ゆったりとした時間をただよう。。。

2015.09.24(21:30)
暑い日もありますがどこかカラッとして、
すっかり秋の空気な今日この頃、
皆さんいかがお過ごしですか

僕は先日、程よい曇りの日を選んで、
自転車でちょっと遠出を楽しんできました
風が爽やかでしたが、意外にも空気が乾燥してて、
喉がカラッカラになって大変でした

さてさて、今回は番組ゲスト『大名』さんの公演、
「まばたきするまに」のレポでございます

会場はこの日初めて訪れた場所、
“Gallery+Cafe blanka”さん。
KC3Z4896.jpg

川沿いにある建物で、
外観、そして内装も素敵な場所なんですよね^^。
KC3Z5061.jpg

一回の入り口を入り、会場である地下(正確には川の堤防から河川敷に降りていく形^^)へ。
ガラス張りになっていて、中を見ると。。。
もうキャスト陣がスタンバイ、というかもう、始まってる

木でできた柱、フロア、そして客席、
統一感があってすごくいい感じ
トランプを組み合わせて作られたタワー、
そして演技スペースを形成するような感じでちりばめられている大量の“おはじき”。
一応の開演前だというのに、もうすでに世界に入り込んだような。

中央に置かれた木の机の上に“魔女”未彩紀さん、
“ロボット”入野さんは奥の壁にもたれかかってうずくまって眠っているよう、
“ユウレイ”石原さんは。。。机の下にいた^^

番組には“恒例^^”の衣装でお越しいただきましたが、
それにメイクが加わり、また違う趣き。

魔女はうつろな表情のまま、
そこへ女性が訪ねてきて。。。
女性と魔女の会話も普通なようで、
聞いて(観て)いてなにかちょっと“違和感”を覚えるような、
いろいろなキーワードが少しずつ飛び出してくる。

起き上がってきたロボット、
やはり、というかカタコトの言葉^^、
そして落ち着いた振舞い。
それに対してユウレイはすごく激しい^^、
演じる方も汗だくになっているくらいの

交わされるそれぞれ“リズムの違う”会話。
物語がすすんでいく、と思ったら、
同じところをループしたり。
(これを観て前回公演を思い出された方も少なくなかったはず

少しずつ明らかになっていく登場人物たちの関係性、
でも(個人的に)最後まで謎のままだった部分、
きれいにまとまっていたおはじきがキャストの動きでいつしか少し乱雑に散らばり、
それも時間の経過を感じさせたような。

観ていて、お話、役者陣の会話、
会場の雰囲気にもすっかり飲み込まれてしまっていたような、
そして、外と違うスピードの時間を過ごしているような、
不思議な感覚を味わっていました

終演後、出演の皆さんと
KC3Z4890.jpg

後ろにかかっている写真、
こちらも最初は隠されていて、
物語がすすむにつれて少しずつベールを。

皆さんも含め、
なにか“アートスペース”のようでしょ
KC3Z4892.jpg

髪型、衣装、そしてメイク。
今回こちらもとても効果的な作品になっていましたね。
演者との距離もとても近かったので、
近くに来たときにはちょっとまじまじ見てしまったり

『大名』さんの(大きな)魅力の一つ、です

番組出演の皆さんと
KC3Z4894.jpg

前回、今回と、ほんとに独特の世界を展開される皆さん。
大阪で活躍されているメンバーさんもいたり、
きっとそれだけではないんでしょうが、
なにか明らかに“ほかと違う”ものを感じます。

