強烈なインパクトを残して、

2017.01.03(19:03)
年、明けましたね
皆さん、年明けの瞬間はいかがお過ごしでしたか
僕は例年通りw『ミソゲキ』のカウントダウンイベントにお邪魔し、
ナンジャーレさんでお客さん、そして出演者の皆さんと年越しとなりました^^。
すっかり個人的にも恒例行事となっていますが、
思えばかなり変わった年越しではありますね

さて、今回は番組ゲスト『東海学園高校演劇部』の皆さんの公演、
「侵略者」ノレポです

この公演は番組でもお話しました、「文化部卒業発表会」内での上演。
KC3Z6577.jpg

軽音楽、吹奏楽、バトンにダンスまで^^、
様々な部の卒業公演となっています。
今回は時間の都合で演劇部の上演にしかお邪魔できませんでしたが、
ある意味送別会も兼ねたような、
後輩から先輩への熱のこもった応援も聞かれる、
とにかくものすごく、盛り上がる催しです

皆さんの舞台は中盤、
緞帳が上がった瞬間、舞台美術に唖然。
たくさんのカラフルな紐のような、
ロープのようなものが何本も上から下がっていて、
まさに圧巻。
この作品上演のためだけの舞台ではないのに、
ここまでこだわってくると思っていなかったのでびっくり

“侵略者”というタイトルからそれこそSFものかと、
この舞台上を見てもまだ考えてしまっていたんですが。。。

岩塚さん演じる障害者の弟、
江田さん演じるその姉をめぐる家族、
いや姉弟の心の葛藤。
無邪気で、でもまるで取り憑かれたような表情、動きの弟、
それを鬱陶しくも、でも見捨てることができない姉。
鬼気迫る、そして胸に来るものがありました。

瀬戸口さんはその中性的な存在が印象的。
声や見た目、動きだけじゃなく存在感が、かな。
大会でも観たことはありましたが、
より自由に演じていた感じがします^^。
全体通して、このキャラクター、
また先の二人のやり取りが一番印象的だったかな。

ほかに今回役者陣にはまさに気心の知れた、
同期で他校出身の役者陣も複数起用^^。(こういうの珍しいですね)
いずれも実力派ぞろい、
コメディーシーンの“飛び道具”もこれでもかとこなすw
もちろんシリアスなシーンはきっちり、
顔ぶれだけ見ても、本当に実力派ぞろいだったんだなと。
それをここにきて一気に観られるなんて^^。
個人的にもとてもいい機会になりました

自分はもちろん、会場の、おそらく初見だった方々にも、
大きなインパクトを残し、約1時間ほどの舞台は終演。
きっと演劇部のイメージ、変わったんじゃないかなぁ^^
新たなファン、そして新入部員が増えてくれることに期待

終演後、楽屋にて出演の皆さんと
KC3Z6578.jpg

正直、会場にいた皆さんの舞台を知らないお客の皆さんはきっと、
幕が開いた途端から度肝を抜かれたのではないかなw
分かりやすい、誰でも楽しめる作品、ではなく、
“いまやりたいこと”を詰め込んできた、
それが痛いくらいに伝わってきた公演でしたね。
KC3Z6579.jpg

この公演をもって(正確に言うとこのときすでに)卒業の皆さん、
現在はそれぞれの道を。
一部の方はまた近々、共にやる予定もあるんだとか。
それを期待せざるをえない^^、ポテンシャル、
そして何よりやる気がほかとケタ違いの皆さん

またぜひ“すごいもの”を、観せてほしいですね
KC3Z6580.jpg

3月15日の番組アーカイブはこちら♪








スポンサーサイト
<<今年も“一期一会”で、いきましょう^^!!! | ホームへ | 現実は舞台より。。。?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/362-c6a6d8aa
| ホームへ |