二つの世界(パラレルワールド)を駆け抜ける!!

2014.12.24(21:41)
世の中はクリスマス、
関係のない人にもクリスマス
もうさっさとケーキでも食べて終わらせたい時期でございます。

さてw、番組ゲスト『劇団粋んぐHi"gh』さんの公演、
「逃避王の帰還」にお邪魔してきました

会場に入ってまずびっくり
いきなり目の前に木製の枠組みがせり上がって?いて、
ステージ側が見えない
階段を登ると中央部分にスロープ、
その左右が階段状に客席になっている。
ところどころに石像wも置いてあって。。。
KC3Z3329.jpg

これってもしや、
“コロッセオ(競技場)”風になってる^^
つまり我々は客席に座った時点で、
その会場で芝居を“観戦”するっていうシチュエーションになるわけ、ですね
陸上の大会、そしてローマが舞台、
というだけありますね。
通常ほぼ平らに並べられていることの多い客席ですが、
まずこのアイデアにびっくり、でしたw

現れた陸上競技ウェアの黒猫まさきゅんさん、
それを見守るジャージ姿の部員たち。

競技開始。
走り出す主人公、
そしてゴールへ。。。
たどり着くはずが、いつの間にか見たことのない場所へ。

ここは。。。ローマ?
それっぽい感じの人
そしてさっきまでジャージ姿だった部員たちが“石像”として登場ww
このとき白い布などの衣装だったんですが、
男性の石像は白いTシャツに筋肉が“描かれて”いて、
まさかの「Tシャツじゃん!」いじりがww
みなみさんもこのときはジャージから女神像に変わっていたんですが、
その姿がとてもお似合いだったのが印象的でした

そこに現れたのが鈴江さん演じる謎の案内人、
衣装がめっちゃかっこいい^^
先日の番組のあそこまでの威圧感はないもののw
強気なキャラを象徴するような、
ちょっと男装風できれいな衣装でした^^。

現実のようでどうも異世界、
いわゆるパラレルワールドに迷い込んでしまった主人公。

来た道を引き返そうと何度試みても結局同じ場所に舞い戻ってきてしまう。。

仕方なく始まるこの世界の生活、
とここで衣装が競技ウェアから変わるのですが。。。
ローマらしい布を巻いたようなデザインなんですが、
よく見ると白線で陸上のトラックが書かれてある
色もどこかで見たような。。。
っと、これは部のジャージと同じ紫とオレンジ、
さりげないこだわりに観ていてうれしくなってしまいました

現実世界ではいつまで経っても競技場に帰ってこない主人公、
そんなこと露知らず、心配した部員たちが捜索を開始。。。
いる次元が違うため全く出会えない両者、
でも一人、“気持ち”で近づいていくキャラクターが。。
普段近くで練習をサポートしているもの、
不器用な性格から主人公に優しくできない。。。
ま、よくあるシチュエーションwのヒロイン

気持ちが通じたのかローマの世界には来られたものの、
相変わらず主人公とは出会えない。
でもその存在は案内人を通してわかっていても、
声は届かない。。

そもそもなぜここの世界に入って抜け出せないのか。
この理由、いずれも、
“何かからの逃亡者”である、ということ。

実はこの世界とを行き来する案内人自身も“逃亡者”であった、
ということがわかり。。
過去の戦争で恋人と死に別れ、
約束を果たせずにいる。
過去にとらわれ、“答え”に気付いていないため、
いつまで経ってもここから出られない。

しかし二人は。。
想いがその壁を打ち破ったのか、
声が届き、姿が見えるようになり。。

崩れる境界、空間。
現実世界で二人を探していた部員たちとも再会、
主人公はもといた世界めがけ駆け出し。。。

このとき、客席の間のスロープをこちらに向かって駆け上がっていったんですが、
舞台上で作り上げられた熱をそのまま背負って駆け抜けていった感じがして。。。

そして通り過ぎたあとに遅れて吹き抜けていく風がとても爽快で^^。
スロープ脇に座っていた自分は一気に胸が熱くなりました

終演後、皆さんと
KC3Z3325.jpg

ほら後ろの方。。。
KC3Z3324.jpg

この会場はもちろん、
他でもなかなかこんな座席は見たことない

まさきゅんさんが座ってる辺りから斜めにスロープになってて、
ここを駆け上っていった感じ。
このアイデアはほんとにすごい
KC3Z3326.jpg

番組出演の皆さんと
KC3Z3327.jpg

それぞれの役者の熱量もすごいし、
衣装、小道具、そして座席にまでこだわってて。。

今後もすごく楽しみですね
KC3Z3328.jpg

KC3Z3323.jpg

10月28日の番組アーカイブはこちら♪






スポンサーサイト
<<“星くず”たちといっしょに。。 | ホームへ | 匣庭カラノ脱出。。。!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/200-6f2b3d1c
| ホームへ |