いろいろな方にこの空間を味わってもらいたいし、
きっとこれからますますファンを増やしていかれるのではないでしょうか
KC3Z4895.jpg

そうそう、
今回受付でいただいた公演パンフレット。
KC3Z5412.jpg

紙質からデザインまで、
ほんとに凝って作られていたんですよね^^
(透けて見えるのはチケットの半券)
KC3Z5411.jpg

こういった部分含め、
上演前、そして終演後改めて^^、
トータルで楽しめる作品、でした

6月8日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト

がんがん言わせてくれよw!!!←

2015.09.19(23:11)
秋。。。
そう、雨の季節でもありましたね
急な雨とカラッとした青空。
「女心と~」とはよく言ったもの、かなw

さて、今回は番組ゲスト、
『つねプロデュース×すずきたつろう合同演劇公演』
のレポでございます

今回はなんと二本立て
同じシチュエーション

まずはすずきさん作「ころころがんがん」
ま、この作品のいちばんの目玉、といえば、
主役の榊原さんと殿さんの、
“男女入れ替わり”
ですかね

番組でもおっしゃってましたが、
言葉遣いだけじゃなく、もちろん芝居(気持ち)の面も変えなくちゃいけない、
しかしこの作品、
“どうしても入れ替わらなきゃいけない”シーンが何度も訪れ、
舞台奥に作られた階段をこれでもかと何度も何度も落ちる展開が
(舞台セットの構造上、なんか二人で飛び降りているようにもw)
そのたびにキャストも息を切らせててww
気付けばほかの登場人物たちも転がり落ちてるし。。。

主役のお二人、長身でとても舞台映えするんですが、
榊原さんは意外に綺麗(に見えてくる)w
殿さんは立ち姿がキマってるから、殺陣のようなシーンもすごくかっこいい
ガラの悪いおじさん役の中居さんはやたら迫力があったなぁ
唾飛びまくってたしww

ドタバタラブコメディーでした

あ、そうそう、番組で話してた、
というか“撮影してた”僕の写真、
殿さんの役の“元カレ”としてかな~り雑に使われておりましたw

続いては津姉さんによる「愛していると言わせてくれよ!」
こちらは出てくるキャラ出てくるキャラ、
ほんっと~に濃いい人たちばっかでした
みんな笑いや芝居の“リズム”の違う方々なんですが、
それぞれがそれぞれおもしろいんですよね~
特に大きな女性役がすっかり板についた山本さん、
(この直前にもほかの舞台で同じような役をされてたんですw)
見た目も芝居もすごい存在感(オネエ)でしたねw
そして津姉さんは主人公の幼なじみ役、
ラブコメ“定番の”シーンもありつつ
自分の気持ちに素直になれない、
健気で不器用な女子を好演されてました

こちらもボリュームのある、
最初から最後まで笑わせてもらえる作品でした

出演(両作品)の皆さんと(ブレてますな^^;)
KC3Z4883.jpg

結構いろいろなところで個性的な方々を観ているつもりの僕ですが、
まだまだこんなにいらっしゃったとはw
しかもただ勢いだけでなく、
実力が伴ってちゃんとお話の流れを崩さない方々。
とはいえ、かな~りアドリブもあったようですけども
ほんとに観るものを惹きつけて、
会場を爆笑の渦に巻き込んでいたのでした
KC3Z4884.jpg

番組出演の皆さんと
KC3Z4885.jpg

いや~、こうやって近づいてみると。。。
KC3Z4886.jpg

榊原さん、ほら、意外にもお綺麗でしょw
いやぁ、こんな役もできちゃうんだもんなぁw

男性になったときの殿さんの立ち居振る舞い、
長身も相まって様になってました

すずきさん、なんと2作品に(たしか)おんなじ役で出演されてましたよ^^。

今回初の二本立てだったというこのイベント、
津姉さん、すずきさんそれぞれの作品、
笑いのツボ、そしてどちらも濃いいキャスト陣w、
見どころ満載

ぜひまた次回、こんなコラボレーション、
期待しちゃいたいです
KC3Z4887.jpg

5月27日の番組アーカイブはこちら♪

 




〇〇の秋^^!!!

