カゲキにw?異文化交流^^♪

2014.10.15(18:32)
台風が直撃
皆さんいかがでしたか
MJも一つ公演に足を運ぶことができなくなってしまい、
散々な一日となってしまいました

さて、10月7日の放送では3団体、
そして一組は久々の“展覧会”の告知に来ていただきました
KC3Z3015.jpg

まずは初登場、
『actors team REBIRTH&team DOGS』のお二人
KC3Z3017.jpg

今回コント&一人芝居の公演を行われる皆さん、
なんと団体の始まりはバンドマンの皆さんによる思いつきによるものだった。。
まさに“生まれ変わる”。
興味深いエピソードですよね。

“引越しを手伝った”のがきっかけで参加ちょっとこわもてwのいぬ大福さん、
今回のチラシの衣装でお越しいただいた吉岡さん
なんとお二人とも芸人志望、というのに驚いてしまいましたが^^。

コント公演と一人芝居、
ワイワイ楽しむところと、カッコよくキメるところがあるという今回の企画、
この放送の時点では1枚もチケットが売れていないw
なんてお話もありましたが

ゲストのお二人のキャラ、ギャップ^^
そのほかの皆さんと超至近距離で、
いろいろな“JIGEN”を楽しめそうですね
そして来年控えていらっしゃる大きな公演も気になるところです
KC3Z3018.jpg

続いては、イラスト展「猿股通り非行カルタ」を開催される、
松山まり奈さん×平野みなみさん
KC3Z3020.jpg

松山さんは昨年12月の放送に続き2日目の登場、
今回は大学の同級生平野さんと二人の展覧会を。
女の子の絵専門の松山さん、
に対して男の子の絵専門の平野さんが、
まさに“ちょうどいい”感じにwコラボレーション、といった感じでしょうか

コンセプトは“90年代末期の若者たち”。
番組でもお話ししましたが、
明らかにお二人の世代とは違う年代。
(自分としてはかなりストライクなんですがw)

番組では1点ずつ披露していただいたわけですが、
ポップで、なにか少しだけ懐かしい、
でもちょっとキケンな^^作品。

“カルタ”ということで、
なんとこれをそれぞれ約50音ずつ展示。
ちゃんとコンセプト、また〇から始まる、
という約束事はあるものの、
きっとすごく大変だったんじゃないかなと。
(実際、放送時にはまだ完成してなかったようですしねw)

会期が少し長くなり、初日の18日にはなんとオープニングパーティーが
30分×30分くらいの映像作品もあるそうだし、
基本的にお二人が在廊されているようなので、
ぜひゆっくり作品に触れつつ、
お二人とお話をしてみることをおすすめします。

作品を写真とかで見るのとは全然違う、
きっと楽しい時間になると思いますよ
KC3Z3021.jpg


最後は久々の登場、
『妖帝デカダンス』さん
KC3Z3023.jpg

ライブハウス公演、そして一人芝居プロデュースと、
今までご覧になった方はお分かりになると思いますが、
ちょっとなかなか観ることのない、
ジャンル、作品(題材)、を扱われている団体さん。

団体さん、といっても毎回演目に合わせ、
様々な方々を起用されるのも特徴。

今回古典というくらい古い題材を扱う東京のイベント、
『板橋ビューネ』に参加される皆さん。
プラトン、シェイクスピアなどの作品が並ぶ中、
チョイスされたのはなんと「近松門左衛門」

しかし^^
古典をただベテラン役者を起用してそのまま、
といった“いかにも”という感じではなく、
若手演劇人を起用した“リメイク(アレンジ)”といった形になる模様。

結構ディープな内容な原作のイメージがありますが、
知り合いに誘われてという岩瀬さん、
そして以前『牛乳地獄』さんにも出演されていた宮木さん、
お二人とも普段の自分とは全く違う役柄に挑戦されているみたい^^。

“古典”というとどうも難しい、というか、
自分もいや~な学生時代を思い出してしまいますが^^
そんなことは不要、
ただ観に行ってもらえれば逆に新しい発見ができそうな予感。
会場の「七ツ寺共同スタジオ」も入り口からほんとに雰囲気のある会場ですのでw
ぜひぜひその辺もお楽しみに

あ、残念ながら番組放送中には間に合いませんでしたが
主演のふくゆきさんとも合流
KC3Z3027.jpg

そして恒例の『質問コーナー』

まずは“ジンクス”のおはなし。
皆さんもきっといろいろあるんだろうなぁ、と考えてたら、
質問を寄せていただいた『team REBIRTH~』の皆さんのエピソードが、
意外なほど過激だったww

公演前、そして公演後にお参りされる、という方、
そもそもジンクスがない、という方、
そして「動かないけど」w同じ時計を身につける、
っていう平野さんもおもしろかった

今回も真宮さんらしい“既成台本”についての質問。
有名な作品、だれもが知ってる作品、いろいろありますが、
それを踏襲した上でのオリジナル作品、
絵でいうところの“模写”とか。
「お笑い」のジャンルでは逆にタブーになってしまいそうですが^^
きっと影響を強く受けてるものってありますよね。

そして最後、「いちばん笑った話」
身近な友人・知人のエピソード、
まだまだカゲキだったw吉岡さんのエピソード
そしてうまくまとめてもらったw平野さん。
友人のお子さんをめぐる旦那さんとの攻防^^。
当人にとってはすごく重要なことなんだとは思いつつ、
なんともほほえましいエピソードでしたね~

今回も話を掘り下げていくとなんとも楽しいw、
個性的でユーモラスな皆さんをお迎えした放送、
いかがでしたでしょうか^^

番組を見たイメージを持っての観劇、
来場、というのもまた一味違うものになるかも。

あ、あんまり変なイメージは持っていかなくても、なんてねww
楽しいひととき、でした
KC3Z3016.jpg

10月7日の番組アーカイブはこちら♪





スポンサーサイト
<<甘くてちょっとほろ苦い、“カラメル(思い出)”♪ | ホームへ | “一夜限り”の。。。!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/172-206cd201
| ホームへ |