もうそんな季節、なのかぁ。

2017.02.23(21:05)
なにやらわずかに、まだほんのわずかではありますが、
どこか春の香りがするような。
気がしませんか^^
寒くてたまらない季節も、
過ぎてしまえばちょっと懐かしくいとおしく、
想ったりするのかな。

さて、2月2回目、21日の放送では、
“卒業公演”を控えた団体さんも含め、
4団体さんをお迎えし、放送をお送りしましたよ
KC3Z1962.jpg

まずはちょっとぶり、
『愛知教育大学演劇部 劇団把°夢』さん
KC3Z1966.jpg

でも今回お越しいただいたのは初登場の方ばかり^^。
そのうちのお二人は今回“卒業公演”だそう。
前回の公演は何か社会派なイメージのある作品でしたが、
今回はSF作品とのこと。

清水さんに振られた役は、
聞くからにかなり演じるのが難しそうな役
そのために普段の生活から役作りをしているみたい

広い会場、それを活かした舞台装置が今回も観られそうだし、
現代劇ということで普通の衣装かと思いきや、
清水さんいわく「かっこいい・すごい」っていうのがすごく気になりましたね

あとそうそう、気になるといえば“団体割”。
なんと2,000円を“4名以上”でどんどん割っていける^^
これはなにやらえらいことになりそうですがw

それ以上に4年生の皆さんの雄姿、
楽しみですね
KC3Z1967.jpg


続いてはエムジャンではすっかりおなじみ、
『名古屋市立大学演劇部 劇団鈍-NORO-』さん
KC3Z1968.jpg

今回まず驚いたのがチラシのデザイン。
正直最初『鈍-NORO-』さんと気付かなかったほどw
ポップな雰囲気、でもキャストの皆さんが着ている服はそろいのスーツ姿、
これはどうもいろんな役柄をカムフラージュの意味合いもあるそうな^^。

今までにエムジャンには何回か来ていただいている石原さん、
今回は食いしん坊な役、だから稽古でもほんとに食べている
女子的にはなかなかに大変な稽古(でいいのかw)なようですが

スマートな役が多い印象のある伊藤さんは、
またまったく真逆な、“貧弱の極み”w
その挑戦している役も見どころ、ですね^^。

こちらもそう、“卒業公演”ということで、
先輩はもちろん、後輩も惜しむことなく力を発揮して公演に臨んでいるとのこと。

思えば前回の卒業公演からもう1年かぁ、
なんてちょっと感傷に浸りつつ^^
本番を心待ちにしましょう
KC3Z1969.jpg


3団体目はひっさびさの登場、
『劇団雪花火』さん
KC3Z1970.jpg

前回来ていただいたときの公演が久々の公演だったとのことで、
いままでに施設やライブイベントでの公演もされたこともあるという皆さん。
まずはこちらも気になったチラシ、
デザインされたのは“ぴーこさん”こと玉岡さん。
かわいらしくて爽やかな感じのするデザインですよね

今回ちょっと意外だったのが、
お話の舞台がなんと宇宙のロケットのなか、ということ^^。
そこである事件が起こって、
最初はそんな大したことないと思ってたことが、
だんだん「わーっ」って拡がっていって、
全体的に「わーっ」って。。。
“どんなやねん

ナイスないなださんのコメントが聞けましたがw
初登場濱崎さんは今回お越しいただいたなかでは唯一のキャスト陣。
劇中では“姐御肌”な役柄が観られるとのことで、
個人的(勝手)に濱崎さん像としてはピッタリ

ひたすら同じ“大事な”ものを作っているというぴーこさん、
“ラブソング”というけど「歌はない」という稲田さん。。。

なにやら謎だらけではありますがw、
きっと素敵な空間がそこにありそうな予感、しています
KC3Z1971.jpg


最後はこちら、『廃墟文藝部』さん
KC3Z1964.jpg

今回も主宰コンタさんこと後藤さんにお越しいただきました^^。
『廃墟』さんといえば、確か前回公演の際、
今年秋ごろの本公演がアナウンスされていたと思いますが、
このたびファンには嬉しいライブハウス公演が決定

