“俳優=声優”を実感^^♪

2017.04.15(20:19)
桜、意外に長くもってた^^
咲き初めが遅かったせいもあるかもですが、
なかなかに咲き続けて。。。
寒の戻りのなか、
半分意地^^の花見客の皆さん、
桜の下で騒いでるw
僕はといえば、桜吹雪のなか、
自転車で颯爽と駆け抜けてきました~


さてさて、今回は番組ゲスト『俳優館』の皆さんの公演、
「ペリクリーズ」そして「お気に召すまま」のレポです

今回の会場は俳優館スタジオ、
KC3Z7522.jpg

そう、普段は皆さんの稽古場でもあるスタジオ。
劇団の事務所を抜けて入る会場、
とっても趣のある雰囲気がどこか懐かしい感じも

今回の月をまたいで行われた2公演、
いずれもシェイクスピアの作品、
そして“リーディング公演”。
いわゆる朗読公演、ですね^^。
演劇公演には慣れていても、
(朗読公演って何ただ台本読むだけじゃないの
なんて思われる方、きっといると思います

正直最初は僕もそうでしたw
でも。。。

皆さんシャツにベストというおそろいの衣装、
そして台本を持って登場。
「ペリクリーズ」は航海のお話、ということで、
客席手前に精巧な船の模型、
そして舞台には手描きの大きな航海図が。

出演の役者陣は若手から(超)ベテランまで実に豪華^^
でも普段台本は外し、動き回っているであろう皆さんにとっては、
きっと全く違った、もしくは勝手の違う舞台なんじゃ、
なんて想像。

しかしながら、やはり、さすが
声と最小限のアクション(結構大きな身振りの方もあったけどw)を駆使し、
とても豊かな表現力で世界観を出してる。
しかも一人一役じゃなくて、複数を演じていたり、
その切り変わりが本当に面白い^^。

なかでもとっても可愛らしい少女の声を出されていたのが、
ベテラン役者のジル豆田さんだったのは本当に驚きだった^^。
(反則だ~w)と心で叫んでいたほどww

平本さん(現:水原さん)はエレガントな女性役もあったけど、
どうも以前から凛々しい貴族役のイメージがあってw
中性的、ともちょっと違う気がするけど、
“かっこいい”役がとても似合っている感じがしました

複数の役の中で“女郎屋おかみ”役をしてたときの後藤さん、
これは本当に見ものだった
もう完全に“朗読”を飛び越えた貫録の芝居だったし^^、
めっちゃノリノリのハマり役、でしたね~

航海のなか、皆さんが船の漕ぎ手になり、
掛け声で場面転換していったのも印象的。

あと、そうそう、落語やコメディーソロライブでもおなじみの稲垣僚祐さん。
彼が役者もやりつつ、ギターで生演奏も披露
ほんっとに多才

終演後、出演の皆さんと
KC3Z7234.jpg

ほんとにいろんな世代の役者さんがみえる^^。
客演の方も多いし、作品に深みと色合いが増えてましたね
KC3Z7235.jpg

日を改め、次は「お気に召すまま」。

皆さんは同じモノトーンの出で立ち、
よく見るといろんな色のスカーフをあしらってらっしゃって

こちらは貴族の恋愛物語、
なかでも男装の麗人が登場、と、
これまた“演劇的”な表現でないと、
といったところですが。。。

しかしこれまた見事に、演じられていました
もちろん声だけじゃない、
心の変化が表情でも受け取ることができる^^。
みやちさん、すごく素敵だった

番組ゲストの丸林さんは道化と“恋に落ちる”役
明るくて優しい表情と声が印象的^^。
これは結構ご本人に近い役柄、だったのかなw

稲吉さんはその柔かい口調、雰囲気が印象的。
こちらもとても人となりが出ている感じで^^、
何役か演じられていてそれぞれ違った、
でもどこか必ず愛嬌がある役たち

そしてこちらもまた“重鎮”の方々が多数出演、
もう声の説得力が違う、んですよね^^
見た目はもちろんのこと、役者はやっぱ、
“声”も大事なんだなぁ。。。

またこちらはバイオリンの生演奏も
場面場面を盛り上げていました

終演後、出演の皆さんと
KC3Z7523.jpg

これだけバラエティーに富んだ皆さんの芝居を観られるのも、
『俳優館』さんならでは^^。

その昔、“声優”という職業はなくて、
俳優の皆さんが演劇活動の合間にされていたんだとか。

まさに今回の皆さんにはそんなものを感じて、
声のアンサンブルを楽しむことができました
実は途中、(ちょっと目を閉じてみようかな)と思ったくらい^^。
皆さんの表情、動きも楽しまなくては、と思い、
それはやめときましたがw

