想いが“舞う”。

2015.12.04(21:54)
一気に気温が低くなり、(冬だ)と感じる毎日ですね^^
雨が降ると冷える冷える
寒いのが苦手、といっても熱いのも苦手ですがw、
また辛い季節がやってきましたね。
人肌恋しいなぁ。。。

さてさて^^
今回は番組ゲスト『演劇ユニット(仮)』さんの公演、
「君へ。〜3mm先の体温〜」のレポです

会場のナンジャーレさん、
席について舞台を観るとそのあまりのシンプルさ、
幕に平台とブロック的なもののみにびっくり。

これはもう“役者”を楽しむしかないですよね
番組でもお話のあった、
ご自身の地区では(学校は違えど)先輩後輩の間柄の森さんと黒野さん、
そのお二人が同級生役、なんて、
それだけでもおもしろそうじゃないですかw

冒頭自己紹介のようなシーンがあり、
スポットの中出演者一人ひとりが前へ。

森さんは半纏、というかどてらを着て、
やったらテンションが高い
なんかマイペース感がすごいw
でもすごくしっくり来る感じ

黒野さんはなんだかすごく派手な服
自分のことを語ってたと思ったら、
ふと最前列の僕に視線が来て。
ひらりっ。。。と誘われたっ
いやぁ、びっくりw

今回は役者さんも実力派が^^。
『劇団わに社』で活躍中の永田さんはほんとに表情が豊か。
気持ちの切り替わりがはっきり表情に現れていて、
こちらもすごく感情移入しやすい

佐藤さんは物静かな役、明るい役とも好感が持てますね^^。
でもなんか観ていてもぞもぞする
芝居と素の部分が見え隠れして、
少しスリリングというか。。。
変な意味じゃないですよw

あと今回初見だったあーちゃんさん。
舞台はほぼ初だったみたいですが、
声に特徴があって独特の存在感があって、
すごく印象に残りました。
また演技を観てみたいなぁ。。。

パンフレットに伊藤さんの解説もありましたが、
今回の作品は“ただの日常”を描いたと。
確かに大きな変化で観せる作品ではなかったかもだけど、
役者陣の細かい心情の変化に注目して観られたと思うし、
微妙で絶妙な、今回の作品タイトルのとおりだったかも。

そういえば黒野さん、
今回人間役のほかに“魚”役も。
演者の横や後ろで、少し衣装も変えて、
舞う姿がとにかく綺麗で。
番組でもつい触れた^^、
持ち味のバレエ、ここで披露されていました。
全体的にもほんとに印象的な演出・場面、でした

もう一つ印象に残ったのはオープニングのダンス。
この後のお話の流れが緩やかだったせいもあってか、
ダンスのキレと明るさがすごく心に残ったのかも^^
そしてライティング(照明)がほんっとに綺麗だったんです
僕は普段結構ライブに行ったりするんですが、
それと比べても感心しちゃう演出
終演後、照明オペの枝川さん(『名古屋大学劇団新生』)に聞いちゃいましたもんw

いろいろ挑戦(トライ)してるなぁと感じた作品でした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z5012.jpg

このユニット公演のために集まった皆さん、ですが、
正直続編、もっと観たい
という感想を持ちました

偶然か必然か、
舞台上のバランスもとてもよかったと思います^^。
固定メンバー+客演さん、っていう劇団公演も面白いけど、
こういったいろんな個性が集まったユニット公演、
また違った魅力がありますね^^
KC3Z5013.jpg


番組出演の皆さんとw
KC3Z5014.jpg

森さん、ノリノリでしたね
同世代、またよく知ってる仲間との公演、
きっと楽しかったんじゃないかな

以前高校演劇での黒野さんは何度か観ていましたが、
今回さらにそのポテンシャルに驚き
高身長に、綺麗な身のこなし、
そしてダンス。。。
ほんとにすばらしかった

そしてそして伊藤さんの描く世界観。
激しいわけでも、かといって静かなわけでもなく、
ちょうどその真ん中、というか。
一番表現の難しい位置を描こうとしていたような。

そんな世界観をまだまだ、
体感してみたいな
KC3Z5015.jpg

またきっと、
どこかでーーーーっ^^
KC3Z5011.jpg

6月24日の番組アーカイブはこちら♪






スポンサーサイト
<<開かれてしまった。。。 | ホームへ | し・わ・す!!←w>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/286-2b928891
| ホームへ |