でございました


2月12日の番組アーカイブはこちら♪





スポンサーサイト

妥協は。。。しない^^!?

2014.02.19(19:45)
2月。。。
やはり先月よりさらに冷え込み、ついには雪が積もるまでに。。

あとちょっとの辛抱。。かなww


さて、先日久々にゲストにお越しいただいた、
『うりんこ劇場』の平松さん。
前回に引き続きおすすめの舞台を紹介していただきました

その舞台『妥協点P』にお邪魔してきました

番組中では写真が公開されず、
自分だけチラ見したw舞台装置がとにかく気になったこの公演。

久々にお邪魔した会場、「うりんこ劇場」さん。
中に入ると。。。

唖然

セット。
デカい

スカイブルーに白で校章が描かれている。。

“オブジェ”としてはこれ以上ない、
というくらいのすごい存在感。

正直、ほんとにこの上で芝居が繰り広げられるの
ってぐらいのインパクトでした

でも開演すると。
役者さん、出てきたw(当たり前すぎますが^^;)

そしてしゃべるしゃべる

このセットのインパクトに負けてなるものか、
と言うのもきっとあるんじゃないかと考えてますがw

とにかくテンションの高い会話劇、
そしてそれとは正反対の謎の物静かな登場人物も^^。

ずっと物静かだった登場人物が、
急に某ゆるキャラ並みになったり。。。
※個人の感想です。

まだ今後も各地で公演があるとのことですので、
感想はこのくらいで^^。

とにかく観終わって、
他のどこにもない、強烈な印象が残った作品でした


舞台写真掲載の許可をいただきましたので^^、
終演後、そしてアフタートーク後に
(左から)舞台美術の杉原邦生さん、作・演出の柴幸男さん、
そして平松さんと舞台セットの前で
KC3Z1695.jpg

ほら、この全体が写っていない写真でも、
すんごいインパクト、でしょ^^

アフタートークでもお話がありましたが、
杉原さんの制作されるセットはいつもこんなインパクトのあるものなんだとか

そして『ままごと』主宰の柴さん。
今回の作品を観ただけでもすごく興味を惹かれましたね。

番組でもチラッと話しましたが、
実はご都合つけば番組にもお越しいただく予定だったんです^^;

この日初めてお話させていただいたんですが、
今後機会があればぜひ、とのこと

ただ。。
残念なことに、しばらくは愛知での活動はないとのこと^^

ぜひいつか、直接もっとお話を伺ってみたいと思います


P.S.こちらは“一応”ネタバレ防止に、
とロビーで撮らせていただいた写真、ですw
KC3Z1697.jpg


2月4日の番組アーカイブはこちら(パート1)♪

2月4日の番組アーカイブはこちら(パート2)♪






実力派演劇人によるオムニバスコント!!

2014.02.16(21:02)
寒い日が。。。
終わりませんね^^

それに加えてめっちゃ乾燥してて、
マスクをして寝てても、起きた時口の中がカラカラ。。。

体調管理に気をつけたいですね

さて^^、先日の番組ゲスト、『無計画ボーイ』さんによる、
“演劇人によるコントイベント”
「コントだらけのやみなべ会」にお邪魔してきました
KC3Z1712.jpg

以前に番組にお越しいただいた方々含め、
普段は劇団、また一人芝居にと、
実力派の皆さんが揃っています

以前から様々な舞台で拝見していた皆さん、
そこでもやはりコミカルな芝居をされていることが多く^^、
満席の客席の皆さんもきっと期待されていたはず

そしてその結果は。。。
会場大爆笑でした^^

僕が特に面白いと思ったのが、
椎葉さんがなんとあの「ドラえも〇」をw演じた、
「帰りたいドラえもん」あっ

このコント、右角81さんがのび〇w
そして内山ネコさんがジャイア〇wを演じるという、
役者さんファンは泣いて喜ぶなんともカオスな(失礼)設定
(※〇は自主規制です。)

