あの夏を、わすれない。

2016.01.05(19:33)
年明けてもう数日たって。。。
皆さん、休みボケは大丈夫ですか^^
僕は短いお休みのおかげでそんなに苦にはなってないです
いやいやw、結構充実した年始でしたよ

さて、今回は番組ゲスト『赤いスリッパ企画』さんの公演、
「CARNIVAL/ただ鼓動は花火のように夏を刻む。」のレポです
KC3Z5194.jpg

会場のG/PITさん、さて今回は。。。
中に入ってみると、ん
客席が2ヶ所作られていて、
ステージを挟む形で観られるようになってる。

真正面は会場の構造上柱があるのでw
左右斜めから観劇する形です。
さて、どんな風に見えるのかな。

今回のお話は二本立て。
でも、ある“夏”、“祭”というのをコンセプトにして、
同じ人物の幼年期と現在のエピソードが語られていました。

『赤スリ』さんの特徴として、
役者が場面によっていろんな役柄を演じ分ける。
(これ、観ていて頭が話に追いつかず、
ちょこっとパニックになったりもしたんですが^^
めまぐるしい舞台上の変化には目を見張りましたね。

気になったシーン、
竹市さんが演じていた野球帽を被った少年役^^。
声に特徴のある役者さんなので、
一言ひとことが印象に残りましたね。
格好もすごく似合ってたけど^^。
お母さん役の方から数回“ガチの”ビンタされてて
あれはびっくりしたなぁ。。。

戸谷さんは大人になったときの主人公の姿。
派手なアロハを着てらしたんですが、
芝居を観てると、ぶっきらぼうななかに(すごく)繊細さがあって。
でも最初出てきたときはちょっと怖くてびっくりしましたけどねw
いや、ほんとに存在感のある役者さんですよ。

あと久々に『赤スリ』さんで観た安達君。
なんとも能天気な、というか、
まじりっけのない明るさ(笑顔)がほんとによく似合う
でも劇中あった“(その場で)突っ走る”シーン。
位置的に真横から観る形でしたが、
手足の長いそのフォーム、めっちゃ綺麗でしたね^^
『牛乳地獄』さんで客演した賜物、かな^^

あと森さん。
麦わら帽子の不思議なおじさん役でしたが、
森さんの人柄、キャラクターというか、
“不思議感”のオーラが自然と。。。(しつれい
物語のキーの一つとなっている役でしたね。
走るシーンも多く、
最後にとにかく汗だくになってたのが印象的でした

以前森さんも“『赤スリ』は高校演劇の延長戦”と言われていた気がしますが、
今回の作品もそれを感じる部分が全体を通してありました。
(実際今回の出演者は高校演劇の同期、
そして各地の実力者ぞろい

あまりにもアツいシーン、
いい意味で“青い”と感じるシーン、
甘酸っぱかったり、ほろ苦かったり。
今の自分からすると少し違和感がある、
でもなにか懐かしくてこそばゆい^^。

夏も終わり間近の公演ではありましたが、
観終わってなにか、
“一足先に夏が終わってしまった感”
に襲われましたね^^。

まさに祭りのあと、
でもまた今までと違う『赤スリ』さんが観られたとも思いました

終演後、出演の皆さんと
KC3Z5190.jpg

カラフルでシンプルなTシャツが主な舞台衣装。
それぞれの個性がほんとに“カラフル”だったんですよね~
出身高校とかも聞いてみるといわゆる“強豪高”出身だったり^^。
まさにオールスター、だったのかなw

高校演劇ファンとしてはこういった公演、
すごく興味がありますね。
今後も同世代、後輩世代、
はたまた上の世代とのコラボも期待したいですね~
KC3Z5191.jpg

番組出演の皆さんと
KC3Z5193.jpg

番組でお話を伺っていたのと舞台上では、
やはりまた違う表情をお持ちの皆さん^^。
とにかく面白い

このあと、竹市さんと戸谷さんは正式メンバーに、
森さんもほんとに真摯に舞台に向き合っているし、
さらにこれからの“変化”が楽しみな団体さんですね
KC3Z5192.jpg

8月3日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<言葉なくして。。。ここまで語る♪ | ホームへ | “部屋”から“外(せかい)”へ♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/295-572eacf5
| ホームへ |