気付けば“特別版”も。。。第5弾♪

2017.12.12(06:17)
すっかり冬、といった感じの季節^^
皆さんいかがお過ごしですか

曇った空からのわずかな陽射しがすごく貴重。。。
寒いの苦手だなぁ^^;


さて、“特別版”も数えればもう5回目
今回は4団体の皆さんをお迎えしました
KC3Z5845.jpg


まずは単独公演の告知としては初登場、
『音楽朗読劇団Avan』さん
KC3Z5851.jpg

まずその団体名が気になった方、多いのではないでしょうか^^

以前行われた合同公演、
僕は“朗読”のイメージを強く持ってお邪魔したのですが、
上演されたのは殺陣も盛り込んだ時代もの

すっかり驚かされたのと圧倒されたのと。

そして今回も回によって“芝居”“朗読”と分かれているそうで。。。
今回“最強の漢(あえてこの文字w)”を演じる、ということで、
以前の合同公演のときのような、いやより激しいアクションを期待

一見なんともほんわかした雰囲気の伊藤さん、
なんと普段歌やダンスもこなされるそうですが、
激しいなかの清涼剤、いやまったりしつつ意外に起爆剤だったりしてw

そして“音楽”を担当されるImanjyさん。
ギタリストでもある方ですが、
今回はなんと“オーケストラ”風の作品を提供
もちろん“打ち込み(生オーケストラではない)”ではあるわけですが、実
はあのあとチラッと聴かせていただいたところ、
なんとも壮大ですんごいクオリティー

これはかなり、予想のかなり上を行きそうな勢いですよ
KC3Z5852.jpg

『音楽朗読劇団Avan』さんのコーナーはこちら♪

続いては『ひつじの森のよつば村』さん
KC3Z5849.jpg

そう、かな~り以前になりますが、
こちらもある合同公演の告知で、
客演の方々にご紹介いただいたことがあったんですよね

こちらもとにかく気になる団体名ですがw、
今回お越しいただいたメリーアダチさんの元々のあだ名からきているみたい。
まさに、って感じですね

そのメリーさんが書かれた今回の作品、
人との“距離(パーソナルスペース?)”がテーマのようですが。。。

主役の一ノ瀬さん、お会いしたときは感じなかったですが、
意外にも人見知りだったみたいで^^

これはただ役というより、より個人的(パーソナル)な部分にも関わる、
ある意味“ハマり役”になりそうな予感w
段々と慣れてきたそうでもない^^
本番はいったいどんな展開が。。。

個人的にもちょっと気になるテーマ、
そしてこちらも気になる一ノ瀬さん担当の小道具とその転換

元々豊田で結成された劇団さん、
それが満を持しての名古屋進出
期待ですね
KC3Z5850.jpg

『ひつじの森のよつば村』さんのコーナーはこちら♪


続いては初登場、『水没都市』さん
KC3Z5848.jpg

実は最近折り込みのチラシで見かけるようになり、気になってた団体さん。
今回お声かけいただいてすごく嬉しかったんですよね

そう、伊藤さんは以前『ジャブジャブサーキット』さんのメンバーとして登場されましたが、
今回は“念願”そしてこだわりのユニット公演を開催

まさに“こだわり”、参加メンバーがとにかくすごい
役者陣は中堅、若手の実力派、
裏方の皆さんも第一線で活躍中の方々^^
なんと1年くらい前からオファーをされていたようですが、
とにかくもう驚くばかり

なかでも最年少の長野さん、
皆さんに囲まれて毎回大変みたいですが、
伊藤さんがあえて“彼を使いたいと思わせた理由、
この公演を通してものすごい成長があるんじゃないか、って勝手に想像

