懐かしい異世界は旧(ふる)くて、新しい?

2016.06.21(22:15)
シトシト雨の日が続く、と思えばザーザー雨
なんか身のまわりが湿気でジメジメしてる感じ。。。
雨の合間にわんこの散歩に出かけたら途中結構降られて、
ユーウツになりました
雨宿りは結構楽しかったんですけどねw

早くカラッと。。。と、
晴れたら一気に暑くなるんだろうな


さてさて、今回は番組ゲスト『エス・エー企画』の皆さんの公演、
「ある男、ある夏」のレポです
KC3Z6005.jpg

会場はすっかりおなじみ、G/PITさん^^。

がしかし、“いつもの”会場までの通路の様子が。。。
腰掛けて絵を書いている似顔絵師さん(真崎鈴子さんでした気づかなかったw)、
ギター片手に、道端のフォーク歌手などなど。。。(ある回は『孤独部』かしやまさんだったそう
受付の皆さん(有名な役者さんばかり)もレトロな洋装で、
“昭和レトロ”を再現してる感じ。
(特に近藤絵理さんの衣装はヒョウ柄やら髪型やらメイクやら、なんともすごかったw)

と、もう少し進むと。。。
KC3Z6006.jpg

カラオケで昭和歌謡を歌う女性、
そしてこの日はなんと、演出を務めた鹿目由紀さんが飛び入り^^
おなじみのヒット曲を気持ちよさそうに歌っておられました

開演前の開場時間、なんとも楽しい、
なんとも贅沢な時間

また、中に入ってもびっくり。
すでにキャストさんが一人ずつ、
ステージ、ではなく客席の両サイドにスタンバイ。
しかも一切微動だにせず
(表情一つ変えず開演まで30分、これはいろいろと大変そうだった^^

また、なにかプロレスのリング^^のようにせり上がった舞台の上では、
小学生の女の子の役者さんによる、
かわいらしいマジック(手品と言った方がしっくり来るかな^^)が披露。
客席はにっこり温かい雰囲気に

あの寺山修二さんの作品を現代に、
といっても個人的にはそんなに寺山さんの作品に触れたことがなく、
なにがどう展開されるのかは未知数。。。
そしてあの、豪華役者陣、ですからね

役者さんたちは舞台を囲むように座り、
上に上がったり、囲んだまま演じたり。
お話は抽象的、しかし幻想的に。
照明、音、そして様々な役者さんたちの声、
動き、そして衣装の変化で次々と展開。

全体的に感じた、生きていた“昭和の空気”、
でも一番に感じたのは、
「松井さんは永遠の少年、だ。」
かも
青年、過去を演じる姿、
ただの“若さ”とも違うみずみずしさ、というか、
言葉にならないものを発揮していらっしゃった^^。

“大物”としては佃典彦さんと火田詮子さんの絡み^^。
なかなか観られない組み合わせ、
なのは承知の上だったんですが、
なにか役を飛び越えて、文字通り“絡んで”らっしゃってw
演出どおりなのか、アドリブなのか、
それを越えた悪ノリなのか
佃さんも変な声上げてたし、
客席も爆笑ww

爆笑、といえば、この3人がそろって面白くないはずがない、
『劇団んいい』の3人^^。
こちら、メインの設定がなんと“養老院の老女”。
面白くないはずがないww
アドリブ炸裂、でも不思議と流れは壊さず(さすがにここははっきり言われてたのかな^^)、
話を盛り上げていて。
思えば5人いたこの“老女”、
女性キャストはお一人だけでした

あとそうそう、久々に役者姿を観たニノキノコスターさん、
今回の役は“下宿のおばさん”。
まずは似合ってたw
話し方(声)だったり、動きだったり
個性的な役者さんしかいないこのなかで、
全く埋もれない存在感を発揮^^
でもシーンが変われば一気に雰囲気が変わるし。
やはり役者姿、いいんだよなぁ。。。(自然と毎回強烈なのが多い気がしますがw

上演時間は約1時間とコンパクト、
でもこれでもかと、ほんとこれでもかと詰め込まれた、
濃厚で濃密で、ノスタルジックで新しい、
ちょっと言葉にできない貴重な場所が、
そこにありました