正直予想を超えた世界が拡がっていて、
観る(聴く)側に想像力も与えてもらえる。
なにかまだまだ可能性を秘めていそうな、
奥の深さを感じた公演、でした
KC3Z7524.jpg

5月10日の番組アーカイブはこちら♪





今宵もまた、夢の世界へ。。。

2017.04.09(22:49)
桜、満開は少し遅かったみたいで、
結構もっているみたいですね
とはいえ花見、なんてことはとくにせず、
観劇のハシゴなどの道中で見かける桜を見上げて、
(いいなぁ。。。)なんて考えてますw
ふと足を踏み入れた横道できれいな風景見つけたときなんて。。。


さてさて、今回は番組ゲスト『劇団テアトロ☆マジコ』さんの公演、
「屋根裏部屋にメリー・ポピンズ」のレポですよ

会場は皆さんの公演でもおなじみの“ちくさ座”さん。
とても広い、そして客席が舞台を取り囲む、
「円形劇場」としても有名な場所。
そして毎回皆さんはここでお客さんたちを、
深い深~い“夢”の世界へ、誘(いざな)ってくれるんですよね

今回はいったいどんな。
会場の中に入って・・・絶句
舞台上に大きく広がった、まさしく“建物”。
イメージになっているレトロなロンドンの風景、
そして今回取り入れている“スチームパンク”を踏襲した歯車型のオブジェ。
ここを皆さんが走り回るんだろうなぁ、とか、
早くも思いを巡らす

それはもちろん。。。現実(夢w)となりました


毎度おなじみ、
凝りに凝った衣装、メイク、小道具、照明効果。
衣装はよく見ると“スチームパンク”をモチーフにしたアクセサリー類も^^。
かな~り細かいところまで作り込まれています
鈴木優衣さん扮するメリー・ポピンズ、
あの有名な傘を持ったスタイル。
あの傘がまさにスチームパンクデザインを踏襲した、
メカニカルなデザインの小道具になってて
それが開く様はすごく興味深かったし

円形劇場は舞台だけでなく、客席へ通じる通路も使用し、
縦横無尽に役者が行き来、
テンポを落とすことなく、観るもののテンションも常にキープ

それらをフルに使った演出、
でもそれを凌駕しそうな皆さんそれぞれのキャラクター^^
そう、すべてが相乗効果を起こしてる。


気付けばすっかり物語の展開に夢中になり、
あっという間にフィナーレを迎えてる。
そんな2時間、でした

終演後、出演の皆さんと
KC3Z7422.jpg

この雰囲気、もうすごいとしか言いようがありませんよねw
この外見の役作りと内面の役作りがしっかりしてるから、
舞台上でとにかく魅力的に映る。
でもきっとメイクをすることによって全くの別人になりきれる、
なんて方も多いんでしょうね^^。

本当にお見事、でした
KC3Z7423.jpg

番組出演さんとの皆さんと
KC3Z7424.jpg

この中で一番別人のようだった、となると。。。
やっぱ池戸さん、ですね
メイク、衣装はもちろんですが、スタジオでの物静かな姿とは打って変わって、
まさに真反対の元気で突っ走るキャラクター^^
(逆に関係者の皆さんの間ではスタジオでの姿が“真反対”に見えてたみたいですがw)

渡邊さんは体格の良さ、それを活かすアクション、
そしてあえてギャップのあるギャグシーンなど^^、
さまざまな魅力を発揮されていたと思います

前回はすごい年齢差wを演じていた美月さん、
今回は元気でヤンチャな、少女探偵役、ということで、、
キャラクターから立ち回りまで、物語の中心を支えられていた

その人の持っている魅力、
そして隠れた魅力まで^^魅せてくれる『マジコ』さんのステージ。
今後も要・要、注目です
KC3Z7425.jpg




5月10日の番組アーカイブはこちら♪






みんな。。。変わってるw!?←

2017.04.08(10:20)
桜が満開と思ったら、
週末にかけてまさに“水を射す”かのような雨模様
地元はこの季節の武者行列イベントみたいなのがあって、
桜も一気に散っちゃったあと、とかになるのかな^^
先初めが遅かったし、なんとか持てばいいんだけど。。。

