繰り返し押し寄せる、“波”

2016.04.30(22:34)
日中は汗をかくくらい
朝晩の気温もあまり下がらなくなってきましたね。
と思ったら急に冷たい風が
もう夏はすぐそこ、いやまだ早いw
半袖にはまだちょっと。。。


さてさて、今回は番組ゲスト『刈馬演劇設計社』さんの公演、
「クラッシュ・ワルツ」のレポですよ
KC3Z5731.jpg

会場はおなじみ、“G/PIT”さん。
今回の作品は再演、ということでしたが、
その際はお邪魔できず、僕にとっては初の観劇となりました。

会場に入るとすぐ目に飛び込んできた舞台セット。
撮影可、ということだったので
KC3Z5732.jpg

どこかの一室、と思われましたが、 
周りを囲む(菊)の花、薄青色の座布団、
なにか“葬儀場の控え室”のような気がしてなりませんでした。

ある子どもの交通事故死をめぐる、
複数の大人たちの様々な想い。。。

おぐりさん、二宮さん演じる熟年、というより味のある^^夫婦。
番組でもお話にあった、事故の起きた目の前が住まいの。
そこに花を手向ける、または手向けない、
で起こる問題がこの作品の導入部分ですね。

そのお宅を訪れている長嶋さん演じる事故死した母親の女性。
悲しみに暮れている、というよりはいくらか時間が経ったのか、
落ち着いた雰囲気。
でもどこか眼には、なにかを一つ越えてしまって、
悲しみのような、怒りのような、
でもとてつもなく静かにそれが佇んでいるような、
冷たさとアツさを同時に感じるような不思議な感覚。
劇中、自分の座っている席とちょうど対峙するような場面があり、
ものすごく観(魅)入ってしまったのを覚えています。

“味”のある夫婦はその通り、
どこか凸凹というか、名コンビというか^^、
重いテーマの作品にどこか温かい空気を吹き込んでくれる、
きっとものすごく重要なポジション。
緊張と緩和、っていうのかな、とても絶妙で。
でもこれがこのあと、
最後の最後に、効果をもたらすなんて。

この家(部屋)に篠原さん演じる子どもの父親、
また岡本さん演じる事故相手の女性が登場。
ここから登場人物たちの心のぶつかり合いに、
この事態が、空間がどんどん捻じ曲がって。。。
と、ここでとても興味深かったのは、
事故の当事者たちだけでなく、
あの中立の立場と思われた夫婦、
特に夫の行動、言動までもおかしくなっていったこと。

あとからあとから悲しい、
非常な現実が何度も押し寄せてきて、
観ていて心が揺さぶられっぱなし。
正義を主張していた父親、
事故の女性も誰も皆、結局救われない。

そんな幕切れ、と思ったのですが。。。
最後にあの中立の夫婦にもそこまで語られていなかった、
非常な現実(複線)が。
すべてを悟っているかのように語る妻、
それを分かっていて気丈に優しい声をかける夫。

すでに心をかき乱され、感動、涙をこらえて観客も、
ここで一気に涙腺が崩壊された方、多かったようですね
かくいう僕も。。。
(これは反則だよ~)なんて思いつつ。

いままで観劇した刈馬さんの作品はどこか、
最後の最後まで謎に包まれ、
完全に答えが見えなかった(見つけられなかった)ものが多かった気がしましたが、
この作品はそのあたりが分かりやすく、
最後にそれぞれの複線が理解(回収)できるよう丁寧に(親切に^^)作られていて、
いままで観劇したなかで、
最も“腑に落ちる”悲劇(作品)だったように思われます。

本当におもしろかった

そしてこの日は“アフターシアター”として、
本編終了後リーディング短編劇「シャベル男女」の上演が
KC3Z5733.jpg

シンプルな照明のみかと思いきや、
この舞台用にちゃんと用意(セッティング)されていてちょっとびっくり^^。

“リーディング(朗読)”公演ということでキャストは台本を手に持ってはいますが、
用意された椅子にときに腰掛け、ときに動き回る演出で、
文字通り空気が“動く”、観ていて全然飽きない
本編同様ミステリアスな内容、すごく作りこまれていて、
短編ながら観終わってまた違った感動におなかいっぱいw

