“ライブハウスにて”、ふたたび!!

2015.03.18(19:16)
ジンチョウゲの香り、気付かれましたか
空気の匂い、湿り方、
確実に春は近づいていますね

さて、あれはまだ寒い夜w
第二回目を迎えたライブハウスの演劇イベント、
『新栄トワイライトvol.2』のレポでございます
KC3Z3831.jpg

とはいえ、会場は普段はライブ演奏が行われている、
「名古屋 CLUB ROCK'n'ROLL」さん。
足を初めて運ばれた方は、
(ここでほんとに演劇が
なんて思われたでしょうねw

そうなんです、演っちゃうんです



今回も出演者(団体)が多いので、それぞれ手短に感想を

まずは初日、トップバッターは、
『ゲボゲボ』さん。
あの“3匹の子ぶた”をモチーフにした作品、
しかし現れた子ぶたたちは。。。
チャイナ服風の善さん、
そして女装した団員の清水さんと岩瀬さん
しかもなんで似合ってるww
特に清水さんなんて、
細いライン、その華麗な身のこなし、
ずっと観ているとなんかだんだんかわいく。。。
いかんいかんw
そこへ襲ってくる“悪いやつ”しゃべりの狼、右角さん
ステージ脇の客席からひょっこり出てきたり、
時にはスポットライトを間近で受けたりw(セッティングされてました
田中さんのほんわか淡々としたしゃべりも、
シュールさに輪をかけていたようなw


『シバ×イバ』のお二人。
椎葉さんと相羽さん、
そういえばいままでにこの組み合わせって無かった
そしてさらに、以前“スキガーラ”さんとして登場した鋤柄さん^^、
この三人での芝居。
舞台はコンビニ。。(ってこれはっ
衣装はもちろんコンビニ店員の。。。ってこれホンモノ
某“青いストライプ”の征服のお店から始まったこのお話w
消えた父親(鋤柄さん)を求めて某青(以下略)のお店を切り盛りする兄弟。。。
ふと行方をくらました弟(兄だっけ^^)相羽さん、
帰ってきた彼の様子がおかしい。。
某青の制服の下から現れたのは、某緑のwwww
ここから彼の心の中で青と緑が葛藤
そのときの照明はなんと青になったり緑になったりwww
まさかの展開に会場は大爆笑wwww
これにはほんとに笑いました。
でも一番気になったのは、
・その制服どこから持ってきたの(ホンモノでしたし)
・それぞれサイズ違うみたいだけど、持ち主大丈夫なの(基本一人一着だそうなので)
でした

そうそう、今回この皆さんの音響オペをされていた、
『妄烈キネマレコード』の“タケジュン”さんこと竹田淳哉さん、
なんと急きょお得意のDJを
KC3Z3834.jpg

団体の転換の時間のBGM、
ただ流してるだけとは確実に違う雰囲気になってましたね
この企画は成功だったのでは^^

『ジェット達(たつ)』さん。
初見。
最初は『孤独部』かしやまさんの新しいユニットかなんかだと思ってました
お一人でライブハウスを中心にパフォーマンスをしてる方。
まずはどこかで聴いたことのある懐かしい歌でダンス
しかも歌詞をいちいち拾ったダンスで、
ヒット曲がみんな面白い内容にwww
そして一点、なんか任侠ものみたいなドラマが展開w
先ほどとは雰囲気が一変したんですが、
学園ラブコメの設定を無理やり任侠ものにしたような感じ
でもところどころにネタが仕込んであって、
どちらかといえばこわもての達さん、(失礼
それとのギャップに会場爆笑ww
また気になる存在を発見してしまいました


この日最後は『廃墟文藝部』さん。
先日の『ミソゲキ』での作品をここで再演。
しかも“フル”バージョンで^^。
とはいえステージはあの日より格段に狭く、
おのずと行動できる範囲も狭く。
果たしてあの人同じ感動を味わえるのか。
結果からいうと、味わえました
スモークもなし、
床には白いテープで、今回は円形でなく正方形に区切り、と(実際コンタさんは壁まで線を引きたかったようですが)
動きの演出も少し変わって、いたんですが、
舞台上の役者陣、そして音楽の華麗さはそのままでした。
いや、むしろこの会場ならではの“廃墟感”というか“背徳感”のようなものも感じられて。
すごく話しにのめり込めて、最後は。。。
何かとてもこの場所(会場)が似合う、作品だったなぁと。
舞台上の空気が動き続けて、
時には心も掻き乱されて、みたいな^^。
でもダンスのシーンの華麗さだけじゃない、
ダイナミックさもそのままでしたからね
自分と同じ『ミソゲキ』も参加した方、
また初めてご覧になった方にもきっと深い印象を残したのでは。