伊藤さんの好む“あえて暗く重い”内容、ということでしたが、
よくよくお話を伺えばかなり身近な、誰もが経験する、
またはこれから経験することがテーマなのでは。

これは観客個人個人の経験、もしかしたら観劇するまさにそのとき、
置かれている境遇によって受け取るものも違ってくるのでは。

いったい自分は何を感じるのか、
そんなことを思いながら、開演を待つことでしょう。

そして“暗い気持ちで帰ってもらう”といいつつ、
ちゃっかりある“クリスマス特典”、
気になりますねww
KC3Z5847.jpg

『水没都市』さんのコーナーはこちら♪


最後は年末の“恒例行事”^^、
『ミソゲキ』からおなじみ、『劇団わに社』さん
KC3Z5853.jpg

そのイベント、しっかりと林“社長”が事細かに説明していただきましたとおり
ほんともう“恒例行事”。
この地域の演劇好きには外せない、
いや、毎年県外からも複数参加される団体さんがあるだけに、
注目されてることがよくわかりますよね

そのなかでももう複数回参加されている『わに社』さん。
なんともシュールで笑える、
でもそれだけじゃない。

さんざん笑ったあとでしんみり、そしてほっこりさせてもらえる、
毎回とても印象に残り、期待している団体さん

今回来ていただいた坂本さんはつい最近“新入社員”に^^。
もうすっかり客演の常連になっていた気がしていましたが、
毎回その存在感は健在
まさに“ついに”の入社といった感じ

その坂本さんはじめ、今回女性“社員”さんたちが演じるのは、
“ババア”w
なんともまたすんごい設定ではございますが
強烈な個性のラインナップはきっと楽しませてくれるに違いない^^
そしてきっとそれだけじゃないw

短編を連続で観る楽しさ、
その中でまた新たな団体さん(=面白さ)の発見、
それを毎回確実に感じてますからね~

今回もどんな“発見”があるのか、
本当に楽しみです
KC3Z5854.jpg

『劇団わに社(ミソゲキ)』さんのコーナーはこちら♪


今回は告知のあとに“質問コーナー”

今回もなかなかに珍解答、いや珍問題が

『わに社』さんの“うまい”質問に“うまい”回答をされた杉山さんは、
なんと年末年始関係なく仕事に引っ張りだこ
伊藤さんは公演後になんとまた別の公演が
ぜひImanjyさん交えてまったりと忘年会を

『ひつじの森~』さんへの質問で面白かったのは、
“一番遠くから来ている人”
皆さんの生活を知ってるかのような質問ではありましたが、
出てきた地名は全然わかんなかった^^
なんと座組のなかにはちょうど“名古屋を横切る”形で、
稽古に車を走らせる方もいらっしゃるとか。
公演地の名古屋がちょうど“真ん中”になりそうですね

『水没都市』さんへはちょっと変わった質問、ってか提案w
なかなか皆さん鍋をされてるみたいで、
辛いキムチは無理な一ノ瀬さんにも大丈夫な鍋が無事回答
これからベストシーズン、
あとは色んな具材を試してみる、でしょうかね

最後『わに社』さんへはこちらもさすがw、
“雨に日には何してる
っと、最近は基本インドアな坂本さんですが、
かつては男勝りな性格の女の子だった^^
なんだかそれが今もいい感じで活きてるような気が、
僕はしましたけど。。。ね、社長^^

さて今回の放送、いかがだったでしょうか~
KC3Z5846.jpg

ちょっと調べてみたんですが、
年末までの土日含めた週末の公演数がもんのすごい
なんとしてでも見に行きたい公演、
そのためにはどうしてもあきらめないといけない公演も出てきそう
それをうまいことかいくぐりつつ
気付けば年越してた、なんてことも。。。w

そしてエムジャン、次回からついに、
“スタジオ生放送復活”です

ぜひぜひ、お楽しみに~





個性(パーソナリティ)に迫れたw?“第4弾”♪

2017.11.28(22:44)
ふっと陽気が戻ってくるとなんだか、
これから季節が真冬に向かってることを忘れちゃう、
そんな日がありますね^^。

ここで気を抜いちゃうと体調崩しちゃうから、
ほんと、気を付けないと。

さてさて、最近はこの形でお送りしてますエムジャン“特別版”、
それもついに4回目、
参加したいという多くの声をいただいてうれしい限り
今回は2団体の皆さんをお迎えしました
KC3Z5634.jpg


