“古典”って意外と。。。おもしろい^^!?

2014.11.03(19:24)
秋雨、意外と冷たいですね^^
そのせい、じゃないかもですが、
ちょっと喉が痛い。。。
いかんいかん、
気をつけないと、です

さて、番組ゲスト『妖帝デカダンス』さん参加イベント、
「板橋ビューネ2014」にお邪魔してきました

会場は“名古屋で老舗”といえばここ、
「七ツ寺共同スタジオ」さん。
今回主に“古典”を扱うイベント、ということで、
名古屋市内でここ以外考えられないんじゃないか、
というくらい雰囲気たっぷり

東京の劇団さんによるシェイクスピア、
島根の劇団さんによるプラートンと続きますが、
どれも(ちょっと強引にw)現代劇、
また抽象的にアレンジがされていて面白い
なんとなくお堅いイメージを抱いていただけに、
これにはびっくり^^

舞台上には大きなセットなどは何も用意されておらず、
最低限のものを持ち込むのみ。

3組中3番目の『デカダンス』さんの場合は、
椅子、絵を描くためのイーゼル、
そして後方には幕の掛かったパネル、のみ。
イーゼル、というと明らかに“洋画”を描くためのものだし、
今回チョイスされた「近松門左衛門」、
ではありますが、
この時点ですでに大幅にアレンジされている予感が

まず登場したのはふくゆきさん。
黒ずくめの格好(洋服)で“ストーリーテラー”として登場。
紙の束をもっているけどこれは。。

暗転後、再び明転すると、
イーゼルの前に座り絵を描き始める宮木さん演じる女性、
白いワンピースがとてもお似合いで、
ピュアでどこか儚さを感じる。。
役柄どおり、
まさに “深窓の令嬢”のといった雰囲気

そこに現れるのは岩瀬さん演じる別の家の御曹司。
番組でもお話にありましたが、
数々の浮名を流す、ちょっといや~な役^^
高身長なので、とても舞台栄えしますね。
巧みな言葉で誘惑、
でもこれは演出、だけではではないと思いましたが、
とにかくストレートで真剣な眼差し、
正直こんな人に言い寄られたら、
素直な人ならひとたまりもないんじゃ、
と思えるような演技w

そしてサイド登場したふくゆきさん。
こちらはまた別の良家の奥様役。
登場されただけですでにとても(大人の)趣がある^^。
夫の(少し異常なまでの)寵愛を受けつつ、
“あの”プレイボーイからも迫られてしまう、
という難しい役^^

夫役で、今回岩瀬さんを誘ったという大野さん。
こちらも長身の方で、
妻への愛(執着心)であったり、
そして妻の心がほかの男に揺れ動いたことへの嫉妬心、
それを痛いくらいに演じられていました。
目に宿っている力がすごかった。

お話は愛欲のもつれ、
男同士のプライドのぶつかり合い、
その間で揺れ動く2つの女心。
その結果全員に訪れる悲劇。。

チープな表現をするといわゆる、
“昼ドラ”風のドロドロ愛憎劇で、
個人的にはちょっと苦手な展開。。。^^
かと思いきや、
シンプルな舞台上からの役者陣の演技の迫力、
熱がとにかく伝わってきて、
泥沼の展開に引き込まれるように、
観入ってしまっていました。。

終演後(はっ)としましたが、
こんな大胆なアレンジのために、
“近松門左衛門”のこと、
すっかり忘れちゃってましたw

終演後、出演の皆さんと
KC3Z3096.jpg

今回この公演のために集まった皆さん、
たぶん普段とはちょっと違う環境での舞台だったかと思いますが、
東京、島根の団体さんとも交流できたと思いますし、
きっと皆さんにとっていい経験、
そして刺激になったのではないでしょうか
それにしてもふくゆきさんの役、
芝居と相まって、
この衣装がとてもお似合いだったなぁ。。

番組出演のお二人と
KC3Z3097.jpg

最初に書いた“シェイクスピア”を上演した東京の劇団さん、
こちらはなんと巫女さん姿の3人が姉妹役として登場
またこの姉妹が懐メロを唄うなんて演出もww
(マイクは一本以外、こけしやジャイアントカ○リコでしたが)

もうほんとにびっくり、そして何でもあり、
バラエティに富んだアレンジでとても楽しませていただきました
今回のように一見難しい(実際難しい^^)作品を、
さまざまな地域の団体がアレンジして上演する、
というなんとも面白いイベント、
ぜひまた名古屋で開催していただきたいものです

“古典”なんていうとちょっととっつきにくい、
なんて方はぜひご覧になることをお勧めします。
きっと思いもよらない発見・感動があるはず。
実際“今回の僕”が、そうでしたからね^^

10月7日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<別“JIGEN”^^!? | ホームへ | “あの日”をもう一度!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/181-b76cb83a
| ホームへ |