ゆぅれっいゆぅれっいゆぅれっいはぁ~♪

2013.06.20(19:56)
梅雨に台風
相変わらずジトッとした今日この頃、
皆さまいかがお過ごしでしょうか^^

それはさておき^^先日番組ゲストに来ていただいた「劇団名古屋」さんの
『日本の幽霊』にお邪魔してきました

神宮のシャッター街を通って行く会場の熱田小文化劇場も久しぶり。
会場に入ると。。

今まで拝見した芝居はセットがほんとに住めそうなくらいwの民家が建ってましたが、
番組で藤田へめこさんもおっしゃってたとおり、
今回は玄関と奥の部屋など少し抽象的な感じに(それでもしっかり作られていますが)。

戦中~戦後を描く今回の舞台。
今までに拝見した舞台にあった「庶民の和気あいあい」的なものがほぼなく、
序盤から舞台全体を不穏な空気が包んでいる。。。

戦中の閉ざされた空間での毒ガス製造、
そしてそれに伴う事故によって引き裂かれる家族。。。

それだけだとただの重い芝居になってしまいがちですが、
そこは人情芝居を得意とする名古屋さん。

今回特に目立ったのがほんと唯一といってもいいくらいの明るい役、
『こずえ』役の阿南留圭さん。
憂鬱になりがちな雰囲気の中アクセントになっていて楽しめました^^。

でもそんな姿も含め、戦争の現実を目の当たりにしたような芝居でした。

また個人的に観る前から気になってたのは戦中~戦後の衣装、舞台セット。
女性の着物、男性の軍服。
揃えるのもほんと苦労されたんだろうなぁと^^;

最前列で観てましたが、木製家具もアンティークなのか、
リサイクルショップ特有の匂いが漂ってました^^

終演後に皆さんと。
KC3Z0292.jpg

なんか葬儀の列で不謹慎なポーズとってるように見えますがww
これは最後のシーンに着られてた衣装ですね。

中央で紙袋を持っている吉田登茂和さん、
実は以前一緒に芝居の勉強をした仲

今回5、6年ぶり()に再会しましたが、
まさかこんなところで、とびっくりしたと同時にうれしかった
番組やっててよかったな。。

そんな芝居が行われた熱田小文化劇場、
名鉄神宮前駅から歩いていく途中にこんな小路が。。
KC3Z0289.jpg

夜も更ければこんな感じ。。
KC3Z0296.jpg

というわけで、今回も開演前、終演後にフラッと寄っちゃいましたww

せっかく普段行かない土地に行ったら
こんな楽しみもいいんじゃないでしょうか^^

6月1日放送のアーカイブはこちら♪


スポンサーサイト
<<もももももももも(多い) | ホームへ | こちらはなんと40周年!!!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/43-45c88532
| ホームへ |