終演後に皆さんと
KC3Z6007.jpg

そう、“ある夏”とありましたが、
上演されたのは冬間近の寒い季節^^

でも見事に“夏”のアツさ、
その終わりの切なさが拡がっていたと思います。

そしてこの日はアフターイベントとして、
あの「星の王子さま」の朗読が^^。
しかも出演は『劇団んいい』の3人、
そして『劇団あおきりみかん』カズ祥さん。
これは“見もの”すぎるww

昔からの知り合いとして勝手知ったる皆さん、
その自由さは予想どおり、いやそれ(本編)以上
本編でも“王子さま”そのままの衣装だったカズ祥さん、
でも『んいい』さんたちと絡めばせっかくのそのキャラも。。。
3人も被り物をして注目、笑いをさらっていたし、
ちょっと変わった、(ぜったい)他にない「星の王子さま」でした

ただ豪華、という言葉だけではぜんぜん足りない、
間違いなく“奇跡的”な集まりだった今回の公演。
“第一回公演”という表記に、
ぜひぜひまたこんな企画を、と期待せずにはいられない、
肌寒い“夏”の日、なのでした
KC3Z6008.jpg

11月18日の番組アーカイブはこちら♪


 





スポンサーサイト

“生”の醍醐味!!!

2016.06.15(21:52)
梅雨真っ盛り、という割に雨はまだ少ない、かな
晴れた日の夜、ちょっとわんこと散歩に出てみたら、
とても涼しくて気持ちよかった
こんな季節もいまのうち、またすぐにでも行きたいな^^。

さてさて、この日は雨上がりの6月13日、
久々にミュージシャンの方もお迎えし放送をお送りしました
KC3Z7608.jpg

まずは久々の登場、『よこしまブロッコリー』さん
KC3Z7610.jpg

今回は主宰のにへいさん、
そして今公演より“劇団員”として参加のすずきさんにお越しいただきました

“断食”がモチーフとお聞きしたときは正直びっくりでしたがw、
そこは『よこしま』さん、様々な人間模様が交錯する、
お得意の会話劇に仕上がっている模様。。。
「稽古風景も意外と静か」というすずきさん、
いままでの公演もけして激しいアクション、セリフなどで盛り上げるというより、
淡々としたやり取りのなかにじわじわと感情がにじみ出てくる、
そんな感じだっただけに、今回もその醍醐味は味わえそう

個人的に注目している野地恵梨子さんの印象的な舞台美術、
そしてそして舞台をさりげなく、しかし確実に盛り上げるにへいさんの音楽。

きっと今回もどっぷり、浸かれるんじゃないでしょうか
KC3Z7609.jpg


続いては碧みきさん主宰ライブ『碧みき企画』の皆さん
KC3Z7612.jpg

以前『さむたいむカフェ@いちご一会』さんにお越しいただいた際、
一曲披露していただいたことがありましたよね(アーカイブ参照です^^

今回は“夜と月のピアス”さんというライブ&カフェバーにて主宰ライブイベントを
3組登場のうち碧さん、そして鈴木さんにお越しいただきました
(碧さんが)後輩、先輩の仲というお二人、
お互い意識し合っているようですね

お店のマスター、クラッシュじろうさんもおすすめのメンバーなようですが、
聞くところによると、なんかロマンチックな名前のお店に集うアーティストはみな、
なかなかに強烈な方々ばかりなそうな。。。w

そしてそして今回、せっかく、いや絶対お願いしようと思ってた
“生歌(生演奏)”を披露していただきました~

なにか柔らかな印象を受ける碧さんはおっしゃるとおり、
普段のキャラとは雰囲気も声も明らかに違う、
切なくて儚い、でも強い力のこもった歌声。
演奏が終わったとき“ふっ”と帰ってくる感じが

見た目がすでにワイルドだった鈴木さん^^、
歌声もワイルドでしたが、そこには強さだけでなく弱さ、
経験に裏打ちされた繊細さも感じる。
同じ苗字の『よこしま』すずきさん^^、
演奏中聴き入っていらっしゃいましたが、
そのストレートな歌詞にただただ感動していたとのこと。

