信じ続ければ、きっとそれは、“叶うんだ”。

2014.11.29(20:54)
すっかり秋も深まって、
雨が降ると紅葉も一気に“落葉”に
目にも楽しめる光景ですが、
もうすぐ冬。。。なんて気持ちもしてしまいますね^^


さて、番組ゲスト『劇団SHOW YOU』さんの公演、
「瓶の悪魔~デモーニッシュな誘惑~」にお邪魔してきました

会場は「知多市勤労文化会館」。
コンサートも行えるような大きなホールで、
先日、今回合同で参加されている、
知多翔洋高校さんの文化祭公演が行われた会場でもあります。
実は自分もお邪魔していたので、
ちょっとぶりの再訪でしたね

ロビーにはやはり何人かの高校生の皆さん、
そしておそらくOBOGと思われる皆さんが^^。

会場に入ると、やはり広い
客席もたくさん、
そして何よりステージが大きい。
緞帳の向こうにどんな世界が広がるのか。。。期待。

幕が開くとそこに現れたのはバーのセット。
カウンターの中にいるマスターは原さん^^
大人の雰囲気、
めっちゃ似合ってらっしゃる

店内には常連の客、
そこへ現れたのが中島さん演じる主人公、圭哉。
仕事がうまくいかずリストラされてしまい途方にくれている。

というのを聞き近寄る常連客。
ふと一見何の変哲もない瓶を取り出し、
「“なんでも願いをかなえてくれる”この瓶を買わないか」と。
怪しむものの、
言われるままに試してみたら本当にそのとおりに
その勢いでそのまま半ば無理やり^^;購入させられてしまったものの、
頭の中では願いをかなえた悪魔のささやきが聞こえはじめて。。。

実はこの店のマスターも以前この瓶を購入し、
傾いた店を立て直したことがあるのだとか。
しかしこの瓶、
“持ったまま死ぬと地獄に堕ちる”というエピソードがあり、
それを拒むなら“購入した時より安く他人に売る”必要がある、と。

図らずも瓶を手にしてしまった圭哉、
しかしその力を使って一気に成り上がり。。

金も地位も手に入れた。
でも周りを取り巻く知人、女性たちはそれが目当ての者ばかり。
そんななかパーティーで磯和さん演じる女性香奈と遭遇、
知人たちとは全く違う感性を持つ彼女に惹かれていって。。

その後ふと街中でホームレスの炊き出しボランティアをしていた彼女と再会。
今までに会ったことのないような女性にアピールしていく、
というのもあってか、
中島さんの演技も若干挙動不審気味にw?

でも少しずつ、確実に惹かれあっていく二人、

でも彼女実は、不治の病に侵されていて。。。
治療法も見つかっていない、
こればっかりはどれだけ金を積んでもどうすることもできない。

あ。。

そう、あの“瓶”ですよね。

でもこのときすでに瓶を手放してしまっていた圭哉、
瓶は回りまわって。。。
ブレイクしかけ芸人のもとに。

ここで芸人二人によるお笑いライブのシーンがあったんですが、
オリジナルだという小ネタが立て続けに披露されたんですが、
めっちゃ面白かったww
(あえて説明はいたしません)←
しかもこのお二人芸人じゃないらしい^^
まさかの見所がこんなところにもw

しかし購入したときは手持ちのなかった芸人、
すでに次に売り渡すことが困難なほどの安価に。
しかしそれでもいいと。
お金ではなく心を投げ打って購入、
そのおかげで香奈は。。

でもこうなると残された“瓶”。
どうしようか、ということになりますよね。
そこで向かったのが番組でもお話にあった韓国。

より貨幣価値の低い通貨が流通している国へ、ということ。
(そういうことか)と思いましたね^^。

ただすでに相当な安価となり、
事情をどう聞いても胡散臭い話なわけでなかなか買手も付かず。

悩み、傷付けあい、
まるで愛情を忘れてしまったかのような二人。

そんなところに現れたのは、
体調を相当に崩している年配の女性。
同じように説明するもやはり断られ。
その後香奈は一人でまたその女性の下へ、
そして現在ではほとんど流通していないような低額の通貨を見せ、
“自分が再び買い取る”ことを条件に女性に購入を提案。

買い取りに来た女性を見て圭哉は驚喜、
しかしその影で香奈は哀しみにくれる。
このときの磯和さんの演技がとても健気で、
圭哉を心から思いやる姿が切なくて、
なんともいえず心に響きました。

他人に渡してしまってもう安心、
と思っていた圭哉、
彼女の手元にまた瓶を見つけ。。

悩み苦しみ一人街に飛び出す圭哉。
中島さんの演技も心のそこから苦しみを搾り出すような、
観ているこちらに舞台との距離感を感じさせないくらい、
直接伝わってくる演技。。
胸がアツくなる。

さすがにもう一巻の終わり、
しかしそこへ現れたのは。。
以前一度購入を断った飲んだくれの男、
酒におぼれ“酒が呑めるなら”と、
まるで自暴自棄のように瓶を購入。
実はこの男、罪を犯して逃亡してきた身だった。。
狂ったように姿を消す男。
そのまま。。。地獄へ

やはりただハッピーエンドで終わらない、
なんともいえない“瓶”の結末。

でもそんな“逆境”に打ち勝った二人には幸せになってほしい、
なんて、すっかり感情移入してた自分は思うのでした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z3310.jpg

あまりにいっぱいいらっしゃったのでw、
一部の方と、となりましたが

若手からベテランまで、
合同公演ならでは、
ここでしかできない舞台となったのではないでしょうか^^

しかしながらメンバーの皆さんの状況の変化で、
現在のメンバーで行う公演は今回で。。
と寂しいお話しが。
だからこそこの公演にかけてきた気持ちは、
きっと観客の皆さんにも届いていたと思います。

番組出演の皆さんと
KC3Z3308.jpg

世代の違う皆さんをまとめる原さんもきっと大変だったかと思いますが^^
きっといい意味で2度とない瞬間に立ち合わせていただけた気がしました
本当にお疲れ様でした

さて、公演終了後、
会場では“原先生”による、
高校生に向けた舞台講座が行われました
KC3Z3305.jpg

予算の範囲内でいかにそれっぽく、
なおかつ使い勝手のいい装置を作るか、など、
KC3Z3306.jpg

実践的な講座に参加の高校生達も興味津々でしたね
KC3Z3303.jpg

で、
その準備にいそがしい原さんを差し置いてw
ちゃっかり主演のお二人と写真を撮ってたのは秘密です
KC3Z3302.jpg


そうそう今回の公演、
(知多翔洋高校10周年記念公演)ということもあり、
受付では地元の和菓子屋さんと生徒さんがコラボした商品を販売、
せっかくなので購入させていただきました^^
(なんかそれっぽい写真をw)
KC3Z3296.jpg

「しあわせのしずく~KORORIN~」という商品だそうで、
(ネーミングがかわいい^^)
KC3Z3298.jpg

6種類のテイストの小さなお餅が入っていて、
バターチーズとか斬新
KC3Z3297.jpg

家に帰ってから中に入っていた黒蜜、
そしてきなこをかけていただきましたが、
味もそれぞれしっかり出ているし、
食べ応えもあるしでとてもおいしかったですよ
もしどこかで見かけた方はぜひ^^

KC3Z3307.jpg

10月14日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト

“ブラック”なことは“雨”に流して^^?