2015.09.16(23:05)
朝晩涼しい、いや、
ちょっと寒い
ですよね
部屋着がまだ夏仕様なので、
予想外の気温の低さに“ブルッ”としてしまいました
季節の変わり目、体調を崩さないようにせねば。
とはいえ、ちゃんと着るもので調節すれば、
すごく過ごしやすい季節でもありますよね

さてさて、9月15日の放送では、
初登場の団体さん、久々の方、
そしてちょっとぶりの方もお迎えし^^、
にぎやかにお送りしました
KC3Z5353.jpg


まずは今回、なんとはるばる京都からお越しいただいた、
『ソノノチ』の皆さん
KC3Z5356.jpg

ん、なにかどこかで見たことのあるお顔が。。。
そう、京都の団体さん、なんですが、
『晴天満月』のあだちさんが参加されてるんですよね

番組でもお話しましたが『ソノノチ』メンバーさんと初めてお話したのは、
昨年末の『ミソゲキ』打ち上げの席でのこと。
このイベントで初めて皆さんの舞台に触れて、
名だたる強烈なw団体さんの間に挟まれつつも、
ほんとに印象に残っていたので、
中谷さん始め皆さんにお越しいただけてほんとにうれしかった

そして今回の作品はあの作品のリメイク、
しかも一気に時間も長くなり、
あの“身近に見えて実はめっちゃスケールがデカイ”話がw、
どんな風に変わっているのか、とにかく楽しみ
あの『ミソゲキ』で同じく打ち解けて、
今回別団体として来ていただいていたいちろーさんも楽曲で参加
気になって仕方ありませんよね

そして公演前、まもなく中谷さんによるワークショップもあるとのこと。
初の京都、名古屋のツアー。
これからほんといい季節になりますし(すごく混みそうだけど^^)、
これを機に京都の地に足を伸ばす、
なんてのもいいかもですね^^(左手は“ソノノチポーズ”だそうです^^)
KC3Z5355.jpg


続いても初登場、『パズル星団』さん
KC3Z5357.jpg

主宰、高倉さんにお越しいただきました
今回は短編作品集の公演。
なんと2年ぶりの公演だそうです。

僕はチラシの文面を見つつお話をしていたんですが、
なんとも気になる作品名ばかりw
そしてすいません、
どうしても触れずにはいられなかった作品、
『水道ザリガニ』
とすっかりコメディー作品かと思いきや、
どうも“ちょっぴりホラー”作品だそうで。。。
スタジオの皆さんで想像したベタな感じではなく、
とても謎に包まれた作品のような。。。

そして今回の作品集、公演名にもありますとおり、
“いのち”にまつわるものとのこと。
とても観やすい作品からだんだん深い内容へ、
高倉さんの演出もおもしろそう。。。
そしてご自身がどうしても上演したかったという“念願”の作品も。
以前別の団体さんの公演でお越しいただいた副主宰玉川さんの朗読、
また客演陣にも注目です

そして僕がもうひとつ気になったのが、
予約時の様々な割引
そのどれかに当てはまる方、
ぜひ利用されてはいかがでしょうか^^
『ソノノチ』さん、“遠いところ割引”どうでしょかw
KC3Z5358.jpg

最後はこれまた気になる名前の企画、
『Tukliglasfe(ツクリグラスフェ)』の皆さん
KC3Z5359.jpg

あれっ、ちょっと前に来てもらったばかりの方々なようなw

『廃墟文藝部』のつらくもさん、
先日の『画譜のへや』での展示をはじめ、
役者よりもすっかり“アーティスト(広~い意味でも)”の一面が際立っている昨今
いや、もともとひとくくりにできない人の代表だからなぁw
今回は念願の個展とのこと、
そして気の合う仲間、
先日の朗読公演でもおなじみの“鬼ちゃん”こと鬼浦さん、
そして同じ『廃墟文藝部』所属の音楽家いちろーさんとのコラボ。
このお二人と、となればやはり、
“朗読”そして“演奏”ですよね
それを週末にそれぞれ“生”で観ることができるとのこと

コンセプトは“天使”。
でもつらくもさんの言う“天使”は、
どうも我々が普段思い描くようなそれではないようで。
独自の世界観、独自のタッチ。
それを持った3人が挑む今回の催し、
絶対他では観られない貴重なものだと、
僕は胸張って言えますね、それとなく知っている身としてはw
コンパクトながら、すごい空間になりそうです。