コンタさんいわく“ファン感謝祭”だそうですが^^、
自分含め、ファンにとってはまたとない機会^^。
いままでに上演された3つの短編に加え、
新たに新作一本も上演、と大サービス
いずれの作品も出演の皆さんの魅力が光り、
ほっこり温かくなれる、笑える、
そして切なくなれる作品ばかり。

会場は以前から何度かお邪魔している“spazio-rita”さん^^。
きっと普通に想像するライブハウスとはちょっと違い、
白い壁、木製の調度品など、
温かい雰囲気も感じるスペースかと。
食事やドリンクも美味しいのでお勧め

そうそう、おなじみの女優陣もこの春で大学を“卒業”。
もしかしたらこれが一緒にやる最後の機会かも、
と、こちらも切なくなってしまいますが^^
そんな貴重な機会、ぜひ足を運ばないと
そのときはぜひ、
メンバーのばみゅんさんこと池場さんデザインの、
“あの”ポストカード型チラシを持って、ね
KC3Z1965.jpg


そしてもちろん今回もお送りした『質問コーナー』、
今回も興味深い内容ばかり^^。

『廃墟』さんから『把°夢』さんへは、
実はこれ、コンタさんおきまりの質問^^、
「お客さんが目の前にいること以外のお芝居の魅力」

このときの清水さんの回答、
まさに眼からウロコ、でした^^。
お客さん目線で観たとき、
お客さんはその人なりの“画面”を作ることができる。
だから同じ公演でも座る位置やその人の興味で、
全く違う構成になる。
観劇ファンの僕にもすごく腑に落ちる内容でしたね~
ぜひ清水さんにはおっしゃるとおり、
“人の目を惹き付ける”役者さんになってほしいなぁ^^。

『把°夢』さんから『鈍-NORO-』さんへは、
「劇団特有の稽古メニュー」
普通に想像するとストレッチ、筋トレ、声出しなどが浮かびましたが、
皆さんのメニューのなかに“樽枝(たるえだ)”なるものが。
ひたすら走って(体力づくりw)前から現われた(設定の)樽や枝を避けるマイムを。
やはり、というか想像どおり、
あえて“喰らう”メンバーもいるそうで
そこで芝居の技術(アドリブ)も養える、
なんて、一石二鳥じゃないですか^^
ぜひこれはほかの団体さんもw

『鈍-NORO-』さんからそう、先輩『雪花火』さんへは、
「バレンタインのエピソード」。
いやぁ、偶然とはいえ、先輩方にチャレンジャーな質問だなとw
濱崎さんはご自身で作って稽古場に持っていかれたそうで、
なんともうらやましい限り。。。来年は。。。
対してぴーこさん、なかなかに“武勇伝”がww
こりゃ確かに、やめといた方がよさそう、の上位レベル
ぜひぜひ濱崎さんに弟子入りを、
ちゃんとしたの、作ってくださいっ

最後、『雪花火』さんから『廃墟』さんへは、
「本番前の時期に、やるようにしていること」
主宰的にはやはり、チケットの売れ行きが気になる、
というまさに“あるある”な感じでありましたが、
もちろんそれだけでなく、仕上がってきた作品のあえて粗を探し、
より良い作品へ創り上げていく。。。
まさにこの時期の他団体の皆さんへは興味深いコメントだったのでは^^。
さすが、コンタさん

さてさて、今回の放送いかがでしたでしょうか
KC3Z1963.jpg

年度末、まさに皆さんにとっても一区切りの季節、
もうこの時期にしか観られない貴重な瞬間、
ぜひぜひ体験しに足を運ばれてはいかがでしょうか

2月21日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<春はもうすぐそこ。。。? | ホームへ | 究極の“ジワる”>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/372-123a2423
| ホームへ |