実は今回の公演、二度お邪魔しまして、
番組でもお話のあった、同じ中学生役を、
ゲストの“なっちゃん”こと森さん、そして本編にも出演の岡本さんがWキャスト^^。
ちょっと見比べてみたいなと、思ったんです

やはりより世代の近いなっちゃんに軍配
というだけでは決してなくてw
なっちゃんの役者姿、普段の大人しめな感じとは打って変わって、
思い切った活き活きとした演技だったと思います^^。
やっぱり役者姿が様になるなぁ
岡本さんももちろん、演技力だけでなく、
ご自身のキャラクターを活かし、演じきっていたと思いますよ

終演後、出演の皆さんと
KC3Z5734.jpg

あれ、中に出演者ではないけど、どこかで見かけた顔が。。。
と、偶然会場でご一緒した、
以前『7メートルと9メートル~花の教室~』出演の古部さん
やはりみんな、仲良しなんですね~

実力派のベテランさんだけでなく有望な若手まで、
今後もどんな舞台、楽しませていただけるのかな^^

期待して待ちます
KC3Z5735.jpg

10月20日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト

僕は。。。“別々に楽しむ”派w!←

2016.04.20(22:18)
ポカポカ陽気、からの一転、夜は急に冷え込んで
皆さん、体調崩されていませんか
先日立て続けに旅行へ出かけたMJですが、
電車内ほか、マスクが手放せませんでしたね~
おかげでなんとか、体調を保てている、ようですw

さて、4月2回目、18日の放送では、
初登場の団体さんも多数お迎えし、
なんと4団体w、にぎやか~に、お送りしました
KC3Z6847.jpg

まずは初登場、メンバーは女性だけの歌劇団、
『Ange Plume(アンジュ プリュム)』さん
KC3Z6849.jpg

あのタカラヅカにあこがれる皆さんが結成したこの団体、
なんと今回が旗揚げ公演、とのこと
メンバー構成は経験者から初心者まで、
でも皆さん誰も“タカラヅカ愛”では負けない方々ばかりの模様

今回は有名なミュージカル作品を上演。
そう、歌あり、踊りあり、もちろん演技あり。
そしてそして“タカラヅカ”といえばあの豪華な衣装
なんと今回はそこにもこだわられているようです

ただそれっぽいことをやる、ではなく、
やるならとことんな意気盛んな皆さん
エムジャンに来ていただいた時点でもう席は満席
今後の活躍にもぜひ期待、な皆さんです
KC3Z6848.jpg


続いても初登場、『劇団クセックACT』さん
KC3Z6851.jpg

コーナーの最初でご紹介した動画、
そして数々の公演写真。。。
ものすごいですよね^^
僕はまだ1度しかお邪魔したことがないのですが、
その迫力、とんでもないインパクトでした

ストーリーがあるようなないような、
いや、もうそんなことはもう関係なく魅入ってしまうような。
役者陣の息づかい、汗、表情、
そして舞台美術。。。

演劇のみに限らず、ダンスを始め様々な舞台に客演の玉川さん、
そんな玉川さんもイチオシの舞台。
きっといま、なかなか他で観ることのできない、
しかしもう30年以上も続いている皆さんの活動。

ものすごい衝撃が、そこにありますよ。。。
KC3Z6850.jpg


続いて続いて、こちらも初登場^^、
『蒼天の猫標識』さん
KC3Z6852.jpg

気になってた団体名は特に意味はないwそうですが、
毎公演ごと、話題をさらっている団体さんであります。
実は以前から何度か、出演を希望していた団体さんでもありました

今回の作品は以前上演された作品の再演、
かと思いきやかなりの再編を加え、
以前とはかなり違った作品に仕上がっている模様。

そして皆さんの口からなかなか聞き出せなかった内容w
聞き出せたのは“海中”“バス停”そして“海草”www
イメージ写真(チラシ)からは全く想像のできないキーワードにただびっくり
かな~り不思議な世界観が予想されますが、
しかしそこはいばさん、必ず観る側が納得、
感心してしまう様な舞台を用意してくれている、
なんて勝手な期待をw

