気になる公演、目白押し^^!!

2014.07.02(21:44)
おかしい。。
7月だというのに妙に涼しい。。。
過ごしやすいんだけど、なんかすごい違和感^^
このまま秋になっちゃったりして。
なんてことはないかw

さて先日6月25日、初登場の方も含め、
総勢12名
エムジャン史上最多人数のゲストさんをお迎えし、
にぎやかにお送りしました~
KC3Z2399.jpg

まずは初登場、『エムエム研究室』さん
KC3Z2402.jpg

ミュージシャンの真都山さん、ダンサーの鈴村さん、
役者の辻村さん、そしておなじみ^^、役者の右角さん。

このまさに異種混合の研究室w

今回は第一回、
“演じる時間”に重点を置いて、様々な時間が設定されているようですが、
最短は。。。なんと10秒ww

そんな時間でいったい何ができるの~

と気になってしまいましたが、そこは実力派の皆さん、
きっと何かすごいインパクトのものを用意してきてくれるはずです
(番組放送時はまだ皆さん熟考中だったようですがw)

「成功」するか、「失敗」するのか。
はたまた「新しい可能性」がみつかるのか。。。
この“実験”、十分参加する意義はありそうですよ
KC3Z2401.jpg

続いてはちょっとぶり、
でも参加メンバーは一新
『EXParade』さん
KC3Z2403.jpg

前回が旗揚げ公演、
今回新たな役者陣を向かえついに本公演へ。

個人的にも知り合いだった、人見知りと評判wの紅一点山口さん、←(よく分かる^^)
そしてまさに百戦錬磨、内山さんと榊原さん
怒涛のコメディー、になるかと思いきや、
なんと意外や意外、シリアスタッチに

出演者を間近に観客は修羅場の空気を吸う。。
気になりますね。
きっとめっちゃ“リアル”なんでしょうね~^^

一部発表されていますが、
今後も実力派役者が入れ替わり立ち代り、
毎月違う舞台が観られる。。。

でも逆に考えると、

“今回の組み合わせは2度と観られないかもしれない”

これは見逃せませんね
KC3Z2404.jpg

続いてはもうおなじみ、『孤独部』さん
KC3Z2405.jpg

“準レギュラー”かしやまさん率いるこの「ユニット」。
毎回毎回ほぼ違う面子で行われるのも見所です。

今回なんと愛知県芸術劇場小ホールという、
小ホールといいながら大きな会場での公演^^
そう、1月にはかしやまさんが単独公演を行った会場でもあります。

夏目漱石の「こころ」という作品を二人の演出家が“独自に”演出、
という今回のイベント。
去年もそのあまりの演出(アレンジ)にたまげたものです

今回のメンバー、とにかく個性派・実力派ぞろいで、
個人的にも全員要注目w

『妄烈キネマレコード』さん所属、ゆったり感漂う^^、でもどこか鋭さも秘めた芝原さん。
ほとんど休んでないんじゃ^^という引っ張りだこの久具さん。
そして。。。
『孤独部』さんではフライヤー(チラシ)作者としておなじみの桜子さん、
“バンド形式”としての公演ではベーシストとして出演の舟橋さんのお二人が参加

“ゆるふわ”なイメージ、そして実際もwな桜子さん、
“過激、そして繊細”なイメージ、そして実際は爆発的wなステージの舟橋さん

(そうそう、番組内でもお話しましたが、今回僕が着ていたTシャツ、
以前『孤独部』さんも参加された舟橋さんのワンマンライブのグッズ、だったんですよ)

これはひと味もふた味も違う、
いや、もしかしたら“全く違う「漱石」”が観られる、かも

今回は2本続けて上演、ということで、
観比べてみるのも面白そうですね
KC3Z2406.jpg

そして「質問コーナー」では“おすすめご飯”で盛り上がりましたねw

今度の『孤独部』さんほかの公演には、
アフタートークゲストとして大阪の方がみえる模様。
そこでそれぞれがおすすめする「名古屋めし」をご紹介。

メジャーなものから、ちょっとレア(コア)なものまで^^。
ほんといろいろあるんですよね~。

当日はお忙しくてなかなか会場や駅周辺しか歩けないかなとも思いますが、
ぜひ今回皆さんがお勧めしたお店に足を運んでいただきたいですね
KC3Z2400.jpg

さて、今回“最多人数”でお送りした放送、
いかがでしたでしょうか^^

今後もさらに様々なゲストさんをお呼びする予定です。
ぜひぜひお楽しみにっ

6月25日の番組アーカイブはこちら♪





スポンサーサイト
<<卒業(おわり)と始動(はじまり)。。 | ホームへ | つまるところ、“普通”ってなんなのさ^^?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/132-3cd6bd23
| ホームへ |