“こころ”にひかり。

2014.11.11(21:23)
秋も深まってきて紅葉も少しずつ^^
観劇するにもいい季節ですね
皆さん、いかがお過ごしですか

さて、番組ゲスト『あつまる生物みみくらげ』さんの旗揚げ公演、
「そらにひとり ほしのひかり」
にお邪魔してきました

会場は「名古屋演劇杯」の行われているG/PITさん。
このちょうど前の週にも訪れたばかりの場所ですがw
はたして今回はどんな感じに。

中に入り薄暗い明かりの中、ステージに目をやると。。。

白い薄手の幕(カーテン)が掛かり、白い床(地面)。
中央にはふた?のついた、
背の低いこちらも白くて大きなオブジェクト(舞台装置)が。

そして奥にはいくつもの画(え)。
あ、このタッチ、つらくもさんの絵だ。
パステル調の暖かい色を使った絵。

受付で渡されたパンフレットを見ると、
あれ、「初回公演」が斜線で消され、
“個展”になってる^^。
場所も“ギャラリーみみくらげ”って

そこへ前説で現れた宇佐見さん。
なにかいつもと口調が、と思っていたら、
今回の企画は“公演”ではなく、
“個展”になったとの説明が^^。
(ほんとだったの~)
とか思いつつw
奥に飾られている絵もそういうことなのかな。

そこへ登場する白い衣装のキャスト“みみくらげ”たち。
緩やかな音楽、そして明るい表情で踊る皆さん、
白い世界に暖かい明かりが当たってとても幻想的。
そして、なにより綺麗
くらげ。。。
海の中、なのか。

暗転し舞台上に現れたのは、
遠藤さん演じる男性(男の子?)、
そしてワンピース姿のなぞの女の子。。。
“あの”舞台装置のふたを開け、
何か下を覗いている。
高山さん
すごい、番組とめっちゃ印象が違うww

驚きを感じつつ、
その場を去る女の子、残される少年。
記憶をなくしているのか、
今いる場所がわからない様子。

そこへ登場してくるこれまたなぞの“住人たち”。
コミカルな動き、しゃべりで少年を誘う彼ら。
少年は訳がわからず、どぎまぎ。

そんなこんなで住民たちが去ると、
代わって現れたのはつらくもさん演じるなぞの。。。青年
出てきたと思ったら、
いきなり少年を言葉で攻め(責め)はじめる。
もちろん少年はこちらでもどぎまぎ。
しかし一方的な言葉にはなにかすごく具体性があって。。

場面が変わると、またあの女の子。
またあの穴から下を覗いている。
見ているのは地上の人々。
つまりはいま天上にいる、ということ

ここで“約束”をする二人。
これが実はキーになっていて。。。

また場面が変わり、あの青年が。
相変わらず少年にくってかかる。
「お前は無力だ」
「どうあがいたって過去は変えられやしない」
みたいな言葉を一方的に浴びせられて。
(なんて理不尽な)、と思うところですが、
なぜかその言葉の一つ一つが観ているこちらに突き刺さってくる。

少年は“地上を去ってしまった”女の子を追っていつのまにか天上に来てしまい、
地上で果たせなかった“約束”を果たそうと。

どうしてもやりきれない想いと現実。

ちょっとこれは個人的な感想になってしまうのですが。。。
自分も同じような想い(経験)があって、
(観るまでは心に奥に納めていた記憶なんですが)
それを一気に思い起こされてしまって、
すでに主人公に感情移入もしてしまっていたため、
観ていてかなり感傷的になってしまいました。

でも。
つらくもさんの演技、
特に表情がよかった。
ここで話される言葉の一つ一つが本当によかった。
悲しくて寂しい。
世界(現実)は変えられない。

けれども、
なぜか不思議と満たされたような気分に。

少年は現実を受け入れ、女の子はどこかへ。。

そして最後に再び全員でのダンス、そして合唱。
暗めの照明から一気に明るくなったとき、
観ているこちらの心も一気に晴れたように
舞台上のキャストも明るい表情で、
客席の一人ひとりに語りかけるように歌ってる。
(実際何度か目が合いました^^)
白い衣装、白い舞台、
“暖かい”白の照明に照らされてとても綺麗。

でも自分にはさっきのシーンの寂しさが、
やはりまだ残っているような気がして。。。
いろいろな感情に胸がいっぱいになりました。


終演後、出演の“みみくらげ”たちと^^
KC3Z3109.jpg

大学生、なんと高校生の子も一人いたりして
キャストの中にはなんと演技経験のほとんどない方も多かったそうですが
目だけじゃなく心に直接訴えかけられたような、
とても愛情にあふれた公演、
そして皆さん、でした(高山さん、舞台上じゃこんなキャラじゃないのに~)
KC3Z3108.jpg

今回が旗揚げ公演、
そしたらもちろん、“次回公演”を期待しちゃいますよね

そうそう、この日はアフターイベント、ということで、
今回の公演写真も撮影されている、
写真家“やなぎすずみ”さんによる、
「キャストとの写真撮影回」が

最初は抽選、ということだったようですが、
人数もいい感じなので、ということで、
なんと全員撮っていただきました

皆さん思い思いの場所、
ある方はあの舞台装置の丸い穴の中でw
その都度キャストさんたちもいろんなポーズでサービスしてくださり、
とってもまったり^^、
お客さんも満足の撮影会となったのでした

この写真、後ほどメールで送っていただけるとのことなので、
楽しみに待ちたいと思います

9月19日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<“なつかしい”それとも、“あたらしい”^^? | ホームへ | ※今回の公演内容とは一切関係ございません。←>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/184-da954307
| ホームへ |