生きてるだけで。。。

2013.09.10(20:17)
台風消滅後の豪雨が落ち着いた、
と思ったら一気に秋の気配ですね~^^。
いかがお過ごしでしょうか

まだ暑かった日、先日お越しいただいた
「劇団シアター・ウィークエンド」さんの公演、
『霊界・T・ステーション』にお邪魔してきました

作者は劇団員の後藤明日香さん。
ご自身の実体験から生まれたこの作品、
なんと劇団員が書き下ろした初の作品の再演とのことでした。

感想は。。

いやぁ、泣きましたね^^

生や死を扱う作品って結構多いと思いますが、
想像だったり理想だったりで実感が持てずがっかりしがち。

でもこの作品は違いました。
つらい別れ、そこから思い出す楽しかった過去。
実際作者が体験してるから、なんでしょうか。
セリフの一つ一つが響いてきて、
心に突き刺さったり、染み渡ったり。。

それだけじゃなくほっこりするシーンや、
どこかで観たコントシーンもww

何より役者さんが個性的な方々ばかりなので、
ダブルキャストで今回も^^複数回楽しめました

久々に番組に出演いただいた橋山直人さんはなんと
『天使』役
KC3Z0603.jpg

しかしながらこの衣装はww
普段の寡黙でクールな(※個人の感想です)橋山さんとはかけ離れてる気もしましたが^^、
面白い役どころでしたね~。

同じ役でダブルキャストの不知火明さん。
KC3Z0618.jpg

やっぱ天使はこう、ですかね^^。
芝居も結構橋山さんとは違ってたりで楽しかったw

今回の芝居の作者、後藤明日香さんは浴衣で登場
KC3Z0616.jpg

他の芝居でもそうなんですが、今回も明日香さん、
要所要所を押さえてて、主役の佐治さんを支えてらっしゃった。。
明日香さんの何気ないセリフにも涙^^

こちらはその主役の佐治美佳子さん(左)とかつての親友役の佐野麻澄さん(中)。
KC3Z0610.jpg

佐治さんはなんと今回が初の主役とのこと()。
おとなしいイメージのあった佐治さんですが、
今回はとにかくめっちゃハジけてた^^
すでにたくさんの舞台を踏まれてるからでしょうか
また新たな佐治さんを観られた気がしました

佐野さんは中学時代の同級生役。
不慮の事故で若くして亡くなってしまい、
あの世とこの世の間で久々に再会する、という。。
中学生のままの自分と成長した親友の姿、
捨てきれないこの世への未練。。
劇中では谷川俊太郎さんの『生きる』という作品を引用されていましたが、
この詩が佐野さんのひとり芝居で伝わってきて。。

また涙^^;

こちらも先日ゲストに来ていただいた各務さんは
成功を手にした直後、気の緩みから酒を大量にあおり亡くなってしまう、
というちょっと残念な役w
KC3Z0621.jpg

なんですが、空回りしつつもその必死さが前面に出ている芝居を目の前で観せられると、
気付けば共感してしまってる自分。。
ちょっと涙。。^^

出演の皆さんと。
よく見るとキャストが替わって、
同じ出演者が違う回だと他の役をされているのが分かりますね^^
KC3Z0608.jpg

ちなみに前列中央の岩田浩明さんは各務さんとダブルキャストでした

後列右の都築亮さんはまだ新しい役者さんですが、
今回は某芸人さんのスベり芸wを会得され、
見事なスベりっぷり、でした^^。
KC3Z0620.jpg

でもそれは真剣な芝居も演じられて初めて生きてくる、んですよね。
これから注目の役者さんですよ。
お隣の塚原舞美さんとはあの世でも恋人同士、の役だったんですが、
塚原さんの迫真の芝居はいつも胸に来るものがあります。

そんな恋人同士のダブルキャストは中村真弓さんと石原渉さん。
KC3Z0611.jpg

中村さんはよりお姉さま、石原さんは。。w
こう見るとただお茶目な方ですが^^、芝居には真摯、
最近は照明を担当されていたりするんですよ。

そしてこれは観た方だけのお楽しみ。
残念ながら写真はないんですが、HPのキャスト表にあった
「財前教授:ミスターX」の文字。

終盤にでてくるちょい役ではありますが、
誰なんだろう、と思っていたら。。

なんと、主宰の松本喜臣さんでしたww
上に書いたとおりちょい役、のはずが、
かなりおいしいところを持っていかれてましたね~^^

正直言うと個人的な感情もあったと思うんですが、
今回の芝居、ほんと観ている間いろいろな感情に包まれました。
もちろん、ご覧になった皆さんもそうだったみたいで。。

夏の終わりの貴重な体験でしたね^^

8月10日の番組アーカイブはこちら♪


スポンサーサイト
<<目を閉じて。。。ガチャガチャを^^? | ホームへ | 若いって、ほんとにいいもんですねw>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/56-6bfd996f
| ホームへ |