定番(テッパン)のボケツッコミだけでなく、
この人たちだからできるキャラクター(なんか失礼)のドタバタ劇に、
腹筋と涙腺はかなりやばいことになってましたwww


現在コメディー中心の劇団の代表(館長)で、
今回新しくユニットを立ち上げた相羽さん。
椎葉さん、内山さんほか、先輩とのコラボ、いかがだったのでしょうか
強烈な先輩方に負けず劣らずwそのキャラクターを発揮されてましたね~

スキガーラ・ファイターⅡさん、
番組でお会いした際はいくらか大人しめな印象でしたが^^
想像以上にテンションの高い芝居でびっくりw
そしてキーの高めの声がものすごく印象に残りました^^。
いい声されてます


最後に観客の皆さんで
どのコントが一番印象に残ったか投票したんですが、
栄えある1位はなんと。。。

「帰りたいドラえもん」www

やっぱか~

KC3Z1714.jpg

今回いろんな方とコラボされた椎葉さん、
主宰として臨まれたこのイベント、
かなり早いうちに満員御礼

ぜひとも“次回”期待したいですね

最後にこちらは今回のイベントのパンフ。
なんともゆるくてかわいいですね~^^
KC3Z1711.jpg


1月26日の番組アーカイブはこちら♪




“一味違った作品”、お送りします^^!!

2014.02.08(22:57)
さて、(いきなりですがw)2月に突入しましたね~
寒いですね~
雪降りましたね~
つらいですね~w

さてっw(再び)
2月に入ってすぐの4日、
にぎやかなゲストさんをお迎えした放送が繰り広げられましたよ^^
KC3Z1685.jpg

まずはちょっとぶり
そしてこの組み合わせは初めて、
『妄烈キネマレコード』さん
KC3Z1688.jpg

12月頭の追加公演、年末に行われた『ミソゲキ』参加、
とほとんど間が空かずの今回の本公演
メンバーさんはきっと大変^^
でもファンにとってはたまらないことですよね

今回は西尾さんの作品。
といえば「自然会話劇」というイメージがまず浮かびますが、
今回はどうも今までとは違う感じのよう。。

今回のゲストに来ていただいたお三方、
偶然か今までに自ら作品を書かれた方々でもあったんですが、
そのすべてのフィルターを通して出来上がるという今回の作品。

自分も含め、今までご覧になってきたファンの皆さんにも
きっと新たな発見がありそうですよね

今からめっちゃ楽しみになってます
KC3Z1689.jpg

続いては久々の登場、
『うりんこ劇場』の平松さん
KC3Z1690.jpg

『うりんこ』さんといえば自らの劇団活動以外にも、
様々な作品の招聘、上演を行われています。

前回はなんと海外から話題の作品を招聘
ということで来ていただきましたが、
今回は若手劇作家、そして舞台美術家のコラボ作品を紹介していただきました

ちょっと前に閉幕した「愛知トリエンナーレ」
にも出展してみえた柴幸男さんの今回の作品、
高校が舞台とのこと。。
お話を伺っていくと何かとてもシュールな内容のような。。。w

そして舞台美術を手がけられた杉原さんの舞台装置、
生放送中、チラッと平松さんに写真を見せていただいたんですが。。。
すごかった
シンプルな中の主張がものすごい^^

これはぜひ劇場で、としか言えませんでしたww
稽古の都合で(直前でしたもんね^^)残念ながら来ていただけなかった柴さん、
いつかお越しいただきたいなぁ。。

宣伝上手^^の平松さんには今後もクオリティーの高い作品を
どんどん紹介していただきたいですね
KC3Z1691.jpg

『質問コーナー』でも
「劇団名の由来」や「休日の過ごし方」など大いに盛り上がりましたが^^、
何より僕は話を振った瞬間の中村さんの急なテンションの上がり方がツボでしたww

「芝居をつくる側(劇団員)」と「プロデュースする側」(厳密にはいずれもされてる皆さんですが)
の面白い意見が聞けましたよね~
『妄烈~』さんの近い将来()の県外ツアーもぜひ、期待したいなぁと思いました
KC3Z1686.jpg


2月4日の番組アーカイブはこちら(パート1)♪

2月4日の番組アーカイブはこちら(パート2)

※生放送当日、突然の回線不良により
途中で放送が途切れてしまい申し訳ありませんでした





エムジャン史上最多!超豪華ゲストをお迎え^^!!