2014.11.27(19:30)
雨が降ると一気に気温が下がりますね^^
乾燥した澄んだ空気が潤った感は気持ちいいですが、
冷え性の僕は手がかじかんでしまいますw

さて、11月18日の放送では、
またまた初登場のお二組をお迎えしてお送りしました
KC3Z3407.jpg

まずはこちら、『雨猫レイン』さん
KC3Z3409.jpg

まずは気になるその団体名^^。
なんと女性陣二人が“雨女”だったwのと、
ネコ好きwっていう
でも個性的な団体名がこれだけある中、
また一つ新たなユニットが誕生した、
そんな気がします

そこでまた気になるタイトル、
「ゴミ捨て。」
“ゴミ”と一言にいっても人それぞれ、
物だったり、思い出だったり、人...
はないことを祈りますがw

林檎さんの実体験が反映されているお話し、なのかな。
家族もの、ということで、
ちょっと意外な感じもした(失礼^^)林檎さんの次女役。
どこか、いやあきらかにwふんわり感のあるつばささんは長女役、
男役が多かった、なんてお話しもびっくりでしたね。
そしてお兄ちゃん、かと思いきやお父さん役、隅田さん。
なんと初舞台()だそうですが、
林檎さんの思い描いた話の中のお父さん像にピッタリだったようで。

とにかく舞台を“キタナク”
なんて話もありましたがw、
いったいどんな作品になっているのでしょうか^^。

そうそう、ちらっとお話ししましたが、
以前実は僕、
今回お越しいただいた林檎さん、つばささんガ出演されていた舞台に足を運んでいたんです
それから少し時が経ちましたが、
そのときお渡しした名刺を気にかけてくださってたそうで

まさかの再会、公演が楽しみです
KC3Z3410.jpg

続いても初登場、
『劇団わに社』さん
KC3Z3411.jpg

お話しにもありましたが、
代表は先日『虚構オメガ』さんに客演、
という形で来ていただいたハヤシユウさん。
“わに社”だけにハヤシさんは“社長”、
今回来ていただいたのは“社員”の皆さん

ちなみに『わに社』さんの“わに”は単純にハヤシさんがお好きだから、
というだけだそうですw

しっかり者、といった感じの織田さん、
舞台経験はまだ少し、だそうですが、
落ち着いた風格、
今回は農協職員役、
まさにご自身を活かしたキャラ、なのかも^^。

それに対して永田さんは“不良”役
お話を伺ってる限りなにかふわふわした雰囲気^^
また以前『EXParade』さんに出演されていた時は活発な女の子役、
ということで、少しイメージにない感じも。
かと思いきや、前回“第一営業”ではなかなかぶっ飛んだw役もされてたみたいで
今回は主役
すごく気になりますね

お話ししてていいキャラだなと思った一柳さん
永田さんとは以前から演劇でご一緒されていたようで、
今回は制作として参加。
話し方にすごく特徴があるから、
ぜひ今度は役者として観てみたい方ですね~^^。

ふと田舎暮らしをし始めた家族のお話し、
でもその家族には秘密があって。。

とちょっとチラシの絵だけでは想像できないお話しのよう。
客演メンバーもほんとに“豪華”という一言に尽きる^^
いろいろ思いをめぐらしつつ、
本番を楽しみにしたいと思います

初日は公演前に社長の誕生日を祝う、
「オープニングセレモニー」もあるとのこと。
これもきっと、楽しいと思いますよ
KC3Z3412.jpg

さて恒例の『質問コーナー』。

社長直々wの“わに推し”質問あり
“ブラック企業”ネタありと、
『わに社』さんからは力技wの質問が飛びました^^。
でも意外と社会人の皆さん、
ブラック企業にお勤め、なのかな^^

「今まで演じてきた中で~」という質問、
びっくりしたのはつばささん。
男の子役を、とは聞いていましたが、
なんと“チャラ男”w
なんか想像つきませんが、
ぜひ観てみたい。。。

今回初舞台、の隅田さん、
でも以前映像関係に出演されていたこともあったそうで。
話題になった作品、見てみたいなぁw

今回ちょっと珍しく
いずれも初登場の団体、ゲストさんだったんですが
放送終了後は予定どおりwもう和気あいあいでした

ぜひまたいつかこのメンバーで、
ご一緒できるといいですね^^
KC3Z3408.jpg


11月18日の番組アーカイブはこちら♪






今回は一味違う?地獄!!

2014.11.24(23:09)
日中ふと暖かい日があるとホッとしますね
でもすぐに寒い日々が戻ってくるんだろうな、なんて^^
そろそろ服装も完全に冬モード、ですね。

さて、番組ゲスト『牛乳地獄』さんの公演、
「穴があったら入りたい」にお邪魔してきました

会場は“名古屋演劇杯”が行われている会場G/PITさん。
『牛乳地獄』さんはそのトリ、です^^
もともと『牛乳~』さんがよく使用されていた会場。
いわば“ホーム”のような場所だと思いますが、
最近は他会場での公演が続いていた皆さん、
久々の凱旋公演でしたね

会場内に入ると。。。
舞台上には並んだ黒のパイプ椅子、
衣装らしき服のたくさん掛かったハンガー、
おぉ、まさに『牛乳』さん
これを見ると安心するのは僕だけでしょうかw

僕は早めに会場入りしたんですが、
お手洗いでちょっと外へ。
そしてまた戻ってくると、
もうキャストが全員舞台上にいる

皆さんスポーツウェアスタイル、
各々が柔軟ほか始めていて、
さあこれから、でもみなさんまだ“素”という感じ。
(このときの服部さんのTシャツが忍者ネタでww
舞台上に桐原さんも。
でもこの日はダブルキャストの服部さんが出演、
桐原さんの出演回ではなかったはず。。。

そしていつもどおり「前説」を話し始めた桐原さん、
でもどちらかと言うと、“半分キャストに向かって”。

どうもこれは本番前の「ゲネプロ」の設定wで、
“本番ではこういう風に言いますよ~”ってわざわざ説明もw
おもしろい

そしてまた桐原さんの一言で芝居の前に始まるダンス、
これが観ててすごく気持ちいいんですよね
テキパキしてて、舞台の空気もすごく動いて。。
僕みたいな“A型”向けだなぁ、なんて
“牛乳走り”、そして舞う埃。。。^^


歩道橋の上に立って下を見下ろしていた日置さん演じるヒロイン、
(セットはなく通常の高さです)
思いつめてふとそこから飛び降りてしまった彼女はまっさかさまに地面へ
と思いきや、そのまま異次元へ突入^^

その途中おもむろに歩み出た藤村さんに向かって日置さんが逆立ち
そのまんまの状態で芝居は進行、
しかも結構な長時間
逆さまの日置さんがひたすらしゃべってるのって、
観ててなんだかすんごい違和感ww
(普段こんなかっこでずっとしゃべる人って見ないですもんねw)

その落下中、空中で絡んでくる^^のが、
中内こもるさん演じるカラス
(全編通して小ネタwも交え、すんごく目立つ存在でした
でも実は。。。っていう

そしてたどり着いた世界で出会ったのが。。。
赤い女優帽、赤いワンピース、
佐野さん演じる“女王”。
(さっきまで確かTシャツ姿だったはずだったので、すんごくびっくり)
ここで“冒険の書”なんてどっかで聞いたアイテムを持ち出してヒロインへ。。
そして“世界を救う”なんて大役を無茶振り、
超個性的な仲間を引き連れ冒険の旅へ。

そう、まさに某RPGの世界へ
旅のお供にはその世界で出会った、
服部さん、藤村さん、池田さんの演じるキャラクターたち。

服部さんの役はしっかり者、
でもちょっと抜けてる^^
唯一の大人キャラ、といった感じでしょうか。
居るだけで場がまとまる、というか。

藤村さんはその体幹を活かした武闘家、
しかしちょっと情けない役^^
あれ、最近よく他団体さんでの藤村さんを観てきたけど、
『牛乳』さんだと結構こういう位置付けだったっけw
“おなじみ”のアゴをしゃくらせてしゃべるキャラも登場w、
爆笑。。。せざるを得ないじゃないですかっww

