はたしてぼくは、ほんとうのあなたを。。。

2014.03.17(21:00)
うぉあ~春だ~
って陽気ですが、夜はまだちょっと風が肌寒いですかね^^;
いかがお過ごしですか

さて、まだまだ冬っぽさが残る日の午後、
『廃墟文藝部』さんの本公演「MOON」にお邪魔してきました

以前から数回『廃墟~』さんのショートストーリー、
そしてHPを拝見してましたが、
今回念願の本公演
個人的にも楽しみにしておりました^^。

中に入る。。前に受付の片からスタッフの皆さんまで、
みんなおしゃれな帽子をかぶっていらっしゃる

今回は“帽子”が一つのキーワード。
いいですねこういう演出^^。
(実は自分もこの公演を意識して、
普段そんなにかぶらない帽子を被っていってたりw)

そして今度こそ中に^^入ると。。
「黒」を貴重とした舞台。
奥には金属製のポールが何本も並んで。。。

って、この感じどこかで。
そうだ『ミソゲキ』
あの時はあのwちょっと不気味なウサギのお面がずらっと。
でも今回はカラフルな“帽子”が。
黒い舞台にすごく“映えて”います。

オープニングのキャスト・役名紹介のシーン、
プロジェクターからポール越しに写る「MOON」の文字。
黒いバックなので白い光もグレーっぽくなり、
あまりくっきりと写らないのに、
それがあまりにきれいで。。

そしてキャストさんの衣装は白と黒(主人公ミチルだけは全身白)。
そこにそれぞれをミチルが“識別”するための帽子。
明かりが入るとさらに映えますね^^。

お話はとても複雑、そして重い。
のに、なぜか観ていていやな感じがぜんぜんしない。

お話が進行していくと共に引き込まれ惹き込まれ。。
近くで観ていた、というのもあるかもしれませんが、
いつしか役者の声、体の緊張感までダイレクトに感じているような錯覚に陥り、
自分も少し体が震えてしまっていたような。。

でもなにか心地いい。ような不思議な感じ^^。

実は今回アフタートークのある最後の2公演両方にお邪魔したんですが、
千秋楽の回、それがとにかく強く感じられて。。

芝原さんの目から自然とこぼれ落ちる涙に始まり。。
役者の皆さんの力の入れ具合、緊張感がものすごかった。。

お話の中に“謎解き”のような部分も多かったし、
2回観させていただいてほんとによかったです

終演後、出演の皆さんと(カラフル^^)
KC3Z1881.jpg

ほんとに絶妙、というかなんというか。。
今回のお話を上演されるにあたってこの上ないメンバーでしたね

番組にお越しいただいたコンタさんこと後藤さんと
KC3Z1883.jpg

この帽子といい、
ニノキノコスターさん、かしやましげみつさんとのアフタートークといい。。
なんともいえない面白いキャラのコンタさん^^。

以前番組でもチラっとお話したかもですが、
初めてコンタさんをみたのは今回の会場G/PITさん。
しかも“役者”さんとして、でした。

今後どのような活躍をされていくのか。。
より楽しみになった1日でした
(役者さんとしても、観てみたいなぁ~←)

2月12日の番組アーカイブはこちら♪






スポンサーサイト
<<巨大ロボが栄(ほんと)に、出現^^!! | ホームへ | 集大成、でも通過点。。。!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/105-abe4cd3c
| ホームへ |