“あたたかい”「不条理。」

2014.10.02(22:09)
気温的に日中も過ごしやすい日々ですね
観劇に足を運ぶにも一枚羽織るぐらいでちょうどいい、
あのうだるような夏の日を忘れつつありますw

さて、番組ゲスト『劇団シアター・ウィークエンド』さんの公演、
「ファンドとリス」にお邪魔してきました
KC3Z2937.jpg

席についてまず、びっくり。
「低反発クッションになってるw
番組でも話題になってましたね^^。
(ちなみに以前は薄いクッションを数枚重ねたものでした)
限られた空間でこれだけでも快適に観られそう

今回の作品、なんと1960年代後半、
というと40年以上前()の古い作品。
劇団代表の松本さんも昔演じたことのある、
思い入れのある作品をいま、上演。

前評判として「不条理演劇」、
難しい、分かりにくい、
というよりわからない^^なんて伺っていたので、
いろいろ思いをめぐらしつつ開演を待ったのですが。。

まず登場したのは信用な面持で車を引く男性、
そしてそれに引かれる女性。

道中で一休み、と会話が始まるのですが。。
穏やかな会話が続いていたと思うと
急な感情の切り替わりから話している内容が一気に別の話題へ^^;

山岸さんの演じるファンド、
連れの女性リスに普段は穏やかで優しく接するのに、
一転、暴力的な“本性”が。。
役者の表情、芝居も一転し、そのギャップ感がすごい

そんなこんなでアワアワしつつ観ていると、
ふいに3人の旅人?が登場。
舞台上の2人は関係なし、のようにあれやこれや議論を始める3人。
2人と違って時に激しくコミカルな動きを

このうち1人(佐治さんの役^^)は黒い雨傘を手に持ち、
離すとき以外体はほぼ静止しているのですが、
照明に照らされてバックに映される3人の影がとてもきれい
もしかしてなにか“抽象的”な存在なのかな、

と思っていたら、突然ファンドに語りかける1人。
どうも“目的地”が同じ、ということで、
なんと始まった「5人旅」
この時舞台上が青く暗転すると同時に、
全員の歩き方が規則的な同じリズムに。
静々と歩く姿がとても幻想的。

ある時足を休めたファンドがリスを車から降ろすとき、
なんとリスの足には鎖が。。。

舞台は“赤く”染まり、
最後はついにファンドがリスを手にかけてしまう。

旅の一行はリスを車に乗せ、一行はトボトボと退場。。。

なんともいえない幕切れ
どう捉えていいものか、頭の中をさまざまなシーンがぐるぐる。。
するかと思いきや、意外にもスッキリした気持ち^^。
役者の皆さんの魅力だったり、
照明に照らされた舞台の風景がきれいだったり、
こういったこと全部ひっくるめて感動しながら観ていたんだなぁ、と。

終演後、出演の皆さんと
KC3Z2933.jpg

この劇団さんのすごいところは、
今回のようなかなりコアwな作品、
また前回のような有名劇団さんによる既成作品の上演についても、
基本いつものメンバーで上演してしまうところ。
しかもベテラン、新人関係なしに

普通は毎回似たような傾向だったり、
その役者さんにとってやりやすい役、作品を当てられそうなものですが、
これだけ毎回趣向の違う作品をやる、というのはほんと珍しいなと。

でも正直、役者さんにとっては大変だそうですけどねww

佐治さん、そして以前番組に出演いただいた谷口さんと
KC3Z2921.jpg

ほかの観劇が重なり、残念ながら谷口さんの回には間に合わず、
会場外からモニターでの観劇、となりました(それでも観た
佐治さんはメイクの効果ももちろんありましたが、
姿勢もすごい男気にあふれてた

そうそう、今回番組ゲストの山岸さんと佐治さん、
実は別々の回(組)に出演されていました。
KC3Z2936.jpg

同じ台本でも役者が代わることによって全然作品の雰囲気が変わったりするし、
観比べてみるのも面白いかもしれませんね。

実は前から、僕はそうやって、楽しんでいますよ^^

P.S.もう毎回のこと、なんですが、
    打ち上げにもお邪魔しちゃいましたw
    さっきまで舞台だったところが、
    ってのが面白いですね~^^。
KC3Z2938.jpg

9月10日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<張り巡らされた“縁” | ホームへ | “絶妙”のコラボレーション!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/167-3e80a0aa
| ホームへ |