そしてライブイベントに足を運べる、いや、
お店で席に座れる人数は“ほんっとに”わずか^^。
“古本屋バー”という雰囲気とあわせ、
楽しんでみてはいかがでしょうか^^
KC3Z5360.jpg

最後、恒例の『質問コーナー』、
今回は「〇〇の秋、といえば

『パズル星団』高倉さんは読書、かと思いきや、小説を“書く”秋。
芸術の秋、とはよく言ったものですが、
この時期、創作意欲がわくものなんですかね~
主にファンタジー作品、とのことですが、
今後の上演作も生まれてくるのかも^^。

『ソノノチ』藤原さんは、ランニングの秋。
この時期、涼しくなってほんとに運動してても気持ちいいですからね~。
とはいえ僕はあんまり走るの得意じゃないんですがw
藤原さんが普段走られているのは自然の多い場所のようですが、
この時期ほんと、好きな人にはたまらないんじゃないかな。
リラックスできてそして健康にも良くて。
一石二鳥ですね
僕も自転車でツーリング、出かけたくなりました

最後は『Tukliglasfe』のつらくもさん。
“すずしさ”の秋。
ん^^と最初は思いましたがw、
聞いてみれば納得の。
なんか前身で季節を感じる、みたいな
正直、こういったところから自身の感覚が研ぎ澄まされていってるんじゃないか、
人と違うところをつかむ能力が自然と備わってる、というか。
でもよくよく考えてみればそんなに変わったことでもないし、
僕もちょっと試してみようかな。。。
へっくし。

KC3Z5354.jpg

さて、今回の放送、いかがでしたでしょうか^^
これからはやはり“芸術の”そして“舞台公演の”秋に突入
いろんな公演のハシゴにえらいことになりそうですが
体中で楽しんでみたいと思います

9月15日の番組アーカイブはこちら♪






本気で“ありがとう”、って思った^^♪

2015.09.09(22:34)
またまたやってきた台風
皆さんいかがでしたか

思ったよりあっさり通過してしまい、
午後から授業が、なんて学生さんもいたようで。
ちょっと残念だった、かなw

さて、今回は番組ゲスト『劇団んいい』さんの公演、
「Thank you My mother!!」のレポでございます

会場であるおなじみ“ナンジャーレ”さんに入ると、
出演者というのに内山さんがお出迎え

“開演前なら写真OK
ということで。。。ww
KC3Z4880.jpg

ちなみに手に持たれている箱、
上演前にお客さんから“お題(というより一言^^)”をもらい、
それを劇中で使用するという、
んいいさんの公演ではおなじみ、
参加型wの演目用。
たくさん集まっています。。。(もちろん僕も書きました

ちょっとお越しいただいたのが早かったためか、
番組では“まだほとんどなにも決まってない”感じで
定番ネタやるかも、なんてお話でしたがw
はたして内容は。。。

オープニング。
どこかで聴いた曲が流れてきたと思ったら、
某スターウ〇ーズのオープニングそのままの
あの“宇宙空間に文字テロップが流れていく”映像ww
でもこれ、ほんとに手が込んでいて、
ほんと、そっくり
でもよく見るとみんな“ローマ字”表記になってて、
新しい文章が流れてくるたびにみんな爆笑
舞台上にメンバーがまだ出ていないのに、
ニクイ演出ww

そして始まった。。。ん。
定番の“あぶない刑事純情派”じゃんwww
もしや新作が。。。なんてのをすっかり忘れてしまうくらい、
めっちゃわらった
キャラ付けがはっきり分かれてる3人、
その(勝手知ったる)お互いの間だったり、展開だったり、
でも何よりその存在感が絶妙
マイペースな二人をひたすら内山さんがツッこむ、
いつ観ても安定の笑いが提供されますねwww