まずはこちら、“日本の演劇人を育てるプロジェクト”、
『森は生きている』出演の皆さん
KC3Z5636.jpg

あれ、聞きなれない催しかと思いつつ、
参加されているのはなかなかにおなじみの皆さんじゃないですか

なかでもベテランの上田さんは初登場^^。
今までに何度か拝見してきている役者さんですが、
今回は“博士”役ということで、
稽古着の白衣を着ての登場。
(ほかの皆さんが特に衣装でなかったので、
 最初は何事かと思ってましたw)
そんな上田さんはなんと志村さん演じる女王様に組み敷かれるw役。

そして志村さんは女王様、と言ってもなんと14歳の役
お姉さん的な役が多いなと思ってたので、これにはびっくり。
役作りからかトークも今までにない彼女だった気がして面白かった

さりあちゃん、鈴さんのおなじみコンビ^^、
なんと“ロシア版のシンデレラ”コンビよろしく、
イヤなお姉ちゃんとその妹役、だなんて。
すんごい見どころじゃないですかw
なんだかこちらも意外、というかなんというか
ただただ“面白そう”

谷口さんは12の月の精の一人、
てっきり誕生月の、と思いきや微妙~に違ったw
でもそのキャラクターを活かした役、
きっと先日の『あらしのよるに』みたいな、
明るい性格の役なんじゃないかと想像^^。

みいさんは今回お越しいただいたなかで唯一の動物(うさぎ)役。
どうもこちらも『あらしのよるに』を思い出しちゃったんですが
なんだかすっごくお似合いの役になってそうだなと、
勝手に見た目で想像
いや、バニーガールではないでしょうけどww(

とにかく子役の方から大ベテランさんまで、
ラインナップを見る限りでもものすごいボリューム、
そこに何と生演奏
そしてだんだんと変化していくという豪華なセット、
なんだかものすごいことになっていそうですよ
KC3Z5637.jpg

『森は生きている』の皆さんのコーナーはこちら♪


続いては初登場、
『フライトメイト』さん
KC3Z5638.jpg

先日より折り込まれていたチラシで目に留まっていたのですが、
あの『南山大学演劇部「HI-SECO」企画』さんからの派生ユニット。
しかも全員が1年生

なんとも覇気があるというか、活気があるというか

まず気になった団体さんのネーミングですが、
演る側だけでなく観る側も搭乗の“一員”となって。。。
一体感重視、というかどんな“一員”となれるかが楽しみ

なかでも浅井さんと松下さんは先日お邪魔した『HI-SECO』さんの学祭公演で初観劇、
印象深いその作品のなかでさらに強い存在感を持たせたお二人^^。
まさかそのお二人が1年生だったなんて
佐藤さんもスタッフで入られててすごいしっかりした印象だっただけに、
なんだかいろいろとびっくり。

でも主宰の水縹(みはなだ)さんはじめ、
お話してるとどうも、
みなさん“普通じゃない感”がガンガン伝ってきてなんだか安心
やっぱ「HI-SECO」さんメンバーなんだな、ってw
“空割”の企画もね^^

まずは今回の公演が本当に楽しみだし、
今後どういった展開をしていくのか期待したいですね~
KC3Z5639.jpg

『フライトメイト』さんのコーナーはこちら♪


そして今回、せっかく集まったんだし、
告知以外の交流コーナーを何にしようかと収録前に多数決wしたところ、
なんと“即興劇エムジャンペーパーズ”に決定
なかなか初めての顔合わせの方にとってはハードルの高い企画ではありますが、
(とかいいつつ無茶振りする自分w)
皆さんすごい積極的でしたね~

2団体とはいえ人数が結構多いということで、
それぞれの団体さんで二手に分かれていただき、
チャレンジしてみました
(恐縮ながら自分はどちらにも参加させていただきました