さて、この日も雨でしたw
4月6日の放送では、若手演劇人をお迎えし、
かな~りにぎやかにお送りしましたよw
KC3Z2398.jpg


まずはちょっとぶりの登場、
『名城大学 劇団「獅子」』さん
KC3Z2400.jpg

今回の作品は部長()になってから初登場の高橋さん原案、
山﨑さん脚本演出。
なんだか意味深なタイトル、お話の内容、
そして役名たち。。。

そのタイトルから連想された“縁結び”というのが一つのキーになりそうだけど、
どうも想像したそれとはちょっと違ったことになってそう^^。
今回初登場の黒田さんは主人公の幼なじみ役、ってことで、
ある意味“恋愛漫画あるある”な展開もありそうで、
もしかしたらチラシの注意書きからも想像できそうな、
“えらい展開”も待ち受けてたりして。。。

「とにかくいろんな方、若い方に観てもらいたい
という言葉のとおり、新入生の皆さんが観劇して、
どんな感想を持つのかも気になるところ^^。
世代によって変わっていく、
また新たな「獅子」さんが観られる、かも
KC3Z2401.jpg


続いては早くも14回目()を迎えるこのイベント、
『新栄トワイライト』の皆さん
KC3Z2402.jpg

“ライブハウスで演劇”というコンセプトで始まったこのイベント、
あれよあれよという間に公演を繰り返し、
今年はなんと毎月開催^^
おなじみの劇団はもちろん、このためだけのユニットも登場し、
毎回観逃せない公演ばかり

そのユニット言えば、今回来ていただいた吉田さんと林さんたちの、
『演劇集団インフルエンザ』さんw
なんと病気、というつながりで集まったという皆さんw、
なんて自虐的、いや面白そうな団体さん
どんな話題を撒き散らし、いや披露してくれるんでしょうか^^

続いては“なっちゃん”こと森夏音さんの参加する『劇団わに社』さん。
実は今月4月末日本公演を控えられてるなか、
印象的だった過去の『ミソゲキ』で上演された作品を、
新たなメンバーで再演。
(もちろんw)なっちゃんも含め、“かわいい”女の子3人による短編劇、
“暴れたおす”ってのをぜひお楽しみにw

そして。。。あれ、こないだ出てもらったばかりの奈緒ちゃん
前回も本番終わり、そしてまた別の本番が終わり、
また今回もなんてw
すんごいモチベーションというかなんというか^^。
今回は昨年『赤いスリッパ企画』さんメンバーとして来てもらった、
高校生の尾崎くん(ええ声)との二人芝居。
実力派、として知っているお二人だけに、
どんな作品が上演されるのか楽しみでしかない

そのほか知る人ぞ知る、いやもうそれ以上な^^女流劇作家による、
その名も『長谷川彩』さん。
実は以前エムジャンにも来ていただいたことがあるんですが、
シュールでひねりの効いた、
個人的にも大好きな趣向の作品を書かれている方。
ほんとに気になる限り

こういったようにどんな方、団体でも参加しやすい、
またある意味実験場のような、
ふとなにか新しいものが見つかりそうな、
さまざまな可能性のあるこのイベント^^。
これからも重々観逃せませんが、
まずは今回の公演に要・注目
KC3Z2403.jpg


さて、そして恒例の『質問コーナー』ですが、
今回はなんと視聴者の方に一つ、
質問をお願いしちゃいました

まさに“知る人ぞ知る”w、そして我が観劇仲間でもある、勝手に思ってます
“MO-RI-Y”さんからの「演劇に関わってから「これ変わってるなぁ~」と思ったエピソード」

すっかり演劇に染まってしまってる皆さんにとってはもう常識になってしまってるけども、
お話聞いてると普通の生活に演劇が溶け込んじゃってて、
なにをするにも演劇と繋がっちゃう、みたいなw

