台風一過!!!

2016.09.23(22:29)
台風、直撃でしたね^^
皆さん、いかがでしたか
前日の雨もすごいことになり、
地元が全国ニュースに取り上げられててびっくり
早めに帰宅したので難を逃れましたが、
翌日の電車一時運休、こちらはちょうど出くわしてしまい、
帰宅が1時間30分ほど遅く。。。(まだマシかな
まだまだ、気をつけないとですね

さて、そんな台風の翌日、
まさに“台風一過(よかった)”の9月21日、
4組の団体さんをお迎えし、放送をお送りしましたよ
KC3Z0066.jpg


まずは久々の登場、『劇団Mtasty(エムテイスティ)』さん
KC3Z00600.jpg

以前お越しいただいたときは演劇公演、
しかし今回は映像作品の制作、
からのスピンオフ演劇公演+α

主宰の仲里さんが中心になって話を進められていったと思いますが、
こういった企画、珍しいし興味深いですよね

普段主に舞台で観ている皆さんが画面の中でどんな演技をしているのか、
しかも今回はファンタジー作品、とのことですし^^。
ラインナップを見ても、
今回お越しいただいた皆さんはもちろん、
その他もほんと目白押し、ですからね
(以前の公演に参加された方多数^^)

すでに配信されている作品を見てから行けば、
そのおもしろさも倍増、するかも
アフタートークも豪華ゲストが登場
必見、のようですよ
KC3Z0069.jpg


続いては、こちらも久々の登場、
しかもソロとしては初めて
つらくも七瀬さん
KC3Z0070.jpg

以前からダンサー、役者、画家、デザイナー、
いろいろな姿を観て(目の当たりにして)きて、
もうジャンル分けなんかできやしないwマルチプレイヤーの彼女
今回めでたく、今までで最も広い会場での個展が決定

つけられたタイトルを訳すと、
“やりたいと思ったときに(やりたいことを)やれ”
なんとも自由な、と思いきや、
つらくもさんから出たのは“辛い”という言葉。
やりたいことをやる、それは楽しさ、喜びだけじゃなく、
自分をさらけ出す苦しさ、マイナスの反響(影響)もあるんですね。
今回ある意味覚悟を持って臨む、
いや“挑む”と言った方が正しいでしょうか、
そんな彼女の姿をぜひ、写真や映像ではなく会場で、
観ていただきたいですね

いや、一ファンとしてちょっと語っちゃいましたがw
会場では会期を通してライブドローイングが行われているとのこと。
少しずつ変わっていく様をぜひ、
数回にわたって覗いてみるのもおすすめ、ですよ
(彼女のデザインしたTシャツ、着てました
KC3Z0071.jpg


次にお越しいただいたのは初登場、
『コモンビート』さん
KC3Z0072.jpg

久蓮石さんはご自身の団体はもちろん、
ほかの団体の公演にも参加。

しかし今回はなんと。。。総勢100名が参加のミュージカル
さすがにこんな大規模な企画への参加は初だそうですが^^、
参加されている方々はけして役者として活動されている方ばかりではなく、
学生、社会人、フリーター様々とのこと。
そんな皆さん(100人)が100日でミュージカル作品を、
というのが今回の試み。
また驚くことに、主要キャストを除き、
衣装も参加者の皆さんが手作り(リメイク等)されているとのこと

NPO団体の『コモンビート』さんが日本各地で上演しているミュージカル作品、
今回は中部で、ということで、
さすが100人参加、会場も大きなホール
その迫力はもちろんのことですが、
参加の皆さんの表情、できる限りチェックしたくなりそう

なんとも楽しいキャラをお持ちの久蓮石さんw
“ピッタリ”という役柄にも要・注目です
KC3Z0073.jpg


最後はもうおなじみ、『妖帝デカダンス』さん
KC3Z0074.jpg

前回公演の最後に告知のあった今回の公演、
上演されるのはあの有名な“黒蜥蜴”。
お話にもありましたが、美輪明宏さん主演の舞台でご存知の方、
また原作ファンの方も多いかもですね^^。

主役を演じるのは金原さん^^。
今までも良家のお嬢様を演じることもあった彼女ですが、
今回はちょっと年齢層が少し高めだそうで、
より“エレガント”な姿にちょっと期待
またこれも特筆すべき(でしょう^^)、
今回のチラシのイラストも金原さんの作、だったんですよね
ほんと多才

“ネオ昭和”をコンセプトにちょっとレトロな作品を、
旧きよき時代の世界観そのままに、
そして今回も原作を“超解釈”、して上演。。。
若手が中心の役者陣、
今回はどんな世界が広がるのか。
そしてそう、ちょこっと耳寄り情報もありましたしね。。。小声