2014.02.03(23:16)
あぁ。。早くも「今年2番目」の月になってしまった。。
早いですよね~時の過ぎるのは。
で、きっともっと寒くなるんだろうなぁ

さて気を取り直してw
先日1月26日の放送、エムジャンでは初めて朝10時からの放送となりました
(早い時間からありがとうございました

スタジオの外の空が暗かったことは。。。
置いといてww

ゲストに来ていただいたのはなんと総勢9名
エムジャン史上最多のゲスト数となりました

(はっきりいって窮屈な思いをお願いしていたと思いますが^^ありがとうございました)

まずはこちら、
ついに、ついにお越しいただいた(いただけた)
『劇団あおきりみかん』さん
KC3Z1668.jpg

今名古屋で最も有名な劇団さん、といっても過言ではないのでしょうか^^
いやぁ、まさかこの日が来るとはw
ちょっと放送でも話してしまいましたが、
この番組が始まった当初、冗談で
「あおきりさんにゲストに来ていただけたら放送終了しよう。」
なんて話してたことがあったんです。
つまり、こんな有名劇団さんに来ていただける筈がない、って^^
ほんとになっちゃいましたw

というのも、(こちらも話していますが)
カズ祥さんは『妄烈キネマレコード』さん、
近藤絵理さんは『虚構オメガ』さんに客演されていて、
終演後に今度ぜひとお話させていただいていたんです。
また松井真人さんは劇団主宰の鹿目由紀さんが演出された
『國語元年』に出演されていましたね。

なにかエムジャンに(きっと)縁がある皆さん^^、
加入された時期は違えど、仲良しの先輩後輩、という感じでしたね

今回はなんと巨大ロボットもの

のコクピットが舞台だそうですがw、
あくまで舞台は“狭い”コクピットなんだとか

とはいえ会場はひろ~いホール。
キャストさんもいっぱい、ということで、
まず小さなスケールのはずはないだろうと

なにか想像もできないワンシチュエーションコメディー
実は個人的にも初のあおきりさんの舞台
めっちゃ楽しみです

あ、もちろん放送終了する気はさらさらありませんからねっww

続いては久々、『劇的ショウゲキジョウ』さん
KC3Z1670.jpg

写真の女性、番組には出演されてませんでしたが、
宣伝美術ほか担当されているkaz。さん。

スタイリッシュで一見ちょっと難しそうなチラシをお持ちですが。。
内容はドストエフスキー(難)
×
幕末()
×
パンクロック()

これは普通じゃないw
どう考えても普通じゃないww

今回初めて番組にお越しいただいた青木さん、
内山さんもいろんな舞台に客演されてますが、
番組でも言いましたが。ここ『劇的~』さんがホーム(所属劇団)^^。

きっとちょっと、いやかなり違う演技が観られる
かもw←

そして注目はとっても凝った舞台美術、そして舞台衣装。
これはほんと必見です。
そして気になるうわさの今回の内山さんの衣装
さて、今回はいかがなものでしょうか^^。

そうそう、今回も『劇的~』さんからうれしいお知らせが
これはぜひ番組アーカイブをご覧になってくださいね

最後はコントイベント『無計画ボーイ』さん
KC3Z1672.jpg

名古屋の舞台に足を運ばれている方なら、
きっとどこかで顔を見たことのある役者さんもいらっしゃるのでは^^

そんな舞台役者(演劇人)たちが集まってコントイベントを開催
主宰の椎葉さんはじめ、豪華なラインナップ
椎葉さんは出演者それぞれとコラボ
こんなイベント、前から椎葉さんは夢見ていたのかな。