でも高橋さんの「人が変わってる」というのはツボだったなぁww
しかも高橋さん自身もう“そっち側”っていう
なっちゃんの“男子部員が勧んで女装する”、
これもなんだかなぁw

続いては『トワイライト』の皆さんからは、
「入学時に1番わくわくしたのはどの学校
高校のときは全く同じ中学の子と一緒にならず、不安を感じたという山﨑さんですが、
『獅子』さんの部室を見てわくわくした、っていうのはとってもいいエピソード^^。

黒田さんは“マンガみたいな展開”を夢見て高校に入ったものの、
現実に絶望してしまったという黒田さん
いやいや、僕なんて男子高だったもんだから、
希望もなにもあったもんじゃない。。。

高橋さんの“やりたいことを勉強するために早く授業が受けたかった”というエピソード、
後輩のなっちゃんはちょっと(いやかなり)目が泳いでましたが~w

最後は『獅子』さんから。
「最も最近好きだった人を、なぜ好きになりましたか

これは結構先輩だったり、同じ道を目指す人が多く挙がりましたね。
でもなっちゃんはさらに一歩進んでる気がして^^、
その人にちゃんと教えだったり意見だったりを聞きに行く、っていう
やっぱ意識高い人は行動力も違うって感じかな。
僕としてもその当時からしてみたら桁違いな行動力だし、
それを吸収した将来の姿もすごく楽しみ

さてさて、今回の放送、いかがでしたか~^^
KC3Z2399.jpg

4月になって新しい境遇に不安だったり戸惑ってる方も多いかもですが、
公演ではその“新しさ”をきっと楽しめるはず。
ぜひその一風変わった、刺激、楽しみに行かれてはいかがでしょうか

4月6日の番組アーカイブはこちら♪






それがウソでもホントでも。

2017.04.03(23:14)
桜がちらほら咲き始めた。。。
上着も薄くなって、いよいよ春、ですね
なんて言ってたら、「週末には寒の戻りが」なんてやな言葉がニュースからw
花粉がキツい季節でもありますが、
花や草の薫りで春を満喫できる
花見にサイクリング、いろいろ頭に浮かべております

さて、今回は番組ゲスト『劇団シアター・ウィークエンド』さんの公演、
「お勝手の姫」のレポです

舞台上は黒を基調としたかなりシックな雰囲気、
青い窓のような枠もなにか抽象的。
パッと目に入るのは左右の壁(パネル)に取り付けられているレトロな灯り。
どこかで見たことあるような。。。
(あとで聞いたら、普段スタジオのすぐ外に設置してある玄関ライトだそうどうりでw)

舞台はレストランを訪れた数組の客の会話をもとに展開。
ただどうも様子がおかしい

山岸さん演じる白髪交じりの初老タキシードの男性、
その前には黒河内さん演じるドレス姿の女性。
(ほんとにキラッキラしてる
男性は“ジョルジュ”と呼ばれ、
女性は“姫”。。。
いったいどんな設定^^

そのほかに各務さん演じるスーツ姿の男性、
晴れ着姿の川辺さん
いや、もうどこの国のお話^^なんてのが最初の印象w

でもこれがお話の肝になっていて。。。

それぞれに問題や謎を抱えている二組の男女、
ほっといてほしい人、ついつい絡みに行ってしまう人^^、
必然的にドタバタ会話劇が勃発

そこへまた、(水間さん演じる)世話焼きでめんどくさいおばさんが加わって、
さらにややこしいことに。。。

その会話、テンポのいい展開が続くものだから、
自然と観入ってしまう^^。
あと人間同士の温かさ(逆に冷たさも)、
コミュニケーションもしっかり伝わってきて。

姫様、は実は男性の記憶を無くした妻で、
“ジョルジュと姫”というのは妻が作り出した架空の設定だった、
夫はそれに虚しくも調子を合わせてる。
でも他の役たちはそんなんじゃなく、
自分の思い・やり方を押し通そうとしたりして。
(性格が強引な役、ってのもあるかもだけどw)

笑いも交えつつ、熟年夫婦の一つの在り方、というか、
変わらない気持ちを持つ健気さだったりとか、
しみじみと感激してしまいましたね


終演後、出演の皆さんと
KC3Z7108.jpg

実はもう閉店してしまっている、という設定のレストランのギャルソン役、
長身の岩田さんがとてもいい雰囲気を醸し出してて^^。
優しい口調、仕草など、
それが逆に物語の物悲しい設定を引き出してたような。
舞台の雰囲気にぴったりの芝居でした

