1+1+1=∞←

2014.04.21(22:25)
冷たい雨が降りましたね^^
皆さん体調崩されてませんか(←この季節、これが定期になっちゃうな^^;)

さて、先日の番組ゲスト、
『新人同盟from日本劇作家協会東海支部』さんの公演、
「うまくいえない」にお邪魔してきました

場所はもちろんここ、G/pitさん
KC3Z2041.jpg

いつもどおり受付を済ませ、会場内へ。。。



に、日本家屋(の床の間)がそのままそこに
すごい、すごい^^
(もう最初はそんな感想しかw)

奥から現れた不審者風wの台越さんの役。
そして長谷川さん舟橋さんの役。
床の間に集う3人。
始まる会話。すごい自然。
まるで平凡な日常をそのまま覗いているみたい^^。

台越さんはとにかくマジメそう。(そのまま^^)
長谷川さんの役はちょっと図々しいw
『ミソゲキ』で観た役とちょっと似てるかも。
舟橋さんの役は、典型的残念なアラサーのお姉さん(そのま、し、失礼)

ほんとにリアルで生々しい^^。
もう何か演技には見えないほどのレベル。

でもそのせいか、ちょっとした気持ち、
動きの変化がすごく敏感に感じられて。。

淡々と進んでいるように見えているのに、
知らないうちに観ているこちらの心も動いている、
そんな感じ。(説明が難しい^^)

これは個人的な感想、ですが、
今自分の(世代)置かれているシチュエーションと
実はちょっと似ているところがあって、(ちょっと、ですけど^^)
今回の舞台、共感して“よりリアル”に感じてしまったのかも。

普段なかなか味わうことのない感動の仕方でした。

そしてところどころに散りばめられたシュールなネタw
も、とにかく効果的で^^、
会話を聞き込んでしまっている時に何度クスッとしたことか

同じような台詞をキャストが代わることによって微妙なズレが出てきて、
そのおかしなテンポとにかくおかしくてw

ここは長谷川さんらしい、脚本なのかな。
とても効果的で楽しめましたね

そうそう、やはり『新人同盟』さん、
といえば「たまご」
ということで、
庭の宿り木に鳥が「卵」を産んだエピソードがあったり、
床の間で結構大量^^なゆで卵をみんなで剥く、
なんてシーンもあったりで、
ついニマニマ←しちゃいましたw 

終演後。。
“あの”床の間にお邪魔しましたw
KC3Z2047.jpg

もう“そのもの”にしか見えませんよね^^
細部まで、ほんとにしっかり造ってある。。
でもよく見ると障子はなにかデザインチック
舞台美術、野地さんの“こだわり”を感じましたね

抽象的な舞台もいいですが、
ここまでリアルに造り込んであると説得力がありますよね

いつも観にきている会場(ばしょ)が別世界に。
すばらしかったです
KC3Z2046.jpg

終演後に出演の皆さんと
KC3Z2043.jpg

この皆さんに昨年初めてお会いした時、
それはいろいろな役者さんを使われた舞台でした。

そして今回は“ご自身たちのみ”が出演の舞台。

次回はどんな舞台を作り上げられるのか。
ほんとに楽しみになった観劇、でした

4月3日の番組アーカイブはこちら♪




スポンサーサイト
<<次は何が...出るっ^^!? | ホームへ | 一人芝居はほんとに。。。奥が深い!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/116-b69e8023
| ホームへ |