そして見どころは最後に上演された、
あの上演前にお客さんから提供された一言を使用する演目。

そうそう、今回の公演タイトル、
パンフレットには“ノリで考えたので母親とは一切関係ありません”とのことでしたが。。。

上演前に舞台上にバラまかれた一言の書かれた紙。
そしてこれまでとおんなじようなノリで始まったお話^^、
3人のやり取りが繰り広げられるなか、
キメ台詞のようなシチュエーションになったとき、
ふいに一人ずつ床に落ちたあの紙を。
偶然話にそったようなコメントもあれば、
全く関係ない、ぶった切るようなものもありw
でもそこは実力派の皆さん、
見事アドリブでくぐり抜ける
中にはもちろん、無理があるのもありましたがww

でもあるときからとてもシリアスな、
“母親”をモチーフにしたセンチメンタルな展開に。
正直、僕も含め、お客さんみんな(えっ、なにこの展開。。。)
って驚いたのでは。
役者として実力のある皆さん、
前半から一転、こんな展開になっても全く違和感のない、
説得力のある舞台が。
いつしか少しホロっとしてしまうような。。。

そんなクライマックス、
“あの紙”を拾うメンバー
もちろんあさっての方向にwww
うぅぅ、でもなんてニクイ展開^^
お客さんを、
“笑わせる”
こともできれば、
“泣かせる”
こともできるなんて。。。

会場の空気が一気に緩む、
そんな瞬間を楽しめた一瞬でもありました

そしてすっかり、“母親に感謝したくなった”自分がいたのでした
(なんと、アフタートークの“シークレットゲスト”に、
 3人のお母さんが実際に登場した回があったんだとか

終演後、出演の3人と
KC3Z4881.jpg

もう“客演の鬼”とでも言いたくなるほどw、
様々な舞台に客演されてる皆さん。
でもこうやって3人揃ったとき、
また全く違うものが生まれてくるんだなぁ。。。
やっぱすごい、この3人

自然と次を期待させてしまう展開でしたが^^、
なんと、うれしいことにもう“次”が決まっていると
しかも“名古屋演劇杯”じゃないですか
ある意味ほかと異色なw、
そして最高な舞台がきっと、待ってることでしょう
KC3Z4882.jpg

5月27日の番組アーカイブはこちら♪








もうほんと、バカばっかなんだから。。。←

2015.09.07(23:55)
秋の夜長、いかがお過ごしですか^^
空気もいくらか乾燥してて、
もう夏ではないんだなぁ、と感じますね。
なんか少しさみしいようなw

さてさて、今回は番組ゲスト『劇団粋んぐHi゛gh』さんの公演、
「馬鹿BAKA莫迦バカ(ばかばっか)」のレポです

会場のユースクエアプレイルーム、
前回はローマ(異次元)が舞台ということで、
なんと客席までもがコロッセオ風に。。。
さすがに今回は、と思って中に入ると、



いわゆる工事現場の“足場”で段々に客席が組み立てられてる
一番高いところは3メートル弱くらい^^
早めに入ったので客席整理の関係から一番上の席へ。
(た、高いwww
そして踏みしめるたびに少しガタッと音がしてちょい不安にww
舞台を見ると、そちらも全く同じ、
足場を組み合わせた無骨なセット。
物々しい雰囲気。。。
スリリングな客席の座り心地に若干慄きつつw、
感じる一体感^^。

街で暮らすさまざまな“バカ”たち。
まさきゅんさんは自分の力だけしか信じられないチンピラ役。
かなり“それっぽい”見た目だとは伺っていましたが、
現れた彼はかなりオレンジに近い茶髪
衣装ももちろんそれに合わせた感じで、
スタジオでのあの大人しげな姿から一変
でもまさきゅんさんの腕のみせどころ、
バカ真面目でまっすぐな男をやらせたら
あのセットを使用したアクションシーンも体当たりでしたね
相手のヤクザ役、『劇団きらきら☆ハンバーグ』の御剣さん(これがまたやたら貫禄があってピッタリ)とのやり合い、
すごい迫力でした