池田さんのキャラは終始ほんわか^^。
活発なキャラが多い中w
観ててその空間だけまったりしてるような。。
トレードマークのメガネがいい感じで下にずれていて、
常に“定位置”をキープ
いくらか激しい動きもあったのによく落ちないな、
なんて思いながら観劇してたりしました。実はw

物語はずっとRPGの世界、
と思っていたら、
舞台装置の「鏡(木の枠のみ)」が登場、
中では現実世界の、
こちらも佐野さん演じる女の子が。
さっきと打って変わり白いワンピース、
ピアノを弾くパントマイム。
表情や仕草も先ほどとは全然違う。。
ファンタジー世界のヒロインと対峙、
でもむしろこちらがファンタジーの世界のよう。
不思議な雰囲気でした

シーンは様々に展開、
でも舞台上のセットで使えるのはパイプ椅子くらい。
そう、これを使っていろいろ再現(具現)されるわけですね^^。
素舞台が黒で統一された会場にこの椅子も黒、
いろいろ想像できて楽しい

そうそう、最後に判明したんですが、
中内さん演じるカラス、実は、
“汚れたハト”だった
散々ヒロインをおちょくってきたオチがそれだったので爆笑w


毎回『牛乳』さんの舞台は、
舞台上のアツさ、
勢い、スピード感、
みたいなイメージが強い気がするけど、
今回はどこかシックな雰囲気も取り入れて、
でもコメディー色も手に汗握るシーンもふんだんな、
ちょっと今までにない舞台だったと思います

終演後出演の皆さんと
KC3Z3264.jpg

ほら、なにかちょっと違う感じでしょ^^

そしてこのあと初となる大阪公演を終えた皆さん、
どんな収穫があったんでしょうか

今後これを機に勢いが増す、
もしくはまた違った方向性にチャレンジする。。
いろいろ想像にしつつ^^、
次回の“地獄”に期待したいと思います
KC3Z3265.jpg

10月20日の番組アーカイブはこちら♪






ふたたび起きた、“奇跡”!

2014.11.19(23:06)
気温の低い日が続きますね^^
コートなんてまだまだ、と思ってましたが、
さっさと引っ張り出してきちゃいました
重ね着は好きなんで、
いい季節ではあるんですけどね~。

さて、11月10日の放送では4組、
そしてなんと生でマジックも披露していただきましたKC3Z3351.jpg

まずはこちら、『劇団横屋』さん
KC3Z3356.jpg

以前『92年企画』として公演をされていた皆さん。
今回は単独公演、
そして短編3本のオムニバス公演。

徳留さんの出演するSFチックな三人芝居、
大岩さんの出演する悲しいけどほっこりする二人芝居、
横倉さんの出演する“初”の一人芝居。。。

前回の公演でも横倉さんの思い描く、
理想の男女、恋愛像etc。。。

これがほんとに綺麗に表現されていて、
心から共感してしまった^^。
逆に理想と現実は違うのか、なんてしみじみ思ってしまったり^^

写真がガックリしているように見えるのはそのせいではないと思いますがw
きっと男女とも共感する、
そんな舞台が展開されるのを期待しています
KC3Z3355.jpg

続いては『さむたいむユニット@いちご一会』さん
KC3Z3358.jpg

以前『劇団アルクシアター』さんとして来ていただいた福田さん、
かつて参加されたことのある団体さんへふたたびの参加。
“変わった”人たちが集まったシェアハウスが舞台という今回の公演、
福田さんはなんとラッパー役^^
“修行”を重ねてきた福田さんが何を見せてくれるのか。

そして『劇団エムテイスティ』さんとしてお越しいただいた玉城さんは、
その公演の時の役そのまま、“悪魔”の役で登場
「コラボ企画」がある、とは聞いていましたが、
まさかこんな形とは^^。
以前の公演をご覧になった方はきっと楽しめそうですね

舞台装置にもかなりこだわってみえるようですが、
なんと一回だけしかないというこの公演
ぜひ足を運んでいただけたらと思います
KC3Z3357.jpg

続きましては初登場、
『テアトル・マジコ』さん
KC3Z3350.jpg
(放送開始時間までいらっしゃった、制作の城さん(後列左)も一緒です^^
 この前の放送で『劇団新生』の近藤さんが“受付の神”と崇めていた方ですw)

以前からその綺麗なデザインのチラシ、
そちらに載っている過去の公演のとにかくゴージャスな舞台写真が気になっていた団体さんでした。

今回はあの有名なキャラクター、
「ティンカーベル」がお話の中心になっていると思われる作品。
まず今回ゲストの皆さんがどんなキャラクターかは秘密、
というところから話は始まったのでw、
そこはもう気になりますよね。

ファンタジー色の強い作品というと、
中途半端に観せてしまうとなかなか観客は入りこめないことが多い、かも。
でもそこは『テアトロ・マジコ』さん。
ものすごく繊細で豪華なメイク、衣装、
そして舞台装置。。。

でも何より多彩なキャスト陣が気になるところです

なんと中学2年生という木治さん、
もう何度か出演されているそうですが、
今回は“子供の心を忘れない”と。
え、まだ。。。というのはおいといてw、
どんな役柄なのか、楽しみですね

声質や雰囲気からなんか男の子役が似合いそう、
と勝手に思ってた(失礼^^)池戸さん。
今回は“やりにくい性別”^^ということで女の子役、を。
でもそこが意外といい味出してたり。。。^^

メンバーからひたすらwかっこいいと言われる美月さん、
舞台でのその立ち居振る舞い、
今までの様々な役を“融合”、
つまりは昇華、と僕はとらえましたが^^、
その役柄に注目
そして、
先ほどの福田さんと同じく『劇団アルクシアター』さん所属の石川さん、
前回お越しいただいていたんですがお話を伺うことができなかったんですが、
公演ではものすご~くぶっ飛んだ役をww
暴走wめっちゃ期待してます^^

推理テイストもありwのお話の内容はもちろん、
きっと目にも楽しい舞台、楽しみですね

最後にご報告、今回お越しいただいた木治さん、中学2年生
ということで、
エムジャンの最年少ゲスト記録を大~~きく更新されました^^
おめでとうございます
KC3Z3354.jpg

最後はこのお二人、
『彩-sai-さん×奥原優さん」
KC3Z3360.jpg

マジシャンのお二人、ではありますが、
まず初登場、奥原さんはボイスパーカッションを披露
ジャグリングもされる、とのことで、
これはかなりの多才の方と。

しかしちょっと意外?今回のお二人の公演はなんと“物語仕立て”
自分も含め普段そんなにマジックに触れることがない、
という方も少ないと思いますが、
またこれはさらにレアな催しですよね^^。
ただそのすご技を見せ付けられるだけでなく、
お二人の“演技”も、ということに

前々から気になってる、感心していたのは彩さんの話術。
人を上から見透かすような上から目線、
ではなく、限りなく観客と同じ目線での会話。
またふと素に戻ったかのような、
何気ない一言を発する彩さん。
そしてつい心を許してしまった観客は、
更なる話術の深みへ。。。

これはほんと、体験してみないと分からないのでw経験者
ぜひ生で、ご覧いただきたいと思います

そして披露されたマジック、
まさに“生中継”でしたが、
目の前で観ていても、
録画した映像を観てもサッパリ分からない
奥原さんのとんでもない器用さ(といっても気づかないんだけど^^)、
マジックを披露する間、とにかく話し続け、
きっとどこかに観客の注意をそらすテクニック、
と思いつつもわかんない彩さんの技w
恐れ入りました
予想のつかない公演が楽しみ
KC3Z3359.jpg

