地球はまだまだ広いん。。。ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ(ダ)←

2017.05.21(21:19)
カラッとした天気から雨や曇りの日が増えて、
なんだか空気もムシッとした感じが
春から夏へ、確実に季節は移り変わっている様子。
皆さん、いかがお過ごしですか
これくらいの“ちょうどいい季節”が続いてくれたらいいのになぁ。

さて、今回は番組ゲスト『赤いスリッパ企画』さんの公演、
「ラララララララララララララララララララララララ(ラ)イフ」のレポです

会場はこちら。。。
KC3Z7557.jpg

そう、番組でもお話のあった、
お馴染みの“ちくさ座”さん。
KC3Z7558.jpg

旗揚げ時代から知っている団体さんだけに、
(ついに、ここで演っちゃうんだぁ。。。)
って、
始まる前から感慨深くなっちゃってたり

ロビーにはたくさんのてるてる坊主
KC3Z7563.jpg

よく見るとそれぞれにキャストの皆さんのコメントが^^。
なかなか面白い試み
KC3Z7562.jpg

もうすっかり行き慣れた場所、ではありますが、
やはり円形劇場は客席に向かう(席を選ぶ)ときはやはり違った感覚がしますね^^。
舞台を見ると所々に白いシートのようなものが。。。

今回の舞台は小学校の教室(クラス)。
ということで。。。出演キャスト、多い
いわゆる“ラ”の数、ですねw
(あとで自分たちのクラスは40人学級だったよな、なんて思ったりもして^^)

でも顔ぶれを見てみれば、
そこかしこの舞台で活躍する実力派・“超”個性派ばかり、
普段から応援してる方々ばかり
みんなカラフルなTシャツを着ていて、
前面にあだ名が白い文字で大きく書かれてるw

そんなとてもシンプルな演出で“リアル”と“フィクション”を、
微妙で絶妙に魅(観)せてもらえるのが『赤スリ』さんの特徴。
“高校演劇っぽい”、なんていうのはもうやめにしようかな。
でもそれは明らかに“ほかじゃ観られない”ものの一つだからなぁ。

とてもまとまんないような教室(メンバー)を束ねるのは、
森さん演じる先生^^。
どこか飄々とした雰囲気はいつも共通したものがある、
先ほど書いた“リアル”と“フィクション”、
やはり『赤スリ』さんの象徴的な存在だなぁ。

クラスのなかで起こるちょっとしたこと、
恋愛(とまでも言えないかもだけど^^)、いじめetc。。。
世代の全く違う皆さんだけど、
そこで起こっていた内容はなぜか共感できる、
いや、実体験というくらいに感じるものだった。

これが正直、今回の作品を観て一番驚いたこと。
クラスの大多数に混じって安心したり、
ちょっとした事件が原因で仲間外れにされたり。
グループ同士に挟まれて、
気付けばどこからも同じく仲間外れにされちゃったり。

昔と何も変わんない
結局今もこんななの
みたいなw

その一人(ラ^^)にかつての自分が重なった、ような。
様々な世代、いやきっと出演の皆さんと若い世代が多かったと思うけど、
どの世代にも共感した方はきっと多かったのでは。

舞台に敷かれていたシート、よく見たらそれは地球だった。
円形舞台を見事に使った演出(美術)^^。
地球から見たら限りなくちっぽけな世界の出来事。
教室(あそこ)が、教室(あそこ)だけが自分たちの地球だったとき。
色んな解釈ができたけど、
そのすべてをはっきり語らないのも『赤スリ』さんらしさ、なのかも

確実に一つ、
大きなインパクトを残していました。

終演後、出演・スタッフの皆さんと
KC3Z7559.jpg

うん、人が多いですね
大学生から高校生まで初見の方も多数、
まだまだ面白い才能を持った方はいるんだなと再認識^^。

今後もきっといろんな場所で皆さん活躍されると思いますが、
今回の舞台、きっと忘れられないものになったでしょうね
KC3Z7560.jpg

そして皆さん、ご存知かと思いますが、
このあと『赤スリ』さんは解散。
メンバーの皆さんは各々活動されている模様。

正直、もちろん寂しさはあるんですが、
最後に一つ、大舞台を終えられて、
『赤スリ』さんを慕う後輩の世代には“可能性”を示されたんじゃないのかなと。
演劇祭、単独公演、皆さん自身もきっと初めてで、
慣れないこと、紆余曲折もきっとあったんだと思いますが、
“できること”の可能性が皆さんによって広がったこと、
これは確実だと思います。

後輩(フォロワー)の皆さんには『赤スリ』さんくらい、
いやむしろ追い越すくらいの活躍を期待したい
もちろん、元メンバーさんたちの活躍もいつか

僕らの地球はまだまだ、広いんだから
KC3Z7561.jpg

2016年5月20日の番組アーカイブはこちら♪







スポンサーサイト
<<この“奇跡”。。。信じますか^^? | ホームへ | またしても“あるある”発動っw!?←>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/384-028d7a74
| ホームへ |