あ、そうそう、『廃墟~』さんは物販も^^。
KC3Z3832.jpg

いちろーさんによるサントラCD、
またそのジャケットに使用されたとわさんの原画まで
(近いうちに購入しようと思ってますよ~

終演後、この日の出演者の皆さんと
KC3Z3838.jpg

あ、達さんがいない。。。

ということで、
KC3Z3839.jpg

お店の外で話されていた達さんとも撮らせていただきました

さて、第二週目、この日のトップバッターは、
『未来永劫可愛い』
なんともインパクトのあるユニット名ですが^^、
出演者はその名に負けずとも劣らない、
いやむしろ勝ってる面々
衣装も淡いピンクでとってもかわいらしい感じ、
よく見るとちょっと昔に流行った“かわいい系”ブランド服のリメイクのようで、
さすが作・演出、そして衣装さんとしても有名なやがしろさん、
といった感じでした
しかし内容はなかなかに過激、
女の子の本音、
普段男が聞くことのないような“女子トーク”。
観ていて正直ハラハラしてしまうくらい
“可愛い”とは対称的、
でも実はそれを内在している“可愛い”。。。
何か深いな。。。なんて勝手に想像して観ておりました。
そうそう、開演前にふとシャボン玉(液)を渡してもらったのですが、
うまく飛ばなかったなぁw(楽しかった^^

『オノウチ規格』さん。
こちらの出演者の皆さん、
実は事前にはっきり確認していなくて^^
当日になって意外な組み合わせにちょっとびっくり。
菊池葉さん、ふとステージにパイプ椅子を置き、
その背もたれの部分に座ってギターを。
え、これってもしや。。。
『孤〇部』のパク、いやオマージュ~~
セリフはそのまんまw、雰囲気もそれとなく似てるし、
会場一部の関係者(自分含め)から大爆笑ww
今回の作品、ステージだけでなく、
なんと客席に潜んでいたキャストさんも交え、
ちょっと不思議な空間が展開。
客席を通り抜ける演出がありましたが、
ほんとに“満席”だったためちょっと大変そうでしたね
若者の感情がぶつかる、
とてもエモーショナルな作品でした。

『舟橋孝裕』
そう、個人名に最初とと思いましたが^^、
『妄烈キネマレコード』の芝原さんとの二人芝居。
いや、舟橋さんはステージの端に座り、
(目の前は小さなお客さん。びっくりしてましたw)
ほぼ芝原さんに一人芝居をさせる、
というような演出でしたか
未知の侵略者が地球に飛来、
それに立ち向かう若者、といった感じ。
必死の表情で熱演の芝原さん、
でもなぜかそんな姿を観てて微笑ましくなってしまうのがいつものことw、
でも今回は。。。あれ、全然そんなことない
目に熱がこもっててすごくそれが伝わってくる。
これは。。。
っと、ここにちゃんとセリフでコミカルなシーンも挟んであり
お客さんもさらに引き込まれてしまったw
敵と戦う武器、そして花生けまであったw窓枠(こちらも手に持っての芝居)、
それぞれが重ねたダンボールで作ってあったのも面白かった
芝原さんの一人芝居、またぜひ観たいですね

この日最後、
『演劇組織KIMYO』さん。
番組にお越しいただいたお二人による二人芝居。
これがほんとにすさまじかった
あるなんでもないアパートの一室、
二人の友人同士。
このシチュエーションが、“地球”、
そして、地球の太陽(月だったかな)を挟んだ反対側の星、
“ジ・アース”それぞれの世界で展開。
地球では大人しかった人が、あちらではその真反対、
みたいな設定で。
特にあの大柄な長江さんが地球ではめっちゃ大人しい、
姿勢だけ見てるとちょっと乙メンwに見えるくらい
それに引っ掻き回される藤原さんとのやり取りで会場は爆笑の渦
怒涛の会話劇、でした^^
今後もこんな『KIMYO』さん、観てみたい

終演後、まず“お着替え前”に皆さんと
KC3Z3875.jpg

楽屋で撮るとなんかライブハウスっぽいでしょ

出演、スタッフの皆さんと
KC3Z3876.jpg

初めてライブハウスで公演、という方もきっと多かったはず。
でも小劇場以上に“いろいろ自由にできる”という声も。
もしかしたら今後もライブハウス中心に活動する方々も出てくるかもですね

そうそう忘れちゃいけない、
アフタートーク^^
今回も司会をやらせていただきました
主に主宰の方を迎え、今回の作品、
そしてエムジャンらしく^^お互いに質問、
感想を投げかけてもらったり。
会場に質問を求めてみたりもしましたね
(ちょっと反応が少なくて残念^^

主宰の皆さんも手応えを感じていたようだし、
何よりお客さんも楽しめたみたいだし。

次回もぜひぜひ。。。
っと、開催(番外編)が決定した模様ですよ^^
KC3Z3873.jpg

1月13日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<自分たちの“集大成”!! | ホームへ | 大・注目の“学生演劇”^^!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/229-7fa9edae
| ホームへ |