そして実はこのレストランの料理を作ってた、
しかも洋食じゃなく和食をwな板前さんを演じたのは、
若手劇団員の安江くん。
チャラい系から今回みたいなきっちり真面目な青年も演じる、注目株^^。
今回も適役、だったのでは

あとなかでもなぁ、これはなんかちょっと悔しいんだけどw、
毎回ちょっと“飛び道具”系なイメージの強かった各務さん、
それがいいセリフ、そしていい芝居だったんだよなぁw
いやもうこれはちゃんと認めましょう
ちょっと(かなり^^)わがままな、でも底抜けに明るい、
川辺さん演じる女性に振り回されてるとこも面白かったけど

あ、そうそう、強引なおばちゃん役、
水間さんもよかったなぁ。。。(小声

あと観終わってふと。
(あれ、BGMが全然なかった。。。)
場つなぎの“ブリッジ”と呼ばれるものだったり、
舞台を盛り上げる手助けをする、もう定番のそれがなかった。
でもそのおかげで最後のオルゴールの音が本当に活きてた。
その演出に心から感心。

人情劇を演らせたらほんとにピカイチな^^、
雰囲気づくりの抜群な、劇団さんです
KC3Z7109.jpg


そして各務さんから半ば強引にwホントです
今回の素敵な衣装のお二方と
KC3Z7110.jpg

言うまでもなく、お美しいですな
稚拙な表現ですが、“眼福”でございました

5月10日の番組アーカイブはこちら♪






年度末の迷走を乗り越えろw!?

2017.03.26(22:35)
皆さん、もう花見には行かれましたか
えっ、まだ早いでしょ、って
いえ、早咲きの桜っていうのがあって、
“河津桜”というんだそうですけど、この時期綺麗だってことで、
うちのわんこの散歩ついでに行ってきました
C7cpVCeVwAAHFRg.jpg

大勢の人出で盛り上がってて、
一足先に春を楽しんできた気分です

さてもう春はすぐそこ、な3月22日の放送では、
初登場の団体さん、久々な登場の皆さんをお迎えし、
かな~りにぎやかにお送りしましたよw
KC3Z2228.jpg


まずは初登場、
『200ミリメートルの電車』さん
KC3Z2231.jpg

ほぼ高校生の皆さんだけ(新大学1年生もみえるとのこと)によるユニット、
今回の公演が発表されてすぐに注目していた団体さん^^。
団体名もその由来もユニーク

以前主宰の『えんげきユニット だーぱこ』さんとして来てもらった高校2年の綾さん、
早くも2度目の登場
そして今回共同主宰、そして出演もする、
同じく高校2年生のあきらさん。
高校演劇はもちろん、自身の別ユニットでも公演をしたりと、
お二人ともとにかく精力的^^、
“高校生”っていうくくりはもう関係なしに、
いつも話してる気がします^^。
そしてそして、今回制作として参加の高校1年生()、
岩鍵(ろっきー)こと加藤君。
とにかく“仕事が早い”と評判だった彼
もうまさに“超高校級”の粒揃い

あの「鑪ら場」さんで繰り広げられる“現代の童話”とは。。。
多彩なあきらさんが手がけた今回のフライヤー、
そして舞台美術までも
いろいろと楽しみですね~
KC3Z2230.jpg


続いても初登場、
『破天荒あかちゃん神の名をつぶやく』さん
KC3Z2232.jpg

なんともインパクトのあるネーミングwですが、
主宰はダンサーで、昨年は演劇公演にも出演したakariさん。

そんな“境界(ボーダー)”を越えた活動を展開する彼女が今回企画したのは、
古典戯曲の“サロメ(SIR ROME)”をモチーフにした「演劇×舞踊」の舞台。
ちょっとだけ、という割にしっかりありそうなダンスのステージw、
そして若手男優で以前より注目の小林さんが主役の一人を務める演劇のステージ、
演出も兼ねる中居さんいわく“やり易いことはやめる
これはすごいプレッシャー、いや、
逆に小林さんの成長した姿が観られる、なんてポジティブな思考もw
相手役がこれまた注目の平手さやかさん、というのも大注目ですね