そして恒例の『質問コーナー』。
今回はMJから
「〇〇の秋といえば
という質問を出させていただきました

やはり食欲の秋w、
あとは演劇人あるある^^の観劇の秋、
ですが今は皆さんがその主役にwですよね

ぜひぜひ、皆さんの姿を会場で、
ご覧ください

あ、そうそう。
放送終了して待合室でまったりしていたところ、
ふと奥原さんが僕と福田さんに声を。
「ポケットに何か。。。」と言われるので手を入れてみたら。。。

中からなんとトランプのカードがw
いやいや~

KC3Z3352.jpg

11月10日の番組アーカイブはこちら♪







強盗だ!もっと気合入れてやれ!!←

2014.11.16(19:28)
鍋のおいしい季節になってきましたね
魚介鍋、キムチチゲなどなど。。。
寒さが増すにつれておいしさも増す、ような。
皆さん、いかがお過ごしですか

さて番組ゲストの『中部大学 劇団とらの穴』さんの学祭公演、
「バンク・バン・レッスン」にお邪魔してきました
KC3Z3244.jpg

いいですね、この手作り感
学祭公演、ということでもちろん、
会場のある中部大学さんへ。。
KC3Z3242.jpg

おかげさまで最近は学祭公演に足を運ぶこともあり、
校内へ侵、いやw入るのも少し慣れましたが。。
いかんせんどこにどんな建物があるのかが全く分からない^^

と思ってたら。。
KC3Z3245.jpg

よかった、助かった^^
会場のホールは図書館のある建物の半地下。
入ってみるとなんかとてもレトロな雰囲気、
客席もとってもいい感じ

ステージを見ると、
今回は銀行が舞台ということで奥にカウンター、
上には明らかに手描きのw「受付」と書いたパネルが。

前説に出てきた女性も銀行員らしい服装、
すごくかしこまった雰囲気。
でもいわゆる“禁止行為”を説明する男性陣(山瀬さんも^^)は、
片方がボケ、もう片方がツッコミになってノリノリのこ芝居を

銀行員が“強盗対策”ということで予行演習をするんだけど、
どうもうまくいかない。
うまくいかない、というよりむしろ“ノリがよくない”。

山瀬さんの役はとってもマイペース、
すごく根はいい人なのに、顔に結構メイクをしてて、
なんか無理やり人相が悪くなってるw

そして上司の役。
見覚えのない、すごく色黒の男性。。
あれ、そういえば丹羽さんが上司役って聞いてた気がしたけど、
丹羽さん色白だし。。まさかの土壇場でキャスト変更^^
なんてことまで本気で考えちゃいましたが、
声を聴いていたら、そしてスーツの肩幅とか見ていたら、
明らかに丹羽さんでしたw
マジメなんだけどなんかずれてるw面白いキャラでした^^。

そこへ“普通に”銀行に用事でやってきたカップル、
そうお話しにもあった、早田さんと森さん

もちろんそんな“事情”なんてわからない彼ら。
ノリについていけず。。かと思いきや、
早田さん演じる彼女はかなりノリ気w
いまいち、というか全くノれない彼を尻目に、
「人質役」を。

話はだんだんエスカレート、
出演者のテンションはやたら上がり、
内容もどんどん過激にごっちゃごちゃに。。

山瀬さんの役が強盗に拳銃で打たれ瀕死の重症(もちろんエア)、
これ以上はどうしようも。。。
となったときに、見るに見かねた森さん演じる彼氏が敏腕医師に変身

そこからはもう。。。

でも役者の皆さんのキャラ、
そして芝居がほんとにテンポがよくて、
観ているこちらはどんどんのめりこんでしまい

会場には演劇ファン、
ということもなくおそらく普通に学祭を訪れた、
一般客の方も多かったと思いますが、
たしか約90分という、
学祭公演とは思えないガッツリの舞台でしたが、
(通常は1時間弱くらいの短編が多い気がします)
全くダレることなく、客席は終始爆笑でした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z3248.jpg

今回とにかく思ったのは、
役者の皆さんがほんとにいいなと
脚本的にもかなりぶっ飛んだというか、
普通に考えたら無理のあるようなところもいっぱいだったと思いますが、
観ていて“演じている感”がほぼない。
もうそのキャラクターがそこにいる、
そんな感じでした^^。
訪れた観客の皆さんもすごく楽しまれたと思います

ぜひまたこんな舞台、観てみたいなぁ
KC3Z3249.jpg

番組出演の皆さん(+もう一方^^)と
KC3Z3246.jpg

ほらぱっと見、
丹羽さん、わからないでしょw
とにかく皆さんの個性が、
それこそアテ書きのように光る舞台でした

もっともっと注目していきたい皆さんです
KC3Z3247.jpg

学祭公演=小規模なんて思いつつ来場していましたが、
思いのほかたっぷり楽しめて大満足
KC3Z3250.jpg

ぜひまた次回公演も、と思いつつ、
会場を後にしたのでした^^。
KC3Z3251.jpg

KC3Z3252.jpg

10月14日の番組アーカイブはこちら♪






初めて“聖地”で!

2014.11.14(19:18)
さ、寒い。。。
一気に冬
もうちょっと秋を楽しみたいところですが^^


さて、番組ゲスト、
そして実は自分も参加しているwサークル、
『Spes+Vox』さん参加のイベント、
「ぽぷかるパーティ」にお邪魔してきました

このイベント、いわゆるサブカル系の総合イベントになっていまして、
コスプレイヤーさんや、我々のような同人サークル、
アイドルのステージからはたまた“痛車”の展示まで
あらゆるジャンルが一堂に会する、
かなり珍しいイベントとなっています。

会場はあの“愛・地球博”の行われた公園跡地、
ということで、会場までは「リニモ」に乗って移動します。
駅に着くとそこに。。!
KC3Z3220.jpg

そう、こちらの乗り物にも萌えキャラ、
“リニモたん”というのが存在するんですよね^^。
自分が乗った車両はたまたま違いましたが、
この期間、公式キャラクターのラッピング車両、
なんてのもあったようです。

会場に着くと。。
この日はあいにくの雨^^
皆さん足早に屋内ステージ、
または屋内展示スペースに向かわれていましたね。

そしてやはりというか、行き交う人のコスプレ率w
街中で見かけたら明らかに異質な存在かもですが、
ここではもうそちらの人口の方が多いくらいですからね
屋内ステージで行われていたライブイベントにも人だかりが。
朝からもなかなかの人出です。

さて、今回我々は“出展(店)”という形の参加になるので、
盛り上がるステージを横目に自分たちの参加ブースへ。

中に入るといくつものブース、
オリジナルイラスト、ミュージックCDをはじめ、
作品をイメージしたアクセサリーなどを販売するクリエイターさんも多数参加、
まさに“総合イベント”ということが伺えますね

今回我々はこの日のために作成した、
オリジナルボイスドラマCDの販売を。

と、その前に。
せっかくのサブカルイベント参加、ということで。。。
KC3Z3223.jpg

自分もコスプレをして参加ww←(ちょっと違う感
普段こんなことはしない僕ですが、
この場では全く問題なし、っていうくらい、
違和感のない空間でしたw

僕はお昼前くらいに到着したんですが、
先に店番をしていた代表に聞くと、
なんともう、1枚売れたんだとか^^
しかも僕のことを頼ってきてくれたみたいで、
例のブロマイドwももらってくれたそう^^。
KC3Z3225.jpg

わざわざあとからもう一度おみえになる、
ということで待機しているといらっしゃったのは。。
KC3Z3221.jpg

ど、どこかで見た人だw
劇団関係の知り合い、
というかエムジャンにも出演されたことのある方ですがw、
今回は“ボランティアスタッフ”という形で参加されていました。
でもブロマイドまでもらっていただけるとはうれしい限り^^
当初1枚進呈、の予定でしたが、3枚お渡ししましたw
(ダブついてるから、というのはあくまで噂です)

