信じ続ければ、きっとそれは、“叶うんだ”。

2014.11.29(20:54)
すっかり秋も深まって、
雨が降ると紅葉も一気に“落葉”に
目にも楽しめる光景ですが、
もうすぐ冬。。。なんて気持ちもしてしまいますね^^


さて、番組ゲスト『劇団SHOW YOU』さんの公演、
「瓶の悪魔~デモーニッシュな誘惑~」にお邪魔してきました

会場は「知多市勤労文化会館」。
コンサートも行えるような大きなホールで、
先日、今回合同で参加されている、
知多翔洋高校さんの文化祭公演が行われた会場でもあります。
実は自分もお邪魔していたので、
ちょっとぶりの再訪でしたね

ロビーにはやはり何人かの高校生の皆さん、
そしておそらくOBOGと思われる皆さんが^^。

会場に入ると、やはり広い
客席もたくさん、
そして何よりステージが大きい。
緞帳の向こうにどんな世界が広がるのか。。。期待。

幕が開くとそこに現れたのはバーのセット。
カウンターの中にいるマスターは原さん^^
大人の雰囲気、
めっちゃ似合ってらっしゃる

店内には常連の客、
そこへ現れたのが中島さん演じる主人公、圭哉。
仕事がうまくいかずリストラされてしまい途方にくれている。

というのを聞き近寄る常連客。
ふと一見何の変哲もない瓶を取り出し、
「“なんでも願いをかなえてくれる”この瓶を買わないか」と。
怪しむものの、
言われるままに試してみたら本当にそのとおりに
その勢いでそのまま半ば無理やり^^;購入させられてしまったものの、
頭の中では願いをかなえた悪魔のささやきが聞こえはじめて。。。

実はこの店のマスターも以前この瓶を購入し、
傾いた店を立て直したことがあるのだとか。
しかしこの瓶、
“持ったまま死ぬと地獄に堕ちる”というエピソードがあり、
それを拒むなら“購入した時より安く他人に売る”必要がある、と。

図らずも瓶を手にしてしまった圭哉、
しかしその力を使って一気に成り上がり。。

金も地位も手に入れた。
でも周りを取り巻く知人、女性たちはそれが目当ての者ばかり。
そんななかパーティーで磯和さん演じる女性香奈と遭遇、
知人たちとは全く違う感性を持つ彼女に惹かれていって。。

その後ふと街中でホームレスの炊き出しボランティアをしていた彼女と再会。
今までに会ったことのないような女性にアピールしていく、
というのもあってか、
中島さんの演技も若干挙動不審気味にw?

でも少しずつ、確実に惹かれあっていく二人、

でも彼女実は、不治の病に侵されていて。。。
治療法も見つかっていない、
こればっかりはどれだけ金を積んでもどうすることもできない。

あ。。

そう、あの“瓶”ですよね。

でもこのときすでに瓶を手放してしまっていた圭哉、
瓶は回りまわって。。。
ブレイクしかけ芸人のもとに。

ここで芸人二人によるお笑いライブのシーンがあったんですが、
オリジナルだという小ネタが立て続けに披露されたんですが、
めっちゃ面白かったww
(あえて説明はいたしません)←
しかもこのお二人芸人じゃないらしい^^
まさかの見所がこんなところにもw

しかし購入したときは手持ちのなかった芸人、
すでに次に売り渡すことが困難なほどの安価に。
しかしそれでもいいと。
お金ではなく心を投げ打って購入、
そのおかげで香奈は。。

でもこうなると残された“瓶”。
どうしようか、ということになりますよね。
そこで向かったのが番組でもお話にあった韓国。

より貨幣価値の低い通貨が流通している国へ、ということ。
(そういうことか)と思いましたね^^。

ただすでに相当な安価となり、
事情をどう聞いても胡散臭い話なわけでなかなか買手も付かず。

悩み、傷付けあい、
まるで愛情を忘れてしまったかのような二人。

そんなところに現れたのは、
体調を相当に崩している年配の女性。
同じように説明するもやはり断られ。
その後香奈は一人でまたその女性の下へ、
そして現在ではほとんど流通していないような低額の通貨を見せ、
“自分が再び買い取る”ことを条件に女性に購入を提案。

買い取りに来た女性を見て圭哉は驚喜、
しかしその影で香奈は哀しみにくれる。
このときの磯和さんの演技がとても健気で、
圭哉を心から思いやる姿が切なくて、
なんともいえず心に響きました。

他人に渡してしまってもう安心、
と思っていた圭哉、
彼女の手元にまた瓶を見つけ。。

悩み苦しみ一人街に飛び出す圭哉。
中島さんの演技も心のそこから苦しみを搾り出すような、
観ているこちらに舞台との距離感を感じさせないくらい、
直接伝わってくる演技。。
胸がアツくなる。

さすがにもう一巻の終わり、
しかしそこへ現れたのは。。
以前一度購入を断った飲んだくれの男、
酒におぼれ“酒が呑めるなら”と、
まるで自暴自棄のように瓶を購入。
実はこの男、罪を犯して逃亡してきた身だった。。
狂ったように姿を消す男。
そのまま。。。地獄へ

やはりただハッピーエンドで終わらない、
なんともいえない“瓶”の結末。

でもそんな“逆境”に打ち勝った二人には幸せになってほしい、
なんて、すっかり感情移入してた自分は思うのでした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z3310.jpg

あまりにいっぱいいらっしゃったのでw、
一部の方と、となりましたが

若手からベテランまで、
合同公演ならでは、
ここでしかできない舞台となったのではないでしょうか^^

しかしながらメンバーの皆さんの状況の変化で、
現在のメンバーで行う公演は今回で。。
と寂しいお話しが。
だからこそこの公演にかけてきた気持ちは、
きっと観客の皆さんにも届いていたと思います。

番組出演の皆さんと
KC3Z3308.jpg

世代の違う皆さんをまとめる原さんもきっと大変だったかと思いますが^^
きっといい意味で2度とない瞬間に立ち合わせていただけた気がしました
本当にお疲れ様でした

さて、公演終了後、
会場では“原先生”による、
高校生に向けた舞台講座が行われました
KC3Z3305.jpg

予算の範囲内でいかにそれっぽく、
なおかつ使い勝手のいい装置を作るか、など、
KC3Z3306.jpg

実践的な講座に参加の高校生達も興味津々でしたね
KC3Z3303.jpg

で、
その準備にいそがしい原さんを差し置いてw
ちゃっかり主演のお二人と写真を撮ってたのは秘密です
KC3Z3302.jpg


そうそう今回の公演、
(知多翔洋高校10周年記念公演)ということもあり、
受付では地元の和菓子屋さんと生徒さんがコラボした商品を販売、
せっかくなので購入させていただきました^^
(なんかそれっぽい写真をw)
KC3Z3296.jpg

「しあわせのしずく~KORORIN~」という商品だそうで、
(ネーミングがかわいい^^)
KC3Z3298.jpg

6種類のテイストの小さなお餅が入っていて、
バターチーズとか斬新
KC3Z3297.jpg

家に帰ってから中に入っていた黒蜜、
そしてきなこをかけていただきましたが、
味もそれぞれしっかり出ているし、
食べ応えもあるしでとてもおいしかったですよ
もしどこかで見かけた方はぜひ^^

KC3Z3307.jpg

10月14日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<史上、最多^^!? | ホームへ | “ブラック”なことは“雨”に流して^^?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/193-ea9bed06
| ホームへ |