前回公演もなんとも不思議な題名でしたが、
その世界観、そして役者陣の存在に引き込まれっぱなしでしたからね。
今回はいったいどんな舞台が。。。
やっぱり、期待w
KC3Z6853.jpg


最後はもうすっかりおなじみ、
“ライブハウスで演劇イベント”
『新栄トワイライト』の皆さん
KC3Z6855.jpg

一般公募の通常公演の他、
今回のような“特別編”も。

今回は主宰の皆さんの“イチオシ”の団体、個人の皆さんを4組お迎えし、
しかも県外の団体さんまで
昨年『名古屋学生演劇祭2015』で話題をさらった『西一風(しゃいっぷう)』さん、
そのメンバーさんのユニット『おちょちょ』さんは右角さんの推薦。
田中みなさんが公演で稽古中、
偶然お隣でこちらも稽古中だったというw、
なんとも奇遇な出会いの『工作太郎』さん。

久々に番組にお越しいただいた舟橋さん。
その推薦はなんと『廃墟文藝部』さん^^。
今回の作品は先の『劇闘』にて上演された作品。
キャストを変更し、そしてなにより、
「廃墟文藝部でベースが弾きたい」という念願のw、
一風変わった作品に仕上がっていそうな予感
これはもう“再演”とは言えないのでは^^

かしやまさんはこのイベントのための新しいユニットを結成、
(そうだ、“トワイライト”が付くんだった)と気付かされたw、
有名な夜行列車と同じユニット名、
そしてあまり今までのかしやまさん作品とは結びつかない気のする、
“殺人事件”を冠したタイトル
なんと出演メンバーのなかにた団体の“主宰”がお二人も登場
なんてすごい情報も飛び出して。。。

ライブハウスという、ちょっと演劇とは一見結びつかなそうな空間、
そこが毎回、“小劇場”に変わる。。。
お楽しみに
KC3Z6854.jpg

恒例の『質問コーナー』で気になったのは、
「クリームソーダの食べ方」。

そう、これいろいろ個性がありそうですよね、
と思ったらやっぱりそうでしたw
僕はクリーム(またはアイス)はそれぞれ別に楽しむ派でしたが、
いばさんの
「混ぜなきゃ“クリームソーダ”じゃない」
っていうのも納得だなとww


さてさて、今回の放送、いかがでしたか^^
スタジオがリニューアル途中、
エムジャンあるある、多数の出演メンバーさんが枠に入りきらない、
なんてハプニングもありつつ^^
バラエティー豊かなゲストさんのおかげで、
無事w放送を終えることができました

これからますます過ごしやすくなる季節(そう願ってますw)。
バラエティーに富んだ公演も目白押し。
ぜひぜひ足を運んでみてください
KC3Z6846.jpg

4月18日の番組アーカイブはこちら♪







まだまだ進化。。。する!

2016.04.13(21:31)
あれれ、急に冬日が襲来w
もうすっかり春めいて、ときには初夏の陽気、
なんて思ってたのでびっくりでした^^
体調崩しちゃうよ、こんなんじゃ
栄養たっぷり摂りつつ、
備えようと誓うのでしたw

さてさて、今回は番組ゲスト『牛乳地獄』さんの2作同時公演、
「exact.其の弐『透明ランナー』×『螺旋ロンド』」のレポです

今回の公演は旧作のリメイクと新作の上演。
しかしただのリメイクではなく、
“ダンス作品”として生まれ変わっているとのこと。
奇しくも会場は前回の“再演”時と同じ、
『七ツ寺共同スタジオ』さん。
こちらで二度観劇(一部Wキャストだったので)、
2回とも胸と目頭をアツくさせてもらった作品だっただけに、
今回のリメイク、とても気になっていました。

当時の出演メンバーとは大幅な入れ替えあり、
しかしながらお一人おひとりがとにかくポテンシャルの高い俳優ばかり
お話の内容、流れは基本的には同じ、
しかしそこは“ダンス作品”、
役者陣の移動、群読とともに、
様々な身体の動きを取り入れた“ダンス”が。

メインキャスト以外(この表現は合っていないかも、ですが)、
オレンジ、ダークブルー、ホワイトの衣装。
役者というよりダンサーといった感じで、
お話の雰囲気によりファンタジー感を添えているよう。