その後、店番をしているとお客さんが^^。
男性の方で、
我々と同じくボイスドラマを制作しているサークルに参加、とのことで、
1枚購入していただけました

そのあと別のメンバーが到着、
ブースの番を代わってもらいブースめぐりをしたんですが、
ある専門学校のブースでお話をしていたところ、
近々在校生の公演があるとのこと。
そちらの告知を番組でできないかと^^。
ちゃっかりエムジャンの告知もしちゃいましたw
こんな出会いもこのイベントのいいとこですね

さて、番組でも少しだけ告知をしましたが、
サークルメンバーの大森君が、
なんと全く同じ日程で大学祭の劇団公演を。
しこもその大学が同じ駅の反対側にあるということでw、
時間を見てお邪魔してきちゃいました

会場は教室棟の地下。。
ちょっと迷いましたがw
KC3Z3229.jpg

無事着きました
KC3Z3226.jpg

愛知大学の『劇団翔~KAKERU~』さん。
学校内にあるなぞの部活「七不思議部」が舞台。
劇場、ではなく学祭公演ならでは、
教室を使用した公演。
持ち込んだ照明もありますが、
客席、全体の明りは教室の照明(蛍光灯類)をそのまま使用していました。
点けたり消したりするたびに「パチパチパチッ」ってスイッチの音がするんですがw
なんかそれがミステリアスな内容にピッタリ、というか、
なかなか新鮮で効果的に見えました^^。
個性的な登場人物のみwのドタバタコメディー、
メイク濃い目wの大森君も活き活きしてて楽しかったです
KC3Z3227.jpg

そしてまた「ぽぷかる」会場へ。。。^^
すると、
KC3Z3234.jpg

美徳さんが到着してました
今回“宇宙人~”という作品で初共演、となったわけですが、
まず自分たちの作品が商品化(できた)こと、
それが売れたこと、とにかくうれしかったですね

そうそう、美徳さん、
好きな武将隊のメンバーさんが会場にいらしたので、
めっちゃテンションがアガってましたww
来てほんとよかったね~
KC3Z3236.jpg

サークルとしては初の参加、でしたが、
お客さんと直接やり取りできたり、
いろいろな方と知り合えたり大きな収穫でしたね

でも細かいことを言うと、
いろいろこれから改善しないといけない点もいくつかあったり^^
ま、これもいい経験ということで

サークルとしては現在新作収録に向けて練習中、
今後もさらに活動していく予定です

ぜひ、ご期待くださいね~^^

10月14日の番組アーカイブはこちら♪






ん、同窓会w?

2014.11.13(22:18)
おぉ。。。
一気に寒くなりましたね^^
風邪が治ったばかりというのに、
またぶり返してきちゃいそう
まだまだ(またまた)気をつけないと。。

さて、11月5日の放送ではまた新たに初登場、
でも実は以前出演していただいたことのある方々wをお迎えして、
今回もにぎやかにお送りしました
KC3Z3254.jpg


まずは初登場、
『よこしまブロッコリー』さん
KC3Z3260.jpg

今回名古屋公演を行うにあたり、
愛媛県松山市の団体さんと合同公演を。
「遠い町の話」という共通のテーマを
二つの団体がそれぞれ作・演出。

榊原さんは今回“あえて”今までにない役を振られたようで
なんと“絶望”
今まで観たことのある役と比べると、
確かにちょっと思い浮かばないかも。
でもそれはにへいさんの信頼(期待)によるものですよね

そしてもともとにへいさんの生徒さんだったという早川さん、
こちらの役は“虚無”。。。
お話しを伺っていると明るいイメージがしたし、
こちらも普段のご自身と違う感じ。
早川さんにとって重要なターニングポイントになるかも。
期待、です

にへいさんはそれに加え、なんと作曲も
“オリジナル作品”を作りたい、
という強い想いが感じられますよね。

名古屋公演を終えられたあと、すぐに松山公演へ。
お話にもありましたが、
今回の公演会場、その周りはなかなかの観光スポットの様子。
行きたいなぁ、でも遠いなぁ^^

もちろん名古屋で楽しむのもよし、
観光も兼ねて松山まで足を運ぶのもよし。
それぞれどんな世界観を観せていただけるのでしょうか^^
KC3Z3261.jpg


続いても初登場、
『名古屋大学 劇団新生』さん
KC3Z3256.jpg

と、言いつつ、
遠藤さんはもう定期的に番組に出ていただいてる気がしますねw
また男性陣は先日の『あつまる生物みみくらげ』さんの公演に参加されてた方ばかり。
ほんとちょっとぶりの再会でした

そして今回なんと“50周年”記念公演を
しかも現役団員だけでなく、
先輩方の力も借りての公演とのこと。

演目はあの超有名作品、「ロミオとジュリエット」が元になっている作品。
“元になっている”といっても、
かなりアレンジされている模様。。
しかもコメディータッチ^^

お笑い担当wという宮本さん。
この役のために照明の“きっかけ”が増えてるなんてお話しも
その役に求婚されるも相手にしない^^中村さんの役。
このお二人のやり取りだけでも面白そう

主線からは少し“ずれた”ところで繰り広げられるお話、
そこに登場する“第三者”のひとりを演じる遠藤さんと子安さん。
今回のお話しのキーになっているみたいですね。

でもあくまで“中世”が舞台、ということで、
衣装だったりセットだったりこだわっていらっしゃるみたい。

キャスト兼大道具チーフでもある子安さん。
天井が高いことでも有名な会場の七ツ寺共同スタジオ、
ここをいったいどのように“変えて”いくのか。
50周年ということもあり大掛かりになっているようですし、
まずは会場に入るところから、
楽しみですね^^
KC3Z3257.jpg


続いては毎月の番組レギュラー
『EXParade』さん
KC3Z3259.jpg

キャストは毎月違う、しかも実力派ぞろい、
という他ではなかなか観られない企画、
そちらもついに5ヶ月目

今回も“演劇”をモチーフにした作品。
しかし、いろいろな世界(年代)が交錯する、
アップダウンのある、ジェットコースターのような作品、
とは中居さん談。

前回は高校の演劇部が舞台、
今回は“大人の”演劇人が描かれている
中居さんのお話を伺っていると、
今までの公演がある意味“続き”になっている

今回初参加の田口さん、
振れ幅が大きい役に、
めまぐるしい展開に苦戦している、とのこと。
足を運ばれた方はお分かりになると思いますが、
とにかくコンパクト、ステージはまさに“目の前”という感じ。
本番まであとわずか、
田口さんはどのように創り上げているのでしょうか

今までの公演にない、場面転換が多い、
ちょっと想像できないような舞台がそこにありそうな予感。
今までで一番難しい舞台ではないか、
というのは作のすずきさん談。

役者の息づかいも確実に聴こえる、
動きの一つ一つ、細かな表情の変化、
役者にとってはいろいろな意味で緊張の空間

それをぜひ目の前で
KC3Z3258.jpg


そして恒例の『質問コーナー』

ここからは、
『新生』さんの告知コーナーでは画面外からフォローしていただいてたw
近藤綾香さんにも参加していただきました
そして『エクパ』さん同窓会みたいになってましたね

「休日はどんな遊びを」という質問では、
“飲んでるか寝てる”というちょっと残念な大人の回答やw
“スポーツや美術館”という健康的な若者の回答ww
子安さんとは気が合いそうだったな

そして「パッとしない11月」w
この質問は。。。“ほんとにパッとしなかった”
よく考えてみてもやっぱり。。ないですかね~。
でも榊原さんの誕生日や、
にへいさんは結婚記念日が
これは忘れちゃいかんですねw

最後の「私しか知らない共演者のいいところ」
これはなんか気恥ずかしい感じになっちゃいましたねw
でも意外と皆さん共演者(会場受付スタッフ含め)にちゃんと気を配ってて、
いいところをちゃんと見ている。
こういうところがメンバーの協調性、
いずれは公演の完成度とかにも影響してくるんじゃ、
なんてしみじみ思っちゃいました

放送終了後も皆さん、
完全に意気投合してらっしゃったみたいです
KC3Z3255.jpg

11月5日の番組アーカイブはこちら♪









“なつかしい”それとも、“あたらしい”^^?

