想像してごらん。。。

2013.09.22(23:00)
秋が深まってまいりました。。。
過ごしやすいいい季節ですよね^^
ただ朝晩の冷え込みには注意しないと

さて、先日番組にお越しいただきました『虚構オメガ』さんの公演、
「無限遠点」にお邪魔してきました

駅からの点字ブロック沿いに進んで。。
KC3Z0746.jpg

到着した今回の会場はこちら「名古屋盲人情報センター」。
KC3Z0745.jpg

受付でいただいたチケットの半券と、
今回の公演用のアイマスク()
KC3Z0738.jpg

チケットにはご覧の点字が。。
正直読めないんですが手が込んでいますよね。
KC3Z0740 (1)

会場は(おそらく)いたって普通の視聴覚室。
席は「田」の字の小さい四角部分に中心に向かって設けられています。
となると演技エリアは「枠」部分かな。。

そして配られたアイマスクを着用。。
視界はうっすら光が感じられる程度。
明らかにこの時点で普通の公演と違いますよね^^

開演すると音楽に合わせてキャスト陣が入ってくる気配が。。
そしてキャストによるハンドクラップ(拍手)の演奏。
(こちらもおそらく^^)周りをキャストが取り囲むようになってて、
少しずつタイミングをずらしていくのがほんとに心地よくて。
何か「拍手の音だけが空中に浮かんでいる」感覚。
見えてない分余計に感じるんでしょうね。

芝居は「死と生」についてのお話。
オメガさんらしい、セリフの応酬^^
役者の演技は見えないんですが、
足(靴)音、衣擦れの音、役者が通り過ぎる時の空気の動き。。

そしてなんとニオイ

劇中「病院」のシーンがあったんですが、
芝居中、なんか臭い。。

ん?病院臭いww

もとからこういう部屋特有の臭いのする部屋でしたが、
明らかに異質な、そして強烈なニオイがっw

もうそれが一気に自分の記憶を呼び覚まし、
病院内へトリップ^^

また「屋台(夜店)」のシーンでは、
なんか懐かしいあま~いニオイが

いろいろ想像力を掻き立てられました^^
ネタバレを伺ったところ、
「ニオイのもと」を持って、会場をうちわで扇ぎつつ周っていたとかw
そして自分がいた席の近くが出掃け口になってたみたいで、
一番ニオイがキツイ位置だった模様ww

またこの芝居でもう一つ重要な位置を占めていたのが音響。
開演前には特に気にして見ていませんでしたが、
部屋の4ヶ所にスピーカーが。
これが何ともいえないサラウンド効果で、
観るものをそれこそ「話の中」へといざなってくれたのでした。。
主人公たちが滝つぼに飛び込んでいくシーンなんか特に。。

そして生の楽器による演奏も。。

前にも書きましたが、まるで「ラジオドラマ」のよう。
ですが、そこで行われているのは「生の芝居」。

何か「新しくて不思議な表現」を体験できました

声に特徴のある方はすぐに分かったのも面白かったなぁ。。^^

終演後、初めて「中の人たちw」と(豪華)
KC3Z0741 (1)

なんと皆さん衣装を^^
主演の宮出さん、劇中のシーン用に(水色の)パジャマ、
しかし足元は「靴音用」に赤いヒールをww
ほんとこの企画ならでは、ですね

番組にお越しいただいた皆さんと
コウジロウさん、この日はなんとケーブルテレビの取材も^^
お疲れ様でした
KC3Z0744.jpg

そしてわたくし、この作品を体験して、
再びラジオドラマ制作欲がちょっとアップしました

こちらは「音だけ」で表現する作品。
また作りたいな~^^

帰り道。(M's)Junction^^
KC3Z0747.jpg


9月3日の番組アーカイブはこちら♪




スポンサーサイト
<<ガチャガチャ♪ | ホームへ | すばらしい芝居を観ますた。また観たいす。どぅお~~ぞ!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://msjunction.blog.fc2.com/tb.php/62-d77cba25
| ホームへ |