桜庭さんの描く世界、
きっと他にはないもの、観られるはずです
KC3Z0075.jpg


今回の放送、いかがでしたか~
KC3Z0067.jpg

恒例の『質問コーナー』で気になった質問、
『Mtasty』さんから『つらくも』さんへ、
「番前あるいは本番期間中にしないことは?」
お話にもありましたが、高校の演劇部時代、
“炭酸、柑橘系禁止”というものがあったそうで。。。^^。
ただ特に、今回のような自分そのものを表現する機会においては、
そんなものは全く関係なし
むしろいつもどおり、いつも以上に栄養を摂って、
来場する皆さんと元気に接する
ちょっとした差し入れすれば喜んでもらえる、かもw

もうひとつは『コモンビート』さんから『デカダンス』さんへ、
「今まで人生で一番嬉しかった・輝いていた思い出は?」
金原さん、
“まさに今
だそうで
画家、とはまた全く違う役者としての表現、
きっと舞台上ではもっともっと。。。なんてw

さぁ、皆さんの出番、もうまもなくです

9月21日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト

恒例、真冬の“演劇祭”♪

2016.09.18(21:56)
次から次へと台風が
シーズンとはいえ、公演も多いこの時期、
心配が尽きないのは演る側観る側一緒ですね
荒天にならなければかなり心地よく過ごせるようになったこの時期、
安心して観劇に臨みたいなぁ^^

さて、今回は番組ゲスト『劇団粋んぐHI”gh』さんも参加、
“安城市民演劇祭”のレポです
KC3Z6249.jpg

会場は“安城市民文化センター”。
KC3Z6248.jpg

赤いタイル貼りの印象的な、
ちょっとレトロな雰囲気の会場^^。
こちらは一昨年もお邪魔して、
実はそこで初めて『劇団粋んぐHI”gh』の皆さんにお会いしたんですよね
思い出の場所です

“演劇祭”ということで、主にこの地方で活躍する、
様々な団体さんが登場。

なかには高校の演劇部の皆さんも
KC3Z6250.jpg

実はメンバーに知ってる方がいて、
この演目も目当てで来たのでした
新作の短編集でしたが、
本当に実力のある役者陣がそろってて、
なおかつセンスのいいコメディーw、
心から楽しませていただきました

この他にも知り合いの方が出ている名古屋の団体さんが出演、
なにかちょっと安城にいない気分も体感w
持ち時間の制限があるためあまりガッチリした舞台セットが組めないのも一つの特徴ですが、
そんなの関係なし、ちょっとした小道具、アイデアでカバー、
いやそれ以上のもので楽しませてもらえる

そしてついに『劇団粋んぐHI”gh』さんのステージ
番組でも話題に挙がった、“制限時間を守るため”の得策w、
舞台上にはなんと、陸上でよく見る大きなタイマーが

これはなんとも分かりやすい

今回は様々な“壁ドン”が飛び出す、ということでしたが。。。
どてらを着てコタツに座るまさきゅんさん、
設定は小説家、それとも漫画家。。。

それが描き出すキャラクターの数々、
といってもおなじみのメンバーさんがとっかえひっかえ、
様々な扮装(コスプレw)をして登場するといった演出

ハゲヅラに特殊メイク
次から次へといろんなネタが飛び出し、
会場は爆笑www

『劇団粋んぐHI”gh』さん名物^^の客席を走り回る、
否が応でも盛り上がるw演出も
しかしさすが、それだけじゃない、
ちゃんとまさきゅんさん演じる役の心情も表現していて、
演劇としてもちゃんとしたものを観せていただきました^^。

けっして演劇に目の肥えた方ばかりが来るわけじゃない、
分かりやすく親しみやすく、
でも演劇の良さはしっかり伝わる、そんな舞台

でもタイムアップの緊張感、でもどこか滑稽なw、
最高にエンターテイメント、楽しめました~^^


終演後、皆さんと
KC3Z6254.jpg

手前で女の子が持ってるのは、
“壁”の一部
中央の手島さんの(特殊)メイクもwww

ほんとに面白いこと、それも全力で^^
今後もぜひ引き続き、出演して盛り上げていただきたいですね~
KC3Z6255.jpg

そうそう、エムジャン出演団体さんだと、
インプロの『まねきねこ』さん
こちらももう常連なんですよね
今回インプロ上演、だけでなく、
会場の皆さんも交えた即席ワークショップも
もちろんバッチリ、参加してきましたよw
実は結構見知った方もいらっしゃったんですが^^、
全く知らない方の方がもちろん多数。
でもちょっとした方法で、
すっかり打ち解けられるように。

こちらもぜひ、皆さんに体験していただきたいですね

無料で一日これだけ楽しめるイベント、
また来年も、楽しみです^^

1月21日の番組アーカイブはこちら♪








それは夢か幻。。。か?