2014.11.12(22:17)
日に日に気温が下がっていくのを感じますが、
ふいに気温が上がってびっくりする日がありますね
ちょっとまだ、上着の“厚さ”がなかなかうまくいきません^^

さて、番組ゲスト、松山まり奈さんと平野みなみさんのイラスト展、
「猿股通り飛行カルタ」にお邪魔してきました

場所はこちら、
伏見の雑居ビル“トランジットビル”
KC3Z3094.jpg

その中のスペース、「AMR」さんです^^。
KC3Z3093.jpg

番組でも話題になった“旧い”エレベーターを上がりw
細い廊下を進むと。。。
KC3Z3092.jpg

奥に小さなスペース、
中へ。。。そこには、
KC3Z3088.jpg



懐かしい学校の机と椅子が
机の上には90年代のアイドル雑誌、
そしてふる~い型のガラケーなんかもw
(これはご本人やお知り合いの持ち物なんだそう)

壁を見ると、そう、
たくさんの“カルタ”が
こちらは「女子の場合」ということでまり奈さんの作品たち。
KC3Z3086.jpg

“あ”から始まって、これだけたくさん、
そしてもちろん一つ一つ手描き
よく見ると土台になる紙自体も様々な種類、
いろいろ工夫が凝らしてあります。

なんかちょっと懐かしい^^、
でもちょっとアブナいwお題に合わせた絵が並んでいます
KC3Z3090.jpg

この絵、独特のキャラクターですよね^^。
“マリナちゃん”、でいいんだっけw
カラフルな作品、モノトーンの作品、
一つ一つ見入っちゃう

そして反対側は「男子の場合」。
平野さんの作品が並んでいます
KC3Z3087.jpg

“アッシークン”
KC3Z3091.jpg

久々に聞き(見)ましたね~
あ、若い方はもう全くわかんないかも、ですね

変わった形のカルタもあったり、
ビビッドな色が多用されていて、
まり奈さんとはまた違う感じ
「男子の場合」というだけあって、共感するところ、
そしてやっぱ懐かしいところがw

そうそう、今回のイラスト展、
このカルタだけではなく、
なんとそのお題にあわせた映像集も
もちろん、作品の数だけありましたよ

バックで懐かしの90年代J-POPが流れる中、
“不良”たちによるショートムービー集。
学生服、短いスカート、
ルーズソックス。。
路上だったり、公園だったり、
中にはショッピングセンターの中だったりw

映像ではどこかに必ず“カルタ(白い紙)”が落ちてて、
演じているキャストそれを「ばしっ」と取るところで終わってて面白かったです

また映像に合わせてカルタが“詠まれて”いたんですが、
それが結構ゆるゆるでw
詠まれていたのは美大の先生で、いくらかお歳を召した方だそうですが、
意味が分からない言葉も多かったみたいで、
ナレーションしながら声が疑問系になってたりして面白かったです

全作品あわせてトータル約40分くらい^^
なかなか、いや、かなりの力作でした
中年の男性が出演されてたので聞いてみたら、
なんとまり奈さんのお父さん
親娘でなんかコントみたいになってましたがw
和気あいあいでした

そして。。。

KC3Z3089.jpg

番組でもお話のあったバイク、
ほんとに展示してありましたwwビル4階
どうやってここまで上げたのか訊ねてみると、
たまたまいたw屈強な男性にエレベーターで縦にして、
運んでもらったんだそうです
バイク自体は壊れているみたいですが、
綺麗にライトピンクに塗装されていました

あ、会期が終わったらやっぱ、
下に降ろしたんだよね^^

さて、
せっかくお邪魔したんだからみんなで写真を、
と思ったら3人しかいないw

というわけで、まり奈さんのスマホのセルフタイマーで。。。
image (2)

ちょっと遠いw
でもあのショーとムービーがちらっと写りましたね^^。
(なんと実際の学校を借りての撮影もあったとのことです)

気を取り直して。。。
image.jpeg

よくできました

今回のコンセプトが“90年代末期”ということで、
お二人も直接触れたことのない、
まだまだ小さかった頃をどう表現しているのか、
お邪魔するまで気になってましたが。。。

あの、ある意味“異常に”盛り上がってた時代を、
お二人なりのイメージ、デザイン、
そしてカラフルな色使いで表現されていたのが印象的でした
ムービーもほんとに面白かったなぁ。。

また今後もこのお二人の作品に、
ぜひ触れてみたいと思います^^

P.S.来場特典^^のチェキをみんなで(このときはスタッフさんにお願いしました)
KC3Z3113.jpg

チェキ懐かしい。。とか言いつつ実は初でしたw

10月7日の番組アーカイブはこちら♪






“こころ”にひかり。

2014.11.11(21:23)
秋も深まってきて紅葉も少しずつ^^
観劇するにもいい季節ですね
皆さん、いかがお過ごしですか

さて、番組ゲスト『あつまる生物みみくらげ』さんの旗揚げ公演、
「そらにひとり ほしのひかり」
にお邪魔してきました

会場は「名古屋演劇杯」の行われているG/PITさん。
このちょうど前の週にも訪れたばかりの場所ですがw
はたして今回はどんな感じに。

中に入り薄暗い明かりの中、ステージに目をやると。。。

白い薄手の幕(カーテン)が掛かり、白い床(地面)。
中央にはふた?のついた、
背の低いこちらも白くて大きなオブジェクト(舞台装置)が。

そして奥にはいくつもの画(え)。
あ、このタッチ、つらくもさんの絵だ。
パステル調の暖かい色を使った絵。

受付で渡されたパンフレットを見ると、
あれ、「初回公演」が斜線で消され、
“個展”になってる^^。
場所も“ギャラリーみみくらげ”って

そこへ前説で現れた宇佐見さん。
なにかいつもと口調が、と思っていたら、
今回の企画は“公演”ではなく、
“個展”になったとの説明が^^。
(ほんとだったの~)
とか思いつつw
奥に飾られている絵もそういうことなのかな。

そこへ登場する白い衣装のキャスト“みみくらげ”たち。
緩やかな音楽、そして明るい表情で踊る皆さん、
白い世界に暖かい明かりが当たってとても幻想的。
そして、なにより綺麗
くらげ。。。
海の中、なのか。

暗転し舞台上に現れたのは、
遠藤さん演じる男性(男の子?)、
そしてワンピース姿のなぞの女の子。。。
“あの”舞台装置のふたを開け、
何か下を覗いている。
高山さん
すごい、番組とめっちゃ印象が違うww

驚きを感じつつ、
その場を去る女の子、残される少年。
記憶をなくしているのか、
今いる場所がわからない様子。

そこへ登場してくるこれまたなぞの“住人たち”。
コミカルな動き、しゃべりで少年を誘う彼ら。
少年は訳がわからず、どぎまぎ。

そんなこんなで住民たちが去ると、
代わって現れたのはつらくもさん演じるなぞの。。。青年
出てきたと思ったら、
いきなり少年を言葉で攻め(責め)はじめる。
もちろん少年はこちらでもどぎまぎ。
しかし一方的な言葉にはなにかすごく具体性があって。。