演奏していただいて個人的にもほんっとによかった

今度のライブでぜひぜひ“体感”してみてください
あ、そうそう、お店のカレー、美味しいらしいですよ
KC3Z7611.jpg


最後は1年ぶりの登場、
『劇団BB★GOLD』さん
KC3Z7614.jpg

その団体名については“つっこんではいけない”のを忘れておりましたw
シニアの(現在は)女性ばかりの劇団、
いえいえ、昨年公演にお邪魔しましたが、
なかなかにいや、かなりパワフルな皆さんなんですよ

監修はあの『劇団B級遊撃隊』の佃典彦さん^^
今回はその佃さんが劇団で上演された作品を再演。
でもそう、出演者は女性ばかり、
男性役もすべて女性陣が演じる、というのも面白そう

気になるタイトルの今回の作品、
舞台は一見全く関係なさそうな床屋さん^^
そこに登場する様々なキャラクターたち、
きっと今回も個性の強い役ばかり、なんだろうなぁ、
と想像できる佃さんの演出w

小道具類も皆さんで制作、というのが前回の見どころのひとつでしたが、
今回はなんと某オークションで洗面台、座椅子までも入手
すごく見た目にもこだわっていらっしゃる模様。

稽古写真を見る限り演奏シーンもあり、
あの“円形劇場”で一体なにが起こるのか。
楽しみです
KC3Z7613.jpg

恒例の『質問コーナー』、
『よこしまさん』へは“いま頭に浮かぶ四文字熟語”
とにかく暑いのが苦手なすずきさんは“心頭滅却”
にへいさんの回答は定番ではありますが、
今回の作品モチーフ“断食”と比べて爆笑w

『碧みき企画』さんへは、
“今年の夏行きたいところ、したいこと”
ちょっと意外にも碧さんは山がお好きだそうで、
長野の山で星空、そして流れ星を。。。
なんとも素敵じゃないですか
自宅のベランダからとは比べ物にならないんだろうなぁ。

そして最後、『BB★GOLD』さんへは、
「願い事がひとつだけ、必ず叶うとしたら~」
なかむらさんの願いは“世界一周旅行”。
とはいえすでに最近クロアチアに旅行に行かれたばかりとか
なかなか旅行上級者でいらっしゃいそう^^。
旅好きとしてはまだ未知の、
海外旅行にあこがれちゃったなぁ。。。w

番組で言わなかった僕の願い、ですか
ま、運命の人に早く。。。いえ、なんでもありませんw

今回の放送、いかがでしたか^^
KC3Z7607.jpg

これでまた音楽関係の方たちと縁が拡がったし、
今後もぜひこんな告知に来ていただいて、
生演奏、生歌も聴いてみたい。。。

そしてもちろん異ジャンルの方々と交流、
そしていつかコラボ、なんて夢も。

すでにそのきっかけ、作っちゃったかも、です^^

6月13日の番組アーカイブはこちら♪








あなたは。。。エスパー?それとも?

2016.06.08(19:58)
梅雨入りしてちょっと。
あ~、ほどよい雨ならいいんだけど、
あまり心地よくない雨はちょっと。。。
夜はちょっとヒヤッとしたり
着る物に困る今日この頃、いかがお過ごしですか^^

さてさてw、今回は番組ゲスト『劇団バッカスの水族館』さんの公演、
「曲がれ!スプーン」のレポですよ

今回のお話はとある“エスパー”たちの集まるカフェが舞台。

上演前、前説をされていた“館長”すきがらさん。
開演直後そのカフェに兄役の役者さんと登場したかと思うと、
ふいに手にしたスプーンを。。。曲げた(いや折れたw

そんな感じで始まった今回の作品、
続けておなじみ、オープニングのダンス。
軽快な曲に合わせて登場するキャストたち、
中でも特に岩田さんのダンスのキレが良くてびっくり
そして笑顔、ね


普段は世間にその力を隠している同志たちが集まっている、
というのに、店名が
「カフェ・ド・念力」
そのまんまやん

そんな名前をつけてしまう天然な女性マスター、
それを演じる宇津野さん、ぴったりだったなぁ。。。(しつれいw

お店の常連エスパーたち、その能力はもちろん、
性格もかなり特徴(クセw)のある人ばかり。

番組で“ぶっとんだ”役とのことでしたが
言動がなかなか攻撃的、というかw、
僕が観てきた山岡さん像では一番パワフルな役だったかも。
サイコキネシスが能力、ということで、
予想していた“物が吹っ飛ぶ”シーンもありましたが、
それが予想外に激しかったのでびっくりw
(テグス、かなそれが椅子にくくりつけてあったようですが、
 壁に“ドカーン”て
なんかいい感じでギャップを感じました

