幕末、実はこんなだった!?

2014.03.02(14:15)
あ、なんか日差しがあったかい。。。
いやビル風寒っ^^

まだまだ安心できませんねw

いかがお過ごしですか

さて、あの日はまだまだ寒い一日だった。。
でもそれをすっかり吹っ飛ばしてくれるような舞台、
『劇的ショウゲキジョウ』さんの公演、
「贋作 罪と罰」にお邪魔してきました
KC3Z1786.jpg

そう、この入り口の看板にもあるとおり、
平日だったにもかかわらず満員御礼

チラシを見て気になってた
「幕末×パンクロック」^^。

中に入ってみると。。
江戸末期の町の建物がほんとにしっかり作ってある。。
しかも二階もあるぞ・・・

そしてオープニング、始まったのは。。。
大野ナツコさんによるライブ
マイクも持って町民たちがオーディエンスにw
おぉ、すでにぶっとんでるww

そして現れた葉月さん演じる役は袴姿^^
確か設定では女性、だったはず。。
でもめっちゃ似合ってる
凛々しい

内山さんも袴。。。
でも片手に〇pad
ほんとだったww
でもいつも観る内山さんとはなんか、いや全然違う。。。
コミカルな演技の中にかっこよさを秘めてて。。
なんかこう。。男がホレちゃう感じ
『劇的~』さんでしか観られない内山さん、でしょうかねこれは

青木さんの衣装も下は袴、
でも上はなんとライダースジャケット
これは斬新^^
そして意外や意外、かっこいい(ご本人がイケメン、というだけではけしてない)
その溢れる体力、そして大きな声wを如何なく披露、
舞台を盛り上げていました


時代背景、重視しつつも大胆アレンジ、
でも想像の上を行ってた^^

舞台の転換もびっくり、
おもむろにキャストが建物の「床」に手をやると。。

まるで隠し扉のようにめくりあがり、
別の「部屋」の壁に早変わり

あるシーンでは内山さんがめくりあげた床の裏から
なんと大量のノートPCが出てきてこれまたびっくりww

垂れ下がった長い布を引きちぎって空間が広がった、
と思ったら、
また布が垂れ下がってきて新しい空間ができたり、と、
観ていて驚かされる、そして楽しい仕掛けがたくさん

舞台はキャストが一階から二階に駆け上がって。。
裏を通ってまた一階へ。。
と思ったら二階部分から一階部分へ飛び降りて(結構高さがありました)、
なんて大規模な立回りも。
客席最前列の真ん前も使っていたので、迫力がすごい
そこで観させていただいていたので、それはもう。。

合間にはライブシーンをはさんでテンションが下がらない
そして“客席”の、なんと後方に仕込まれていた、
シリアスシーンを盛り上げるドラム。
アツい音楽と芝居、そして客席の熱。。。
それらが相まって、
すごい熱量が繰り広げられた2時間でした

なにか
「幕末の激動の時代、当時だと実際にこんなイメージだったんじゃ^^
なんて思わされてしまった。。


終演後、番組に来ていただいた皆さんと
KC3Z1788.jpg

前回(もう1年前、ですか)も思ったんですが、
既成の作品、台本をさらにアレンジするというスタイル、
知っている劇団さんの中にはあまりない。。

作品を、音楽的にいうと“コピー”ではなく、
“カヴァー”している、ような。。

劇団員、そして客演の皆さんの魅力が存分に惹き出され、
劇団の“色”が確実に出ていた今回の舞台、
次回も本当に楽しみです


1月26日の番組アーカイブはこちら♪

2月12日の番組アーカイブはこちら♪




スポンサーサイト
<<集大成、でも通過点。。。! | ホームへ | 一夜だけの愛なんて。。。あり(え)ませんよっ←>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/103-0d5e9135
| ホームへ |