演劇作品に慣れた皆さんには結構、
意外というか驚きというか、
「なんだこれ・・・」としばらく口をあけて観てしまった方もいる、かも^^

でもこの作品の魅力はなんといってもテンポと熱量。
コメディーシーン、シリアスシーンともに、
役者それぞれのキャラクター、存在感、
それらを十分に活かしたストーリー展開。
クライマックスに持っていくあの感じ、
たまらなかったですね。

スマートな動きだけじゃない、
今回も藤村さんの“顔芸”wは健在だったし
以前「本の虫」という作品に出演していた『赤いスリッパ企画』の安達君。
『赤スリ』さん公演でもほんとによかったと思った“走る”シーン、
この作品の見せ場であるあの“牛乳ばしり”。
ほんとにきれいだった


回を改めて次は、番組ゲストの皆さんが出演、
「螺旋ロンド」。

番組でも“ファンタジーもの”というお話がありましたが、
この回に限り、舞台上になにかそれらしきものが。。。あるわけでもなく。
でもこれが、『牛乳地獄』ファンをワクワクさせる、
一因だったりするんですよね~w

アンドロイドたち(といってもかなり人間くさい^^)が登場、
舞台はダンジョン(螺旋ってそういうことか)と、
確かにファンタジー色の強い作品、
でもそれを創り上げるのは特殊効果でもCGでもなく、
まさに“身ひとつ”。
これが最大の魅力なんですよね

“螺旋”のダンジョンも役者達が身体で、
おなじみの黒パイプいすを使って見事に表現(体現w)、
そこを小柄ながらめちゃくちゃ身軽な佐野さんが駆け回り、
ときには男性キャストが左右から“リフト”
スピード感満点、でしたね~

そしてダンス、といえばやはり鈴さんこと鈴来かえりさん。
ここはまさに“本領発揮”ですよね^^
ご自身はもちろん、
たくさんのキャスト陣にそれぞれ個性的な見せ場を作っていて、
お話をこれでもかと盛り上げて
『牛乳~』さんに加入されて、ほんと正解だったんじゃないかな
鈴さんらしさ、弾けてたと思います

そしてそして注目、もかさんこと池田桃香さん^^。
とてもゆったりした雰囲気の方なのに、
なんであのキレッキレな『牛乳~』さんたちのなか、
やっていけるのか
これはなんとなくもかさんを知っている方々には疑問を持つとこ、
かもですが、失礼
やはり度重なる稽古で鍛えられている、証拠ですよね。
でもちゃんとちゃんと、
まったりポイントというか、オチというか、しつれい
もかさんらしさが観られる場面もありましたw

同じ日に二つの作品を観劇、
新メンバー、また多くの客演さんも加わって、
活動の幅、表現の幅もどんどん広がる、
そして変化している感がある皆さん。
でもまだ、このときはその途中、
と感じたのも確かかも。
これからまだまだ、突き進んでいっていただきたいですね

そしてそう、今回も、
流れる汗、そして、
ダンスのあと照明に輝く宙に舞う“ホコリ”、
美しかった^^
KC3Z5699.jpg

※今回はあまりの過密スケジュールのため、皆さんとの写真は撮れず^^ざんねんっ

10月6日の番組アーカイブはこちら♪

 








さて誰に宛てて、言葉を綴ろう。

2016.04.11(20:52)
春の陽気、続いていますね
雨が降ってもそれほど冷えなくなったし。。。
日中も半袖で大丈夫なんじゃって日もありますよねw
あっという間に季節は夏、かな

さて、今回は番組ゲスト
河合真維さんの個展、
「Letter From Fantasy」のレポです
KC3Z5689.jpg

会場は尾張旭市にある「GALLERY ID」さん。
名古屋からは1時間弱くらい、かな。
前回の個展ぶりにお邪魔しました。
とてもきれいなギャラリー(画廊)さんです^^。

身近な方との文通、
それが今回インスピレーションになったという真維さん。
作品には部屋で手紙をしたためる女の子、
砂漠というシチュエーションから、
遠い地で友人から手紙を受け取ったと思われる女の子、
海の底で手紙を書く人魚、なんて作品も