そして注目、
なぜかw一緒に揃うことのなかったあの、
『劇団んいい』さんの3名がここに集結
このイベントでもこの3人の雄姿^^が拝めるのか

たった一夜のこのイベント、
ただのコントイベント、と思っちゃいけませんよ
きっとw


質問コーナーもほんとに盛り上がりましたね
人数が多いこともあり「1団体1問ずつ」とさせていただきましたが、
ほんとに予想以上に濃い、たくさんの意見が飛び出しました

実は『劇団あおきりみかん』のカズ祥さん、
学生時代、内山さん、青木さん、椎葉さんとは、
同じ劇団に所属していらっしゃったんだとか

あとからお伺いしたんですが、
久々に皆さんお会いになったみたいで、
カズ祥さんも楽しい時間を過ごされたみたいです
こんなところに番組が役立つのもうれしいですね~

改めて。。
どうですこのゲストさんのラインナップ^^
KC3Z1666.jpg

ほんとにほんとに豪華メンバーでお送りした今回の放送、
いかがでしたでしょうか

エムジャンも大きくなったもんだなw、
なんて我ながら感心しておりますが^^
今後もいろいろな団体さん、そしてジャンル()
のゲストさんをお迎えしようと考えていますので、
ぜひぜひ、お楽しみに

1月26日の番組アーカイブはこちら♪





最速!激アツ!!地獄!!!!

2014.02.02(21:22)
はい、毎週ゲストさん出演の観劇、でございます

今回は先日の『ミソゲキ』以来、
そして本公演は去年の4月、以来
『牛乳地獄さんact.11「透明ランナー」』にお邪魔してきました
KC3Z1654.jpg

番組でもお話いただきましたが、
今回の作品は「再演」。
そう、過去に一度上演された作品、です。

がwそのほとんどを桐原さんは書き直した。。
って、もうほぼ新作じゃ^^

といっても初演にはお邪魔していない(まだ存じ上げてなかった)ので、
自分にとってはまさに初演も同然。

とにもかくにも久々の『牛乳』さんの本公演。
ここのところ毎公演お邪魔してるファンの一人としては
そのタイトル見ただけでも心躍る、わけです

そして今回2回お邪魔してきちゃいました^^

会場に入ると。。
舞台には奥にイスが並べられている。。だけ。

三方は壁。
幕もないしつまり出はけはしない、
キャストは出ずっぱり。
桐原さんの言うとおり。

目の見えない女の子を演じる日置さん。
その子に痴漢に間違えられ捕まってしまう男性の役が藤村さんw

でもこのとき藤村さんの役は謎の薬を飲まされ
“透明人間”状態。。

“周りに”見えない男と
“周りが”見えない(でも感覚で見ているかのように分かる)女の子。

このシチュエーション(設定)がほんとに面白かったなと。
見てるお客さんみんながヤキモキする展開が想像できますもんね^^

普段話してるイメージ、雰囲気はおとなしい感じのする日置さん。
でも舞台上ではとてもパワフルで
今回の役はネガティブでない、というか超前向き^^な役柄。
あふれ出るパワーだったり、秘めてる感情だったり、
そういったものが自然と表現されてて。
あととても声がきれい
ここぞ、というときにすごく声が通るんですよね。
これは前から、ですが、今後も注目の役者さんですね^^。

先日大きな舞台で観たばかりなような気がするw藤村さん。
病院で飲まされた薬のせいで透明人間になっちゃったり、
痴漢を捕まえようとして痴漢に間違われちゃったりと、
なんかちょっと情けない役^^
でも持ち前のキャラクターを活かして
なんか憎めない男を見事に演じてらっしゃいましたね
なぜか薬の副作用で
「活舌が悪く」なったり「アゴがしゃくれ」たりwと
コミカルなシーンもめっちゃ面白かったですね

そして佐野さんは
その藤村さんから見た妹役、
日置さんから見たなんと、お母さん役
この年齢差のある役をどう演じ分けられるのか、
すごく楽しみにしていました。
いつもの落ち着いたキャラで破天荒過ぎw
の玉田さん演じるお父さんとのギャップ、
そしてなんか今どきの
サバサバしてるけどほんとはお兄ちゃん思いの妹。
そして佐野さんには他にも印象に残ったシーンが。。