場面が変わると、またあの女の子。
またあの穴から下を覗いている。
見ているのは地上の人々。
つまりはいま天上にいる、ということ

ここで“約束”をする二人。
これが実はキーになっていて。。。

また場面が変わり、あの青年が。
相変わらず少年にくってかかる。
「お前は無力だ」
「どうあがいたって過去は変えられやしない」
みたいな言葉を一方的に浴びせられて。
(なんて理不尽な)、と思うところですが、
なぜかその言葉の一つ一つが観ているこちらに突き刺さってくる。

少年は“地上を去ってしまった”女の子を追っていつのまにか天上に来てしまい、
地上で果たせなかった“約束”を果たそうと。

どうしてもやりきれない想いと現実。

ちょっとこれは個人的な感想になってしまうのですが。。。
自分も同じような想い(経験)があって、
(観るまでは心に奥に納めていた記憶なんですが)
それを一気に思い起こされてしまって、
すでに主人公に感情移入もしてしまっていたため、
観ていてかなり感傷的になってしまいました。

でも。
つらくもさんの演技、
特に表情がよかった。
ここで話される言葉の一つ一つが本当によかった。
悲しくて寂しい。
世界(現実)は変えられない。

けれども、
なぜか不思議と満たされたような気分に。

少年は現実を受け入れ、女の子はどこかへ。。

そして最後に再び全員でのダンス、そして合唱。
暗めの照明から一気に明るくなったとき、
観ているこちらの心も一気に晴れたように
舞台上のキャストも明るい表情で、
客席の一人ひとりに語りかけるように歌ってる。
(実際何度か目が合いました^^)
白い衣装、白い舞台、
“暖かい”白の照明に照らされてとても綺麗。

でも自分にはさっきのシーンの寂しさが、
やはりまだ残っているような気がして。。。
いろいろな感情に胸がいっぱいになりました。


終演後、出演の“みみくらげ”たちと^^
KC3Z3109.jpg

大学生、なんと高校生の子も一人いたりして
キャストの中にはなんと演技経験のほとんどない方も多かったそうですが
目だけじゃなく心に直接訴えかけられたような、
とても愛情にあふれた公演、
そして皆さん、でした(高山さん、舞台上じゃこんなキャラじゃないのに~)
KC3Z3108.jpg

今回が旗揚げ公演、
そしたらもちろん、“次回公演”を期待しちゃいますよね

そうそう、この日はアフターイベント、ということで、
今回の公演写真も撮影されている、
写真家“やなぎすずみ”さんによる、
「キャストとの写真撮影回」が

最初は抽選、ということだったようですが、
人数もいい感じなので、ということで、
なんと全員撮っていただきました

皆さん思い思いの場所、
ある方はあの舞台装置の丸い穴の中でw
その都度キャストさんたちもいろんなポーズでサービスしてくださり、
とってもまったり^^、
お客さんも満足の撮影会となったのでした

この写真、後ほどメールで送っていただけるとのことなので、
楽しみに待ちたいと思います

9月19日の番組アーカイブはこちら♪







※今回の公演内容とは一切関係ございません。←

2014.11.06(22:50)
ちょいと鼻風邪をひいてしまいました^^
体調管理がなってませんね。。。
皆さん、体調崩されていませんか

さて、先日10月28日の放送では、
ゲストさんからリクエストをいただき、
初の“ハロウィン回”をお送りしました^^
KC3Z3115.jpg

まずすごい状況というのはお分かりに。。。なりますねww
結構放送日直前に決まった団体さんもあったのですが、
意外にも皆さんノッていただけて
思いのほかクオリティーの高いものとなりました
打ち合わせも少し短めにして、
あとはメイク(変装)に時間を、って感じでしたねww

まずは久々、『跡の花嫁』さん
KC3Z3118.jpg

いやぁさすが、
提案者だけにものすごい力の入れようですねw
主宰の宮田さん、
番組では緑色は“ある理由”でNGなんですが、
あえてこのタブーに挑戦w
でもおかげでほんとに面白い映像になりました^^。

今回は会場の法龍寺会館の杮落とし公演!ということで、
初登場のメンバーさんを交え告知をしていただきました。
番組でも冒頭にお話しましたが、
作品タイトル「ラザロ1225」、
こちらがツイッターで発表された際、
なかなかすごい反響がフォロワーさんの間であったんですよね。
まるで“伝説の”みたいな^^。

でも今回参加の皆さんは、宮田さん以外(ほぼ)初挑戦のお話。
お話自体も少し前、高校時代に高校演劇用に書かれた作品。
しかし。
番組でも話していますが、
前回の作品もとても19歳が書いたとは思えないほど、
大人な、とても深い内容。
特に女性のお客さんにはかなり好評だったようです。
そこへ前回も参加、とても元気のいい姿を魅せた星野さん、
先日の『藍青堂』さんの公演でもその“体幹”のよさ^^を披露した出口さん、
後藤さんは一見大人しそうに見えながらも、
ステージでは華麗なダンスを披露
宮田さんも前回は赤いドレス姿で大人な芝居、
と、今回のゲストさんだけでもすでに楽しみ
さらにはちょっと前^^番組に出演された方々も出演したりと、
見どころはたくさん、です^^

そうそう忘れちゃいけない、
今回も“エムジャンコラボ企画”が
詳しくは番組内、『質問コーナー』で
KC3Z3117.jpg

続いては初登場、
『粋んぐHi”gh』さん
KC3Z3120.jpg

そう、これで「すいんぐばい」とお読みするんですね
僕は最初全く読めませんでしたw
でも、
(離れていたものがまた引力に引き寄せられるように還ってきて)
なんてかっこいい意味も含んでいるんですね~

今回鈴江さんやみなみさんの着られていたあの衣装、
知り合いの方の手作り、なんだとか
そのクオリティー、
そしてなによりその似合いっぷりに脱帽ww

ランニングしている男性と、
それを待ち受けるようなローマの町並みが印象的なチラシ。
現代から過去への、
でも同じキャストがそれぞれの世界に登場する、
いわば“パラレルワールド”
衣装の着替えも大変そうですが
そこにかなりこだわられているようですし、
何より設定が面白そう^^

そしてもちろん“走る”
手島さんが“人体改造”でイケメンにw

どうしてもこの格好でお話を伺っていると想像もつかなくなりますがw
皆さんの個性、キャラが活かされた舞台になっていそうな予感。

まずはお話にあったオープニングダンスから、
注目してみましょうか^^
KC3Z3119.jpg

最後は『劇団eggplant★劇団獅子』の皆さん
KC3Z3121.jpg

皆さんの仮装、とてもお似合いでしたが、
なんとメンバーのオノウチさんが夜なべして(2徹)作っていただいたとのこと。

番組でもお話ししましたが、
ここ最近『劇団獅子』さんは他の団体さんとコラボ、
いつもの『獅子』さんとは少し違うテイストの公演をされていて、
とても気になっています

今回は(今は)女性だけの団体、
『劇団eggplant』さんと。

メンバーさんが客演された、という経緯があるそうですが、
四釜さんのおっしゃるとおり、
男性陣、そして最近は女性陣とも粒ぞろいの『獅子』さん。
そして今回は
“ドタバタキュンキュンコメディー”

これはきっと皆さんのいいキャラが出てるんではないでしょうか^^
四釜さんのおっしゃる、
演出からの“うつくしい衣装”、そして“うつくしい演技”。
ここ気になりますね

そして舞台製作はエムジャンでもおなじみ、
『劇団あおきりみかん』の松井さん
これはなかなか珍しい

見どころいっぱいのコラボレーション、
必見、ですね^^
KC3Z3122.jpg

そして恒例の『質問コーナー』
『跡花』さんから、今回の公演ならでは、
「クリスマスの予定は

これはちょっと酷な質問w(自分含め
正直に語る方
いつもどおりの予定で華麗に交わす方、様々w

でも番組の趣旨どおり、
共通の話題で皆さん仲よくなったということで

それにしてもこうしてみるとなんとも圧巻ww
KC3Z3116.jpg

ご覧になった皆さんも楽しんでいただけたのではないでしょうか^^
ただくれぐれも、
“公演内容とは一切関係ございません”格好ですのでww

10月20日の番組アーカイブはこちら♪

おまけ。
KC3Z3129.jpg






別“JIGEN”^^!?