決まり事は“同窓会”というシチュエーションのみ
あとは全部即興
困ったらばらまかれた紙を引いてキーワードに頼ればいい。。。
けどもどうなるかわかんない、っていう、
なんともスリリングなゲーム感覚のお芝居

一回目、さすがベテランの上田さん、
どんどん紙を引きつつ、
突拍子もないキーワードの連続ながらw、
スムーズに進めていらっしゃる
引き出し多いんだなぁ。。。

ほかの皆さんも悪戦苦闘しつつ^^、
でも意外に止まってしまうこともなく、
楽しんでいただけてる様子
日々の稽古の賜物(たまもの)、
でしょうかね~

別メンバーでチャレンジした2回目、
こちらもそれぞれの個性がすんごく出てたw
台本がないだけに、
調子に乗ってくると本来の力が発揮されるのか^^。
ふと出てきたキーワードに対する皆さんの反応も結構素に近い感じで、
よりパーソナリティー(個性)が見えていた気も

自分ももっと、引き出し増やさないとなぁ。。。楽しかった

“エムジャン・ペーパーズ”のコーナーはこちら♪

さてさて、今回の番組、
いかがだったでしょうか~
KC3Z5635.jpg

これから年末にかけて、
まさにスパートをかけるように立て続けに公演が^^
ぜひ皆さんの勇姿、会場で楽しみたいですね



こちら、みいさんいいただいた、
自作の“うさぎ”だそうです
KC3Z5640.jpg






昭和、平静。。。←“第3弾♪”

2017.11.10(22:12)
気付けばあんなに明るかった夕方は真っ暗emoji:e-451]
もはや“夕方”って言えないんじゃ^^
風も強く冷たくなって、
雨が降ったらたくさん落ち葉が
冬が近づいて、いるんですね~。

さてここのところスタジオを飛び出して収録をしているエムジャン“特別版”、
今回はそう、様々な世代の皆さん^^をお迎えして賑やか~にお送りしました
KC3Z5460.jpg

まずは久々の登場、
『劇団B級遊撃隊』さん
KC3Z5462 (1)

まずお越しになってすぐ目に留まったのが、
三井田さんの上着。
てっきり普通に着ていらしたかと思ったら、
実は今回の舞台の衣装

あまりにお似合いだったのもあるけど、
ついぱんださんと合わせていじってしまいましたw

今回のお話は過去と現代が行き来する、
ちょっとファンタジックな内容のよう。
しかもあのベテランの皆さんも小学生になっちゃうw
これは。いやもちろんここだけではないけどもw超必見

『B級~』さんというと、
毎回答えがはっきり分からない、
まさに“不条理”という言葉がしっくりくる作品のイメージ。
でも今回はいつもとちょっと違い、
アングラ、でありつつも分かりやすい作品になっている模様。

個人的に期待している、今回唯一の客演の鈴木さん、
彼女がこの作品にどう作用しているのか。。。
お話にあった“肉まん”の存在w、
皆さんそれぞれのキャラクター、
これはどれも、気になりますね
KC3Z5463.jpg

『劇団B級遊撃隊』さんのコーナーはこちら♪


続いては初登場、
『キクマサプロジェクト』さん
KC3Z5464.jpg

主にアラサー・アラフォー世代を中心とした皆さん
もう結構長い付き合いの方も多いようですが、
“共演”されるのは意外に最近になってから、なんて、
勝手知ったる仲、ですかね^^。

最初にこの「時代劇(もの)」のチョイス、
皆さんの世代でも珍しいとちょっと驚いたんですが、
“着物を着て派手にダンスを踊りたい”
という菊正宗さんの想いに納得

そして今回作・演出のすずきさんの創作の幅の広さにも驚いたんですが、
意外とこのジャンルは手を付けられたことがなかったようで、
言葉遣いだったり、史実に基づくものを踏まえて盛り込んだり、
バックボーンをしっかり組み立てられていて^^。