これが一つのアナログ再現。
やはり映像作品でなく演劇作品ですから、
CGとかではなく舞台上(現実)にそれを“表現”しないといけないわけで。。。
“ちょっとだけテレポートできる”能力のある中島さんの役、
テレポートの瞬間照明が消え、次に明けた瞬間別の場所へw
すんごく簡単で強引な手法ではありますが、
キャラクターとも相まってめちゃくちゃ面白い

そこへ天敵、“エスパーじゃない人”が登場。
当然そこでドタバタ展開になるわけでw
此井さん演じる謎の男、店を訪れたときはエスパーかと思いきや、
細い身体で細い隙間をすり抜ける能力、
いや“特技”を持ってるっていう
でもよく見ると此井さん、目に見えてほんとにスリムで、
ちょっと心配になるくらい^^
役作りかそのままなのか、はっきり“体現”されてました

早々、番組でも話されていた、
岩田さんも“天敵”役。
エスパーを取材に来たテレビ番組スタッフ。
とにかく持ち前の人の良さが前面に出ていた感がありますが^^、
それが逆にさらなるドタバタを生むというw
その様子を客席から観ているのがなんとも可笑しくて

役者陣がもうその世界の人にしか思えない、
のめりこんで楽しむことのできた作品でした

終演後いつもの階段でw皆さんと
KC3Z6000.jpg

毎回ほぼ違う座組で公演に臨まれる皆さん、
でも奇跡的になのか自然となのか、
とにかく実力派、個性派が揃ってる

ただ“名作の再現”ではなく、
役者陣の個性をフルに活用してもう“オリジナル作品”並に(言い過ぎじゃないはず
おなじみの方、初めての方、
毎回ラインナップが発表されるたびワクワクしますよね

今回も本当に楽しい時間を過ごせましたよ~
KC3Z6001.jpg

P.S.『バッカス』さんといえばもうおなじみ(ですよね^^)、
    公演ごとに作られるオリジナル缶バッチ
KC3Z6002.jpg

    毎回楽しみにされている方も多いのでは
    今回もとってもおしゃれなデザインでした

11月18日の番組アーカイブはこちら♪


 




“4周年”ありがとうございます!!!!

2016.06.06(19:42)
梅雨入り、発表されましたね~。
こころなしか、いや確実に空気が湿っている^^
気温さえ上がらなければいくらか心地よいものの、
ムシっとするのは必至ですからね~
サイクリングとかにも行けないし、
出かけるのも少し億劫に。。。
いや、観劇など予定さえ入れればw←(強引


さて、6月2日の放送では4組の団体さんをお迎えし、
梅雨入りも忘れるようなw放送をお送りしました
KC3Z7463.jpg



まず最初は4つの団体さんによる合同公演、
『MOSAIC』さん
KC3Z7468.jpg

そのうちの一つの団体『野坊主』の青山さん、
ほかの出演公演の直前ということもあり、
急きょスマホ越しにご出演
初の試みではありましたがw
でもしっかりお話も聴けてすごくおもしろかったですね^^。

団体は4つ、でも作品は3つ。
鈴音さんのお話にもあったとおり、
競演ではなく“共”演をコンセプトにした催しを。
以前より『名古屋学生演劇祭』ほかで話題の皆さん、
それが団体の枠を超えて共作。。。

それぞれの色、持ち味が絶妙に絡まって、
まさに“モザイク”画のごとく、
観たことのないすばらしい作品が仕上がっていく。。。

そんな期待を勝手にしつつw、
どんな世界観が出来上がるのか、楽しみです
KC3Z7467.jpg


続いてはおなじみ、『妖帝デカダンス』さん
KC3Z7469.jpg

こちらももうおなじみ、“ネオ昭和”と銘打って、
今でもない、過去でもない、
有名な作家の作品を架空の時代の物語に“超解釈”。。。

しかし今回、今までは桜庭さんが脚本、
それをメンバーさんにゆだね、全三作を上演。
その脚本を任された姫宮さん、
大きな挑戦にやはりプレッシャーは大きいようですが^^;
これはきっと飛躍のチャンスのはず。
そして今回も持ち味の“公演ノベルティーグッズ”制作。
そちらもお楽しみ