若手実力派、個性派が集まって、
きっとこれは一味もふた味も違った舞台になること、
間違いなし、ですね
KC3Z2233.jpg

続いてはほんのちょっとぶり^^、
『劇団ひとひらり』さん
KC3Z2235.jpg
 
この放送直前にも一つ、
“ミノカモ学生演劇祭”の本番を終えられたばかり
ほんとに精力的に活動されてますよね

今回の本公演は異世界ファンタジーもの^^
今回来てもらった奈緒さんは、番組でもお話ししたとおり、
高校演劇のときから注目されてて、
僕も舞台を見たことがあった女優さん^^。
今回の役柄は“とにかく謎”みたいでしたがw、
久々に役者姿が観られるというのは、
個人的にもうれしい限り

そして、また久々に来ていただいた伊藤さん(1年ぶり^^)、
前回、別の団体さんの作品では、
とにかく場の空気を変える、存在感あるなぁ、といった印象
その時と同じハシモトさんの台本、ということで、
俄然楽しみというものです
役柄の関西人、麦わら帽子でしかもウクレレ弾くw
きっとまた“存在感ある”んだろうなぁ、絶対w

迷走してるなんてお話も出ましたけれどもw、
このメンバーならきっと絶対、
おもしろい作品を期待してます
KC3Z2234.jpg


最後も初登場、『PICO自主企画』の皆さん
KC3Z2237.jpg

毎回独自に基本コメディー、
ときにはミュージカルもやっちゃったりして
そしてそして今回はあの、“ハイジ”がモチーフ

番組でもつい話しちゃいましたがw、
チラシで後藤さんがハイジ役、というのを見つけ、
俄然興味を持ったのは言うまでもありません。
番組ではもうハチャメチャな方に見えたかもしれませんが(実際そうですがw)、
シリアスな芝居もきっちりこなす実力派^^

対して伊藤さん、以前『afterimage』さんのダンス公演が初見だったのですが、
ミュージカルもこなす役者さんでもあって。
こちらもあのロッテンマイヤーさん役、と聞いて正直びっくりだったのですがw、
なんと今回はその“孫”役
何やらすごい設定、しかもヒロインときた。。。w
後藤さんからはまさかのダメだし、いや暴露がありましたが
そのほかにも実力派俳優、
そしてオペレッタ歌手の方まで登場、なんて、
一体全体どうなることやら。。。

PICOさんといえば超コンパクトな会場として有名、
それが最近移転して広さも一変^^。
そこでどんな世界が繰り広げられるのか、
もう絶対に驚く、そして爆笑奈のは間違いないでしょうw
KC3Z2236.jpg


恒例の『質問コーナー』ではこの季節にまつわる質問が。

『PICO~』さんからの「お花見の思い出」、
若い『ミリ電』メンバーにはどうかな、とも思いましたが^^、
まさかのあきらさんの“茶道”の思い出が
ちょろっと挙がった「抹茶公演」、新ジャンルも新ジャンル、
いいと思うんだけどな~安易

『ミリ電』さんからは「付き合うなら身長の高い方低い方どっち
もうこれは男性への質問だったら何かの挑戦状みたいでしたがw、
akariさんにとっては結構普通の質問だったみたい
めっちゃリアルな回答、いただきましたww

『破天荒~』さんからは「小屋入り中に持ち込む食べ物」
奈緒さんにとっては持ち込む、というより、“決まった差し入れ”があるみたいで、
それがあると俄然テンションが上がるみたいw
ぜひぜひこれから奈緒さんの出演舞台を観劇に行かれる際は、
こちらを参考に

『ひとひらり』さんからは「演劇をやっていて一番良かったと感じる瞬間」
後藤さんからはまたもや“模範解答”いただきましたがww
いやこれはきっと、差し入れには何持って行っても喜んでもらえそうな
とにかく勢いの凄さにただただ圧倒されたw

さてさて、今回の放送、いかがでしたか~
KC3Z2229.jpg

たとえ“迷走中”な“年度末”だったとしても、
今度は楽しい“年度初め”にできるかも、なんて予感。。。
しましたよねっw

3月22日の番組アーカイブはこちら♪








前ページ | ホームへ | 次ページ