佐東さんは以前から何度から舞台を拝見している女優さんですが、
まずその声に特徴がある方、という印象
今回旧知の仲の菊正宗さんとの共演、
そして主人公同志、ということで、
もうこの時点で必見、ですよね

その他の出演者のラインナップを見ても実力派、
そしてもちろん、個性派ばかり。
個人的にも注目の方も多数、
バラエティーに富んだ舞台が期待できそう

さてさて、どんなラブコメ
KC3Z5465.jpg

『キクマサプロジェクト』さんのコーナーはこちら♪


最後はもうすっかりおなじみ^^、
『名古屋大学 劇団新生』さん
KC3Z5467.jpg

“SOLITUDE(孤独)”という意味深なタイトルがついた今回の公演、
ある「殺人」から始まる、ちょっと重めな印象。
“猟奇的でもなくただただ殺人が”という言葉に、
つい“昭和世代”は“平成世代”に懸念(ザワッとw)してしまったけど

このお話で面白そうと思ったのは、
「19年という時間の行き来が観られる」ところ。

初めて来てもらった深谷さん、
以前からよくスタッフで見かけていたけど、
役者としての姿が印象的だった方
今回“母親”という役を、まさに“時を超えて”演じるという^^。
世代的にも役作りが難しい、という深谷さんに、
佐東えりさんからナイスなアドバイスが
この回に来てもらってほんとによかったと思っちゃいましたがw、
そういえば偶然か、
少し前に『hexagram(ヘキサグラム)』さんの公演でも、
母親役を演じていらっしゃいましたよね。
“新生さんのお母さん”的印象もちょっとあっただけに^^、
今回の演じっぷりはすごく楽しみ

そしてこちらも初登場の小松さん、先日観劇した公演からも、
失礼ながら全く10代のイメージはありませんでしたw
舞台上では大人な雰囲気を遺憾なく発揮、
でも今回は深谷さん演じる役に殺されてしまう、という、
なんとも不幸、いやきっと重要な役柄^^。
深いお話にしっかりと存在感を与えてくれそう。

そして『新生』さんといえば“舞台装置”。
というくらい毎回期待しているのですが、
それが逆に堀部さんはじめスタッフさんにはプレッシャーでもあるみたいで^^
でもそれを跳ね除けるような工夫、こだわりみないなものを、
期待してしまうんだよなぁ

番組中にも話題になりました、
メンバーさんの人数と比べたキャストの人数。
まさに“精鋭”といったイメージもありますし、
また初めて触れるような方も楽しみ

ぜひこの目で、確認したいですね
KC3Z5466.jpg

『名古屋大学 劇団新生』さんのコーナーはこちら♪


そして久々にやってみました、ゲストの皆さんに交流を持っていただく、
“質問コーナー”

『新生』さんから『B級』さんへは、
「一人の時、何をしていますか

ぱんださんは“一人飲み”。
行き付けのお店で、となんともオシャンティw

対して三井田さんはスポーツ観戦。
てっきりこちら(東海地方)の方かと思っていたのでびっくりでしたが、
こちらではパチンコ(役作りw)。
お、オシャンティ

梅宮さんはドライブして行く郊外のカフェ。
隠れ家的なお店のようで、こちらもオシャンティ

続いて『B級』さんから『キクマサ』さんへは、
「最近一番イラッとしたこと」

どうしても稽古が頭にチラつく皆さんww
菊正宗さんはあえてそれを抑えて、と、
気持ちを切り替えられるエピソード。

えりさんはどうしても出てきちゃう稽古中のエピソードを
でもこれも旧知の仲のやり取り、
微笑ましい気もしましたが実際は。。。w

すずきさんは劇に盛り込まれるダンス、殺陣のクオリティーに、
自分自身に、なんてお話。
でもこれは作品の質がより高まる、
いわば必然のもの、なのかも^^。

『キクマサ』さんから『新生』さんへは、
「本番前の気合入れ方法」。

とにかく大人数の座組の皆さん、
発声のあとは指名されたメンバーが役の台詞を言い、
そして全員()と握手
なんとも微笑ましい、けどすごい光景そうw
皆さんの絆を感じますよね

