ただ純粋なそれは愛、それとも慾望?

2016.01.20(22:32)
冬真っ盛り、寒い日が続きますね^^
初雪はなかなかなドカ降り
でもまだまだ寒さはこれから、かぁ

さてさて、今回は番組ゲスト『廃墟文藝部』さんの公演、
「慾望の華」のレポですよ

会場に入って飛び込んできたのは、
そのシンプル・複雑・繊細、すべてを含んだような、
舞台上、そして舞台上(空)にまで広がった舞台装置の世界

これだけでテンションが上がってしまった^^。
そして開演前、前説に舞台上に現れた、
主宰のコンタさんこと後藤さん。
KC3Z5220.jpg

いままでに何度か『廃墟』さんの公演にはお邪魔していますが、
実は僕、この時間が結構好きで。
コンタさんが持ってる独特の不思議な雰囲気、
それがわざとらしくもなく、自然に物語に誘(いざな)ってくれる。
まだ本編開始していないというのに、
胸がザワザワとしだすんですよ

開演。
下手奥にはキーボード、そしていちろーさんの姿が。
(そうだ、生演奏
ほんとに舞台上で、なんですね

あるフラワーショップを舞台にした、
草食系同士のさわやかな、というより、
“ささやかな”恋愛もよう。。。
と思ったら、そこには様々な、様々な想いが錯綜していて。

切ない愛、乱れた愛、
届かない愛、交わらない愛。

舞台上の光景、“外側”から傍観していたつもりが、
(ただの個人的な感情なのか)いつの間にかリアルな感情と交錯して、
飲み込まれていってしまっていた。

目の前にふと現れたかけがえのない存在、
それをただ一途に純粋に、
まっすぐにただ愛したいと思っている“だけ”なのに、
それはけして届くことはなく悲嘆に暮れる。
ただただ“溜まって”いく愛。

物語が進むにつれてアツくなってくる胸、
そして、目頭。

劇中象徴的な存在だった“華”
てっきり女性の存在のことを表していたんだと思っていたら、
なんと“男性自身(自主規制)”
それを、想うあまり、最後には自ら切り落としてしまう。

空を舞うたくさんの花びらが、
白から赤へ。。。

観終わって、(なんてとんでもない表現なんだ)、
とは全く思わず、とにかく切なくてたまらなかった。

それがすべて彼一人の中で起こり、
そして完結してしまったものだったから。

うん。
きれいなそれとない言葉をいろいろ並べてきたけれど、
はっきり言って、共感しちゃったんですよね
正直共感なんてしたくない、
イタいところをこれでもかと突かれてw

終演後の舞台上、綺麗だったなぁ。。。
儚く、散ったなぁ

後々皆さんの観想を読んでいると、
男性と女性、また年代を通しても、
ほんとに様々な意見が見られました。
皆さんはいかがだったのかな。

男にもあるんだぞ、儚い恋(愛)はw

あと僕は、完全暗転になった際、
ふと上を見上げたときの、
オペ卓からのわずかな灯りに照らされた、
上空の舞台装置の様子がものすごく、
印象に残っています。(これが何気におすすめでした


終演後、出演の皆さんと
KC3Z5222.jpg

いちろーさんの音楽、
(正直これも個人的な好みなんだけどw)
今回は生演奏ということもあり、
より一段と“ライブ”として楽しむことができたのも確か。
役者の間(ま)だったり呼吸だったり、
毎回少しずつ違ってくる部分を的確にとらえて、
感覚的に演奏に反映していく。
舞台をご覧になった方々はきっと、
毎回一体感を味わえたんじゃないかな。

劇中の皆さん、様々な“個性(カラー)”で彩っていましたね
よく見ると白を基調とした皆さんの衣装も。
“廃墟感”なんてよくいいますがw、
独特の雰囲気の作品にすっかり染まりつつ、
でもしっかりキャラは出していて^^。

なかでもおそらく初めて芝居を拝見した高畑さん、
高身長の綺麗な方で、身のこなしが優雅
舞台上の存在感がありましたね~

高身長、といえば林さん^^。
でもいつものひょうきんなイメージとはちょっと違い、
優しい大人の男性を演じていました。
実力派、巧みだなぁ。

観終わったあとの印象、
この皆さんが本当に、“ベスト・キャスティング”
KC3Z5223.jpg

あ、なんとなく分かるかもですが、
僕もそれとなく意識した服、着ていきました

そして真央ちゃん
KC3Z5221.jpg

持ち前の明るい性格、
そして健気さをもって主人公と接している姿が印象的^^。
『廃墟』さんではもうすっかりおなじみのメンバーですね
今後はより“違った”いろいろな一面を、
舞台で観られたらなぁと思います。

初の大きな舞台を終了された皆さん、
また次回、こ本公演がこの“ちくさ座”で決定されています

今回の公演をご覧になった皆さんにとってはもう、
楽しみでしか、ありませんよね


8月3日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<拡がっていく“輪”♪ | ホームへ | ついに第。。。100回目!!!!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/298-0722dbfb
| ホームへ |