“ライブハウスで”が常識になる^^!?

2014.09.09(23:00)
秋の夜長、いかがお過ごしですか。。。

日中はまだ蒸し暑いこともありますが、
朝晩はすっかり涼しい季節になってきましたね^^。

さて、先日番組にお越しいただいて告知していただいた、
『新栄トワイライトvol.1』に二週にわたりお邪魔してきました^^

会場はこちら、
「新栄クラブロックンロール」さん
KC3Z2783.jpg

そう、ライブハウス。
普段小劇場に足を運ばれている演劇ファンにとって、
ちょっと縁のない場所、でしょうか。
僕は主に『孤独部』さん関係のイベントで結構お邪魔してたりしますw

まずは第一週。

この方の芝居は本当に久々に久々だったし、
ぜひ観たいと切に思っていた石榑(いしぐれ)彩乃さん。
客演されるのはもちろん、一人芝居にも定評のある方。
今回はあるサラリーマンの日常、というものを赤裸々に。。
シャツにネクタイ、という姿はかわいらしいのに、
中身はシュールでギャップがすごかった。。
コミカルなシーンもあり、入り込みやすかったですね。
数年前に社会人になられたこともかなり影響を受けているような。
数を観られない石榑さんの凝縮したステージ、
また次も、切に願います^^。

赤裸々、といえば右角81さん。
町のレストランで偶然再会した友人とのコミカルな会話、
一つ一つがセリフのような、普通に話し言葉のような、
アドリブなのかもわからない自然な会話の中にふとした笑いが隠されていて
かと思いきや帰宅した途端、自分が抱える悩みがあふれ出す。
そう、もうとにかく洪水のようにあふれ出して止まらない。
これはフィクションなのかノンフィクションなのか、
他人のことなのか自身の事なのか。。
なんて考えていたら終わっていた。
表情は虚ろだったのに輝いていた目が印象的でした。

続いては『大須キンダガルデン』の皆さん。
個人的にとにかく注目だったのが、
『オレンヂスタ』さんで脚本・演出をされる、
ニノキノコスターさんが“役者”として出演されたこと^^
今回はあの「人間失格」を題材に、
ニノさんの半生をリアルに表現した朗読作品に。
共演の山川美咲さん、そして、
先日番組に登場いただいたばかりw、
『牛乳地獄』佐野かおるさんと豪華な役者陣が、
様々な年齢の“ニノさん”を繊細に演じる。
流れる音楽、そして何より脚本が(ただ観てるだけで)すばらしくて、
最後に破られ、舞い上がった台本がほんとにきれいでした
また観たいな、“役者”ニノさん^^

この日最後は『孤独部』さん。
もう“この場所”はお手のものw
新栄ロックンロールさんに初めてお邪魔したのも、
かしやまさんが参加する公演目当てでした

そんなかしやまさん、出てきていきなり、

“謝罪”

えっ^^

バンドの楽曲を書き上げるつもりが間に合わなくて、
バンドも集まらなくて。。

とファンに謝罪。。。
なにかライブハウスっぽい。。^^。
にしてもすごいシリアスな雰囲気。
下から当たる“おなじみ”のライトがそれを盛り上げて。。
でも事態はもっと深刻。。
外は核戦争で。。と予想外のスケールの話にびっくり
あまりに極端だったけど^^
それはかしやまさんなりの未来を見据えた姿で。
最後は“バンドメンバー”も登場
演奏開始。。。で幕切れ^^。

あの「夏祭り」をすごく印象的に歌った、
今回大抜擢^^の小野瑠水さん、
そしてやはりこの人w、ベースの舟橋さん
演奏が始まるっていう、
ある意味ミュージシャンなら分かる最高に盛り上がる瞬間、
での幕切れ、でした

まずは初日を終えて、皆さんと
KC3Z2785.jpg

普段なかなか観られない一人芝居、
意外なコラボ(共演)も楽しめた第一週、でした

続いて第二週

まずは丸野明莉さん。
先日観た一人芝居がなんとも衝撃的でしたが、
その時は他の方の脚本・演出。
今回は“自身で”脚本・演出。
始まる前お会いした時はさすがに緊張してるような、
全くそうでもないようなww
お話は一人暮らしの女の子の部屋の出来事。
部屋で作業に集中しようとしてもグダグダ過ごしてしまう、
等身大、というよりもう丸野さん本人じゃwなんて演劇ネタあり、
サスペンスも盛り込みつつシュールにコミカルに、
台本もどこまでがそうなのかそうじゃないのか、
とにかく不思議な空間、芝居でした
丸野さんの一人芝居、やっぱ面白い。。。