堀部さんは“必ず水を飲む”。
一度うまくいったことはジンクス、というか、
毎回の決まりごとにする方もみえますよね、

深谷さんは“グミを(際限なくw)食べること”
そんなにカロリーも高くないお菓子だと思うけど、
普段はやっぱ気になるのかな^^
ぜひ皆さん、差し入れには。。。

そしてちょっと意外だったのは小松さん。
落ち着いた芝居とは反対に、
本番前はかなり緊張するタイプ^^
エナジードリンクを飲んで。。。と、
裏ではいろいろ起こっているんだなぁ、と、
いろいろ想像しつつ開演を待つのも楽しいかも

そうそう、握手^^
ぜひ中堅・ベテラン揃いの『キクマサ』の皆さんにもやってもらいたいなぁwなんて
KC3Z5472.jpg


さてさて、今回の“特別版”いかがでしたか~
KC3Z5461.jpg

ジェネレーションギャップみたいのもありつつw、
とにかく楽しい皆さんとのトークでした

秋も深まってきて毎週末の気になる公演、
その道中、紅葉や秋の味覚も^^、
楽しんでみるのもすごく、オススメですよ



“第2弾”!!

2017.11.03(23:23)
2週連続立て続けの台風、予定が大幅に狂ってしまった、
なんてことはありませんでしたか
個人的にはちょっといろいろ、大変でした
しかし今度こそ台風一過
晴れの日が続くみたいですね

でも急に寒くなったし、風邪などにも気をつけねば、ですね

さて、通常放送休止中のエムジャンではありますが、
今回もまた、2組のゲストさんをお迎えし、
またまた“特別版”、楽しんできちゃいましたよw
KC3Z5395.jpg

はい、収録日が10月終わりということで、
今回も自分だけ浮き気味な“ハロウィン回”でございました

まず最初は約1年ぶり、
『幻想劇団まほろ』さん
KC3Z5399.jpg

主宰の鈴音さんに加えて、
今回は作・演出の花西さんにもお越しいただきました^^。

“あの”チラシ、気になった方も多いのでは。
表面だけでなく内側にも漫画であらすじが。
分かりやすさはもちろん、
今までと違ったアプローチについ注目

そしてキャスト陣を見てまたもやびっくり
若手実力派揃い、これに尽きますね。
まずチラシをイントロとする深く重い雰囲気のする世界観、
それをどうこの皆さんが彩っていくのか。

お話にもあった通り、今回の公演の公演のタイミング的に、
これが一つの大きな“区切り”になりそうな『まほろ』さん。

何からなにまで気合の入ってるのは明白^^、
今後の展開も気になりますがまずはこちら。
心から期待、ですね
KC3Z5400.jpg

『幻想劇団まほろ』さんのコーナーはこちら♪


続いてはハロウィン回ゲストとしてもおなじみw
『劇団粋んぐHi゛gh(スイングバイ)』さん
KC3Z5398.jpg

うっかりしてましたが、『劇団鈍-NORO-』さんでも活躍してる玉木さん、
現在はこちらの劇団さんにも所属されてるんですね^^。

最初につい言っちゃいましたが、
小林さんも含め(こちらは今回も客演、ですねw)、
この3人はもうすっかり“テッパン”メンバー、って気がしますからね

公演のテーマは“夢”。
玉木さんの役はなんと虫w
夢ならではの設定、キャラになってるのかな^^。

そして何より驚きなのは、
今回演出がまさきゅんさん、小林さんの二人、
そして公演、自ら演じる役が2パターンある、ということ

ちょっとこれ、演劇をやってる方ならかなり“えらいこと”だって、
お分かりになるんじゃないかなw

一つのお話(台本)がお二人によってどう変わるのか、
そしてお二人、もちろんほかのキャストさんたちも、
その違いに対応していけるのか
これはほんとに見ものですね^^