バカ子役の松本さん、こちらは天然というか、
一見するとマイペースでほんわかしてるような感じ^^。
でもこちらも自分のことは後回し、
とにかく人のことばかりを一途に心配してしまう“バカ”。
ケガをしてかくまったチンピラとはやはり口論にw
でもそこは“バカ”同士
いつも明るい、そしていつも本気、
そんな役を好演されてましたね

ツンデレ(役名ですw)役にゃんこさん。
あんまり分かりやすい“デレ”はなかった気もしますが
強烈なキャラクターたちwの中、
数少ないクールで落ちついた役割だった気が^^。
独特のやわらかい雰囲気もいい味だった気がします

無鉄砲で不器用な登場人物、
自分たちの信じた道へ“バカ”みたいにまっしぐら。
心がぶつかり合う人情劇、
そして想像以上に激しいアクションシーンの爽快感、
今回もアツくて温かくて、
そして爽やかな舞台を届けてもらえました^^

終演後、出演の皆さんと
KC3Z4861.jpg

すごい無骨なセット、ですよね
この僕が座らせてもらっている場所w、
ここがあの話題にもなったバーのカウンターになったり、
外のシーンでは足場になったり。。。
このセットの見た目のインパクトはかなり強かったですね。

そして何よりこのセットに負けない役者陣
様々な“パワー”あふれる方たちばかり、でした
(ノリでこんな写真も撮らせていただきましたw)
KC3Z4860.jpg

番組出演の皆さんと
KC3Z4862.jpg

ここはやっぱ、まさきゅんさんですよね
この見た目、でもこうなっただけのことはあるw、
激しい立ち回りの芝居は圧巻でした
KC3Z4863.jpg

毎度毎度、まず会場に入った時点でびっくりさせられる皆さんw
次回公演も決定されているそうですが果たして、
どんな形でわれわれを驚かせてもらえるのでしょうか。。。
KC3Z4864.jpg

5月27日の番組アーカイブはこちら♪







“今季最後”♪

2015.09.07(20:08)
秋雨前線、なんでしょうねこの雨は^^
暑い季節が終わって過ごしやすい秋に。。。と思ったのになんかジメジメ
でも明らかに梅雨とは違う空気ですね^^。
皆さん、いかがお過ごしですか

さて8月31日の放送では3つの公演告知に、
たくさんの方にお越しいただきました
KC3Z5226.jpg

シーズンまさに“最終日”ということで、
多数浴衣でお越しいただきましたよ~(感無量)

そして今回“スペシャルアシスタント”として、
『ミュージカル劇団スパーク』で活躍する、なかむらさりあさんをお迎えしました
KC3Z5234.jpg


まずは今回初のイベント主催、
『劇団マイケル』さん
KC3Z5228.jpg

以前は『妖帝デカダンス』さんの公演、
そしてイベントに参加されていたお二人。
今回万を辞して主催公演

ご自身“劇団”とは付いているものの、
けしてそれにとらわれない活動をしたい、とのこと。
このイベントも演劇はもちろん、歌にダンス、
そしてアイドルの方まで登場

なんとこれから年末まで“毎月”公演される予定ということで、
毎回おなじみ、そして新たに登場される団体、個人もありそうですね。
“ジャンルはなんでもあり”だそうですので、
こんな場所を求めている方、
ぜひこの機会にエントリーしてみてはいかがでしょうか^^
KC3Z5229.jpg