代わって初参加紫月さんは舞台初挑戦
以前から『デカダンス』さんの公演に足を運ばれた経緯があり、
今回ついに参加と相成られたそう^^。
さて、どんな力を発揮されるのか^^

こちらも初参加、エムジャンには何度も登場している岩瀬さん、
いつも元気なイメージを今回はなんと払拭
“淑女”な役とのことw
いや、笑っちゃいけませんが^^、
お話伺ってても普段の面白いところが垣間見えて
さてさて、こちらは個人的に大注目w

ちょっと他にない空気感、世界観がきっと、
楽しめると思いますよ
KC3Z7470.jpg


続いてはひっさびさの登場、
『afterimage』さん
KC3Z7465.jpg

男性ばかりの“ダンスカンパニー”の皆さん、
しかし今回初めて女性ダンサーも交えた2本立て公演
しかも出演陣はダンサーに限らず、
エムジャン出演経験者の方も含めた演劇人も
中には経験者もみえますが、
今回が初、という方も多数いらっしゃる様子。
演目も男性陣が踊るものと全く変わらないそうで、
正直予想もつかない。。。
皆さんすごく苦労されてるかと思いきや、
もうそれをこなすほどの体力、そして食欲wも従え、
目まぐるしく成長されている

これはきっとすごいものが、
披露される予感しかありません^^
KC3Z7466.jpg


最後はこちらも久々、
『つねプロデュース』の皆さん
KC3Z7472.jpg

今回はあの“かぐや姫”をモチーフに、
3人の作家さんがオリジナル脚本を。
タイトル、また内容も伺っていると、
原作をどれくらい踏襲してるのかよく分からない感じのものも

ただよく考えたらもともとの設定がすでに“ぶっとんでる”しw
基本的な設定さえ踏まえていれば、
どんな展開、設定でも面白くなりそう^^。
出演陣をご存知の方なら、
お名前を聞いただけでもわくわくするはず
まさに自分もそうでしたw

唯一役者陣からお越しいただいた丹羽さんですが、
なかなかどこまで話していいものか悩まれていましたが、
おそらくご自身初共演の皆さん、
きっと今までにない部分を引き出されていそう。
あとこれは披露されるかわかりませんが、
丹羽さん、とても運動神経がいい方なんですよ^^。

実力派作家陣、そして役者陣に寄るオムニバス公演、
期待したいですね
KC3Z7471.jpg


さてさて、今回の放送、いかがでしたでしょうか^^

放送の最初に今回ももったいぶりましたがw
ちょうどまさにこの日が“4周年”だったんです
放送開始のころ、まさかここまで続けられるとは、
またこんなに多くの方々に知っていただけるとは、
正直思いもしませんでした。

この番組に来ていただいたことでなんとその後共演されたり、
告知だけでなく“交流”を楽しんでいただくという、
番組の目的、コンセプトは達成できているように思われます
でもこの番組、正直自分得でもあるんですよねw
知り合いが増えることで自分の世界も広がっていく。
それも予想外に。

今後もまさに予想外w
そんな出会いがありそうで楽しみでなりません^^。

5年目もぜひぜひ、よろしくお願いします
KC3Z7464.jpg

6月2日の番組アーカイブはこちら♪


P.S.番組の途中でもお伝えしましたが、この日の終了後、
    金山駅南口付近路上において、
    『afterimage』出演者さんたちによる路上パフォーマンス“ハングアウト”が
    僕、そして鈴音さんも^^その足でお邪魔してきました
KC3Z7487.jpg

    結構広いスペースを使い、流れるリズム、音楽に乗せて、
    まさに変幻自在、予測もつかない“ダンス”を披露
KC3Z7507.jpg

     全く説明もなく、一見意味不明な動きのようなのですが、
     ずっと観ているとある“法則”のようなものが分かってきて、
     それからの面白さといったら
     
      
     そうそう、さりげなく(無言の)宣伝もww     
KC3Z0004.jpg
      
      多くの方が足を止め、魅入っていました。
      きっと興味を持った方も多くいたのでは。
      本番がますます、楽しみになりました




| ホームへ |