続いては、赤井さんの、
楽しい楽しい。。。怪奇紙芝居ww

はい、一聴すると「ライブハウスに似合わないんじゃ
なんて方もみえるかもしれませんが、
これがですね。。。めちゃくちゃしっくりくるんです
独特の空虚感、というかなんというか。。

いつもどおり、着物姿で“お鈴(りん)”を鳴らしながら登場の赤井さん、
そしていつもの紙芝居枠が雰囲気満点
普通の話し口調での軽い(でも怖いw)枕話から始まり、
観客が一瞬心を許してしまいそうになったところで始まり始まり。。。w
すごく描き込まれていて独特の恐怖感のある、でもきれいな絵、
主人公がだんだんとミステリーに足を踏み入れていく、
そして突然現れる恐怖シーンと、
そのつど変わる赤井さんの口調に客席から少なからず悲鳴が。。
観ているこちらを自然と引き込んでいく芝居、さすがでした。。。

今回はどうかな。。
“見えた人”、いたのかなww

さて、それとは打って変わってエプロン姿で登場の田中さん
ステージにはボウルなどの調理器具、
そして何より異彩を放っていたのが大きな電子レンジww
芝居をしつつ、なんと料理までしてしまおう()というのが今回の試み、でした

どこかユルいw森ガールに山のおじいさん(メガネに白い綿の眉毛やひげをつけてw)も登場、
そして話が続いていくにつれてできあがっていく「なにか」^^。
ペースト状の生地がたくさんのカップに注ぎ込まれると、
ついに“あの”電子レンジへw
時間が経つに連れて漂ってくるあま~いニオイw
できあがったのは。。。カップケーキでした
芝居が終わるとそれは客席へ。。。
観客の皆さんでおいしくいただきました
まさかの演出に、(ご本人はまだまだ改良の余地があったようですがw)
びっくりすると同時に楽しませてもらえましたね~

最後は舟橋さん。
ベーシストとして、そして演劇イベントでも勝手知ったる、
このロックンロールさんでの芝居。
今回は城山友香さんという若い女優さんを起用した、
ちょっとシュールなタイトルの作品。

何かに向かって憔悴していくのに、城山さんの表情は常に笑顔。
このギャップになにかとても切ない思いが。
舟橋さんは父親役で登場、
娘(城山さん)に何もしてやれない苦悩を全身で表現、
と思いきや、突然登場した黒いパネル
その上から登場した舟橋さん。
手には赤い腕章、口には。。チョビひげw
そう、“あの”独裁者姿で登場
ステージの造りのおかげで天井ギリギリからの演説w
赤いライトに照らされてすごい迫力でしたが、
不思議と自然に、とても似合って見えたなぁw

この週も三者三様、ならぬ四者四様
実力派、そしてちょっと人が思いつかないことを、
ここぞとばかりに叩きつけてくるような皆さんw

きっとこのまま留まることは。。。ありませんよねっ^^
KC3Z2811.jpg

さて、番組でもお話しましたが、
今回のイベント終演後、両日にわたり、
なんとアフタートークの司会をさせていただきました^^

今までやったこともないというのに、
番組同様台本なしw、しっかりした段取りも無く進めさせていただきましたが、
会場のお客さんにも参加していただけたりして、楽しく過ごすことができました

今回は予想以上の多くのお客さん、
そして何よりレベルの高い芝居を立て続けに、
しかもライブハウスで観られた。。

こんなイベント、ぜひ次回も期待しちゃいますよね^^
KC3Z2814.jpg

※おまけ
田中さんがステージで芝居とともに作り上げたカップケーキの山w
KC3Z2809.jpg

瞬く間に無くなってしまいました
KC3Z2810.jpg

8月8日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<地獄は意外にも。。。“温かかった” | ホームへ | 今期最後!の“浴衣回”^^♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/155-4a4c5b49
| ホームへ |