2016.09.14(21:00)
ちょっとまた降りそうで降らない、
不安定な天気が続きますね^^
暑いなぁと思って空を見上げると遠くに不気味な黒雲が広がってたり、
電車から降りると明らかに“雨の匂い”が漂っていたり。。。
“雨の匂い”って分かりますか
なにか独特の、青くさいような。
あれを感じるとたいてい雨降り(土砂降り)のサイン
そそくさと帰宅するのですw

さてさて、今回は番組ゲスト『空宙空地』さんの公演、
「砂に浮かぶ町」のレポですよ

会場はおなじみ、“七ツ寺共同スタジオ”さん。
ここは独特の雰囲気があって、
毎回入り口を入るたびにドキドキします^^。

今回の公演、アフターならぬオープニング“前座”公演が
しかも固定メンバーではなく、前の回にサイコロで決める、という、
なんとも観客・演者、いや主に演者にwスリリングな企画
本番を控えた皆さんがまた違った緊張感^^で挑む短編、
某ファーストフード店のカオス感wが見事に、
共感してご覧になった方も多かったのでは^^

またこのあとの公演のシャッフルとして、
関戸さんが会場にサイコロ振る方を募集したのですが誰も手を挙げず、
しかたないので僕が手を。
次々に決まっていくキャスト。
舞台裏で上がる悲鳴に近いなにかw
面白かった


さて、そして本編^^。
舞台はアメリカ映画によく出てくるような“ダイナー”。
ダイナーっていうと赤のチェッカー模様とか、
銀の食器とか派手なイメージがあるんだけど、
白(オフホワイト?)なセット。

そこへやってきた(やってきてしまった)男、
それを迎えるのは店にいる地元のなんともにぎやかな面々
しかし何かクセがありすぎる、というか、
常識をちょっと超越した謎テンション^^

おぐりさん演じるダイナーを切り盛りする女性オーナー、
キップがいい、というよりなんだか“かわいらしい”
動きとかセリフとか、
いままでに観たおぐりさんとはあきらかに違っててびっくりw

番組でも話題になった、こちらも“かわいい”という、早川さんの衣装、
結婚式を控えた、ということで花嫁衣裳を
これはもう、申し分なく、かわいらしかったですね
キャラも根っからの明るい性格で

が、これがのちにとんでもない“ギャップ”になって。。。

“よそ者”を除き、あからさまに明るい、
でも何か段々、おかしな空気が舞台上を。
“普通”と“異常”のバランス、
その“異常”の割合が大きくなっていくのがほんとに不気味で。

男が見ていたその世界、実はそれはもう、
この世には存在しない、“砂漠の蜃気楼”
まるで残念、怨念、呪い、
そんなものが作りだした世界。

いつしか舞台奥、情報からサラサラと砂がこぼれ落ちて、
この世界が少しずつ無に、幻となって消えていく。
どこか砂時計のようにも感じられて。

登場キャラクターたち、どれも印象的だったのですが、
中盤まで他ほど強い印象は受けなかったioya*yotias(さいとうやよい)さん演じる婦人、
最後になって一気に現れたその存在感、
今回一番ミステリアスに感じた役、だったかも。


観終わったあとの虚無感、というか喪失感というか、
あのにぎやかだった世界があれよあれよという間に幻になってしまった。
それを目と肌、そして心で感じて、
なんともいえない気持ちに陥ってしまった、のでした^^。


終演後、出演の皆さんと
KC3Z6239.jpg

にぎやかだw
若手ベテラン、実力派ぞろい。
という言葉で済ませてしまうのは簡単ですが、
ほかにない個性的な面々、
登場のたび、また絡むたびに生まれる空気感が本当に楽しい

元山さんお得意の“はっきりしすぎてて逆にちょっとうさんくさい”しゃべり方、(しつれい
そしてすごく前に出てくるキャラは健在だったし^^、
どんな公演でもやっぱインパクトのある長沼さん、(こちらもしつれい
役名がちょっとアメリカンに“ナガヌーマ”っていうのも。。。
まんまやんwって

笑わせるところはしっかり笑わせて、
でもそのギャップにどっぷりミステリーに引き(惹き)込まれる。
これはおもしろかったぁ~
KC3Z6240.jpg



そして“かわいい”と評判だった^^おぐりさん。
KC3Z6238.jpg

カメラチェックに一枚、撮らせていただいたものです
いつもの大人なイメージとちょっと、いや結構違う
新たな印象を受けた役でしたね~^^。

そしてそして、今回の公演、
受付でいただいた“おやつ”
KC3Z6236.jpg

これでなにかとても家庭的、というか、
一気に距離感が縮まる、というか^^。
終演後、美味しくいただきました


おまけ
KC3Z6237.jpg

受付でおなじみ、近藤綾香さん^^。
(めずらしくとてもテンションが高かったので一枚w)
もう毎月、この方にお会いしない月はないくらいだし、
お会いするとやはりなにか安心するんですよね
またこれから何度も、よろしくです

1月8日の番組アーカイブはこちら♪








今年は。。。〇〇の秋^^?