藤村さん演じる男にノリ^^で“透明になる薬”を渡す医師役。
ダブルキャスティングのこの役、まずは服部さんバージョン。
なんか失礼な表現になってしまうのですが、
うさんくさい役をうさんくさく演じるのがとてもうまいなと思う服部さん^^。
しゃべり方だったり、間だったり、
見た目がかっこいいだけにギャップがあってほんとに面白い
続いて観た桐原さんとは普段からもちろん雰囲気が違うので、
同じ台本であるはずなのに、個性が活きるとこうも違うものかとw
今回2回お邪魔して見比べることができてよかった

そしてこの“リアル”なお話と並行して舞台で繰り広げられるのが
「昼夜徹して行われるマラソン」
一変してとっても不条理w
でもこのシーンが舞台のテンションを上げるのにすごく重要になってて。

ここであの『牛乳走り』がこれでもかと披露されるわけですが。。。
これがとにかくすごかった
きれいだった

いわゆるムーンウォーク的なステップで(でもないんですが説明が難しい^^)
同じ位置でひたすら走っているメインキャスト、
そしてそれ以外のキャストはまるでスピードスケートのようなフォームで後ろを“走って”いる。

スポットに照らされたこのシーンがとにかく見事で。
客席から観ていて、まるで
“カメラのアングルが少しずつ変わるように”
隊列(フォーメーション)が変わったかと思うと、
いつしか走る方向が変わってる。

複数で走っていたかと思うと急に走り方が変わって“独走”状態になったり。。

このシーンではすべてのキャストで走っていることが多かったんですが、
佐野さん、藤村さんの“走り方”が特に美しかったんです
さすが団員というだけではないと思いますが、
きっとフォームとかすごく研究されたんじゃないかな、と思いました。


“周りに”見えない男を見るために手術を受け
“周りが”見えるようになった女の子。

でも男は“見えない”訳で。。

ゆく宛てもないまま続くマラソン。

そこにいつしか“見える”ようになった男も加わって。。

テンションの高いBGMに乗ってヒートアップするステージ。
でもそれはステージだけじゃなく客席も。。
きっとただ観ているだけで否が応にもテンションを上げられてしまう。
胸が熱くなってきてそれが全然冷めないまま最後に向かって
さらにさらに上がっていって。。

ついに出会うことのできた男と女の子。

そのとき会場は。。


そして僕の目と鼻がどんな状態だったかは。。

ご想像におまかせします^^


スポットに照らされてキラキラ輝く埃。。
これでこそ『牛乳地獄』さんの舞台だ。。。
自分の観た牛乳さんの舞台の中では確かに
“最高の”熱量
ほんとに楽しかった


お邪魔した日、
アフタートークゲストだったニノキノコスターさんも加わって
KC3Z1655.jpg

よく見ていただくとお分かりになるかもですが、
今回の出演キャストの皆さん、なんとそのほとんどが
エムジャン出演経験者の方々でした()

番組出演の皆さんと
KC3Z1656.jpg

あれ、半僧さんがいない。。
そう、この日はダブルキャストの服部さんはみえなかったんです。

こんなこともあろうかと。。
KC3Z1652.jpg

ちゃんと別日にお願いしておりましたよw

そして最後に。。
またニノさんと^^
KC3Z1659.jpg

桐原さんとは以前からのお知り合いみたいで、
思い出話もあり、トークに花が咲いていました
今後もいくつかアフタートークゲストのご予定もあるようですが、
こういった企画も面白いと思いますね

今回久々の「本公演」を終えられた『牛乳地獄』さん。
しかし夏にはもう大きな公演が決定しています。

もしかしたらその前にももう1本あるかも、
なんてうれしい、いや団員にとってはきっと大変^^な情報も。

ファンとしてはうれしい限りなんですけどね~
楽しみに待ちたいと思いますし、
またぜひ、番組にも来ていただきたいですよね

1月14日の番組アーカイブはこちら♪





| ホームへ |