天国に。。。集まっちゃった^^!?

2014.08.17(20:34)
暦の上ではもう秋。
秋。
秋。。。

暑い~ww

ま、まだまだ夏、ですね
空模様も今にも夕立が、なんて天気だったり、
湿気もムンムンだったり、早く過ごしやすい季節になんないかな。。

さて、これからお話しするのはなんと6月のこと

そう、番組ゲスト『劇団あおきりみかん』さんの公演、
「天国の東側」にお邪魔してきたお話です

ご存知の方はお分かりになるかと思いますが、
『あおきりみかん』さんは本公演“ツアー”をされています。
今回は名古屋を皮切りに、仙台、東京と続きました。

はい、いわゆる「ネタバレ防止」というやつですねw

会場は今回も愛知県芸術劇場小ホール。
小ホール、といってもたくさんのお客さんが入る、
大きなホール^^なんです。

ステージは広い部屋
そこに集められた“番号で呼ばれる”たくさんの人たち。
いやぁ、同じ制服(つなぎ)を着てはいますが、
見ただけでもみなさん個性があふれているw

そして皆さん、足が鎖で一緒に繋がれている
(動くたびにガチャガチャ鳴ってる。つまり、ホンモノ

場所は天国、だから“実はみんな死んでいる”設定。(でも謎が残る
番組でもお話にあったとおり、
見知らぬ者たちが集まったら。。。まずは自己紹介

たくさんのキャスト、なのに見事にいろんな性格、キャラが分かれてて、
実生活でもありがちな“ポジション決め”が。
ここはすごく共感^^しましたね。

番組ゲストの絵理さんは今度こそおしとやかな。。。
ってチャキチャキのお姉ちゃん
番組でもおっしゃってた、川本さんの役に“イラっとする”役w

川本さんのキャラがそれはそれは。。。だったので^^、
観客の女性、また男性でそれぞれ思うところがあったはずw
見た目・雰囲気はかわいいのに、
どうしても同性に反感を買ってしまうw

松井さんはある程度想像していましたが、
“リーダー的な”ポジションに推されてしまう役^^。
実生活の団体活動ではそれとは全く逆、とおっしゃっていましたが、
正直、しっくり^^。
“まとめあげてもらえそう”ですもんね

しかしながら実はとても悲しい過去を抱えていて。。
今回のキーになる重要な役柄をされていました。

今回舞台の「天国の東側」。
ほかの地区とのポイント獲得合戦に勝利すると生き返れる、
なんてイベントが根底にあって、
どうしようにもまとまらない集団にヤキモキ
時々出てくる看守さんも妙にキャラが立ってて爆笑

エムジャンでもおなじみ、今回注目してた客演、
『劇団んいい』の椎葉さん

普段から独特の存在感、
あと何より芝居に絡んでくる絶妙な間
今回も光ってましたね~
決して浮くことなく(ここがすごい)、
キャラもちゃんと立たせていてよかった

ただ、今回も、なんですが、
劇団員の花村さんがとにかく突出してらっしゃった
たぶん冷静に見たらクールな役をクールにやっているだけ、
かもなんですが、とにかく面白い
表現が誤っているかもですが、
“浮く”ということがほんとに武器になっている^^
次回以降も絶対、注目して観てしまうことでしょうww

芝居はコメディー色が強い、
と思いきや、胸に込み上げるようなシーンもあって。。
今後の公演も楽しみになってしまった、
のであります

終演後、出演の皆さんと
KC3Z2414.jpg

正直幕が上がるまで知らないでいましたが^^
主宰で作・演出、鹿目さん(中央)もご出演されていました


言いたいことをはっきり言う、
言ってしまうとちょっとずうずうしい近所のねえさん(失礼)のような、
写真で見る穏やかなイメージとかなりギャップのあるw(失礼)役柄、
普段お話を伺っていてもどことなく、いや明らかに感じる姉御肌。。(失礼)
今後も“役者”の鹿目さんにも注目していきたいなぁ。

いちばん右は劇団員の平林さん。
プロフィールを見ると今まで男役を多くこなされてきたそうですが、
今回は某アイドルグループのような衣装で登場
それがめっちゃ似合ってらっしゃいました
もしかしたら男役が“自分の定番”となってらっしゃったかもですが、
こんな役ができるのもあおきりさんならでは、
鹿目さんの絶妙のキャスティング、なのかな
KC3Z2416.jpg

前回は「発明王子」、
今回は謎の催眠術師w役のカズ祥さん
KC3Z2417.jpg

前回とは違ってあんまり叫んだりしないw、
活発に動き回ったりしない^^役でしたが、
細かい部分の動きやちょっとしたセリフがほんとにおもしろかったり
物語の重要な位置の役だったりもして、存在感ありましたね
最後のシーンより、このお着物もすごくお似合いでした

そして松井さん
KC3Z2418.jpg

前回はなんとロボット役
今回は人間役^^、でしたが、
とにかくアツかった。。
声や気持ち、汗や涙、
過去を背負った役の熱演は胸に迫ります。
注目の役者さん。
こうなると“ただ”ひょうきんなとか、
“ただ”アツい役、とかされてるの、見てみたいな。
でも絶対、アジが出ているのだろうけど^^。


P.S.開演前、ロビーに設置されていたコーナーが目に。
今回の公演ポスターにもあった“鎖”を腕に巻いて撮影できるスポット
せっかくなので、僕も体験してみましたw
KC3Z2412.jpg

お、重い。。。
オモチャかと思いきや、ガチの金属性チェーンでした

ポスターだと番号は手首の内側に、
でも僕はあえて外側に。
はい、このポーズがしたかっただけです
KC3Z2413.jpg

ちなみに23番は自分のラッキーナンバーです^^。

あ、最後に、本編以外でちょっとおもしろいなと思ったシーン。
出演の皆さん、足に鎖をつないで暗転中に舞台上に並ばれるんですが、
その際リズムよく、シャリン、シャリンという音とともに、
鎖についた蓄光テープが続々と入場してくるw
その数の多さに、客席でちょっと吹いてしまいました

5月22日の番組アーカイブはこちら♪




スポンサーサイト
<<歌の意味、歌の力。。 | ホームへ | まだまだ夏は。。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/147-2faf492d
| ホームへ |