いつもと同じ、いや、それ以上!?

2015.04.10(20:26)
桜もほぼ散った、というのにこの花冷え^^
暖かさが落ち着いてくるかと思えば一転、
この寒さ、まだまだ気が抜けませんね

さて、こちらもまだ寒い寒い冬の時期w
番組ゲスト『牛乳地獄』さんの“exact.”、
「本の虫」にお邪魔してきました

会場は皆さんのホームコート、G/PIT
ここで何度もアツいステージを観てきたわけですが、
今回はタイトルの前に“exact.”が付いている。。。
(なにが違うのかな)と思いつつ会場に足を運ばれた方もきっと多いはず。

開演前に今回も桐原さんの前説。
そして少しすると“わいわい”入ってくるキャスト陣w
リラックスした、“いつもの稽古風景”な感じ
そして今日はゲネプロ。
このスタイル、お決まりになってきたような^^。

舞台上にはいくつかの黒いパイプ椅子、
そしていくつも服のかけられたハンガー。
“定番の”シンプルスタイル^^。

これを役者が代わるがわる使用しながら芝居を。
これがおもしろさの一つでもあるんですよね。
ダンスシーンとも違う、
フォーメーションというか、ローテーションというか、
(常に舞台上に皆さん出ずっぱりなんですが^^)
今“オン”の人が“オフ”に、
またこれから“オン”になる人の動きを観ていても楽しい

そしてこちらも“恒例”ダンス、そして「牛乳ばしり」
人数が多いこともあってかすごい迫力
見渡してみると結構フレッシュな(目新しい)顔ぶれだなぁと^^。
もう序盤なのにパワーを使い切るってくらいの勢いww
今回めでたく(劇団員となって初めて)主役となった佐野さん、
やはり目立つポジションにいましたね。
身体のキレがすばらしい。
そして何より“目”ですね^^。
いろいろ表情が変わってすごくおもしろかった

そしてその佐野さんの妹役、もかさんこと池田さん、
今回もそのかわいらしいキャラクターは健在^^、
でも今回印象的だったのはその声。
アニメ声とも違う、すごく声量があるというわけでもなかった気がしますが、
客席で観てて際立って聴こえましたね
新たな魅力発見、か

“声”、といえば高橋さんもそうかな。
とても特徴的な声をお持ちですよね。
一つの本を廻して読むようなシーンがありましたが、
皆さんいろいろな声色がある中で印象強い^^。
ダンスシーンもパワフルだったし

今回出演の客演陣の中、
最も気になったひとりが佐伯雄司さん。
劇中、“本の虫”ということで、古本屋さんのシーンが。
ここでは腰を痛めたw店員さん役、
これがまたものすごいノリ(ボケw)っぷりで、
観ててめっちゃあの「ま〇だお〇だ」のおか〇さんっぽいってw
客席は笑いすぎでちょっと大変なくらいでしたねww

本を読む、そして脚本を書く、
それぞれが主人公によって表現されていた今作、
気になるシーンはクライマックスにも。
なにか“本編終了後のおまけ”みたいな感じで、
終演後の舞台での桐原さんと佐野さんの会話。
“劇団の今後”について、
セリフ、というよりもうそのまま、語り合う。ような。
(まるで)素の声で自らの劇団についての心情を吐露するような、
桐原さんの言葉にドキッ。
これってまさかノンフィクション
観ている皆さんもきっといろいろ憶測しただろうし、
ファンとしては気が気でなかった方もきっといたでしょう。
僕みたいに

とてもエンターテイメント性に富んだ作品だったけど、
演劇というのをここでもう一度見つめ直すような、
演劇人にはきっと“はっ”とする作品だったのでは。
素人目からもそう見えましたね。
そして観終わったとき感じたのは“心地よい”
とにかく全体通して楽しめた作品でした


終演後、出演の皆さんと
KC3Z4070.jpg

よく見ると以前エムジャンに出演された方。。。がほとんど
(佐伯さんと岡田さん以外全員w)
中には名前を変えて出演されていた方もいて、
この日まで確信が持ててなかったりww

あとうっかりしてました、今回の公演、
メンバーの藤村さん、服部さんが出演されていない
チラシは何度も見ていたはずなのに、
なぜかそのことがすっかり頭から抜けてしまってて。
“exact.”(番外)っていうのはそういう意味でもあったのかな。
でも観終わったこの気持ちのテンション、
いつもと同じ。いやもしかしたらそれ以上、だったかも。
“違った見せ方(アプローチ)”がはっきり伝わったせいかもですね。

あ、今回はダンスのときの、
「激しい曲そのものを表現するような」動き、
また人数の多させいか、
“照明にキラキラ光るホコリ”が数割増し、だったかもw

『赤いスリッパ企画』の安達君、
密かに
“藤村さんと久具さんの後ろを走ってる役者”
と勝手に位置づけてるんですが
予想どおり、いやこちらもそれ以上、
めっちゃ似合ってたし、かっこよかった
劇中では素なのってくらいナチュラルなチャラ男だったけどww

すんごく楽しかった・興奮した、です
KC3Z4068.jpg

番組出演の皆さんと
KC3Z4071.jpg

今回の“exact.”、新しい試みもたくさんあったと思いますが、
ご覧になった皆さんの感想を聞く限り、絶賛、ですね

『牛乳』さんらしさ、そして明らかに違うものを感じたこの作品。
なんと“其の弐”も決定している模様
一般オーディションもありとのことで、
次はどんな方が参加されるのか、
これはほんと、今からもうすでに楽しみですね

2月2日の番組アーカイブはこちら♪








スポンサーサイト
<<結局どれも“A面”でした^^!!← | ホームへ | “見えない”過去が少しずつ。。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/234-0b7457c9
| ホームへ |