見ているだけでストーリーを思い浮かべてしまうような作品たち。
真維さん独特の線、色使いが、
よりそれを強くさせているような感覚。
作品ごとに本当にいろいろな刺激を受けるんですよね。
自分の好きなタッチが多いのもありますが、
みんな目にも優しい感じw

ほかにも今回は“手紙”がモチーフということで、
便せん用に作られた作品も。
こちらはデザイン性が強い作品だったかも。
(実際に便せんとして商品化されていて、僕は姪っ子のお土産に購入しました
KC3Z6766.jpg

これらの作品を制作するに当たってのエピソード、思いなど、
実際ご本人に伺うことができましたが、
なかには以前撮影したさくらこさんのポージングを元に描かれた作品もあったり^^、
意外なお話も聞けてとても楽しい時間でした

すべての作品を見終えて、
なにかひとつの絵本を読み終えたような、
真維さんのお話はその語りだったような^^、
少しほわーっとした感覚、でした
KC3Z5691.jpg

以前はパステル調の作品が多かったイメージでしたが、
ここ最近は深い色、鮮やかな色、
不透明な色を見事に使い分けて、
よりポップな作風に。

過去の作品のポートフォリオ(作品集)を見てみると、
美大生時代のこれでもかと書き込まれた作品(ほんとにすごいんですw)、
いくらかデフォルメされつつも色使いのバランスがほんとに美しい最近の作品。
それでもどこか不思議な世界観は変わらない、といった感じ。

これからの作風の変化、
そのなかに変わらないものを見つける。
今後ちょっとそんなところも楽しみにしたいと思います。
真維さんには内緒でw
KC3Z5692.jpg


10月6日の番組アーカイブはこちら♪








春は恋の。。。極意を学ぶ季節!?←

2016.04.07(19:39)
も一気に散ってしまいましたね。
少し儚さも感じつつ、でも葉桜も好きなので、
まだまだ好きな季節が続くなと
着ていく服装に気を使う今日この頃ですが、
明らかに薄着の方が多くなってる感じですね~。

さてさて、4月4日の放送では4月の公演を控えた3組の団体さんをお迎えし、
今回もまたにぎやかに、お送りしましたよ~
KC3Z6698.jpg

まずはこちら、『ぐりむの法則』の皆さん
KC3Z6700.jpg

放送でも触れましたが、カタカナばかりの公演タイトル、
気になっていらっしゃる方も多いのでは^^
結局その詳しい事実についてはうやむやになってしまいましたが
いろいろ想像をめぐらせつつ観てみると面白そうですよね^^。

今回お越しいただいたなかでエムジャン初登場のおひとり、ほしあいさん。
以前『劇団わに社』さんの公演ほかで拝見しましたが、
アイドル性たっぷりの明るいキャラ^^。
今回はなんとあの元バレーボール選手、大林素子さんと親子の役、
その身長差にも注目、かなw

八代さんは先日俳優賞を受賞された実力派、
以前のぐりむさんプロデュースの公演でも、
圧倒的な存在感、演技に感動した皆さんも多いかと。
あまり多くを語らない印象を受けましたが、
そこから垣間見えるそのキャラクターが魅力なのでは。

もうおなじみ、芝原さん^^、
以前“フクロウガスム”での演技、
正直あれは最高だったと思います。
完全に役がそこにいて、動いていましたからね。
今回は“下っ端”役、ということまで分かりましたがw、
果たしてどんな感じなんでしょう。

以前アシスタントとして来てもらったことのある、さりあさん。
よく考えてみたら初ゲスト、なんでしたw
小柄で舞台上で動き回る明るいキャラクターが印象的ですが、
今回はなんとバーのホステスさん
想像できないwww
きっと、いや確実に、
いままでにないさりあさんが観られそうですね

