今回は一味違う?地獄!!

2014.11.24(23:09)
日中ふと暖かい日があるとホッとしますね
でもすぐに寒い日々が戻ってくるんだろうな、なんて^^
そろそろ服装も完全に冬モード、ですね。

さて、番組ゲスト『牛乳地獄』さんの公演、
「穴があったら入りたい」にお邪魔してきました

会場は“名古屋演劇杯”が行われている会場G/PITさん。
『牛乳地獄』さんはそのトリ、です^^
もともと『牛乳~』さんがよく使用されていた会場。
いわば“ホーム”のような場所だと思いますが、
最近は他会場での公演が続いていた皆さん、
久々の凱旋公演でしたね

会場内に入ると。。。
舞台上には並んだ黒のパイプ椅子、
衣装らしき服のたくさん掛かったハンガー、
おぉ、まさに『牛乳』さん
これを見ると安心するのは僕だけでしょうかw

僕は早めに会場入りしたんですが、
お手洗いでちょっと外へ。
そしてまた戻ってくると、
もうキャストが全員舞台上にいる

皆さんスポーツウェアスタイル、
各々が柔軟ほか始めていて、
さあこれから、でもみなさんまだ“素”という感じ。
(このときの服部さんのTシャツが忍者ネタでww
舞台上に桐原さんも。
でもこの日はダブルキャストの服部さんが出演、
桐原さんの出演回ではなかったはず。。。

そしていつもどおり「前説」を話し始めた桐原さん、
でもどちらかと言うと、“半分キャストに向かって”。

どうもこれは本番前の「ゲネプロ」の設定wで、
“本番ではこういう風に言いますよ~”ってわざわざ説明もw
おもしろい

そしてまた桐原さんの一言で芝居の前に始まるダンス、
これが観ててすごく気持ちいいんですよね
テキパキしてて、舞台の空気もすごく動いて。。
僕みたいな“A型”向けだなぁ、なんて
“牛乳走り”、そして舞う埃。。。^^


歩道橋の上に立って下を見下ろしていた日置さん演じるヒロイン、
(セットはなく通常の高さです)
思いつめてふとそこから飛び降りてしまった彼女はまっさかさまに地面へ
と思いきや、そのまま異次元へ突入^^

その途中おもむろに歩み出た藤村さんに向かって日置さんが逆立ち
そのまんまの状態で芝居は進行、
しかも結構な長時間
逆さまの日置さんがひたすらしゃべってるのって、
観ててなんだかすんごい違和感ww
(普段こんなかっこでずっとしゃべる人って見ないですもんねw)

その落下中、空中で絡んでくる^^のが、
中内こもるさん演じるカラス
(全編通して小ネタwも交え、すんごく目立つ存在でした
でも実は。。。っていう

そしてたどり着いた世界で出会ったのが。。。
赤い女優帽、赤いワンピース、
佐野さん演じる“女王”。
(さっきまで確かTシャツ姿だったはずだったので、すんごくびっくり)
ここで“冒険の書”なんてどっかで聞いたアイテムを持ち出してヒロインへ。。
そして“世界を救う”なんて大役を無茶振り、
超個性的な仲間を引き連れ冒険の旅へ。

そう、まさに某RPGの世界へ
旅のお供にはその世界で出会った、
服部さん、藤村さん、池田さんの演じるキャラクターたち。

服部さんの役はしっかり者、
でもちょっと抜けてる^^
唯一の大人キャラ、といった感じでしょうか。
居るだけで場がまとまる、というか。

藤村さんはその体幹を活かした武闘家、
しかしちょっと情けない役^^
あれ、最近よく他団体さんでの藤村さんを観てきたけど、
『牛乳』さんだと結構こういう位置付けだったっけw
“おなじみ”のアゴをしゃくらせてしゃべるキャラも登場w、
爆笑。。。せざるを得ないじゃないですかっww

池田さんのキャラは終始ほんわか^^。
活発なキャラが多い中w
観ててその空間だけまったりしてるような。。
トレードマークのメガネがいい感じで下にずれていて、
常に“定位置”をキープ
いくらか激しい動きもあったのによく落ちないな、
なんて思いながら観劇してたりしました。実はw

物語はずっとRPGの世界、
と思っていたら、
舞台装置の「鏡(木の枠のみ)」が登場、
中では現実世界の、
こちらも佐野さん演じる女の子が。
さっきと打って変わり白いワンピース、
ピアノを弾くパントマイム。
表情や仕草も先ほどとは全然違う。。
ファンタジー世界のヒロインと対峙、
でもむしろこちらがファンタジーの世界のよう。
不思議な雰囲気でした

シーンは様々に展開、
でも舞台上のセットで使えるのはパイプ椅子くらい。
そう、これを使っていろいろ再現(具現)されるわけですね^^。
素舞台が黒で統一された会場にこの椅子も黒、
いろいろ想像できて楽しい

そうそう、最後に判明したんですが、
中内さん演じるカラス、実は、
“汚れたハト”だった
散々ヒロインをおちょくってきたオチがそれだったので爆笑w


毎回『牛乳』さんの舞台は、
舞台上のアツさ、
勢い、スピード感、
みたいなイメージが強い気がするけど、
今回はどこかシックな雰囲気も取り入れて、
でもコメディー色も手に汗握るシーンもふんだんな、
ちょっと今までにない舞台だったと思います

終演後出演の皆さんと
KC3Z3264.jpg

ほら、なにかちょっと違う感じでしょ^^

そしてこのあと初となる大阪公演を終えた皆さん、
どんな収穫があったんでしょうか

今後これを機に勢いが増す、
もしくはまた違った方向性にチャレンジする。。
いろいろ想像にしつつ^^、
次回の“地獄”に期待したいと思います
KC3Z3265.jpg

10月20日の番組アーカイブはこちら♪






スポンサーサイト
<<“ブラック”なことは“雨”に流して^^? | ホームへ | ふたたび起きた、“奇跡”!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/190-95d65fb7
| ホームへ |