過去にとらわれ。。。

2015.02.01(01:24)
寒いっ
風強いっ
自転車ユーザーとしては移動がこれほど苦になる季節はありません
堤防沿いとかで横から吹かれると、
もう酸欠になりそうなくらい。。。
早く快適に走れる季節になってほしいなぁ。
でもすぐに暑い夏が来ちゃうもんなぁw

さて、番組ゲスト『シアターUNA!』さんの公演、
「I(アイ)殺人事件」にお邪魔してきました

“なかなか普段揃わない三人”が一緒に舞台を、
というだけで期待してしまう演劇ファンがここにw

まず登場した玉田さん、高橋さんはそれぞれ、
ジャケット、ドレス姿。
“同窓会”で出会った(再会した)、という感じですね。
すごくシックでオトナな雰囲気

久々に出会った男女の甘い会話が、
と思いきや、なにかシリアスな雰囲気。

今まで舞台上で観てきたこのお二人の表情とは“明らかに違う”(失礼)、
とても新鮮な空気が

でも世界観のためか舞台上は基本暗い照明^^。

さて赤井さんは。。。
一人だけなんか違う、
すごく幼い感じの衣装
確かにこちらもなかなか、
いや今後観られない、とおっしゃってたのもうなずける

しかし実は彼らには忘れたくても忘れられない、
過去の思い出があって、
赤井さんの役はその当時の思い出として登場。
とても。。。痛々しい。

他人事として頭の中で片付けていたことが、
実は自分の思い出(トラウマ)だった。。
薄暗い空間に、掘り起こさなければよかった、
“忘れてしまっていたはず”の感情が交錯して、
それが会場の空間を支配していたような。

お話の中のエピソードとは違いますが、
昔の出来事、特に嫌な思い出って、
ふと脳裏にフラッシュバックされることって、ありませんか
僕はあるんですよね^^
卒業からウン年も経ってる小学生時代、とかw

今回の芝居、
なにかそんなところで共感、というか、
とてもリアルなものを感じました。

なぜか自分の場合は全く同窓会が企画されないんですが^^
久々に集まった旧友もみんな、
“忘れてしまっているふり”をしているだけで、
当時あった思い出、自分と同じように意外と事細かに覚えている、かも。

みんないい(楽しかった)ことは話題に挙げて、
きっとその人の“顔を見ただけで”思い出す、
嫌な(忘れたい)ことは胸に秘めてその場にいるんだろうな、とか。

観ている間、観終わった少しあと、
そんな感想、いや考えが頭を巡った、
そんな作品でした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z3696.jpg

観劇直後の“感想ツイート”用に、と撮ったんですが、
「なんかわるいイメージ持たれちゃいそう
という委員長さんのお言葉がありましたので、
改めて“明るいところ”で再撮影
KC3Z3701.jpg

これでだいぶ雰囲気(イメージ)変わりましたねww

そして。。。こちら
KC3Z3697.jpg

観ていてとても気になった今回の舞台装置^^(こんな感じで座らせていただきました^^)
木でできた頑丈なこの椅子、
なんと委員長さんも自ら制作に携わった(手作り)とのこと

巻きつけられたテープがとても印象的
KC3Z3698.jpg

そうそう、“挑戦”と言われていたダンス、
こちらもこのメンバーで観られるというのはかな~りレアだったはず
照明が想像以上に細かく作られていて、
スタイリッシュでとってもかっこよかったですよ

委員長さんのお話から、
そう頻繁には観られないかも、な『シアターUNA!』さんの舞台。
今回に限ってもなかなか興味深い役者さんのセレクトだったし、
今後も期待できそう。。。

楽しみに待ちますね
KC3Z3700.jpg

11月26日の番組アーカイブはこちら♪









スポンサーサイト
<<“今”が魅せる、「50周年」!! | ホームへ | “みんな”で盛り上げる^^!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/216-2871235e
| ホームへ |