2014.11.03(21:59)
伸びた髪を久々に切ろうと美容室に行ったら、
思いのほか短く切られてしまい、
首筋が少し寒いMJです^^
ちょっと前から喉も痛いし、
体調を崩してしまった模様。。
早く治さねば。

さて、番組ゲスト、
『actors team REBIRTH&team DOGS』の皆さんの公演、
「JIGEN」にお邪魔してきました

会場は小劇場PICOさん。
そう、実はこの日、
『EXParade』さんの翌日だったので、
二日連続の来場となったのでしたw

まずは吉岡さんと今回相方の榎丸縁さんによるコント(と言うより漫才^^
相方さんのボケがかなりユルい
気まぐれな発言があっちにいったりこっちにいったり。
そしてそれに対する吉岡さんのツッコミが優しめなので、
なんともまったりとした展開に
このコンビのやり取り、もっと見てみたいかも^^。

続いてはいぬ大福さんによる一人コント。
あ、今日もツナギだw
喫茶店に入ってからの店員とのやり取り。
この地方おなじみwの喫茶チェーンに入って一服、
と思ったものの、
おかしな店員の対応にあっけにとられる男性w
それを一人芝居でやるんですからそれは大変、
でもいぬ大福さんのキャラがなかなかいい味を^^。
他の方ともからみも見てみたいですね~。

次は番組でもお話のあった元バンドマン、
西野さんによる一人芝居、「死神」。
そう、あの有名な落語の演目ですね。
今回はそれをそのまま、
でなく現代劇にアレンジ。
ふとしたきっかけで“力”を手に入れてしまった男の、
成功と没落、これを熱演されていました。
この方のみ顔を白塗りされていたので、
すんごい気になっていたんですがw、
芝居と相まって迫力がありましたね~

最後は森さんによる一人芝居、
いやモノマネステージw
あの「古畑任〇郎」を。
一人しゃべりを、と思っていたら、
某相方役をはじめ、
複数のキャラクターをすべて一人で
なかなかの長丁場のステージをこなされていましたが、
ルックス、あと特徴もつかんでて面白かったです

終演後、出演の皆さんと
KC3Z3100.jpg

ほら、特に説明しなくても誰がどんなことをされたか、
なんとなくわかるでしょ^^
バンドからの転身、だったり、
いろいろ経歴のある皆さん。
今後どのように活動されていくのでしょうか。
来年2月には大きな公演を控えていらっしゃいますしね^^
KC3Z3099.jpg

番組出演のお二人と
KC3Z3101.jpg

このお二方にもまだ観せていない、
まだ眠っている何かがある、
とお見受けしたw
来年の本公演ではこのお二人の共演もあるのか
いや、きっとあるはず

楽しみに待ちます^^

10月7日の番組アーカイブはこちら♪









“古典”って意外と。。。おもしろい^^!?

2014.11.03(19:24)
秋雨、意外と冷たいですね^^
そのせい、じゃないかもですが、
ちょっと喉が痛い。。。
いかんいかん、
気をつけないと、です

さて、番組ゲスト『妖帝デカダンス』さん参加イベント、
「板橋ビューネ2014」にお邪魔してきました

会場は“名古屋で老舗”といえばここ、
「七ツ寺共同スタジオ」さん。
今回主に“古典”を扱うイベント、ということで、
名古屋市内でここ以外考えられないんじゃないか、
というくらい雰囲気たっぷり

東京の劇団さんによるシェイクスピア、
島根の劇団さんによるプラートンと続きますが、
どれも(ちょっと強引にw)現代劇、
また抽象的にアレンジがされていて面白い
なんとなくお堅いイメージを抱いていただけに、
これにはびっくり^^

舞台上には大きなセットなどは何も用意されておらず、
最低限のものを持ち込むのみ。

3組中3番目の『デカダンス』さんの場合は、
椅子、絵を描くためのイーゼル、
そして後方には幕の掛かったパネル、のみ。
イーゼル、というと明らかに“洋画”を描くためのものだし、
今回チョイスされた「近松門左衛門」、
ではありますが、
この時点ですでに大幅にアレンジされている予感が

まず登場したのはふくゆきさん。
黒ずくめの格好(洋服)で“ストーリーテラー”として登場。
紙の束をもっているけどこれは。。

暗転後、再び明転すると、
イーゼルの前に座り絵を描き始める宮木さん演じる女性、
白いワンピースがとてもお似合いで、
ピュアでどこか儚さを感じる。。
役柄どおり、
まさに “深窓の令嬢”のといった雰囲気

そこに現れるのは岩瀬さん演じる別の家の御曹司。
番組でもお話にありましたが、
数々の浮名を流す、ちょっといや~な役^^
高身長なので、とても舞台栄えしますね。
巧みな言葉で誘惑、
でもこれは演出、だけではではないと思いましたが、
とにかくストレートで真剣な眼差し、
正直こんな人に言い寄られたら、
素直な人ならひとたまりもないんじゃ、
と思えるような演技w

そしてサイド登場したふくゆきさん。
こちらはまた別の良家の奥様役。
登場されただけですでにとても(大人の)趣がある^^。
夫の(少し異常なまでの)寵愛を受けつつ、
“あの”プレイボーイからも迫られてしまう、
という難しい役^^

夫役で、今回岩瀬さんを誘ったという大野さん。
こちらも長身の方で、
妻への愛(執着心)であったり、
そして妻の心がほかの男に揺れ動いたことへの嫉妬心、
それを痛いくらいに演じられていました。
目に宿っている力がすごかった。

お話は愛欲のもつれ、
男同士のプライドのぶつかり合い、
その間で揺れ動く2つの女心。
その結果全員に訪れる悲劇。。

チープな表現をするといわゆる、
“昼ドラ”風のドロドロ愛憎劇で、
個人的にはちょっと苦手な展開。。。^^
かと思いきや、
シンプルな舞台上からの役者陣の演技の迫力、
熱がとにかく伝わってきて、
泥沼の展開に引き込まれるように、
観入ってしまっていました。。

終演後(はっ)としましたが、
こんな大胆なアレンジのために、
“近松門左衛門”のこと、
すっかり忘れちゃってましたw

終演後、出演の皆さんと
KC3Z3096.jpg

今回この公演のために集まった皆さん、
たぶん普段とはちょっと違う環境での舞台だったかと思いますが、
東京、島根の団体さんとも交流できたと思いますし、
きっと皆さんにとっていい経験、
そして刺激になったのではないでしょうか
それにしてもふくゆきさんの役、
芝居と相まって、
この衣装がとてもお似合いだったなぁ。。

番組出演のお二人と
KC3Z3097.jpg

最初に書いた“シェイクスピア”を上演した東京の劇団さん、
こちらはなんと巫女さん姿の3人が姉妹役として登場
またこの姉妹が懐メロを唄うなんて演出もww
(マイクは一本以外、こけしやジャイアントカ○リコでしたが)

もうほんとにびっくり、そして何でもあり、
バラエティに富んだアレンジでとても楽しませていただきました
今回のように一見難しい(実際難しい^^)作品を、
さまざまな地域の団体がアレンジして上演する、
というなんとも面白いイベント、
ぜひまた名古屋で開催していただきたいものです

“古典”なんていうとちょっととっつきにくい、
なんて方はぜひご覧になることをお勧めします。
きっと思いもよらない発見・感動があるはず。
実際“今回の僕”が、そうでしたからね^^

10月7日の番組アーカイブはこちら♪







| ホームへ |