まだまだ多くが謎に包まれた作品、
役者陣は超豪華
大注目、ですね
KC3Z6701.jpg


続いてはもうエムジャンには何度も登場、
『名城大学 劇団「獅子」』さん
KC3Z6702.jpg

でもそう、出演いただいた皆さん、全員初登場
ということで結構緊張されていたようですが^^、
段々とその面白いキャラクターが見えてくるのが分かりましたよ

緑の髪がなんとなく透けたり透けなかったりしていたハシモトさんw、
今回の作品の作者であるわけですが、
登場する高橋さん演じる女の子、
どうもご本人とは違って天然キャラとはご本人談^^。

雰囲気は柔らかい印象を受けたのですが、
実際は意外にサバサバ系だそうで。
そんな高橋さんが好きという伊藤さん、
劇中ではもう一人の男性キャストと三角関係を、
ということでしたが、
個人的に“男性からみた女性(恋愛)像”が描かれていそうな感じ

そうそう、番組でもお話しましたが、
先日開催された“ミノカモ学生演劇祭”で大賞を受賞された皆さん
高橋さんはそこでなんと初舞台だったなんて。

前々から独自の強い“色”を感じる『獅子』さん。
こちらもまたなんと、べつにゲストにお越しいただいていた関戸さん、
皆さんの大先輩だそうで
そちらからの温かいエールもいただきつつ^^、
今後の活躍が楽しみな皆さんなのでした
KC3Z6703.jpg


最後はもうすっかりおなじみ、『空宙空地』さん。
KC3Z6705.jpg

今回もお越しいただいた関戸さん、おぐりさんによるユニット、
でも最近の公式ツイートを見て「あれ」と思われた方もいらっしゃったかも。
どうもいつもの公演と違う雰囲気。

そう、今回は一般参加者の皆さんも交え、
ワークショップから最終“目的地”である公演に向け、
短編作品を作りあげていこうというプロジェクト。

一般募集の役者さんがすでにtwitterなどで発表されていますが、
予想外にたくさんの応募があったそうで、
実力派として知られる俳優さんも多数いらっしゃるみたい。

そのなかから今回、以前から複数回エムジャンに来てもらってる、
“なっちゃん”こと森夏音さん、そして初登場の美洸さんにお越しいただきました
お二人とも普段から観劇に熱心で、
会場でご一緒することもしばしばw

そして役者として演じることにも、
情熱的なお二人(僕はそう思ってます^^)
しかしなんとこの日まで、皆さん顔合わせもまだだったそうで
思いがけない機会となってしまったのでした。

すでにタイトルがいくつか発表されている関戸さん作の短編、
気になるタイトルばかりww
どれも観たい
おぐりさんも新作を寄稿されるかも、ということで、
どんな作品に作りあがっていくか、
また参加の皆さんがどう演じるのか、楽しみですよね

そして『空宙空地』さんにとって、
参加の皆さんにとっても新たな出会いの場に、
きっとなることでしょう
KC3Z6704.jpg

恒例の『質問コーナー』。

「春ってどんな季節」という質問に、
“あって無いような季節”とは八代さん。
確かにって思っちゃいましたね^^。
三寒四温、じゃないですが、
ここのところ気づけば“春を通り越して夏”なんてこともよくありますよね。
すごく納得w

公演タイトルも気になる『ぐりむ~』さんからは、
「どんなお葬式にしたい
ザックリ“洋風”というハシモトさん
高橋さんの意見もなんかのほほんとしててよかったですねw
やはりいろいろな面をお持ちのよう^^。

最後の質問は、ハシモトさんから。
「恋愛の極意」
これは気になる。
さすが人生経験豊富な関戸さん、
“ハッキリ言う
もう、これに尽きますね
説得力が違いました。
しかしながら。。。
これがなかなか難しいんです、けどね^^

さて、今回の放送、いかがでしたか~
KC3Z6699.jpg

春の公演も盛りだくさん、
でもあれよあれよと観劇しているうち、
きっと夏もすぐ、来てしまうのかなw


そして今回アシスタントを務めてくれたのは、
以前より何度かにゲストに来てくれた、岩瀬かえでさん
KC3Z6706.jpg

明るい発言とユニークな返しが印象的でした
現在役者だけでなく制作(裏方さん)の勉強もされているそうで、
もしかしたら今後、いろいろな場所で彼女に会う機会もある、かも
KC3Z6707.jpg

4月4日の番組アーカイブはこちら♪


 



| ホームへ |