2016.09.09(23:14)
台風が過ぎた、と思いきやまた台風。。。
急に天気が崩れたりでもう大変^^
一部停電したところもあったようですね

電車も一時的にストップしてしまったり、
なんだか毎日気を抜けませんね

さてさて、9月6日の放送では初登場の方も含め、
3団体の皆さんをお迎えし、お送りしました
KC3Z0002 (1)

まずは1年以上ぶり^^
『劇団秘密基地』さん
KC3Z0004.jpg

以前来ていただいたときも本公演の告知でしたが、
その間皆さんは息をひそめて。。。ではなくw、
川井さん、殊に平手さんは様々な舞台に客演されていたんですよね

どの舞台も本当に印象的でしたが、
今回ついに満を持して、所属劇団公演
また今回の公演に参加の小林さんは外部公演初挑戦
正直とにかく未知数ですが、
お話聴いてるだけでそのキャラクター、
俄然興味が出てきましたw

会場はもうすっかりおなじみになりつつあるライブハウス、
“鑪ら場”さん。
ライブハウス、といってもちょっと、
いやかなり想像と違う、かも^^
そんなところもぜひ、お楽しみに

自劇団ならでは、“いつもと違う”、
いややっぱいつもどおりwの平手さんにも注目^^
いつおしゃべりしてもやっぱ面白い、
と感じたのでした
KC3Z0005.jpg


続いても久々、“オプト”こと、
『オブジェクト・パフォーマンス・シアター』さん
KC3Z0006.jpg

今回お越しいただいたのは前回と同じく玉川さん、
こちらも様々な作品に客演されていますよね^^。

久々の登場、ということで、
“オプト”さんを簡単にご紹介。
とは言ってみるものの、なんとも説明するのが難しいw
演劇、人形劇、パフォーマンス、
そのどれでもないしどれでもある。。。
玉川さんのお話にもありましたが、
作品の主役は俳優でなくあくまで“オブジェクト”。

人形のようにしっかりとした形のものもあれば、
布、あるいはビニールなど、
ちょっとそのへんで簡単に手に入るものが“主役”に。
でもそれがですね、光を浴びて人間と同じ、
いやもしかしたらそれ以上に、感動を呼ぶのです

初めて観劇したときはなんと知らないうちに自然と涙が
これにはほんとびっくり
今回はいったいどんな感動が、
待っているのでしょうか
KC3Z0007.jpg


最後は初登場、『ナゴコン』の皆さん
KC3Z0009.jpg

団体名は“名古屋でもっとコンテンポラリーダンスを!”の略だそうで^^、
いままでにいくつかのダンス公演を開催、
今回初の小劇場公演が決定されたとのこと

基本演劇公演の告知が多いエムジャン、
(ダンス公演って、楽しいのどう楽しめば。。。)
なんて方ももしかしたらいらっしゃるかも。
しかしはっきり言いましょう。
なにも構える必要はありませんw

いままでに観たことのない光景、熱、
そのほか新鮮なものがきっと、目の前に広がるはずです
演劇ファンには嬉しいことにあの藤村昇太郎さんはじめ、
俳優経験者も参加
全く違う姿を楽しめると思いますよ

そして今回の公演、告知に来ていただいたものの、
本格的な演出はこの放送の翌日、
スウェーデン在住の日本人の方をお招きし、
本格的に付けられていくんだそう。
つまりまだ、皆さんにも全然全貌が掴めていなかったというww

いやはや^^、しかしながらプロフィールを見る限り実力派ばかり、
その方々が模索、挑戦する姿が観られそう。
楽しみです^^
KC3Z0008.jpg

さて、恒例の告知終わりの“質問コーナー”、
今回気になったのは、
「冷奴には何を乗せますか?」
シンプルなのにすごくジワるww
しかし答えは“鰹節orネギorショウガ”、
って選択肢少ない
だからつい、地元の名産“からし豆腐”について語っちゃいました
って、あれ、皆さんやはりご存知でない^^

〇〇の秋は予想どおりな“食欲の秋”でしたがw、
やはりこの季節、おいしいものが次々旬を迎えますからね
そしてそう、舞台公演も次から次へと
もう身体がいくつあっても足りない状態ですが
ぜひぜひ一つでも多く、
体験しにいこうじゃありませんか^^
KC3Z0003 (1)

9月6日の番組アーカイブはこちら♪







| ホームへ |