そして毎回こだわりの“オープニングダンス”。
なんとこちらも2パターン
小林さんのコメント、大丈夫かなww

これは観比べてみないと、ですね
KC3Z5397.jpg

『劇団粋んぐHi゛gh』さんのコーナーはこちら♪

そして最後はゲストの皆さん、そしてMJも交えw、
もはや恒例となりつつある即興劇、
“エムジャン・ペーパーズ”をやってみましたよ~^^

収録前、あらかじめ皆さんにたくさんの紙に単語を書いていただき、
それを芝居をしながらピックアップ、
そこにある言葉を使ってアドリブで展開していく。。。

なんとも無茶振りな企画ではありますが、
ときに奇跡的な展開もある、
こともあるというwなんともスリリングな内容でございます

場所はバーの設定、自分がそこのマスター、
皆さんはお店を訪れるお客さん、といった感じ。

恐る恐る、といった導入、
でも自分は積極的にお客さんに声をかけて。。。

ある程度流れがパターン化していても、
引く紙にか書かれているのはそれとは全く関係ない言葉たち。
展開は誰にもわからないわけです

でもそこは皆さん、落ち着いた判断でこなす。
アドリブ力も試されるこの企画、
引き出しの多い方こそ、さすがの対応が。。。

もちろん自分も参加、させていただきましたが、
なかなかに頭を使う、そして最後のオチがうまくつかない^^

いやぁ、でも楽しかったですね~

またいつか、ふと企画しよっと

“エムジャン・ペーパーズ”の模様はこちら♪

さてさて、今回の第2弾、いかがでしたでしょうか^^

もうしばらくこんな感じで企画していきますので、
ぜひぜひ、お楽しみに~
KC3Z5396.jpg



※おまけ
今年も
KC3Z5405.jpg

“ハロウィン回”
KC3Z5402.jpg

楽しかった
KC3Z5403.jpg

なっ、と。
KC3Z5404.jpg











“特別版”収録♪

2017.10.20(22:00)
なんだか一気に気温が低くなりましたね
周りでもこの気温の変化に風邪を引いてしまった方もちらほら
毎年この頃に体調を崩したりしますので、
ほんとに気を付けないと、ですね。

さて、諸事情ありスタジオでの放送が一旦中止となってしまっているエムジャン、
でもこのままじゃ、ということで、
すでに決定していたゲストさんたちと、
名古屋市内某所wにて独自に収録を行ってきましたよ
KC3Z5343.jpg

まずは大学のアイドルコピーダンスグループ 、
初登場『みにふる』さん、
そして先日も出演していただいた、『炭酸メリリエット』さん
KC3Z5344.jpg

少し前に開催された『UNIDOL東海2017秋祭り』にも出場されていたお二組、
ここのところはシーズン真っ盛りの大学祭にも立て続けに登場されてる模様
すっかり認知されているようですね

そして今回、その他に『Equ=a(えきゅあ)』さんという団体さんも参加、
リラクゼーション施設での公演が決定
昼・夜公演とあり、会場でまったりしつつw
一日じっくりイベントを楽しめそう^^。
『秋祭り』でもあった団体を越えた“コラボ企画”が今回も行われる模様。

放送中にもお話したとおり、
皆さん笑顔で踊ってらっしゃいますが、
ガチでキレッキレのパフォーマンス

そのクオリティー、そして気合いにびっくりするかも^^。
でも公演の合間はぜひ、まったりと
KC3Z5345.jpg

皆さんの告知コーナーはこちら♪


続いては初登場、椙山女学園大学のミュージカルサークル、
『座・タータンチェック』の皆さん
KC3Z5351.jpg

なんとあの、いま話題の有名なミュージカルも上演したことがあるという
なかなかに挑戦的^^な取り組みをしている皆さん

そして今回はなんとオリジナル作品に挑戦
演劇作品というだけでも相当な苦労がありそうなのに、
当然唄までもあるミュージカル作品を作るなんて。。。

今回の登場人物は皆さんと同年代の大学生たち、
いろんなキャラクターが登場するようですが。。。
なんだかお話聞いてるだけでもう面白い方ばかりw(しつれい
とても賑やかなステージになりそうですよね^^。