つづいてはついに3回目を迎える、
『ナゴヤはいゆう寄席』の皆さん
KC3Z5230.jpg

そう、初回からお越しいただいていますが、
もう3回目、なんですね^^

“寄席”なんていうと演劇好きの中でも「行ったことない」っていう方、
きっと多いのではないでしょうか
はい、かくいう僕もそうですw

しかしこちらの公演、“ナゴヤはいゆう”とありますとおり、
高座に上がる“噺家”さんはこの地方で活躍される俳優さんばかり、
中には今回お越しいただいたぐりこさんのように主宰さんも
葱玉さんは以前にもご出演、
もうすっかり普段から噺家さんのようですがw
そしてもう一つ注目、ゆみだてさん。
普段は主に人形劇で活躍されている彼女、
もともと落語がお好きだったようですが、
それだけに落語に臨むことにご苦労もあるようで。
それを本番までにどう“料理”されてくるのか、
そう、ぐりこさんのおっしゃっていたように、
もともとあるお話をアレンジされているのも見どころのひとつ。

これ、毎回めっちゃ楽しみなんですよね
そして幕間の由利さんの“高座返し”も、ですね^^。

雰囲気たっぷりの会場でぜひ、お楽しみください
KC3Z5231.jpg

最後はこちらもすっかり“恒例行事”
『名古屋学生演劇祭2015』の皆さん
KC3Z5232.jpg

あれ、先日お越しいただいたばかりの『赤いスリッパ企画』森さんが、
と思ったら、こちらにも参加されるんですね
これにはほんとに驚くところですし、
今回の公演タイトルもめっちゃ気になるww
そして豪華な出演陣も

そしてこちらも以前お越しいただいた『幻想劇団まほろ』樺井さん。
以前の“序公演”では雰囲気のあるライブハウスでほんとに印象的な、
いや、ここはやはり“幻想的”な^^公演を。
今回は2度目に披露される舞台、多く参加される皆さんの中、
どんなステージが繰り広げられるのでしょうか^^

こちらもすっかり恒例、ですかね、
県外からも複数の団体さんが参加、
その空気感の違いも楽しみの一つ、ですね

そして“学生”演劇祭だけに、スタッフさんも皆さん学生さん。
ん、今回来ていただいた森さん、高校1年生じゃん
以前確かtwitterの写真で見かけたときちょっと、いやかなり驚きましたがw
こうやって参加する子もいるなんて、
未来は明るいですね^^

確か“演劇部(サークル)のない”学校から参加でしかも実行委員長神谷さん、
その手腕にも期待、しちゃいましょうかね
KC3Z5233.jpg

そして恒例の『質問コーナー』
今回ご用意したのは“この夏の思い出”。

さりあさんは「10年ぶりに海に行ったらすごく日焼けしてしまったこと。」
こういう思い出、実は僕あんまり記憶にないんですよね^^
部活の日焼け、とかならあったけど、
海水浴とか全然行かなかったからなぁ。。。
ちょっとうらやましい^^。

そして如月さんはこの時期といえば、バーベキュー。
お友達のおばあさまの別荘で、
なんてうらやましいシチュエーション、と思ったら、
“夜中に虫と闘った”なんて現実的な思い出がw
そしてマイケルさんの車が故障したりと、
ちょっと踏んだり蹴ったりな
でもとても楽しかった模様

ゆみだてさんはとにかくたくさんの、
それも一日で公演をこなされたという
そう、皆さんは“お客さんを楽しませる”側でいらっしゃるんですもんね^^。
いつかまたぜひゆみだてさんの公演、お邪魔してみたい。。。
本当にお疲れ様でした

そしてこれは学生らしい、のかなw
“テーマパークではしゃぎ過ぎて声がかれた”、
という神谷さん
いやぁ、そこまで人ってのめりこんじゃうもんなんですかね~w
って自分もライブとかに行ったら似たようなもんか
好きなもの前にしたら仕方ないですよねっほどほどに
KC3Z5227.jpg

さてさて、今回の放送いかがでしたでしょうか
“浴衣回”、夏の終わりの思い出になってもらえてたらうれしいです

秋になってこれからまさにシーズン、
多数公演もありますし、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか

そして“スペシャルアシスタント”のさりあさん
KC3Z5235.jpg

明るくてほんとにいいキャラクターだったと思います

ぜひいつかまた、公演告知で来てもらいたいですね

8月31日の番組アーカイブはこちら♪








| ホームへ |