しかも作りたいのは“『タータンチェック』さんと言うジャンルのミュージカル”。
なにかとても大きく出ましたねw、とも思いましたが、
これがもしかしたらもしかするかもしれない、
なにかの始まりを目撃することになるかも、しれませんね^^。

いったいどんな舞台になるのでしょうか
KC3Z5352.jpg

皆さんの告知コーナーはこちら♪

最後はもうすっかりエムジャンではおなじみ、
マジシャン、そしてメンタリストの『彩-sai-』さん
KC3Z5354.jpg

もう彼に今回も出演を許諾いただけたときから、
早くほかのゲストさんに引き合わせたくて仕方なかったw

毎回のようにお話していますが、
彩-sai-さんのステージはただ物凄い技を見せるだけじゃない、
観客の皆さんも交え、時に言葉も交わし、
会場を一体化させる、というもの

もちろん“掴み”のとんでもない技も魅力なんですけどねw

今回テーマに選んだのは“円舞(ワルツ)”。
「三拍子の音楽」という意味もあると思いますが、
彼の言うそれは、さらに深い意味を持っているよう。

前回の公演では、今まで語られたことのないご自身の過去を、
今回はなんだか会場を訪れた皆さんの人生に触れていくような。

一見作られたようなキャラクターを感じるかもですが、
意外とそれは“素”の彩-sai-さんに近いのかも^^。

画面で見るのと“実際に観る(体験する)”はぜんっぜん違いますよ
ぜひその空間に一歩、
足を踏み入れてみて下さい
KC3Z5353.jpg


彩-sai-さんの告知コーナーはこちら♪

はい、ここまで、で終わらないのがエムジャンですねw
彩-sai-さんに来ていただいたのなら。。。
他のゲストの皆さんにも“被験者”になってもらわないと

まずは得意のカードマジック。
あれよあれよという間に今日も“奇跡”が目の前で
皆さんのガチの驚きの表情が新鮮ww

そしてこれも彩-sai-さんのショーの特徴かな、
初めてそこで会った方のかなりパーソナルな部分までをも当ててしまう
なんとなく、ではなくそのものズバリなところもあったようで、
またまたびっくり^^

誰でもない“(観客)自らが選んだ”カードから、
思いもよらない方向へ拡がる世界。
周りはもちろん、体験した本人が一番驚きを隠せないっていうw
皆さんには心から楽しんでもらえたみたいだし、
いやぁ、今回も大成功でした
彩-sai-さん、ありがとうございました

彩-sai-さんのマジック&メンタリズムコーナーはこちら♪


さてさて、今回の“特別版”いかがでしたでしょうか^^
KC3Z5342.jpg

急きょの企画だったにもかかわらず、
皆さん盛り上げていただけて本当にうれしかった
ぜひまたいつかどこかで、
“再会”を果たしてほしいですね~

そして番組の“再開”もねw

ぜひぜひ、お楽しみに


おまけ
収録が予想外にスムーズに進んだので、
終了後、彩-sai-さんによる“課外授業”が
KC3Z5350.jpg

これまたゲストさんご自身に書いてもらったカード、
それを封筒に入れてシャッフル、
複数の封筒の中からそれを引き当てる、
というのはもちろんまだ序の口w

そこからまたパーソナルな部分へ。。。
なぜか当たってしまう不思議

そして、
カメラの映りも考慮されて放送中には披露されなかった“サイコキネシス”。
KC3Z5349.jpg

固い金属製のフォークが、
あれよあれよという間に曲がって。。。
KC3Z5348.jpg

最後には“折鶴”みたいに小っちゃくなっちゃって。。。
KC3Z5347.jpg

皆さん、いい反応ですねwww
KC3Z5346.jpg

ほんとに楽しい時間、過ごせました








前ページ | ホームへ | 次ページ